カテゴリー

« 拳銃向けた疑いで書類送検 高知県警の巡査2人(19日)産経 | トップページ | »認知症の行方不明者早期発見へ、警視庁が町田市などと協定(19日)TBS »

2019年1月19日 (土)

県職員がパワハラ後に自殺 上司暴言「日本語書けない」(19日)朝日

 職場の部下にパワーハラスメントをしたとして、静岡県は18日、交通基盤部の課長級の男性職員(59)を減給10分の1(3カ月)の懲戒処分とし、発表した。県が職員のパワハラを認定したのは初めて。部下はパワハラ後の2017年3月に自殺、遺族の申し立てを受けた地方公務員災害補償基金が現在、公務災害に該当するか審査している。
 人事課によると、男性は17年1月~3月上旬、県の出先機関の所属長として部下1人に対して、業務の指導中にパワハラにあたる不適切な発言を繰り返し、精神的苦痛を与えた。男性は他の職員がいる前で「(この部下が)1人でやるとみんなだめになっちゃう」などと言ったほか、2人きりの場で、部下が作成した文書について「日本語が書けない」などと言い、能力や人格を否定する発言を繰り返したという。
 昨年4月、遺族が県に男性と部下のやりとりの音声データを提出。7月に庁内に設置した外部の弁護士や学者を加えた調査委員会が、12月にパワハラを認定した。10月の県の事情聴取に、男性は「気をつけていたつもりだが、不適切な発言が出た可能性はある」と答えたという。県の職員が今月14日、遺族にパワハラについて謝罪した際、遺族は「県の減給処分は軽すぎる」と話したという。(宮廻潤子)
https://www.asahi.com/articles/ASM1L43X1M1LUTPB00H.html

« 拳銃向けた疑いで書類送検 高知県警の巡査2人(19日)産経 | トップページ | »認知症の行方不明者早期発見へ、警視庁が町田市などと協定(19日)TBS »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 拳銃向けた疑いで書類送検 高知県警の巡査2人(19日)産経 | トップページ | »認知症の行方不明者早期発見へ、警視庁が町田市などと協定(19日)TBS »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

留置所

無料ブログはココログ