« 元キャバクラ店長、店内で死亡の客を路上放置 (21日)読売 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

2019年2月21日 (木)

民泊施設を転々とし詐欺電話か(21日)NHK

都内の民泊の部屋を借りて詐欺の電話をかけ、87歳の男性から現金をだまし取ろうとしたとして、詐欺グループの男ら3人が逮捕されました。
警視庁は、摘発を逃れるため、短期間で民泊を転々としながら詐欺の電話を繰り返していたとみて調べています。

逮捕されたのは、神奈川県藤沢市の無職、鈴木淳容疑者(25)ら3人です。
警視庁によりますと、19日、東京・杉並区の87歳の男性の自宅に息子を装って電話をかけ、「投資のために金を借りたが、その金は知り合いが会社から横領した金だった。示談金が必要なので500万円用意してほしい」などとうそを言って、現金をだまし取ろうとした疑いがもたれています。
3人は台東区にある民泊の部屋を借りて詐欺の電話をかけていたということで、部屋からは携帯電話や高校の同窓会名簿およそ50万人分が押収されたということです。
これまでの調べで、3人は2泊3日程度の短期間で台東区や新宿区の民泊を転々としながら、詐欺の電話を繰り返しかけていたとみられるということです。
警視庁は、一般のホテルなどと違い、窓口で従業員と顔を合わせずに支払いができることも、民泊を利用した理由とみて調べています。
調べに対し、3人は黙秘しているということです。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190221/0025866.html

« 元キャバクラ店長、店内で死亡の客を路上放置 (21日)読売 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 民泊施設を転々とし詐欺電話か(21日)NHK:

« 元キャバクラ店長、店内で死亡の客を路上放置 (21日)読売 | トップページ | 警視庁管内体感治安レベル2 »