カテゴリー

« バイク扱い「ペダル原付き自転車」無免許相次ぐ(26日)読売 | トップページ | »全裸で徘徊を繰り返した男逮捕「解放感があった」(26日)TBS »

2019年1月26日 (土)

中国人首謀の詐欺、日本人渡航させ「かけ子」に(26日)読売

 中国・吉林省を拠点に高齢女性に百貨店店員などをかたって電話をかけ、キャッシュカードをだまし取ったとして、奈良県警が詐欺容疑などで9人を逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。特殊詐欺グループの仲間で、中国人の指示役がいたことも判明。電話をかける「かけ子」は吉林省の飲食店に集められ、インターネット電話を利用していた。県警は指示役の中国人摘発に力を入れ、グループの全容解明を進める。
 ■元ラウンジから発信
 捜査関係者によると、大阪市西成区の無職女性(58)は仲間と共謀し、2017年12月14日、奈良県生駒市で一人暮らしの無職女性(90)方に百貨店の店員になりすまして電話。「クレジットカードが不正に使われている」「預金口座の取引を停止するので暗証番号を教えてほしい」などとウソを言い、女性方でキャッシュカード1枚をだまし取った疑いで昨年11月に県警に逮捕された。その後、起訴され、今月10日に地裁で懲役3年、執行猶予5年の有罪判決を受けた。
 女性は勧誘役だった知人の男性(65)に借金があり、「返せないならいい仕事を紹介する」と言われて中国に渡った。「かけ子」として約1か月間働き、15万円の報酬を受け取ったという。
 「かけ子」は、吉林省延吉市の「箱」と呼ばれる元ラウンジの一室を拠点に、タブレット端末で、インターネット電話「スカイプ」を利用して日本へ電話していた。県警は、中国から電話することで、通話履歴がたどりにくくなり、捜査をかく乱する狙いがあったとみている。
 ■基本給10万円
 グループ内では「かけ子」と現金受け取り役の「受け子」に分かれ、それぞれに指示役の中国人がいるという。受け子はだまし取った金額の5%程度を報酬として受領。かけ子は約1か月の契約で中国へ渡り、10万円の基本給に加え、成功すればだまし取った金額の5%が上乗せされていた。渡航費や、現地での食費も支給されていたという。
 県警は昨年2月以降、百貨店店員や銀行協会職員などを装う手口で、高齢女性方に電話してキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出したとして、かけ子や受け子ら計9人(34~65歳)を逮捕。うち7人が詐欺罪などで起訴された。
 県警は高齢者5人から約470万円の被害を確認している。また、他府県警でもATM(現金自動預け払い機)から預金を引き出す「出し子」ら8人が逮捕されている。
 ■複数の中国人指示
 県警が昨年2月に詐欺容疑で逮捕した大阪市西成区の無職男(58)が、暴力団員から詐欺グループの中国人を紹介され、借金のある知人を誘うなどして組織化されていったという。
 また、女性らの供述などから、かけ子、受け子両グループには、日本人に指示を出す「マー」「サイ」などと呼ばれる首謀者グループの中国人が複数人いるとみられる。ただ県警に中国での逮捕権はない。捜査のハードルは高いが、今後は中国人の人定をし、国際指名手配をかけて摘発を急ぐ。
 特殊詐欺事件に詳しい東口良司弁護士(京都弁護士会)は「日本人を中国に渡航させて特殊詐欺を働いた中国人を首謀者とするグループは聞いたことがない」とした上で、「海外からの詐欺電話は増えており、捜査権の拡充など国家間での法整備も必要だ」としている。(細田一歩)https://www.yomiuri.co.jp/national/20190126-OYT1T50000.html?from=ycont_top_txt

« バイク扱い「ペダル原付き自転車」無免許相次ぐ(26日)読売 | トップページ | »全裸で徘徊を繰り返した男逮捕「解放感があった」(26日)TBS »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人首謀の詐欺、日本人渡航させ「かけ子」に(26日)読売:

« バイク扱い「ペダル原付き自転車」無免許相次ぐ(26日)読売 | トップページ | »全裸で徘徊を繰り返した男逮捕「解放感があった」(26日)TBS »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

留置所

無料ブログはココログ