« 2019年1月6日 | トップページ | 2019年1月8日 »

2019年1月7日

2019年1月 7日 (月)

棒持つ男「金出せ」に、店長「ない」と閉め出す(7日)読売

 3日午後6時10分頃、茨城県かすみがうら市稲吉南の和菓子店で、裏口から入ってきた男が棒を手にしながら、店長を「金を出せ」と脅した。店長が「金はない」と告げると、裏口から外へ出たため、ドアの鍵をかけて閉め出した。男はそのまま逃走。土浦署は強盗未遂事件として調べている。発表では、男は30歳代くらいで、身長約1メートル70、中肉。黒いフード付きジャンパーのような上着、ベージュのズボン姿だったという。
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20190107-OYT1T50022.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

少女ら標的、睡眠ドラッグ悪用の性犯罪急増(7日)産経

睡眠導入剤などの薬剤を飲食物に混入し、相手を抵抗できない状態にしてわいせつ行為に及ぶ犯罪が相次いでいる。「デートレイプドラッグ」とも呼ばれる強力な薬剤はインターネット上の取引などで容易に入手できる状況で、会員制交流サイト(SNS)で知り合った少女らを標的に犯行を繰り返す悪質なケースも出ている。被害者の体内から薬の成分が排出される前に検査、検出できれば犯人逮捕に向けた証拠となるため、専門家は「被害が疑われる場合はすぐに警察などに相談を」と呼びかける。
鹿児島県の高校3年の少女は平成30年8月の夏休みに上京したとき、ツイッターで知り合った男に「ご飯行こうか」と誘われた。新宿の歌舞伎町で待ち合わせ、男から手渡された「飲むヨーグルト」を飲んだ後、意識がもうろうとし始めた。「車で休もう」。かすかに記憶に残るのは、男の言葉。翌朝目を覚ますと、宿泊先の親類宅のベッドの中だった。不安を覚えて警視庁に相談し、尿検査で睡眠導入剤の成分が検出された。

 警視庁は少女を自分の車に連れ込み、わいせつ行為をしようとしたとして、準強制わいせつ未遂などの容疑で中国籍の男(32)を逮捕。男は別の少女への準強制わいせつ容疑でも逮捕されており、いずれも被害者が早期に警察に相談したことが摘発につながった。

続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗殺人未遂容疑で男逮捕 タクシーで運転手切り付け(7日)産経

タクシーに乗車中に男性運転手(64)を包丁で切り付け負傷させた上、現金などを奪ったとして、愛知県警中村署は7日、強盗殺人未遂の疑いで韓国籍の自称タクシー運転手、新井光泳容疑者(59)=名古屋市西区八筋町=を逮捕した。男性は意識があり命に別条はないという。
 逮捕容疑は6日午後8時55分ごろ、同市中村区稲上町の路上に止めたタクシー車内で、男性の首や右胸を刃物で切り付け、現金384円入りの小銭入れと腕時計を奪ったとしている。「お金が欲しかった」と供述している。
新井容疑者は同市中区栄のホテル付近から乗車し、中村区方面へ向かうよう指示。行き先を二転三転させた後、現場に停車させた。支払いの際にトラブルになり、もみ合いになったという。事件現場近くの住民からの110番通報を受けて捜査していた警察官が、現場から北約1キロの公園で手に血が付いた新井容疑者を発見。事件への関与を認めたため逮捕した。
 https://www.sankei.com/affairs/news/190107/afr1901070003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

青森のアパート放火、男性に無罪 地裁「状況証拠だけ」(7日)共同

青森県八戸市で2017年7月、2階建て木造アパートの外壁が燃える火事があり、現住建造物等放火の罪に問われた同市の会社員長根祐太被告(31)の裁判員裁判で、青森地裁は7日、無罪判決を言い渡した。求刑は懲役8年だった。
 古玉正紀裁判長は、被告以外の何者かが現場にガソリンを持ち込んで放火した可能性を否定できないと指摘。「状況証拠により認められる間接事実だけでは、被告が放火したと認められない」と述べた。
 火災は17年7月16日午前2時45分ごろ、長根被告との離婚を望んでいた元妻や息子が身を寄せていた知人のアパートで発生。
https://this.kiji.is/454958727316112481?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»8000万円強奪の映像入手、犯人追跡も車が急発進(7日)TBS

5日、東京・港区の路上で白昼堂々、現金8000万円が奪われた事件について、その際に撮影された映像をJNNが入手しました。
 「はあはあ」
 「荷物は大丈夫ですか」
 「やばい、現金、めっちゃ入ってるんですよ」
 息を切らせながら走る男性たち。これは、5日、東京・港区赤坂でおよそ8000万円が奪われた際に撮られた映像です。逃げる犯人、追っていく被害者。
 「写真撮って」
 角を曲がった先に停まっていた車は急発進して走り去りました。
 現場となったのは東京のランドマークとなっている東京ミッドタウンのすぐ裏手の路地です。犯人は、金を奪った後、大通りに止めてあった車に乗って逃走しました。
 110番通報があったのは5日午後2時ごろ。ブランド品買取会社の男性社員らが、赤坂の路上を歩いていたところ、突然、後ろから近づいてきた3人組の男に顔面を殴られ、およそ8000万円が入ったキャリーバッグを奪われました。
 「危害を加えられて、私が刃物を向けられたり」(被害に遭った男性)
 こう話すのは被害にあった男性。顔に軽いけがをしましたが、とっさにスマートフォンの動画を撮影していました。男性によりますと、動画に写っていたのは3人組のうち、2人の男の姿。一緒にいた男性社員や通行人とともに、下り坂を逃げていった男らを走って追いかけたといいます。
 「私がカメラを回しているのに気付いて、いきなり発進したと思うんですけど」(被害に遭った男性)
 しかし、角を曲がった大通りに停められていた銀色の車が男を乗せて急発進。右側のドアを半開きにさせた状態で猛スピードで逃げていきました。白い服を着た男は車に乗り込むことができずに置いていかれ、そのまま走って逃げたということです。警視庁は強盗傷害事件として捜査しています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3566701.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»旧型スポーツカー連続窃盗か、容疑者は“臨月”(7日)TBS

神奈川県で旧型のスポーツカーの窃盗を繰り返したとみられる夫婦らが逮捕されました。事件当時、妻は臨月でした。
 逮捕されたのは平塚市に住む、ニッタ由貴容疑者(39)と、夫でブラジル国籍のエナベ ニッタ マウリシオ容疑者(32)ら3人です。
 由貴容疑者らは、去年11月、秦野市の駐車場からおよそ132万円相当の乗用車を盗んだ疑いなどが持たれています。由貴容疑者は、事件当時、臨月で、その後まもなく出産したため、警察は「留置に耐えられる」との医師の判断を待ち、7日、逮捕したということです。
 周辺では旧型のスポーツカーが盗まれる被害が相次いでいて、警察は、少なくとも40件以上の余罪があるとみていますが、夫婦は共に容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3566704.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(7、8日 単位・レベル)
民度が低い人間は屑だ
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014422 山梨県富士河口湖町の「河口湖美術館」敷地内の松の木28本に穴が開けられているのが見つかった。その数は約140カ所にものぼり、しかも穴には薬剤が入れられたとみられ、一部は枯れていた。同敷地は富士箱根伊豆国立公園の特別地域に指定されているところ。警察は器物損壊容疑で調べている。
 刑法261条には「…他人の物を損壊した者は5年以下の懲役又は30万円以下の罰金若しくは科料に処する」とあるが、犯罪行為というよりも民度の低さが問われる犯罪だ。
 その民度の低い犯罪-警察庁によると平成30年11月までだが、認知件数がなんと7万2344件にのぼる。検挙率は11.7%と低いが4608人が検挙されている。これには425人の少年が含まれているという。
 ランキングは東京が圧倒的に多く9920件。次いで愛知の6728件、大阪の6021件、埼玉の5494件、兵庫の4881件など。東京は認知件数が多いだけに検挙者数は638人で全国1だ。
 検挙率は鳥取の36.2%、島根の28.9%、長崎の26.8%、沖縄の25.3%、秋田の21.3%の順。
 低かったのは愛媛の6.2%、茨城の7.6%、岐阜の9.0%、埼玉と千葉の各9.2%と続いている。
 しかし、自然の破壊もそうだが、山梨県甲府市の山梨県立美術館では「芸術の森公園」に設置してあるコロンビア人芸術家のブロンズ彫刻がコインのようなもので傷つけられているのが発見されたという。
 こんな人間は芸術を見る資格なんか無い人間の屑だ1日も早くしょっぴけ
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

typhoon詐欺天国ニッポンtyphoon

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

★長電話の詐欺集団、被害者に相談のスキ与えず(27日)読売
★80代女性が1億2500万円余だまし取られる 愛知(25日)NHK
★特殊詐欺多発船橋でフォーラム(24日)NHK
★68歳女性、200万円だまし取られる 埼玉・川越(21日)産経
★架空請求で1800万円被害 訴訟装うはがきで、青森(19日)産経
★住吉会系事務所を家宅捜索 特殊詐欺に組織的関与か(17日)共同
★セブン店員、女性客の通話代わり詰問…詐欺防ぐ(16日)読売
★架空請求はがき、アプリで見破る さいたま市の弁護士ら開発(12日)共同
★国際ロマンス詐欺にご用心 「米軍人」名乗り女性狙う (13日)日経
★「銀行員のマエザワ」の電話にご注意 還付金詐欺相次ぐ(13日)朝日
★コンサートチケットの購入持ちかけ現金詐取、女を逮捕(13日)TBS
★「中身知らない」詐欺受け子、最高裁が逆転有罪(12日)読売
★スーツ姿で「受け子」 詐欺容疑で高2男子生徒を逮捕(12日)産経
★詐欺で940万円だまし取られる、埼玉・上里(10日)産経
★警官名乗り「偽札か調べる」…800万円詐取(9日)読売
★元劇団四季の警察官、詐欺被害防止の啓発ソング(7日)読売
★カードすり替え窃盗が急増 封筒使う新手口、注意を(6日)共同
★大阪の警官、特殊詐欺見抜けず 「息子」と電話でやりとり(4日)西日本
★高齢者に振り込め詐欺防犯講座(5日)NHK
★元JTB子会社の男再逮捕 外貨両替で4千万詐取疑い(5日)産経
★垂れ幕で「詐欺警戒を」 特別警報時に洛和会施設=京都(2日)読売
★愛之助さん“特殊詐欺に注意を”(2日)NHK
★杉良太郎さんら オレオレ詐欺対策協力へ、警察庁が正式に依頼(1日)TBS
★特殊詐欺加担防止へ 高校生に防犯教室=神奈川
★現金詐取容疑グループが役割分担 交渉や書類作成(29日)共同
★カード使い780万円詐欺被害(28日)NHK福島
★偽「裁判所」はがき、各地で被害 100万円振り込み(24日)共同
★“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS
★ビジネス装うメール詐欺、日本企業も標的に (22日)日経

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人未遂容疑の男性不起訴 地検浜松支部(7日)産経

静岡地検浜松支部は7日までに、交通トラブルになった男性を車で引きずりけがをさせたとして、殺人未遂容疑で逮捕された浜松市西区の男性(47)について、罪名を傷害に切り替えた上で不起訴処分とした。昨年12月28日付。理由を明らかにしていない。
 男性は昨年11月17日、浜松市西区の市道で交通トラブルを巡り口論になった無職男性=当時(45)=の右手を窓枠に挟んだ状態で軽乗用車を発進させて数十メートル引きずり、殺害しようとしたとして、浜松中央署が逮捕した。無職男性は両膝などに軽傷を負った。
https://www.sankei.com/affairs/news/190107/afr1901070005-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗殺人未遂容疑で男逮捕 タクシーで運転手切り付け(7日)産経

タクシーに乗車中に男性運転手(64)を包丁で切り付け負傷させた上、現金などを奪ったとして、愛知県警中村署は7日、強盗殺人未遂の疑いで韓国籍の自称タクシー運転手、新井光泳容疑者(59)=名古屋市西区八筋町=を逮捕した。男性は意識があり命に別条はないという。
 逮捕容疑は6日午後8時55分ごろ、同市中村区稲上町の路上に止めたタクシー車内で、男性の首や右胸を刃物で切り付け、現金384円入りの小銭入れと腕時計を奪ったとしている。「お金が欲しかった」と供述している。
新井容疑者は同市中区栄のホテル付近から乗車し、中村区方面へ向かうよう指示。行き先を二転三転させた後、現場に停車させた。支払いの際にトラブルになり、もみ合いになったという。事件現場近くの住民からの110番通報を受けて捜査していた警察官が、現場から北約1キロの公園で手に血が付いた新井容疑者を発見。事件への関与を認めたため逮捕した。
 https://www.sankei.com/affairs/news/190107/afr1901070003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

少女買春疑いの校長逮捕、大阪 府立生野聴覚支援学校(7日)共同

 会員制交流サイト(SNS)で知り合った少女とわいせつな行為をしたとして、兵庫県警は6日、児童買春・ポルノ禁止法違反(買春)の疑いで、大阪府松原市、府立生野聴覚支援学校校長杉田宏容疑者(59)を逮捕した。県警によると、容疑を認めている。
 逮捕容疑は、昨年9月29日午後、大阪市北区のホテルで、少女(15)に現金1万円を渡す約束をしてわいせつな行為をした疑い。
 兵庫県警によると、2人は昨年9月下旬にSNSを通じて知り合った。10月、少女の関係者が2人のやりとりに気付き、県警に相談した。
https://this.kiji.is/454821110881010785?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判員制度10年 選任手続き不参加の市民増加で課題も(7日)NHK

裁判員制度が始まってからことしで10年になります。これまでに約8万7000人が裁判員として審理に加わりましたが、裁判員を選ぶ手続きに参加しない人が増える傾向があり、改めて制度の意義をどう市民に伝えていくのかが課題となっています。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190107/k10011769291000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

皇室写真集の送りつけ商法、島根県内で相次ぐ(7日)読売

天皇陛下退位に便乗し、皇室の写真集を自宅に送りつける商法が島根県内で相次ぎ、県消費者センターは「電話勧誘はきっぱり断る」「商品の受け取りは拒否する」など、注意を呼びかけている。
 センターによると、県東部で昨年10月、独り暮らしの90歳代女性宅に、知らない業者から代金引換で宅配便が届き、開けてみると皇室の写真集だった。代金3万8000円は支払い済みで、送り状や契約書が見つからないことから、解約交渉は難航している。
 県東部の80歳代の独居男性の場合は、家族が訪ねると床の間に荷物が積んであり、開けると皇室アルバムだった。セットで6万4000円だった。電話勧誘の際は「いらない」と言っており、法令に定められた契約書面が交付されていないため、クーリングオフで商品を送り返した。
 県内では昨年11月末までに同様の相談が9件寄せられ、そのうち5件は10月以降だった。センターでは、今後便乗商法が増えるとみており、「断るのはもちろん、家族のものでも注文したか分からない荷物は受け取らないとルールを決めるのも有効」と被害防止策をあげている。
 相談は消費者ホットライン(188)へ。局番は不要で、近くの消費生活センターなどにつながる。https://www.yomiuri.co.jp/national/20190105-OYT1T50068.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ハンマーと包丁持ち「刺すぞ、殺すぞ」と脅す(7日)読売

 島根県警出雲署は4日、出雲市外園町の無職の男(73)を暴力行為等処罰法違反の疑いで再逮捕した。
 発表によると、昨年12月24日午前10時40分頃、同市内に住む60歳代男性にハンマーで殴りかかり、包丁を突きつけて「刺すぞ、殺すぞ」などと脅した疑い。男は同日、路上に止めた車の助手席に包丁3本を置いていたとして銃刀法違反の疑いで同署に現行犯逮捕されていた。https://www.yomiuri.co.jp/national/20190106-OYT1T50027.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元組事務所を唐津市が落札 暴力団の再取得阻止 競売の「抜け穴」ふさぐ(7日)西日本

暴力団事務所として使われていた佐賀県唐津市の土地と建物を、市が昨年12月、佐賀地裁唐津支部の競売で落札していたことが分かった。暴力団関係者が競売に参加し、再び土地など取得するのを阻止する狙い。県警、県弁護士会などが市に働き掛けて実現した。関係機関が連携し、「抜け穴」となっている競売から暴力団を締め出す取り組みとして注目されそうだ。
 暴力団事務所として使用されると知りながら不動産を売買することは、佐賀県など地方自治体の暴力団排除条例で禁じられているが、競売は対象外。暴力団関係者も参加、落札できる。
 県警などによると、元事務所は市中心部に近い住宅地にあり、2012年11月ごろまで指定暴力団浪川会系の暴力団が使っていた。その後、差し押さえられ、借金返済の肩代わりなどをする県信用保証協会が競売を同支部に申し立てた。
 競売の情報を入手した県警、県弁護士会、県暴力追放運動推進センターは昨年11月、「住民の安全で平穏な生活を確保するための支援」を市に要請。市は「再び暴力団の手に渡れば市民の安全が脅かされる可能性がある」として、同12月5日、競売物件となった土地(約1100平方メートル)と建物の入札に参加。約830万円で落札した。今後、活用策を検討する。
 県警組織犯罪対策課は「今後も事務所の撤去に向けた動きの支援を続けたい」。県弁護士会の民事介入暴力対策特別委員長、江崎匡慶弁護士は「競売は暴力団排除の抜け穴として残っており、早期に民事執行法を改正し、暴力団が関われないようにすべきだ」と指摘した。=2019/01/07付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/477551/

| コメント (0) | トラックバック (0)

自衛隊、災害支援「提案型」に 西日本豪雨後に見直し(7日)産経

 

大規模災害時の支援をめぐり、自衛隊が自治体の要請を待って活動する従来の「受け身型」から、関係省庁の情報を集約して、適切な支援を打診する「提案型」の運用に切り替えたことが6日、防衛省関係者への取材で分かった。昨年7月の西日本豪雨が見直しのきっかけとなった。運用の見直しで、自衛隊側がより積極的に災害支援活動に当たることが可能になる。
 災害派遣は自衛隊法などに基づく任務の一つで、原則は都道府県知事らの要請で実行。人命救助や給食・給水支援といった支援任務は、現地の部隊から連絡員を派遣し、自治体の要請を受けて対応してきた。 
ただ、西日本豪雨のような大規模災害では、被災経験がなく小規模の自治体が、対応に追われて的確な支援要請を出せず、自衛隊も要請が出るまで待機することもあったという。
 近年は自衛隊も柔軟な支援が可能になり、西日本豪雨では岡山県倉敷市真備(まび)町で陸上自衛隊が災害ごみを移動するため、初めて大型重機を投入。道路網が寸断された広島県呉市では、食品を届けるためコンビニの輸送車を海上自衛隊の輸送艦で運んだ。
 こうした対応は国や自治体との協議で最終的に実現したが、政府は今後も自治体側の要請を受ける形が続けば、自衛隊に迅速な要請ができない可能性があると判断。西日本豪雨での対応を検証し、各省庁が集めた情報を自衛隊に集約し、自治体に提案する「提案型支援」が有効と判断した。
 これを受け、防衛省では大規模災害時に、決定権のある本省課長級以上を連絡員として現地に派遣し、提案した支援策を自衛隊が直ちに実行できるよう運用方針を変更した。

 防衛省関係者は「これまで自治体の経験値次第で対応スピードに差が出たが、今後は地域性に関係なく迅速に必要な支援任務を行うことが期待できる。こうした対応が明確化された意味は大きい」と話している。
https://www.sankei.com/affairs/news/190106/afr1901060014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ロシア人、サイパンで拘束 露外務省が米国批判(7日)産経

【モスクワ=小野田雄一】ロシア外務省は5日、北マリアナ諸島(米国自治領)のサイパン島で昨年12月29日、ロシア人男性が米連邦捜査局(FBI)に拘束されたと発表した。同月28日には、露連邦保安局(FSB)が米国人男性をスパイ容疑で逮捕しており、露国内では米側の報復の可能性を指摘する声も出ている。
 発表によると、拘束されたのは、1979年生まれのドミトリー・マカレンコ氏。妻や子供らとともに空港到着直後に拘束された。露外務省は「拘束の事実をロシア側に適切に通知しなかった」と米国を批判し、「米国は逮捕理由を明らかにすべきだ」としている。
米国からの報道によると、マカレンコ氏は防衛関連の物品を無許可で輸出しようとした疑いがある。
 ロシアでは先月28日、訪露中だった元米海兵隊員、ポール・ウィラン被告がスパイ容疑で逮捕され、その後、同罪で起訴された。
https://www.sankei.com/world/news/190106/wor1901060010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

陛下、7日で即位30年 象徴の姿「平成流」次代へ(7日)共同

                     

 天皇陛下は7日、即位30年を迎えられた。現行憲法下で初めて即位した天皇として、象徴としてのあるべき姿を追い求めてきた。4月天皇陛下は7日、即位30年を迎えられた。現行憲法下で初めて即位した天皇として、象徴としてのあるべき姿を追い求めてきた。4月30日に天皇として約200年ぶりに退位するが、即位後の歩みは、皇后さまと共に国内外の各地を巡って平和を祈り、苦境に立つ人々に寄り添う日々だった。「活動してこそ天皇」という「平成流」は、次代に受け継がれていく。

 陛下は1989年1月7日、昭和天皇が亡くなったことに伴い天皇に即位。翌年10月に皇居で行われた即位の中心儀式「即位礼正殿の儀」で「日本国憲法を順守し、象徴としてのつとめを果たすことを誓う」と語った。

https://this.kiji.is/454543990642639969?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

雪で混雑の新千歳空港 昨夜も40人余が一夜明かす(7日)NHK

雪の影響で欠航が相次ぎ5日、約2000人が空港内に一晩足止めされた北海道の新千歳空港では、混雑が続き6日夜も40人余りが空港で一夜を明かしました。7日も満席の便が多く、混雑が続く見込みです。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190107/k10011769421000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

新千歳空港では、Uターンラッシュのピークだった5日、雪の影響で105便が…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»線路脇で火災、JR八高線が一時運転見合わせ(7日)TBS

6日夕方、埼玉県本庄市の線路脇で火事がありました。この影響で、JR八高線の一部がおよそ2時間半にわたり運転を見合わせました。
 「赤いのがばーっと、火の粉が舞い上がっちゃってばんばん燃えてるんで」(火災現場の近くに住む男性)
 6日午後5時半すぎ、本庄市児玉で「建物が燃えている」と消防に通報がありました。木造2階建ての店舗兼住宅と物置が全焼したほか、隣接する鉄筋2階建ての住宅の一部も焼けました。けが人はいませんでした。
 この火事の影響で、JR八高線の高崎駅から高麗川駅の上下線で一時運転を見合わせましたが、午後8時すぎに全線で運転を再開しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3566013.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»宇都宮市の“ひき逃げ”でラーメン店経営の男逮捕(7日)TBS

 6日未明、宇都宮市で31歳の男性がひき逃げされ死亡した事件で、警察はラーメン店経営の男を逮捕しました。
 ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、宇都宮市のラーメン店経営・桑久保貴大容疑者(34)です。
 桑久保容疑者は6日午前2時すぎ、宇都宮市鶴田町の市道で会社員の山本浩之さん(31)を運転していた乗用車ではね、そのまま逃走した疑いがもたれています。山本さんはその後、病院に運ばれましたが死亡が確認されました。
 取り調べに対し、桑久保容疑者は「はねたのが人と思わなかった」と容疑を一部否認しています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3565936.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月6日 | トップページ | 2019年1月8日 »