« 2019年2月11日 (月) | トップページ | 2019年2月13日 (水) »

2019年2月12日 (火)

2019年2月12日 (火)

名古屋市営団地で女性死亡 殺人未遂容疑で73歳男逮捕(12日)西日本

12日午後2時45分ごろ、名古屋市瑞穂区の市営団地から男の声で「人を殺した」と110番があった。愛知県警瑞穂署員が駆け付けると、1号棟の302号室で70歳ぐらいの女性が倒れており、搬送先の病院で死亡が確認された。通報者の男がその場にいて「俺がやった」と話したため、同署は殺人未遂容疑で現行犯逮捕。容疑を殺人に切り替えて捜査する。
 県警によると、逮捕されたのは、同じ団地に住む職業不詳田中幸男容疑者(73)。女性は302号室の住人の可能性がある。現場で凶器とみられる包丁が見つかった。同署は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて、経緯を調べている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/486289/

| コメント (0) | トラックバック (0)

新潟市など書類送検=自殺研修医の遺族告発-労基署(12日)時事

2016年に過労自殺した女性研修医=当時(37)=の遺族が、研修医の勤務先だった新潟市民病院を運営する新潟市などを労働基準法違反容疑で刑事告発していた問題で、新潟労働基準監督署は12日までに、市などを新潟地検に書類送検した。送検は8日付。
 告発状によると、市などは研修医の自殺後の16年11月、労使協定の上限時間を超えて勤務する医師がいることを遺族らの指摘で認識していたのに、17年1~6月に延べ90人の医師に最大月177時間の時間外労働をさせた疑いがある。
 労基署は17年5月、研修医の自殺を労災認定し、同6月には同病院に時間外労働の改善を求める是正勧告をしていた。
 同病院は書類送検を受け、「重く受け止める。今後もより一層職員の労働環境の改善に努める」とコメント。遺族は代理人弁護士を通じ、「医師の過労死を本当に防ぐための正しい方向に転換されるきっかけの一つとなればと願っている」とするコメントを発表した。(2019/02/12-19:51)https://www.jiji.com/jc/article?k=2019021201150&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

来院女性の下半身触る 容疑の鍼灸師の男逮捕(12日)産経

経営する鍼灸院内で、治療のために訪れた女性に施術と信用させて、下半身を触ったとして、宮城県警仙台南署は12日、準強制わいせつの疑いで、仙台市太白区の鍼灸師、松田栄金(えいきん)容疑者(59)を逮捕した。調べに対して、「治療行為として下腹部を触ったが、わいせつ行為という意識はなかった」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は昨年9月29日午後2時15分ごろ、仙台市太白区内にある自身の鍼灸院内で、治療のため来院した同県名取市の公務員の20代女性の下半身を施術と称して触るわいせつな行為をしたとしている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190212/afr1902120027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»クレーン付きのトラック 横転、作業員1人けが(12日)TBS

12日午前、栃木県宇都宮市で、作業中のクレーン付きトラックが横転し、作業員の男性1人がけがをしました。
 12日午前9時ごろ、宇都宮市屋板町で、コンテナをつり上げていたクレーン付きのトラックがバランスを崩し、横転しました。
 警察によりますと、コンテナには鉄くずが入っていて、荷台に載せる作業をしていたということです。この事故で、作業員の60代の男性が両足を打撲するけがをしました。
 警察は現場検証を行い、事故の起きた原因を調べています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル)
見事な治安再生
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014497 平成30年の大きな事件といえば、宮崎県高千穂街の民家で次男が小学生の子供を含む一家5人と知人の男性を含む6人を殺害する事件があった。次男は橋から飛び降り自殺している。平成の大量殺人事件として犯罪史上に残る事件だった。
 こうした殺人など治安情勢を観察する場合に指標となる重要犯罪ー平成30年の刑法犯認知件数が1万0546件で、昭和、平成時代の最悪の認知件数だった平成14年の2万2294件から半減したことが警察庁のまとめで分かった。
 罪種別に比べた増減率をみると最も減らしたのは強盗で、昨年の認知件数が1787件で14年の認知件数より74.5%の減少。次いで強制わいせつが5340件で同43.7%、強制性交が1309件で同44.5%、放火が891件で同51.4%、殺人が915件で同34.5%とそれぞれ減っている。
 しかし、略取誘拐・人身売買が304件で逆に17.5%増加してしまった。
 一方、検挙率を見ると、重要犯全体では84.5%。最悪だった平成13年と比較すると31,5ポイントのアップ。
 最もアップが高かったのは強盗の87.2%に比べて同39.1ポイント。次いで強制わいせつの80.3%より38.6ポイント、強制性交は90.9%で27.9ポイント、略取誘拐・人身売買は93,1%で同4、1ポイント、放火が78.8%で同2.0ポイントとそれぞれがアップしている。
 平成の時代もまもなく終わる。治安に関して言えば、昭和の時代より人権やプライバシーを重視するあまりに被害者の人権が失われたように思えてならない事件が多かった。
 それは、警察の捜査にも影響しており、調べ室の制約や捜査手法、情報収集など活動面にあらわれている。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
詐欺天国ニッポン

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

「逃げられなかった」 特殊詐欺元「かけ子」少年が語る詐欺グループの実態 先輩の誘い、安易に応じ…(12日)共同(琉球新報)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-874087.html

 詐欺で検挙される少年が増えているが、裏にはこんな悲劇があるとは…これが世の中の実態なのかもしれない…

★シリア医師装い「送金を」国際ロマンス詐欺で再逮捕 (12日)読売
★特殊詐欺認知件数、過去最悪 被害総額84億円(10日)朝日
★詐欺グループのリーダーを逮捕、1億円以上詐取か(7日)TBS
★金融庁職員装いキャッシュカード窃盗か、38歳男を逮捕(7日)TBS
★毎日の愛の言葉、ついお金を…国際ロマンス詐欺にご注意(6日)朝日
★息子を装った詐欺、70代女性が6000万円だまし取られる(5日)TBS
★八王子市で特殊詐欺撲滅イベント、荒木由美子さんが防止訴え(29日)TBS
★詐欺グループの「受け子」か、詐欺未遂容疑で男子中学生逮捕(29日)TBS
★中国人首謀の詐欺、日本人渡航させ「かけ子」に(26日)読売
★「3万円払うなら逮捕しない」警察官を装い詐取(20日)読売
★「国際ロマンス詐欺」に注意して! HPで詳しい手口紹介(22日)NHK
★「キンプリのチケット譲る」18歳少女が詐欺(21日)読売
★オレオレ詐欺が凶悪化? 息子装う電話、2日後に強盗 (20日)日経
★封筒すり替えカード盗んだ疑い、詐欺グループの男逮捕(19日)TBS
★夜間に特殊詐欺 横浜の男性が2千万円被害(18日)産経
★電話したら元女性警察官 特殊詐欺未遂で男逮捕、警視庁(12日)共同
★“AIで詐欺防止”最新ATM(12日)NHK
★“捜査2課”装った男から「逮捕されないので口座を」(11日)TBS
★成りすまし オレオレ詐欺の受け子か 敦賀市臨時職員を逮捕(9日)産経
★80代女性の息子に成りすまし17歳少年200万円詐取容疑(9日)産経
★川崎市の80代女性 特殊詐欺でカード被害(8日)産経
★長電話の詐欺集団、被害者に相談のスキ与えず(27日)読売

| コメント (0) | トラックバック (0)

シリア医師装い「送金を」国際ロマンス詐欺で再逮捕 (12日)読売

米軍人などを装ってSNSで知り合った男女3人から約880万円を詐取したとして、ナイジェリアとカメルーン国籍の男4人が逮捕された「国際ロマンス詐欺」事件で、福岡、埼玉両県警は11日、被害者のうち2人から別に計約290万円をだまし取ったとして、4人を詐欺容疑で再逮捕した。
  再逮捕されたのは、ナイジェリア国籍の千葉県松戸市、職業不詳エゼ・マクドナルド・チマ容疑者(28)ら。
 発表によると、昨年5月、シリア在住の医師を装い、札幌市の女性(58)に「日本にいる知人に医療機器代金を送金してほしい」などとうそのメッセージを送り、計109万円を同容疑者の口座に振り込ませた疑い。また、夫を亡くした米国人女性を装い、東京都の男性(46)から遺産譲渡の手数料名目で計180万円をだまし取った疑い。
 福岡県警は4人の認否を明らかにしていない。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190211-OYT1T50090/

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車の男 死亡事故誘発…大阪府警 重過失致死容疑 書類送検 (12日)読売

大阪市で昨年10月、自転車同士が歩道で衝突し、乗っていた女性(50)が車道に転倒して車にひかれ、死亡する事故があり、大阪府警東住吉署は12日、もう一方の自転車を運転していた会社員の男性(26)(堺市堺区)を重過失致死容疑で書類送検した。男性が安全確認を怠り、急に進路変更したことが事故を誘発したと判断した。同署は、検察に起訴を求める厳重処分の意見を付けた。
 捜査関係者によると、男性は昨年10月16日朝、東住吉区の府道沿いの歩道を自転車で走行中に、対向してきた自転車と衝突。乗っていた会社員の女性を府道に転倒させて、女性がトラックにひかれる事故を引き起こし、死亡させた疑い。
 男性は出勤途中で、「急ブレーキをかけたが、間に合わなかった」と容疑を認めているという。https://www.yomiuri.co.jp/national/20190212-OYT1T50073/

| コメント (0) | トラックバック (0)

刃物見せ、あおり運転疑い 自称除染作業員逮捕、福島(12日)産経

福島北署は12日、福島市の国道4号で前を走る乗用車にあおり運転をした際に、軽乗用車の中からカッターナイフを見せて脅したとして、暴力行為法違反(脅迫)の疑いで、福島市瀬上町明光町、自称除染作業員、元木之夫明容疑者(53)を再逮捕した。
 再逮捕容疑は10日午前11時10分ごろ、福島市の男性(48)の乗用車の後方から接近するなどのあおり運転を行った際、カッターナイフを見せつけたとしている。男性や同乗の家族にけがはなかった。
 あおり運転をされた男性の車は110番して福島北署へ向かった。追い掛けてきた元木容疑者を署員が職務質問し、呼気から基準値以上のアルコールが検出されたため、道交法違反(酒気帯び運転)の容疑で現行犯逮捕していた。同署が動機などを調べている。

https://www.sankei.com/affairs/news/190212/afr1902120012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

倉庫火災 7人救助2人重体(12日)NHK

12日午後、東京・大田区の7階建ての倉庫で火事があり、東京消防庁によりますと、あわせて7人が救助され、このうち2人が意識不明の重体になっているということです。

12日午後1時半ごろ、東京・大田区城南島で「倉庫から火が出ている」と東京消防庁に通報がありました。
現場は大手食品会社の物流倉庫で、最上階にあたる7階部分から火や煙が出ていて、現在も消火活動が続けられています。
東京消防庁によりますと、一時、3人が屋上に取り残されましたが、その後、この3人を含むあわせて7人が救助され、このうち50代の男性2人が意識不明の重体になっているということです。
ほかの人たちの容体は詳しくわかっていません。
警視庁と東京消防庁が火が出た原因を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190212/0025429.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»ネット掲示板通じ覚醒剤密売か(12日)TBS

インターネットの掲示板で知り合った中国人に覚醒剤を販売していた密売人とみられる中国籍の47歳の女が、警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、東京・豊島区に住む中国籍の周潔容疑者(47)で、今年1月、都内で覚醒剤を使用したほか、自宅で覚醒剤およそ0.066グラムを所持していた疑いが持たれています。
 周容疑者は、おととし以降、日本に住む中国人向けのインターネット掲示板で知り合った中国人の男女6人に覚醒剤を販売していた密売人とみられていますが、取り調べに対し、「知らない。覚醒剤を渡したこともない」と容疑を否認しています。
 警視庁は覚醒剤の入手先などを捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3596585.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

致死性ある薬物入り飲み物、飲食店で男女に提供 (12日)読売

知人の男女を薬物で殺そうとしたとして、長野県警松本署は8日、松本市里山辺、飲食店経営中原加奈美(36)、同市島内、飲食店従業員水野華菜子(35)、安曇野市三郷明盛、無職月岡愛(32)の3容疑者を殺人未遂の疑いで逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。
 発表によると、3人は共謀し、2015年8月23日未明、松本市中央にある中原容疑者が経営する飲食店で、当時31歳の女性と28歳の男性会社員に、薬物を混入した飲み物を飲ませて殺害しようとした疑い。被害者が店から110番し、救急搬送された。2人は急性薬物中毒と診断され、数日間入院。一時は命の危険があったという。
 同署によると、水野、月岡容疑者は、この店の関係者だった。使用した薬物は致死性があり、市販されていないという。同署は薬物の入手経路とともに、容疑者と被害者の間で、何らかのトラブルがあったとみて動機を調べている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190209-OYT1T50116/

| コメント (0) | トラックバック (0)

死亡ひき逃げ容疑で男逮捕 千葉・浦安市(12日)産経

トラックで路上に倒れていた男性をひいて死亡させ、逃走したとして、千葉県警浦安署は12日までに、自動車運転処罰法違反(過失致死)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、千葉市稲毛区長沼町の自称トラック運転手、田村健容疑者(40)を逮捕した。
 逮捕容疑は11日午前0時5分ごろ、千葉県浦安市海楽の国道357号で、同県松戸市新松戸の会社員、奥井光貴さん(36)をひいて逃げた疑い。奥井さんは病院で死亡が確認された。
同署によると「避けようとしたが、間に合わず車でまたいだ」と容疑をおおむね認めている。現場には歩道橋が架かっており、浦安署は奥井さんが歩道橋から落ちた可能性があるとみている。https://www.sankei.com/affairs/news/190212/afr1902120003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“青汁王子” 29歳社長が会社の所得隠した疑いで強制捜査(12日)NHK

健康食品の通信販売で会社を急成長させ「青汁王子」のニックネームでテレビ番組などに出演していた29歳の社長が、架空の経費を計上する手口で会社の所得を隠していた疑いがあるとして、東京地検特捜部は法人税法違反などの疑いで関係先の強制捜査に乗り出しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190212/k10011811811000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

捜索を受けているのは、東京・渋谷区の通信販売会社「メディアハーツ」で…

| コメント (0) | トラックバック (0)

ひき逃げ 無免許の男を再逮捕(12日)NHK

高知県土佐清水市で、10日、ロードバイクの男性がはねられ死亡したひき逃げ事件で、警察は、事故直後、無免許運転の疑いで逮捕した66歳の男を、11日夜、ひき逃げの疑いで再逮捕しました。
10日午後2時すぎ、土佐清水市の国道のトンネル内で、ロードバイクに乗っていた愛媛県新居浜市の会社員、田中陽祐さん(29)が後ろから軽トラックにはねられました。
田中さんは頭などを強く打ち、病院に搬送されましたが、11日夜、死亡しました。
警察は、およそ1時間後に宿毛市で、前方部分が破損したまま走行する軽トラックを発見し、運転していた宿毛市の漁業、溝渕尚弘容疑者(66)が無免許だったことからその場で逮捕していました。
 その後、溝渕容疑者が田中さんをはねて走り去ったことを認めたことから11日夜、ひき逃げの疑いで再逮捕しました。
 警察によりますと溝渕容疑者は調べに対し容疑を認めているということで、警察は当時の状況について詳しく調べています。
 また、警察によりますと死亡した田中さんは11日が誕生日でロードバイクでツーリングをしていたと見られるということです。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kochi/20190212/8010004386.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

DV被害者の書類、市が夫に誤送…転居費用賠償 (12日)読売

 茨城県つくば市は7日、夫の家庭内暴力(DV)を受けて市外から転居してきた女性の居住地を推測できる書類を、別居している夫の住所に誤って郵送していたと発表した。女性は再び転居を余儀なくされ、市はその費用など約27万円を賠償した。夫が訪ねてくるなどの被害はなかったという。
 市によると、女性は2017年に市内に転居してきたが、住民票は元のままにしていた。女性は書類の郵送先を新住所にするよう依頼していたが、窓口で受け付けた職員がシステム上の登録を忘れていた。このため昨年4月、別の職員がDV被害者と気づかずに医療関連の証明書を住民票の住所に送付した。
 郵送した封筒には市名が印字され、証明書には利用している医療機関や薬局などが記載されていた。同5月に女性から「証明書が届かない」との連絡があり判明。安全確保のため間もなく女性は転居した。市は慰謝料の支払いなども含め女性と協議中という。
 五十嵐立青市長は「重大な過失で、被害者に心よりおわび申し上げる。二度とこのような事態を起こさないよう努めていく」とのコメントを出した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190207-OYT1T50361/

| コメント (0) | トラックバック (0)

前払いし「知人」と口裏合わせ…春節白タク横行 (12日)読売

中国の春節休暇中の今月5~10日、多くの中国人観光客が神奈川県内を訪れたのに伴い、横浜市西区のみなとみらい地区や箱根町などの観光地で無許可タクシー「白タク」が増加した。国土交通省関東運輸局神奈川運輸支局や県警は警戒を強めたものの、巧妙な手口で逃れて摘発は難航した。(小野寺経太)
 「違法な白タクがないか調査をしています」。5日、運輸支局の職員や小田原署員らは箱根の大涌谷駐車場で、白タクの疑いがあるワゴン車など31台の運転手らに声をかけた。後部座席に座っている外国人観光客との関係を尋ねると、運転手は「知人同士」と動じることなく答えて、堂々と運転免許証や車検証を示した。
 運輸支局の担当者は「明らかに知人同士ではない人たちもいた。運転手と客が事前に口裏合わせをしているのだろう」と話す。周囲では至る所で、一緒に観光せずに休憩する運転手が見られた。
 白タク行為は道路運送法違反だ。ただ、「運転手との金銭の授受が確認できなければ摘発は難しい」(県警幹部)とされ、全国的にも摘発事例は少ない。県警によると、中国には白タクが旅行の行程に組まれたパッケージ旅行もあり、顧客が事前に旅行会社に代金を支払っているケースも多い。
 箱根町の住民らによると、昨年秋から年末頃にかけては、夜になると芦ノ湖近くの中華料理店の駐車場に白タクとみられるワゴン車が集まり、中国人運転手らのたまり場になっていた。地元のタクシー運転手の男性は「昨年の春節シーズンには町内の別の場所に拠点があったが、摘発を免れるために次々と場所を替えているようだ」とため息をつく。
 県タクシー協会小田原支部の曽我良成支部長は「タクシー業界にとって白タクの横行は大きな痛手。白タクで事故に遭っても保険金が下りないことなどを外国人観光客にも知ってもらい、利用しないでほしい」と訴えた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190211-OYT1T50127/

| コメント (0) | トラックバック (0)

化学テロ対策ドローン出動 大分市の企業開発 ラグビーW杯で運用予定(12日)西日本

有毒ガスなどを使う「化学テロ」を想定し、ガスを検知し、負傷者を探索できる車両型ドローン(小型無人機)を大分市のベンチャー企業「イームズジャパン」が開発した。消防の特殊災害対応部隊に代わり初動対応を担うことができ、消防庁も期待を寄せる。市消防局は、9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)の大分市の試合会場で運用する予定だ。
 消防庁などによると、化学物質によるテロが疑われる際は、特殊災害対応部隊の隊員が防護服を着て、検知器を使って有毒ガスの有無や散布範囲を確認。要救護者を救助する。隊員に代わりドローン車が初動対応することで、情報収集の時間短縮や、隊員の二次災害防止が可能になる。「隊員を危険にさらさず活動できる効果は大きい」という。
 ドローン車は全長1・7メートルで運搬用荷台を備える。特殊部隊が実際に使う検知器を搭載し、神経ガスや硫化水素、一酸化炭素(CO)などを検知できる。カメラやマイクも備え、操縦者が遠隔操作し、映像や検知したデータはパソコンで常時確認する。稼働可能時間は1時間程度を想定する。
 テロ対策に詳しい日本大の河本志朗教授(危機管理学)は「テロ対応には素早い状況把握が重要。早く正確に動く機械の長所を生かし、隊員は救助活動に集中できる」と話す。
 同社と市消防局は14日に協定を結び、W杯の5試合が開催される大分銀行ドームで運用する方針。同社の溝部弘之社長(48)は「今後、人工知能(AI)を使って走行や探索を自動化したい」としている。=2019/02/11付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/486008/

| コメント (0) | トラックバック (0)

故人宛て郵便転送ダメ? 郵便局は「不可」 「届くまで差出人の所有物」 保険や年金 遺族困惑(12日)西日本

「亡くなった祖父宛ての郵便物を自分に転送したいが、『できない』と郵便局に言われ、困っている」。そんな調査依頼が寄せられた。調べてみると、確かに郵便局は故人宛て郵便物の転送を断っている。中には遺族に届かないと困る重要な郵便物もあるのではないか。転送ができない理由や対処法を取材した。
 依頼を寄せたのは、滋賀県で不動産管理業を営む30代男性。昨年11月、母方の祖父が89歳で亡くなった。母は既に死去しているため、男性と米国在住の伯父が相続人となり、死後の諸手続きは主に男性が行った。
 祖父は入居先の大阪市内の特別養護老人ホームに住民票を移し、郵便物を受け取っていた。祖父の死後も郵便物が施設に届く可能性があるため、男性は自宅に転送してもらおうと最寄りの郵便局を訪れたが、局員の返答は「故人の郵便物は転送できない」だった。
 その後、祖父宛てに後期高齢者医療や介護保険、年金関連の書類が郵送で届いた。特養ホームが男性宅に送ってくれたが、男性は「いつまでも施設に頼めない」と困惑している。

続く
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku/article/486017/

| コメント (0) | トラックバック (0)

米軍艦が南シナ海航行、中国「主権侵害」と非難 「航行の自由」作戦か(12日)産経

中国外務省の華春瑩副報道局長は11日の記者会見で、中国が領有権を主張する南シナ海の南沙(英語名スプラトリー)諸島で同日、「米軍艦が中国の許可を得ずに勝手に海域に進入した」と述べ「中国の主権を侵す行為だ」と非難した。
 華氏によると、米軍艦2隻が航行し、中国海軍は海域を離れるよう警告した。米国による「航行の自由」作戦の一環とみられる。華氏は「米国は南シナ海で挑発し、緊張をつくり出し、平和と安定を破壊しようとしている」と批判した。(共同)
https://www.sankei.com/world/news/190211/wor1902110019-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

滝沢秀明さんファン、京都・南座へ侵入容疑で逮捕 58歳「プレゼント渡したかった」(12日)産経

 京都市東山区の南座で公演中の舞台「滝沢歌舞伎ZERO」の観劇券を購入せず劇場に侵入したとして、京都府警東山署は10日、建造物侵入の疑いで仙台市青葉区土樋の無職、菅原蘭容疑者(58)を逮捕した。舞台は滝沢秀明さんが演出しており、同署によると「ファンでプレゼントを渡したかった」と話している。
 逮捕容疑は10日午後8時55分ごろ、南座に侵入した疑い。公演終了後も劇場に残っており、関係者が声を掛けた。当初は「従業員だ」と説明していたが、警察官に客席に入ったことを認めたという。https://www.sankei.com/affairs/news/190212/afr1902120001-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

小学生女子、母を殺人未遂で補導(12日)産経

11日午後11時40分ごろ、沖縄県糸満市西崎の住宅で家族が刺された、と住人から119番があった。寝室で首から血を流した40代女性が倒れており、近くにいた小学生の娘が包丁で刺したと話したため、糸満署員が殺人未遂の疑いで補導した。女性は重傷を負っており、病院に運ばれたが命に別条はない。
 同署は家族内で何らかのトラブルがあったとみて、詳しい状況を調べている。同署によると、女性は寝室で寝ていたところを刺されたとみられる。同居している家族が気付いて通報した。https://www.sankei.com/affairs/news/190212/afr1902120002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「逃げられなかった」 特殊詐欺元「かけ子」少年が語る詐欺グループの実態 先輩の誘い、安易に応じ…(12日)共同

特殊詐欺で被害者に電話をかけ、言葉巧みに振り込みを誘導する「かけ子」。その役目で詐欺に携わり、県外の警察に詐欺容疑で逮捕された県出身の10代少年=沖縄少年院に入院中=が、8日までに琉球新報の取材に応じた。少年は顔や素性などを詐欺グループに知られ「逃げられない環境があった」と振り返る。先輩の誘いに安易に応じて犯した罪を反省し、社会復帰を目指している。
 糸満市にある少年院で面会した少年は、まだあどけない顔をしていた。礼儀正しくあいさつし、一見では非行少年には見えない。
 本島の中学を卒業した少年は母子家庭で金銭面は苦しく、高校へは進学しなかった。運転免許取得と自動車購入の費用をためるため、関東で建設業の仕事に就いた。詐欺関与のきっかけは17年春、地元の先輩から受けた「車の営業の仕事がある」との誘いだった。「新しい仕事に就けて将来的にもいい」と付いて行ったが、求められたのは「かけ子」の仕事だった。
 関東にある「ハコ」と呼ばれるアパート一室を拠点に、先輩や身元不明の男らと生活しながら「かけ子」をした。個人携帯にある友人らの番号は消され、無料通信アプリLINE(ライン)もブロックされ、外部との連絡はほぼ断たれた。
 会社員になりきり、宝くじが当たった名目で当選金の受取手数料を、被害者が払える限り口座に振り込ませる手口。100人中5~10人が反応を示し、通話を切る人が大半だった。週6日、午前9時から午後8時まで電話し続けた。給料は建設業より10万~20万円低い月20万円だった。
 電話口で赤ちゃんの泣き声が聞こえ「生活が大変だろうな」と電話を切ったこともあった。「かけ子」をしながら「複雑な気持ちだった」という。周りは詐欺師ばかりで人間不信にも陥った。17年秋に30~40代のリーダー格の男に「辞めたい」と申し出たが、聞いてもらえなかった。
 約9カ月たった18年初め、警察官が部屋に乗り込み詐欺容疑で現行犯逮捕された。この少年が加害者となった犯罪の被害者は15~16人で、被害総額は約1億円にも上るという。
 同年春に那覇少年鑑別所に送られ、家裁で少年院送致が決定した。これまで黙秘していたが、事件と向き合い次第に話すようになった。「被害者の人生をめちゃくちゃにしてしまった。直接謝るなどして償いをしていきたい」と日々自分自身と向き合っている。
(金良孝矢)
https://ryukyushimpo.jp/news/entry-874087.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元フジテレビアナの住職逮捕 兵庫、鍵で車傷つけた疑い(12日)共同

他人の車に鍵で傷を付けたとして兵庫県警姫路署は11日、器物損壊の疑いで同県姫路市、元フジテレビアナウンサーで善教寺住職の結城思聞容疑者(73)を現行犯逮捕した。
 姫路署によると、「しょうもないことをしてしまった」と容疑を認めている。アナウンサー時代は松倉悦郎の名で活躍。1993年に亡くなったアナウンサー出身の人気タレント逸見政孝さんとフジテレビの同期入社で親交があった。
 逮捕容疑は11日午後0時55分ごろ、姫路市西大寿台3丁目の車庫に止めてあった男性会社員(26)の乗用車の前部に鍵で約30センチの傷を付けた疑い。会社員と面識はないという。https://this.kiji.is/467675774103602273?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»バスに同乗の女子高校生を特殊警棒で殴った男 逮捕(12日)TBS

11日夜、JR宇都宮駅前で男が同じバスに乗っていた女子高校生の額を、特殊警棒で殴ったとして逮捕されました。
 傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、自称・宇都宮市の会社員、田口裕太容疑者(24)で、11日午後7時前、JR宇都宮駅前の路上で高校1年の女子生徒(15)の額を、持っていた特殊警棒で殴るなどした疑いが持たれています。女子高校生は額を切るなどしましたが、命に別状はありません。
 警察によりますと、事件前、田口容疑者は女子高校生と同じバスに乗っていて、田口容疑者に別の少女の嘔吐物がかかり、その少女を女子高校生が介抱したことに逆上したということです。取り調べに対し、「自分にゲロをかけた人に水をあげるなど、優しくしたため殴った」と供述しているということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3596476.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年2月11日 (月) | トップページ | 2019年2月13日 (水) »