« »西東京市で「見守り活動」、下校時の通学路の安全確保(18日)TBS | トップページ | 稲川会系組幹部を標的か、川崎 2人負傷の発砲事件(18日)共同 »

2019年1月18日 (金)

去年の自殺者2万598人 9年連続で減少も19歳以下は増加(18日)NHK

去年、自殺した人は2万598人と、9年連続で減少したことが警察庁のまとめでわかりました。
 

警察庁によりますと、去年1年間に自殺した人は、速報値で2万598人と、前の年より723人、率にして3.4%減り、9年連続で減少しました。
 男女別では、男性が1万4125人、女性が6473人でした。
 都道府県別では、人口10万人当たりの自殺者の数でみると、山梨県が24.8人と最も多く、最も少なかったのは徳島県で12人でした。
また、厚生労働省の11月までのまとめでは、50代が3225人、40代が3222人といずれも全体の16.9%、60代が2811人で14.7%と、40代から60代が全体のほぼ半数を占めたほか、19歳以下が前の年に比べて唯一増え、2年連続の増加となっています。
原因・動機別では、健康問題が最も多く、次いで、経済・生活問題、家庭問題などとなっています。
年間の自殺者は平成10年から14年連続で3万人を超え、平成15年には3万4427人と過去最多になりましたが、平成24年以降は3万人を下回る年が続いています。
厚生労働省の自殺対策推進室は「景気の回復に加え、自治体などの取り組みによって着実に自殺者の数は減少しているものの、いまだ2万人を超える人がみずから命を絶っており、引き続き対策を進めていく」としています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190118/k10011782271000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

« »西東京市で「見守り活動」、下校時の通学路の安全確保(18日)TBS | トップページ | 稲川会系組幹部を標的か、川崎 2人負傷の発砲事件(18日)共同 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 去年の自殺者2万598人 9年連続で減少も19歳以下は増加(18日)NHK:

« »西東京市で「見守り活動」、下校時の通学路の安全確保(18日)TBS | トップページ | 稲川会系組幹部を標的か、川崎 2人負傷の発砲事件(18日)共同 »