« 海自、「秘」の電波情報用意=韓国側はデータ交換拒否・防衛省想定内(16日)時事 | トップページ | 「調書内容と映像整合せず」強盗致傷に無罪判決(16日)読売 »

2019年1月16日 (水)

札幌爆発事故1か月、前例少なく捜査長期化か(16日)読売

札幌市豊平区で52人が負傷した爆発事故で、北海道警は15日、被害に遭った建物が3棟増えて42棟、車両が7台増えて32台になったと発表した。事故は16日で1か月を迎える。事故原因などを巡る道警の捜査は、長期化する見通しだ。
 爆発事故は昨年12月16日午後8時半頃に発生。不動産仲介店「アパマンショップ平岸駅前店」の男性店長(33)が、店内で約120本の消臭スプレー缶を一斉に噴射させたことで起きた。
 道警によると、この事故で店長を始め、同店に隣接する居酒屋の客や従業員ら計52人が重軽傷を負い、建物や車両のガラスが割れるなどの被害が出た。爆発後のがれきの撤去作業は、今週中に終わる見通しだ。
 道警は現在、重過失致傷容疑などでの立件を検討し、店長ら関係者から話を聞いている。ただ、前例が少ないため、捜査は長期化する見通しだ。店長は、事故で顔にやけどの重傷を負ったが、既に退院した。道警の事情聴取を受けながら、治療に専念しているという。

(ここまで416文字 / 残り87文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190116-OYT1T50029.html?from=ycont_top_txt

« 海自、「秘」の電波情報用意=韓国側はデータ交換拒否・防衛省想定内(16日)時事 | トップページ | 「調書内容と映像整合せず」強盗致傷に無罪判決(16日)読売 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 札幌爆発事故1か月、前例少なく捜査長期化か(16日)読売:

« 海自、「秘」の電波情報用意=韓国側はデータ交換拒否・防衛省想定内(16日)時事 | トップページ | 「調書内容と映像整合せず」強盗致傷に無罪判決(16日)読売 »