« 2019年2月15日 (金) | トップページ | 2019年2月17日 (日) »

2019年2月16日 (土)

2019年2月16日 (土)

ハイビームに立腹、Uターン逆走し急停車させる (16日)読売

あおり運転で他の車の走行を妨げたとして、愛媛県警西予署は15日、大洲市の会社員の男(48)を暴行容疑で地検宇和島支部に書類送検した。あおり運転に対する暴行容疑の適用は県内で2例目という。
 発表では、男は昨年9月1日午後9時20分頃、西予市宇和町の県道で、軽乗用車を運転中、後方を走っていた岡山市の専門学校生の女性(19)が運転する軽乗用車のヘッドライトがハイビームになっていたことに立腹。Uターン後に逆走して女性の車に至近距離まで接近して急停車させた疑い。男は「ライトがまぶしかったので、車を止めて文句を言ってやろうと思った」と容疑を認めているという。
 女性から相談を受けた西予署が、女性のドライブレコーダーに映っていた車の色や車種などから容疑者を割り出し、捜査していた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190215-OYT1T50302/

| コメント (0) | トラックバック (0)

会員に仮想通貨で被害弁済を提案 テキシア、警察へ相談防ぐ狙いか(16日)西日本

投資コンサルティング会社「テキシアジャパンホールディングス」(千葉市)を巡る詐欺事件で、同社が2017年9月の配当停止後、会員に仮想通貨での被害弁済を提案していたことが16日、捜査関係者らへの取材で分かった。愛知、岡山両県警は、警察への被害相談を防ぐ狙いがあったとみて調べている。
 同社関係者によると、仮想通貨は東京都港区のコンサルティング会社が発行する「ワールドフレンドシップコイン」(WFC)。西アフリカのシエラレオネ産ダイヤモンドの原石を通貨価値の担保とし、19年2月までに香港やシンガポールなど五つの取引所に上場したとしている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/487394/

| コメント (0) | トラックバック (0)

無許可で花火打ち上げ 容疑の男性会社員書類送検(16日)産経

必要な許可を受けず、名古屋市の住宅地で花火を打ち上げたとして、愛知県警天白署は15日、火薬類取締法違反の疑いで同県豊田市の男性会社員(27)を書類送検した。
 同署によると、男性は「食事に行った店が営業最終日と知り、盛り上げようと思った」と供述。花火は最大のものが2・5号玉(直径6~9センチ)で、高さ約130メートルまで上がり、直径約80メートルまで広がる威力があった。打ち上げる場合、市の許可が必要だった。
 書類送検容疑は昨年10月20日夜、名古屋市天白区の飲食店敷地で、花火58個を打ち上げたとしている。火災の発生やけが人はなかった。
 男性は河川敷で使うために花火を購入、車に積んでいた。近隣住民から110番通報があったが、天白署員が現場に駆け付けた際、男性は既に帰宅、翌日自ら同署に連絡して名乗り出たという。
https://www.sankei.com/affairs/news/190215/afr1902150051-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

食料品盗み保安員殴る、容疑でベトナム人2人を逮捕(16日)産経

スーパーで商品を盗んだ上、保安員を殴ったとして、大阪府警国際捜査課は16日、強盗致傷容疑で、ともにベトナム国籍で住所・職業不詳、グエン・カック・トゥ(21)とヴー・スアン・ハ(22)の両容疑者を逮捕したと発表した。
 逮捕容疑は共謀して昨年12月3日午後8時15分ごろ、大阪市住吉区苅田のスーパー「ダイエー我孫子店」で、ウイスキーなど食料品計21点(約2万1千円相当)を盗み、追いかけてきた50代の男性保安員の顔を殴ってけがをさせたとしている。同課によるといずれも容疑を一部否認しているという。店周辺の防犯カメラの映像などから2人を特定した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190216/afr1902160003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

カワウソ密輸に特殊詐欺団関与か 日本向け闇取引が急増(16日)産経

愛らしい表情やしぐさでカワウソのペットブームがおこる中、東南アジアなどから密輸されたカワウソの取引に特殊詐欺団が関与している可能性があることが16日、捜査関係者への取材で分かった。一部の種に絶滅の恐れがあるカワウソは、国際的な売買を禁止するワシントン条約の規制対象リストに登録。国際的な監視団体が、日本向けの違法取引が顕著になっていると警告しており、水際での検査体制や暗躍するグループの取り締まり強化が急務となっている。(大渡美咲、三宅真太郎)
 カワウソはイタチ科の動物で、短い手足に長い胴体が特徴。近年、テレビ番組などで取り上げられ、都内ではカワウソと触れあえることを売りにする「カワウソカフェ」がオープン。ペットとして飼う人も増えている。特に人気なのが、インドや東南アジアなどに生息するコツメカワウソやビロードカワウソだ。
 ブームを背景に密輸の摘発も相次いでいる。羽田空港にコツメカワウソ5匹をキャリーケースに入れて持ち込もうとした男2人が今年1月に逮捕。輸入先はタイで、5匹のうち4匹は死んでいた。29年には生きたカワウソ10匹をタイから日本に持ち出そうとした日本人女子大生がタイの警察当局に拘束された。女子大生は「バンコクの市場で1匹千バーツ(現在のレートで約3400円)で購入した」と説明したという。

続きを読む
Prev1 23
https://www.sankei.com/affairs/news/190216/afr1902160004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官が寸劇で啓発、青森 雪女と詐欺師にはご用心(16日)共同

雪女と詐欺師にはご用心―。青森市で16日開かれた「雪女コンテスト」のイベントに警察官が参加、寸劇で高齢者をだます雪女を演じた。特殊詐欺の被害を防ぐ啓発活動の一環で、寸劇の最後に「不審なはがきや電話に気を付けて」と市民に呼び掛けた。
 マタギの家を訪れた雪女が、部屋にこもって織物を織っているように見せかけ、実際には還付金詐欺やおれおれ詐欺で高齢者をだましていた―との筋書きで、警察官数人が寸劇を披露した。
 青森県警青森南署の村上一生次長(50)が「どうせやるなら面白いものを」と出演を決め、雪女を演じた。
https://this.kiji.is/469463676844950625?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»東京・府中市の信金職員殺害事件から14年(16日)TBS

東京・府中市の信用金庫で職員の男性が殺害された事件から14年が過ぎ、遺族らが事件の解決に向けて情報提供を呼びかけました。
 この事件は、14年前の2005年2月、府中市の信用金庫の駐車場で、職員の後藤博樹さん(当時39)が男に包丁で刺されて殺害されたものです。
 事件発生から14年が過ぎ、現場では16日、遺族や警視庁の捜査員らが献花を行いました。現場に落ちていた腕時計からは犯人のものとみられるDNA型が検出されたことが分かっていて、遺族らは腕時計の特徴が書かれたチラシを配って、情報提供を呼びかけました。
 警視庁は「情報提供を訴えるとともに遺留品などの捜査を進め、犯人の検挙に繋げたい」としています。
【情報提供】警視庁府中警察署 042-360-0110
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3600350.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(16、17日 単位・レベル)
世界一安全な都市を目指す
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014501 14日夜、東京都文京区の地下鉄の駅前歩道で男女2人が男にナイフで切りつけられて重軽傷を負った事件で、殺人未遂で逮捕された26歳の男は、2人が勤める会社を辞めさせられたことへの恨みだった。都内で1番刑法犯認知件数が少ない文京区で、今年に発生した凶悪犯の第1号だった。
 警察庁によると平成30年の刑法犯認知件数の全国での1位は東京の11万4497件だったが、抑止力は大阪に次いで2番目で前年より1万0754件も減らしている。
 警視庁によると管内23区で認知件数が最も多かったのは新宿区の6416件。これに世田谷区の6035件、渋谷区の5432件、江戸川の5431件、大田区の5325件と続く。
 新宿区はやはり日本で代表的な歓楽街・歌舞伎町を抱えるだけあって、凶悪犯は107件と都内で最も多い。その訳は強盗が48件のトップだけでなく粗暴犯の暴行も傷害も最多地域なのだ。
 侵入盗で最も多かったのは大田区の253件で、2番目が世田谷区の246件と続くが、自転車盗などの非侵入盗を加えた泥棒全体となると世田谷区は4125件となり大田区の3842件を引き離している。
 一方、23区以外の市部だが最も認知件数が多いのは八王子市の3779件、町田市の2951件、立川市の1874件、調布市の1721件、武蔵野市の1623件と続いている。
 事件のあった文京区は、刑法犯認知件数が1261件で、2番目に低い荒川区の1517件より200件以上も差をつけている。街頭でのひったくりや自動車盗などは発生が無いのだ。
 「文京区」と言えば、「ふみのみやこ」とも言われており、明治11年の市町村制で誕生した学問の府でもある。
 産経新聞によれば、警視庁は来年の東京五輪を控えて繁華街での暴力団を排除するため、暴力団が飲食店などから徴収する「みかじめ料」や「用心棒代」を支払った店側も罰即の対象とするなど、あらゆる面で犯罪抑止に力を入れる方針を固めており、世界一安全な都市を目指すという。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

詐欺天国ニッポン

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

警察官が寸劇で啓発、青森 雪女と詐欺師にはご用心(16日)共同
https://this.kiji.is/469463676844950625?c=39546741839462401

雪女と詐欺師にはご用心―。青森市で16日開かれた「雪女コンテスト」のイベントに警察官が参加、寸劇で高齢者をだます雪女を演じた。特殊詐欺の被害を防ぐ啓発活動の一環で、寸劇の最後に「不審なはがきや電話に気を付けて」と市民に呼び掛けた。

特殊詐欺”携帯 不正に契約、郵便局員の男を逮捕(15日)TBS
★転売収入うたい詐欺疑い 契約料で約7億円稼ぐ、愛知県警(13日)共同
★SIMカードを詐取か、「道具屋」の男2人逮捕(7日)TBS
★「逃げられなかった」 特殊詐欺元「かけ子」少年が語る詐欺グループの実態 先輩の誘い、安易に応じ…(12日)共同
★シリア医師装い「送金を」国際ロマンス詐欺で再逮捕 (12日)読売
★特殊詐欺認知件数、過去最悪 被害総額84億円(10日)朝日
★詐欺グループのリーダーを逮捕、1億円以上詐取か(7日)TBS
★金融庁職員装いキャッシュカード窃盗か、38歳男を逮捕(7日)TBS
★毎日の愛の言葉、ついお金を…国際ロマンス詐欺にご注意(6日)朝日
★息子を装った詐欺、70代女性が6000万円だまし取られる(5日)TBS
★八王子市で特殊詐欺撲滅イベント、荒木由美子さんが防止訴え(29日)TBS
★詐欺グループの「受け子」か、詐欺未遂容疑で男子中学生逮捕(29日)TBS
★中国人首謀の詐欺、日本人渡航させ「かけ子」に(26日)読売
★「3万円払うなら逮捕しない」警察官を装い詐取(20日)読売
★「国際ロマンス詐欺」に注意して! HPで詳しい手口紹介(22日)NHK
★「キンプリのチケット譲る」18歳少女が詐欺(21日)読売
★オレオレ詐欺が凶悪化? 息子装う電話、2日後に強盗 (20日)日経
★封筒すり替えカード盗んだ疑い、詐欺グループの男逮捕(19日)TBS

| コメント (0) | トラックバック (0)

交際女性のスマホを盗み見、顔たたいて唇切る(16日)読売

 熊本県は15日、女性をたたいてけがを負わせたとして商工観光労働部の係長級の男性職員(42)を減給10分の1(3か月)の懲戒処分にした。
 県によると、職員は昨年9月上旬、当時交際していた女性(県職員)と飲食店に行った際、酔って寝た女性の指をスマートフォンにあててロックを解除し、無断で閲覧。他の男性とのメッセージを見て腹を立て、女性の顔をたたいて唇を切るけがを負わせ、スマホを壊したという。同11月、人事課に情報提供があり、発覚した。
 職員は「深く反省し、後悔している」と話しているという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190215-OYT1T50284/

| コメント (0) | トラックバック (0)

数時間あとをつけ2人を襲ったか(16日)NHK

東京・文京区の地下鉄の駅前で、男女2人が男に切りつけられて重軽傷を負った事件で、逮捕された元同僚の男は「数時間にわたって2人のあとをつけ、背後から切りつけた」と供述していることがわかり、警視庁は、機会をうかがいながら襲ったとみて調べています。

14日の夜、東京・文京区の東京メトロ・後楽園駅前の歩道で、近くの会社に勤める役員の男性と社員の女性をナイフで切りつけ、重軽傷を負わせたとして、住所不定・無職の金田隆志容疑者(26)が殺人未遂の疑いで逮捕され、16日、検察庁に送られました。
金田容疑者は2年ほど前まで被害者と同じ会社に勤めていたということですが、その後の調べで「会社から出てきたあと、数時間にわたって2人のあとをつけた。途中で2人は飲食店で食事をしたが、それが終わるのを待って、背後から切りつけた」と供述していることが警視庁への取材でわかりました。
事件の動機については「会社を辞めさせられて恨みがあった」と供述しているということです。
警視庁は、数時間にわたって機会をうかがいながら2人を襲ったとみて、詳しいいきさつを調べています。https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190216/0025650.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

米イリノイ州で発砲、5人死亡 バルブ会社、失職の元従業員か(16日)共同

【ニューヨーク共同】米中西部イリノイ州の北部オーロラにある産業用バルブ製造会社の建物で15日午後、男が銃を発砲し、民間人5人が死亡、警官ら少なくとも5人が負傷した。地元警察幹部が記者会見で明らかにした。警官との銃撃戦で男も射殺された。
 男はゲーリー・マーティン容疑者(45)。ニューヨーク・タイムズ紙電子版は容疑者の家族の話として、マーティン容疑者は同社で約20年働いたが2週間前に失職し、数日前に食事した際は「非常に落ち込んでいた」ように見えたと伝えた。
 警察幹部によると、警官隊は通報から4分以内に現場に到着し、建物に入ったとたんに銃撃を受けた。
https://this.kiji.is/469297222376113249?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

国交省職員を盗撮容疑で逮捕 「足を見てムラムラした」(16日)朝日

電車内で女子高校生のスカートの中を盗撮したとして、埼玉県警は16日、同県越谷市国土交通省職員の坂田正博容疑者(43)を県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕し、発表した。坂田容疑者は「ミニスカートの足を見てムラムラした」と容疑を認めているという。
 春日部署によると、15日午後10時5分ごろ、東武伊勢崎線の車内で座っていた女子高生にスマートフォンのカメラを向けているところを別の乗客が見つけ、取り押さえた。スマホ内に盗撮したとみられる動画が残っていたという。
https://www.asahi.com/articles/ASM2J3RGHM2JUTNB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

消防署員が自殺、パワハラ示唆する遺書見つかる 山口(16日)朝日

山口県宇部市の宇部中央消防署に勤務していた20代の男性署員が1月に自殺し、職場でのパワハラを示唆する内容の遺書が見つかっていたことが分かった。管轄する宇部・山陽小野田消防局は、2月中にも弁護士らでつくる調査委員会を設け、パワハラの有無や自殺との因果関係を調べる。
 同消防局によると、男性署員は1月23日に自宅で自殺した。男性署員の部屋からは、職場でパワハラを受けたという趣旨の内容が書かれた遺書が見つかったという。職場の上司や同僚らへの聞き取り調査はすでに行ったが、内容については「調査委員会に委ねているので言えない」としている。
 同消防局の山本晃消防長は「公正で客観的な調査を行う準備をしており、結果については家族に十分な説明を行うとともに、公表を含めて対応したい」とコメントした。(二宮俊彦)
https://www.asahi.com/articles/ASM2J355FM2JTZNB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

入浴中の女児体内にスポンジ玩具…4か月後発見(16日)読売

 消費者庁は15日、女児(当時4歳)の膣(ちつ)内にスポンジ製の玩具が入り、摘出手術を受ける事故があったと発表した。同庁によると、恐竜などの形をしたスポンジの玩具は、ゼラチンのカプセル(長さ約24ミリ、直径約8ミリ)に収められ、カプセルが溶けると膨らむ。
 玩具によって大きさが異なるが縦約33ミリ、横42ミリ、厚さ約8ミリになるものもあるという。
 保護者への聞き取り調査によると、女児は入浴の際、玩具で遊んでいた。保護者が女児の下着に血液が付いているのに気づき、複数の医療機関を受診。不調が確認されてから約4か月後、磁気共鳴画像装置(MRI)検査で異物が見つかった。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190216-OYT1T50103/

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

保育士8人、虐待や暴言 計13件、福岡市が改善勧告 東区の保育所(16日)西日本

福岡市は15日、認可保育所「あかつき保育園」(同市東区)で、保育士が園児に「ブタ」「ばか」などと暴言を浴びせたり、押し入れに閉じ込めたりする虐待などが13件あったとして、児童福祉法などに基づき園を運営する社会福祉法人「北斗会」に改善勧告を出した。再発防止策の早急な実施や保護者への説明を求めている。
 市によると2016~18年、園児をトイレに連れて行かずに、尿を漏らすと叱る▽長時間正座させる▽壁をたたいて驚かせて笑う▽口から出した給食を押し込む▽食べる早さが遅いと給食を減らす-など、13件の行為を不適切と認定した。
 少なくとも女性保育士8人(20~40代)が関与し、ベテラン保育士によるものが多かった。8人は市の聴取に対し「先輩がやっているから普通の行為だと勘違いしてしまう空気があった」「厳しいしつけを求める園長の圧力があった」などと答えたという。
 この園を巡っては17年12月、市に情報提供があり、保育士4人が17年度に園児の口にセロハンテープを貼ったり、怖い仮面を使って叱ったりするなど4件の不適切行為が発覚。市は再発防止を指導したが、その後も再び「行為が続いている」との情報が寄せられた。市は今年1月11日から園に特別指導監査を行い、保育士ら約50人に聞き取り調査をするなどしていた。
 保育士は停職1カ月などの処分が決まった。同園は園児254人に対し保育士29人(1月末現在)で国の配置基準ぎりぎりという。新しく就任した石橋理恵園長は「保育士の負担がストレスとなり、こうした事態を招いた。管理体制を強化したい」と話した。=2019/02/16付 西日本新聞朝刊=https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/487247/

| コメント (0) | トラックバック (0)

助成金など詐欺疑い 31人送検(16日)NHK

非正規労働者の処遇を改善するための国の助成金をだまし取ったなどとして、県警察本部は、大阪市の無職の男ら計31人に対する捜査を終え、詐欺などの疑いで書類を検察庁に送りました。
被害額は1700万円余りに上ります。

送検されたのは、すでに事件に関連して逮捕・起訴されている大阪・浪速区の無職、杉本達也被告(57)と奈良の整体院や大阪のエステサロンの経営者ら計31人です。
県警察本部によりますと、杉本被告らは、非正規労働者の処遇を改善するため事業所に支給される「キャリアアップ助成金」を悪用し、自分たちの経営する整体院などで架空の従業員に健康診断を受けさせたように装い、去年11月までに計1250万円余りをだまし取った詐欺などの疑いが持たれています。
このほか、障害者向けの就労支援の給付金約470万円を大阪市からだまし取った疑いも持たれています。
警察によりますと、杉本被告ともう1人の男はフェイスブックなどで知り合った経営者たちにこうした手口を指南し、だまし取った金の一部が成功報酬や手数料として2人に流れていたということです。
警察のこれまでの調べに対し、杉本被告は「生活費に使った」などと供述しているということです。https://www3.nhk.or.jp/lnews/nara/20190215/2050001895.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ツイッター投稿の裁判官に出頭要請 国会の訴追委(16日)朝日

ツイッターへの投稿内容をめぐって最高裁から戒告処分を受けた東京高裁の岡口基一判事(52)に対し、国会の裁判官訴追委員会(委員長・田村憲久衆院議員)が、事情聴取のために3月4日に出頭するよう要請したことがわかった。訴追委が裁判官本人を呼び出すことは異例。聴取の内容を踏まえ、罷免(ひめん)を判断する国会の裁判官弾劾(だんがい)裁判所に訴追すべきかどうかを検討する。

 裁判官の訴追請求は、一般人も行うことができる。関係者によると、岡口判事に対しては一般人から複数の訴追請求があり、訴追委の調査小委員会が断続的に協議。今年1月になって本人の聴取が必要と判断し、2月13日の本委員会で聴取が決定した。
 聴取では、戒告処分の理由とな…

残り:347文字/全文:645文字
https://www.asahi.com/articles/ASM2H5WGRM2HUTIL040.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

改正入管法 外国人活用 半数が評価…全国自治体調査 人材確保期待(16日)読売

外国人労働者受け入れ拡大を目指す改正出入国管理・難民認定法(入管難民法)が4月に施行されるのを前に、読売新聞社が実施した「全国自治体首長アンケート」で、半数の自治体が同法を評価していることがわかった。一方で、7割の自治体が外国人の生活基盤づくりを課題に挙げ、共生への不安もにじんだ。
 調査は、47都道府県と1741市区町村の首長を対象に1月、インターネットによる質問・回答方式で実施した。85・7%の1532自治体が回答した。
 改正入管難民法に対しては、「大いに評価する」と「多少は評価する」が合わせて48%と半数を占めた。「どちらともいえない」が42%で続き、「あまり評価しない」「全く評価しない」は合わせても1桁にとどまった。
 背景にあるのが深刻な人手不足で、評価できる点について79%の自治体が「地域産業の人手不足を解消できる」を挙げた。入管難民法は「特定技能1号」という資格を新設し、5年間で最大34万5150人の外国人労働者を受け入れる方針だ。岩手県二戸市は「地元企業からは人手不足解消に期待する声が聞こえている」と回答する一方、「都市部に集中しない対策が必要」と今後の課題を指摘した。
 同法を評価できない点は、「生活基盤などの体制ができていない」が72%でトップ。「トラブルや治安悪化を懸念」(33%)、「共生という視点が不足している」(32%)といった回答も目立った。熊本県は「外国人との共生に関して、各自治体任せにならないか危惧している」と国の支援強化を求めた。
続く
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190216-OYT1T50097/

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学校長、教室で女性教諭と抱き合う…減給処分 (16日)読売

 東京都教育委員会は13日、教室内で不適切な行為をしたとして、区立小の男性校長(60)と女性主幹教諭(48)をそれぞれ減給10分の1(6か月と1か月)の懲戒処分とした。発表によると、2人は昨年9月の夜間、勤務する小学校の教室で抱き合うなどした。
 都教委はこのほか、女子生徒に「目が合ってうれしい」といった内容のLINEメッセージを計526回送信するなどした多摩地域の都立高校の男性教諭(62)を停職1か月、都内のコンビニ店で緑茶などを盗んだ上、逃走中に幼稚園の敷地に侵入したとして逮捕され、起訴猶予となった江戸川区立北小岩小学校の男性教諭(32)を懲戒免職とした。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20190214-OYT1T50119/

| コメント (0) | トラックバック (0)

工藤会、本部売却益「賠償金に」 北九州市に意向伝える(16日)西日本

特定危険指定暴力団工藤会の本部事務所(北九州市小倉北区神岳1丁目)の撤去を巡り、工藤会側が北九州市などに土地を売却した場合、売却益を「損害賠償訴訟の賠償金に充当する」との意向を市と福岡県警に伝えていたことが15日、明らかになった。
 市が昨年末に設置した事務所撤去のプロジェクトチーム本部長を務める梅本和秀副市長が同日、記者会見し、工藤会の代理人弁護士と1月から3回行った協議の内容を説明した。
 工藤会が関与したとされる2件の市民襲撃事件で、被害者がトップで総裁の野村悟被告(72)=組織犯罪処罰法違反罪などで起訴=に約1億1千万円の損害賠償を求めた訴訟が今月1日に結審した。梅本副市長は、売却益を賠償金に充てれば利益供与につながるとの懸念が減らせるとの考えを示した。
 工藤会側は「民間への売却は難しく、売却先は市または公益的団体としたい」との意向も伝えた。公益的団体は、県暴力追放運動推進センターが想定される。市は近く、地価と建物の解体費用の鑑定を始める。約1カ月要するという。購入した土地は民間に売却し、費用を回収する方針。
 本部事務所は野村被告が代表取締役の法人が所有。暴力団対策法に基づく使用制限命令で現在、組員の出入りは禁じられている。=2019/02/16付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/487249/

| コメント (0) | トラックバック (0)

団たたきで娘殴る 小学校事務員の母親逮捕 茨城(16日)産経

茨城県警古河署は15日、傷害の容疑で、同県古河市立小学校の事務員、大倉由美子容疑者(35)=同市東牛谷=を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は10日ごろ、自宅で、幼稚園児の娘(6)の腕や尻などを布団たたきでたたくなどの暴行を加え、全治約2、3週間のけがを負わせたとしている。
 同署によると、娘が通う幼稚園職員が14日、体のあざに気づき、児童相談所に相談。児童相談所から同署に通報があり、発覚したという。同署が動機などを調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190215/afr1902150046-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

無許可で花火打ち上げ 容疑の男性会社員書類送検(16日)産経

必要な許可を受けず、名古屋市の住宅地で花火を打ち上げたとして、愛知県警天白署は15日、火薬類取締法違反の疑いで同県豊田市の男性会社員(27)を書類送検した。
 同署によると、男性は「食事に行った店が営業最終日と知り、盛り上げようと思った」と供述。花火は最大のものが2・5号玉(直径6~9センチ)で、高さ約130メートルまで上がり、直径約80メートルまで広がる威力があった。打ち上げる場合、市の許可が必要だった。
 書類送検容疑は昨年10月20日夜、名古屋市天白区の飲食店敷地で、花火58個を打ち上げたとしている。火災の発生やけが人はなかった。
 男性は河川敷で使うために花火を購入、車に積んでいた。近隣住民から110番通報があったが、天白署員が現場に駆け付けた際、男性は既に帰宅、翌日自ら同署に連絡して名乗り出たという。https://www.sankei.com/affairs/news/190215/afr1902150051-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

事件捜査、進化する科学の目 科捜研、古い血痕も鑑定 (16日)日経

現場に残された血液の鑑定、犯行に及んだ容疑者の心理分析、毒物や薬物の解析――。警察の事件捜査に欠かせない科学的アプローチを担う科学捜査研究所では、技術を磨く研究が日々続いている。九州の県警でも、古い微量な血痕を鑑定可能にしたり、偽造印鑑を短時間で見分けたりと、新たな技術を開発。科学の目が真相解明の要を担っている。
「今まで解明できなかった未解決事件の捜査に貢献したい」。福岡県警科捜研の松村秀策さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41357210V10C19A2ACY000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

日本に1本のデニム盗み疑い逮捕(16日)NHK

1930年代に作られ、日本に1本しかないとされる希少なデニムのパンツを大阪市内の古着店で万引きしたとして、22歳のアルバイトの男が逮捕されました。

逮捕されたのは大阪・豊中市のアルバイト、福留裕次郎容疑者(22)で、警察によりますと14日午後、大阪・中央区の古着店で、「SETLOW PAINTER PANTS」というデニムのパンツを万引きした疑いが持たれています。
警察や盗まれた古着店のホームページによりますと、このパンツは日本に1本しかない1930年代に作られたビンテージもので、▼ファスナーの部分にボタンを使っているほか、▼保存状態がよく、色がきれいに残っていて、およそ15万円の価値があるということです。
盗んだデニムパンツをほかの古着店に持ち込んだ際に、携帯電話の番号を書き残していたことから犯行が発覚しました。
警察によりますと、調べに対し、「古着の買い取り店で売るために値段の高いデニムパンツを狙った。ほかの店でも盗んだ」などと供述しているということです。
https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20190215/0012680.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»特養ホームで男性死亡、別の入所者の薬を誤って飲ませる(16日)TBS

 15日未明、東京・足立区の特別養護老人ホームで、入所していた80代の男性が死亡しました。施設の職員が14日に別の入所者の薬を誤って飲ませていて、警視庁は死因を調べています。
 午前4時前、足立区佐野の特別養護老人ホームで、入所する80代の男性の意識がなくなっているのを職員が見つけました。男性は病院に搬送されましたが、その後、死亡しました。
 施設の責任者によりますと、男性は持病の薬を毎日服用していたということですが、14日、施設の職員が誤って別の入所者の薬を飲ませてしまったということです。男性には薬のアレルギーがあったということで、警視庁は、死因を詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3599969.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月15日 (金) | トップページ | 2019年2月17日 (日) »