« 岐阜市職員ら詐欺容疑で逮捕=鵜飼い船修理費を架空請求-県警(21日)時事 | トップページ | 「保護は拉致だ」父が児相を威圧 虐待に弁護士のチーム(21日)朝日 »

2019年2月21日 (木)

技能実習生ら12人逮捕 熊本、同じ工場 入管法違反容疑(21日)西日本

熊本県警は19日、入管難民法違反(資格外活動や不法残留)の疑いで、同県菊池市の製造工場で働くベトナム国籍の技能実習生ら12人を逮捕した。逮捕されたのは、菊池市泗水町永のチン・ヴァン・ズン容疑者(25)らで、11人が技能実習、1人が留学の資格で来日していた。
 逮捕容疑は、チン容疑者ら技能実習の在留資格を持つ2人が、昨年11月~今年2月19日、資格外活動の許可を受けずに同工場で補助作業員として働き、報酬を受け取った疑い。8人が在留期間を3カ月~3年半超えて日本に滞在した不法残留、2人が偽造在留カードを所持した疑い。
 県警によると、12人は一軒家2棟に6人ずつで暮らしていた。近隣住民から「不審な外国人がいる」と通報があったという。12人は同じ派遣会社から工場に派遣されたと話しており、県警は派遣元の会社からも事情を聴いている。
■熊本で外国人労働者急増 地震後、人手不足も
 日本で働く外国人労働者は昨年10月時点で146万463人に達し、届け出が義務化された2007年以降、最多を更新した。熊本県では1万155人が働き、前年からの増加率は31・2%と全国で最も高かった。
 少子高齢化や景気回復に伴う労働力不足に加え、熊本県では「震災後の人手不足も要因」(熊本労働局)とみられ、外国人労働者の増加傾向は今後も続くとみられる。国籍別ではベトナムが約4割を占め、中国、フィリピンが続く。
 同労働局によると、資格別では「技能実習」が6295人で6割超。就労する産業別では「農業、林業」29・2%、「製造業」28・3%、「卸売業、小売業」10・8%、「建設業」8・8%の順に多かった。
 技能実習生が、より収入が高い職を求めるなどして失踪する事例も相次ぐ。熊本県警によると、昨年1年間の失踪者は247人に上り、15年の2・8倍となっている。=2019/02/21付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/488505/

« 岐阜市職員ら詐欺容疑で逮捕=鵜飼い船修理費を架空請求-県警(21日)時事 | トップページ | 「保護は拉致だ」父が児相を威圧 虐待に弁護士のチーム(21日)朝日 »

来日外国人犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 技能実習生ら12人逮捕 熊本、同じ工場 入管法違反容疑(21日)西日本:

« 岐阜市職員ら詐欺容疑で逮捕=鵜飼い船修理費を架空請求-県警(21日)時事 | トップページ | 「保護は拉致だ」父が児相を威圧 虐待に弁護士のチーム(21日)朝日 »