« 統計法違反の疑い浮上=厚労省の不正統計問題(16日)時事 | トップページ | 札幌爆発事故1か月、前例少なく捜査長期化か(16日)読売 »

2019年1月16日 (水)

海自、「秘」の電波情報用意=韓国側はデータ交換拒否・防衛省想定内(16日)時事

海上自衛隊P1哨戒機が韓国駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けた問題。日韓の防衛当局はシンガポールで14日に2回目の実務者協議を開き、膝詰めの協議は午前9時半から午後8時にまで及んだ。日本側が保全上、「秘」扱いのP1が収集した周波数の提示を打診。その条件として、韓国側に駆逐艦が保有するデータを示すよう要請したが、韓国側は拒否した。双方が周波数のデータを突き合わせれば、照射の有無が判明したが、政府高官は「もはや軌道修正できない韓国側がデータ交換に同意しなかったのは想定内」と、淡々と話した。「日本が無礼な要求」と非難
◇機密提供、相互主義が基本
海上自衛隊トップの村川豊海上幕僚長は15日の記者会見で、「協議の中で解決策を導く必要があるなら、把握しているデータを開示する可能性はある」と説明。その上で、「その際には韓国側で持っているデータもしっかりと見せていただき、突き合わせて検証していく必要がある。一方的にすべてを開示することはないと考えている」と強調した。防衛省関係者は「外交上の相互主義の観点からも、客観的な秘のデータを双方が提示し、照合すべきだ。日本側だけが提示しても意味がない」と指摘する。
   日本側は昨年12月20日に照射を受けた後、P1が収集した周波数を含め、証拠を固めた上で、翌日発表。海自はP1が受信した電波のデータを、海自横須賀基地(神奈川県)の電子情報支援隊で分析し、防衛省は「動かぬ証拠」として、首相官邸にも報告していた。

火器管制レーダーを照射した韓国駆逐艦=防衛省公開の映像より

 

 韓国側が否定したことで、防衛省はP1が照射された際に乗員が撮影した映像を公表したが、周波数についてはP1の電子戦の能力が他国に把握される恐れがあり、提示するかどうか慎重に検討してきた。
続く
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019011501304&g=soc

« 統計法違反の疑い浮上=厚労省の不正統計問題(16日)時事 | トップページ | 札幌爆発事故1か月、前例少なく捜査長期化か(16日)読売 »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海自、「秘」の電波情報用意=韓国側はデータ交換拒否・防衛省想定内(16日)時事:

« 統計法違反の疑い浮上=厚労省の不正統計問題(16日)時事 | トップページ | 札幌爆発事故1か月、前例少なく捜査長期化か(16日)読売 »