« 「火炎放射器で人燃やす」暴走前に灯油噴射試す(5日)読売 | トップページ | 2人乗りミニバイク 逃走の16歳少年、奈良県警が摘発(5日)産経 »

2019年1月 5日 (土)

交通事故死、都内でも戦後最少 143人に(5日)産経

平成30年の東京都内の交通事故の死者数は29年と比べて21人減の143人となり、戦後最少を更新したことが4日、警視庁への取材で分かった。
 これまでの死者数の戦後最少は28年の159人だった。同庁によると、29年に164人に増えたことを受け、事故の状況を分析。死者数の約半数が歩行者で、65歳以上の高齢者が多く、道路横断中の事故が目立っていた。このため、同庁では高齢者らに対する安全な道路横断、運転手に対する横断歩行者保護の啓発活動に力を入れたという。
 30年の死者数の内訳は状況別で歩行中が29年比16人減の60人で、全体の42%を占めた。二輪車乗車中が3人増の44人、自転車乗車中が3人減の25人と続いた。
 年齢別では高齢者が3人減の60人▽50代が8人減の21人▽中学生以下の子供が1人減の5人-などとなっている。
 事故件数全体は3万2608件、負傷者数は3万7326人でいずれも減少した。件数、負傷者数は今後変動する可能性がある。
https://www.sankei.com/affairs/news/190104/afr1901040035-n1.html

« 「火炎放射器で人燃やす」暴走前に灯油噴射試す(5日)読売 | トップページ | 2人乗りミニバイク 逃走の16歳少年、奈良県警が摘発(5日)産経 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 交通事故死、都内でも戦後最少 143人に(5日)産経:

« 「火炎放射器で人燃やす」暴走前に灯油噴射試す(5日)読売 | トップページ | 2人乗りミニバイク 逃走の16歳少年、奈良県警が摘発(5日)産経 »