カテゴリー

« 警察官制圧と死亡因果関係認めず(28日)NHK | トップページ | 配線接続過熱事故、367件 NITE、「たこ足」注意を(28日)共同 »

2019年2月28日 (木)

飲酒直後にもうろう 催眠認識か(28日)NHK

催眠作用のある薬を酒に混ぜて女性をこん睡させ性的な暴行をしたとして医師2人が逮捕された事件で、女性は酒を飲まされてすぐに意識がもうろうとなっていたことが捜査関係者への取材でわかりました。
警視庁は、薬を酒に混ぜると催眠作用が増すことがあると認識していたとみて調べています。

東京・品川区の昭和大学病院の内科医、金古政隆容疑者(28)と研修医の大林久晃容疑者(26)は、先月、都内のカラオケ店で催眠作用のある薬を酒に混ぜて20代の女性をこん睡させ、性的な暴行をしたとして逮捕され、28日検察庁に送られました。
女性は「気がついた時にはわいせつな行為をされていた」と説明していますが、その後の調べで、女性は薬を混ぜた酒を飲まされたあとすぐに意識がもうろうとなっていたことが、捜査関係者への取材でわかりました。
日本薬剤師会によりますと、薬の種類や酒の量などによって程度は違うものの、催眠作用のある薬を酒に混ぜて飲むと催眠作用が増すことがあるということです。
警視庁は、医師である2人がこうした作用を認識していた疑いがあるとみて、薬の入手経路などを調べています。
調べに対し、「薬は飲ませていない」と供述しているということです。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190228/0026213.html

« 警察官制圧と死亡因果関係認めず(28日)NHK | トップページ | 配線接続過熱事故、367件 NITE、「たこ足」注意を(28日)共同 »

凶悪事件(強盗、強制性交等罪、放火、わいせつ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒直後にもうろう 催眠認識か(28日)NHK:

« 警察官制圧と死亡因果関係認めず(28日)NHK | トップページ | 配線接続過熱事故、367件 NITE、「たこ足」注意を(28日)共同 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
フォト

留置所

無料ブログはココログ