« 男性巡査部長がセクハラ=署の懇親旅行中-滋賀県警(21日)時事 | トップページ | 民泊施設を転々とし詐欺電話か(21日)NHK »

2019年2月21日 (木)

元キャバクラ店長、店内で死亡の客を路上放置 (21日)読売

 男性客の遺体を路上に放置したとして、警視庁は21日、元キャバクラ店長の男(34)(東京都江戸川区)と、元従業員の男(28)(千葉県松戸市)を死体遺棄容疑で逮捕した。
 発表によると、2人は昨年10月5日午前10時過ぎ、江戸川区南小岩のキャバクラ店前の路上に、客として来店していた同区内の男性(当時44歳)の遺体を放置した疑い。
 2人が男性を店外に運び出す様子が付近の防犯カメラに映っていた。調べに対し、2人は客を路上に放置したことを認め、元店長の男は「亡くなっているという認識はなかった」と供述している。
 司法解剖の結果、男性の死因は急性アルコール中毒で、警視庁は放置された時点で死亡していたとみている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190221-OYT1T50226/

« 男性巡査部長がセクハラ=署の懇親旅行中-滋賀県警(21日)時事 | トップページ | 民泊施設を転々とし詐欺電話か(21日)NHK »

殺人事件・変死・傷害致死(死体遺棄 未遂含む)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元キャバクラ店長、店内で死亡の客を路上放置 (21日)読売:

« 男性巡査部長がセクハラ=署の懇親旅行中-滋賀県警(21日)時事 | トップページ | 民泊施設を転々とし詐欺電話か(21日)NHK »