« 覚醒剤密輸疑い2人逮捕、警視庁 マレーシアから、体に巻き付け(10日)共同 | トップページ | ゴーン容疑者側の準抗告を棄却 東京地裁(10日)産経 »

2019年1月10日 (木)

ゴーン元会長が発熱 「安静必要」との診断 (10日)日経

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン容疑者(64)の特別背任事件で、弁護人は10日、ゴーン元会長が9日夜から高熱を出していることを明らかにした。医師は「安静が必要で取り調べや接見はできない」と診断し、弁護人との10日午前の接見も中止になったという。
勾留期限の11日に東京地検特捜部がゴーン元会長を会社法違反(特別背任)の罪で起訴し、4度目の逮捕がなかった場合、弁護人は即日、東京地裁に保釈を請求する意向を示している。
ゴーン元会長は8日に同地裁で開かれた勾留理由開示に出廷し、「私は無実です」「不当に勾留されている」などと意見陳述した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39841230Q9A110C1CC0000/

« 覚醒剤密輸疑い2人逮捕、警視庁 マレーシアから、体に巻き付け(10日)共同 | トップページ | ゴーン容疑者側の準抗告を棄却 東京地裁(10日)産経 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴーン元会長が発熱 「安静必要」との診断 (10日)日経:

« 覚醒剤密輸疑い2人逮捕、警視庁 マレーシアから、体に巻き付け(10日)共同 | トップページ | ゴーン容疑者側の準抗告を棄却 東京地裁(10日)産経 »