« 2019年1月 4日 (金) | トップページ | 2019年1月 6日 (日) »

2019年1月 5日 (土)

2019年1月 5日 (土)

»3階建てビルで火災発生、長野市中心部(5日)TBS

長野市の中心市街地で5日夕方、ビル火災が発生し、消火活動が続いています。
 5日午後4時半すぎ、長野市の中央通り沿いにある3階建てのビルから火が出ました。ビルには1階と2階にラーメン店が入っていて、一時、炎と煙が激しく上がりました。消防によりますと、これまでのところ、けが人などの情報は入っていないということです。
 「最初は煙も大きくなかったけど、だんだん火が上がってきた感じ」(目撃者)
 「隣のビルから火の粉が飛んできたので(避難した)」(目撃者)
 現場はJR長野駅からおよそ250メートルにある中心市街地で、消火活動が続いています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3565441.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺で使用の携帯、3割がベトナム人名義(5日)読売

東京都内で昨年1~11月に起きた特殊詐欺事件で使われた携帯電話のうち、契約者が特定できた655件の約3割(186件)がベトナム人名義だったことが警視庁への取材でわかった。大半が技能実習生や留学生で、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で勧誘されていた。警視庁は、ベトナム人名義の携帯電話が詐欺グループに渡った経緯を調べている。
 町田市の80歳代の男性宅で昨年7月、息子を装う男から「投資に失敗した」と助けを求める電話があり、男性が100万円を詐取された。発信元は名古屋市の日本語学校に通うベトナム国籍の男(22)が契約した携帯電話。この男は事件後間もなく帰国していた。
 ベトナム人名義の携帯電話による特殊詐欺は、2017年は2件だったが、昨年は3月に12件、6月は41件に増え、11月までに計186件に上った。多くはインターネットを通じて契約され、本人確認書類として、本人の在留カードの写しが携帯電話会社に送られていた。警視庁が名義人のベトナム人の行方を追うと、大半はすでに出国したり、行方不明になったりしていた。本人に面会できたのは十数人で、いずれも「在留カードを他人に預けたら契約された」と説明し、詐欺グループとの共謀は確認できなかったという。

(ここまで531文字 / 残り562文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190105-OYT1T50038.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

スマートキーの電波盗み解錠=車盗難「リレーアタック」-鍵管理に警戒を・大阪(5日)時事

 防犯効果が高いとされる自動車のスマートキーの電波を悪用して車を盗む「リレーアタック」という手口での盗難被害が増えている。大阪市や東大阪市でこの手口で車を盗まれたり、盗まれそうになったりする被害が数件続いており、大阪府警は警戒を強めている。
 スマートキーは鍵から出る微弱な電波を車が受信し、ワンタッチでドアの開閉やエンジン始動ができる仕組み。電波は1~1.5メートルしか届かず、それ以上離れれば開錠できないため、通常の鍵より防犯効果が高いと普及が進んでいる。
 リレーアタックは、この微弱電波を特殊な機器で拾い、車の近くで待機する仲間の機器まで中継。電波を受信させて車を動かし、乗り去るというもの。防犯コンサルティングの「日本防犯設備」(東京都)によると、中国製などの機器が出回り、欧米を中心に被害が拡大。国内でもここ1~2年、各地で被害が出始めた。
 犯人グループは車から離れた運転手を尾行して電波を拾うほか、玄関や窓から漏れる電波を使うこともあるため、家の車庫でも油断はできない。東大阪市で自宅に止めていた高級車を盗まれそうになった男性のケースでは、防犯カメラに発信機などを抱えた不審な人物が撮影されていた。
 被害を防ぐには、車を離れる際に不審者がいないか確認し、電波を傍受されないようにする必要がある。同社の防犯設備士北沢実さんは「電波を遮断するキーケースも市販されているし、自宅では鍵を電波を通さない金属缶に入れて保管することも有効だ」と呼び掛けている。https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010500338&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

元勤務先からガソリン盗んだ疑い 59歳男逮捕 神奈川県警(5日)産経

神奈川県茅ケ崎市の新聞販売所からガソリン入り携行缶を盗んだとして、同県警茅ケ崎署は5日、窃盗容疑で住所不定の職業不詳、金栄和容疑者(59)=韓国籍=を逮捕した。「借りようと思っただけ」と容疑を否認している。
 逮捕容疑は平成30年11月26日午後9時10分ごろ、同市南湖にある「毎日新聞茅ケ崎北部販売所」店内からガソリン入り携行缶1缶(時価計2千円相当)を盗んだとしている。
 同署によると、金容疑者は以前、この販売所に勤務していた。当時、ドアは無施錠で誰もいなかったという。防犯カメラの映像から金容疑者の関与が浮上したといい、同署は詳しい動機などを調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190105/afr1901050010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察官自殺 周囲にパワハラ相談(5日)NHK

今月2日警視庁・原宿警察署で拳銃で自殺した警察官が、前日、竹下通りで車が暴走する事件が起きた当時、現場近くで警戒にあたっていたことが分かりました。
職場でパワハラのような言動を受けているとして周囲に相談し遺書が残されていたということで警視庁が事実関係を調べています。

今月2日の夜、警視庁原宿警察署の地下の倉庫で交通課の係長の男性警部補(36)が頭から血を流して倒れているのが見つかりまもなく死亡しました。
当直勤務中に、拳銃で自殺したとみられています。
原宿警察署の管内では前日の元日の未明に竹下通りで車が暴走し歩行者が次々にはねられる事件が起きましたが、警部補は交通規制の担当として現場近くで警戒にあたっていたことが捜査関係者への取材で分かりました。
当時、竹下通りは、初詣に向かう人のため車両は通行止めになっていて、容疑者の車が入ってきた付近で大みそかから配置についていたということです。
また警部補は、以前から職場でパワハラのような言動を受けているとして人間関係の悩みなどを周囲に相談し、亡くなった際遺書が残されていたことも分かりました。
警視庁は警部補の詳しい勤務状況やパワハラがあったかどうかなどについて、「現段階ではコメントできない」としていますが、事実関係について調査を進めています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190105/0023506.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»東名高速で12台の玉突き事故、一時40キロの渋滞(5日)TBS

 5日午後、神奈川県の東名高速で乗用車など12台が絡む玉突き事故がありました。事故の影響にUターンの混雑が重なり、東名高速の上り線は一時、40キロの大渋滞になりました
 午後1時すぎ、神奈川県大和市にある東名高速上り線の大和トンネル手前で、乗用車などあわせて12台が絡む玉突き事故がありました。けが人はいませんでしたが、東名高速の上り線は現場付近で車線規制が行われました。
 規制は午後5時前に解除されましたが、その後、Uターンの混雑が重なって、上り線は一時、最大40キロの渋滞となりました。午後6時現在も大和バス停付近を先頭に17キロの渋滞が続いています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3565434.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上で現金8000万円奪われる(5日)NHK

5日午後、東京・赤坂の路上で貴金属買い取り会社の社員が3人組の男に襲われ、現金およそ8000万円を奪われました。
警視庁は強盗傷害事件として当時の詳しい状況を調べています。

5日午後2時ごろ、東京・港区赤坂の路上で貴金属買い取り会社の27歳の社員から「3人組の男に現金を奪われた」と110番通報がありました。
警視庁によりますと、男性が歩いていたところ3人組の男に突然後ろから殴られ、現金およそ8000万円が入ったキャリーバッグを奪われたということです。
男性は、近くの駐車場に車を止めて上司と一緒に取り引き相手の家に向かう向かう途中だったということで、手に軽いけがをしました。
3人組の男はそのまま走って逃げ、このうち1人は年齢が30歳くらいで身長がおよそ1メートル70センチベージュの作業着を着ていたということです。
また、もう1人は、身長がおよそ1メートル70センチで、上下黒っぽいジャージ姿だったということです。
警視庁は、強盗傷害事件として周辺の防犯カメラの映像を分析するなど捜査を進めています。https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190105/0023509.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(5、6日 単位・レベル)
東京でまた街頭の事件が…
【治安うんちく】

2009_1228_22521931_3F1014416 5日午後、東京・港区赤坂で現金約8000万円が入ったバッグを奪われる強盗事件が発生した。会社員の男性2人が3人の男に頭や顔を殴られ奪われたもので3人の男は逃走しており、警視庁は強盗傷害事件として捜査している。
 警視庁管内では1日未明には原宿の竹下通りで21歳の男が運転する軽自動車が暴走して歩行者をはね、8人がけがをした殺人未遂事件があり、新年早々に体感治安の悪化を感じる。
 強盗事件にも侵入強盗やタクシー強盗、今回の事件のような路上強盗があるが、警察庁によると平成29年の路上強盗事件の認知件数は504件で検挙人員は348人。うち少年は95人だった。検挙率は58.3%。
 認知件数の推移をみると平成20年が1449件もあったが、以降は年々減少し同26年には872件と1000件台を割った。さらに減少し続けて9年間で約3分の1近くに減っている。
 一方、検挙率は逆で平成20年が43.1%だったが同22年に一度40.7%に落ちたものの、以降は年々上昇して28年には67.2%までアップした。しかし、29年は8.9ポイントダウンしてしまった。
 29年の強盗の中でも検挙率が最も高かったのはタクシー強盗の95.7%をトップに自動車強盗の95.0%や住宅侵入強盗も93.9%と高いが、路上での事件の検挙率は最も低い。しかし、街頭の防犯カメラの充実もあって徐々にだがアップしており、今回の事件でも警視庁は防犯カメラの解析を進めていると言うから期待したい。
 街頭での事件が相次いでいることから首都東京の体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。但し、報道の扱いを考慮すると、レベルアップは本日かぎり。扱いが小さい背景には何があるのか…

詐欺天国ニッポン

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

特殊詐欺で使用の携帯、3割がベトナム人名義(5日)読売

ついに国際化が明らかになったー昨年1〜11月に都内で起きた特殊詐欺事件で使われた携帯電話のうち、契約者が特定できた655件の約3割(186件)がベトナム人名義だったという。警視庁は、ベトナム人名義の携帯電話が詐欺グループに渡ったみて調べている。しかも、大半が技能実習生や留学生で、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で勧誘されていたというから、日本の組織がアルバイト的に利用しているのかな?

今年になってから特殊詐欺の報道はない。

★長電話の詐欺集団、被害者に相談のスキ与えず(27日)読売
★80代女性が1億2500万円余だまし取られる 愛知(25日)NHK
★特殊詐欺多発船橋でフォーラム(24日)NHK
★68歳女性、200万円だまし取られる 埼玉・川越(21日)産経
★架空請求で1800万円被害 訴訟装うはがきで、青森(19日)産経
★住吉会系事務所を家宅捜索 特殊詐欺に組織的関与か(17日)共同
★セブン店員、女性客の通話代わり詰問…詐欺防ぐ(16日)読売
★架空請求はがき、アプリで見破る さいたま市の弁護士ら開発(12日)共同
★国際ロマンス詐欺にご用心 「米軍人」名乗り女性狙う (13日)日経
★「銀行員のマエザワ」の電話にご注意 還付金詐欺相次ぐ(13日)朝日
★コンサートチケットの購入持ちかけ現金詐取、女を逮捕(13日)TBS
★「中身知らない」詐欺受け子、最高裁が逆転有罪(12日)読売
★スーツ姿で「受け子」 詐欺容疑で高2男子生徒を逮捕(12日)産経

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・赤坂の路上で現金8千万円奪われる(5日)共同

 警視庁によると、5日午後1時55分ごろ、東京・赤坂の路上で男性会社員が3人組の男に頭を殴られ、現金約8千万円が入ったキャリーバッグを奪われた。男性は軽傷。警視庁が強盗致傷容疑で3人組の行方を追っている。https://this.kiji.is/454217972804109409?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

リフト停止、80人宙づり 静岡・裾野のスキー場(5日)産経

静岡県裾野市須山のスキー場「フジヤマスノーリゾートイエティ」で4日夜、リフトが緊急停止し、スキー客ら約80人が一時、宙づりとなったことが5日、スキー場への取材で分かった。約35分後に全員が救助され、けが人はいなかった。
 スキー場によると、4日午後8時5分ごろ、3線あるリフトのうちの1線で、4人乗りリフトに従業員が接触。車輪からワイヤが外れ、安全装置が作動し緊急停止した。リフトは高い所で地上から約8メートルあった。停止したまま、従業員がロープの付いた棒状の専用器具を使い地上に降ろした。部品交換と点検を終え、5日朝から運転を再開した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190105/afr1901050004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

鳥取砂丘に車のタイヤ跡見つかる(5日)NHK

国立公園の「特別保護地区」に指定され車の乗り入れが禁止されている鳥取市の鳥取砂丘でおよそ300メートルにわたって車のタイヤの跡がみつかり、鳥取県などは進入禁止の看板を増やすなど対策を検討することにしています。

鳥取県によりますと、4日午後1時半ごろ、鳥取砂丘で清掃活動にあたっていた財団の職員が砂の上に車のタイヤの跡をみつけ県や環境省に連絡しました。
確認されたタイヤの跡は近くにある駐車場から砂丘に続く直線と、砂丘の中で円が描かれたような曲線で、あわせて300メートルにわたっているということです。
鳥取砂丘は、山陰海岸国立公園の中にあり、景観と生態系の保護を目的に特に規制が厳しい「特別保護地区」に指定され、車の乗り入れなどが禁止されています。
鳥取砂丘では4年前にも車が走行したことがあり、駐車場に進入禁止の看板も設置されていますが、県や環境省では、看板を増やすなど対策を検討することにしています。
鳥取県緑豊かな自然課の、高務裕子参事は、「現場は観光客も少なく、清掃や見回りをあまり行わない場所だった。今後は見回りを強化するとともに車の走行禁止の啓発も改めて行いたい」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190105/4040001856.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»鉄道博物館で“車両”に被害、一部を公開中止(5日)TBS

 さいたま市にある鉄道博物館で展示されている車両の部品が盗まれるなどの被害があり、博物館は一部の展示品の公開を中止し、警察に被害届けを出しました。
 さいたま市大宮区にある鉄道博物館によりますと、去年の最終営業日だった12月28日に、展示されている車両の愛称板が盗まれたり、車両に悪質ないたずらがあったことがわかりました。
 通常は鍵をかけている乗務員室の扉がこじ開けられ、列車の種別を「急行」から「普通」に変えられたり、行き先表示器を無理矢理回転させられ、表示幕が噛みこんでしまったりしていました。
 鉄道博物館は、3日から被害車両の公開と一部のイベントを中止し、警察にも被害届を出しました。鉄道博物館は「到底、看過できるものではありません」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3565290.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2人乗りミニバイク 逃走の16歳少年、奈良県警が摘発(5日)産経

3日午後9時半ごろ、奈良県橿原市曲川町の市道交差点で、県警橿原署のパトカーがナンバープレートを隠して走行していた2人乗りのミニバイクを発見。停止を求めたが逃走したため、追跡した。ミニバイクは約500メートル先でスリップして転倒。運転していた同県大和高田市の無職少年(16)と同乗していた橿原市の無職少年(16)がともに軽傷を負った。同署は道交法違反(無免許運転)の疑いで、運転していた少年を摘発した。
 https://www.sankei.com/affairs/news/190105/afr1901050001-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

交通事故死、都内でも戦後最少 143人に(5日)産経

平成30年の東京都内の交通事故の死者数は29年と比べて21人減の143人となり、戦後最少を更新したことが4日、警視庁への取材で分かった。
 これまでの死者数の戦後最少は28年の159人だった。同庁によると、29年に164人に増えたことを受け、事故の状況を分析。死者数の約半数が歩行者で、65歳以上の高齢者が多く、道路横断中の事故が目立っていた。このため、同庁では高齢者らに対する安全な道路横断、運転手に対する横断歩行者保護の啓発活動に力を入れたという。
 30年の死者数の内訳は状況別で歩行中が29年比16人減の60人で、全体の42%を占めた。二輪車乗車中が3人増の44人、自転車乗車中が3人減の25人と続いた。
 年齢別では高齢者が3人減の60人▽50代が8人減の21人▽中学生以下の子供が1人減の5人-などとなっている。
 事故件数全体は3万2608件、負傷者数は3万7326人でいずれも減少した。件数、負傷者数は今後変動する可能性がある。
https://www.sankei.com/affairs/news/190104/afr1901040035-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「火炎放射器で人燃やす」暴走前に灯油噴射試す(5日)読売

東京都渋谷区の竹下通りで軽乗用車が暴走し、歩行者8人をはねた事件で、日下部和博容疑者(21)(殺人未遂容疑で逮捕)が事件の約1時間前、明治神宮の近くで高圧洗浄機を使って、灯油の噴射を試みていたことが捜査関係者への取材でわかった。「火炎放射器にして、人を燃やそうとした」と供述しており、警視庁は日下部容疑者が当初、初詣客を狙った無差別殺傷を計画していたとみている。
 捜査関係者によると、日下部容疑者は先月31日朝、レンタカーに灯油入りのポリタンクと高圧洗浄機を積んで大阪府寝屋川市を出発。東名高速で上京し、昼過ぎに明治神宮付近に到着した。
 その後、深夜まで明治神宮近くの路上に止めた車内で待機していた。調べに対し、日下部容疑者は「初詣客が増えてから火を付けようと思った。深夜なら逃げやすいとも考えた」と供述している。

(ここまで358文字 / 残り449文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190104-OYT1T50113.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

覚醒剤2キロ密輸疑いで逮捕 ドイツ人の75歳男 福岡(5日)産経

福岡県警は4日までに、覚醒剤約2・2キロ(末端価格約1億4千万円相当)を密輸したとして、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いでドイツ国籍の無職、ウォルフガング・シーモン容疑者(75)を逮捕した。県警によると「会員制交流サイト(SNS)で知り合った人から荷物を日本に持ち込むよう頼まれ、中身は知らなかった」として容疑を否認している。
 逮捕容疑は、カンボジアのシェムリアップ国際空港から航空機に搭乗し、昨年12月17日朝にベトナム経由で福岡空港に到着、覚醒剤を持ち込んだとしている。
県警などによると、シーモン容疑者はドイツでホテル経営に携わり、現在休業中。リュックサックの背板部分から覚醒剤入りのポリ袋が見つかった。容疑者は「カンボジアで女性からリュックサックを渡された。報酬を受け取ったら、ホテルの事業資金に充てる予定だった」という趣旨の話をしているという。
 門司税関は4日、関税法違反容疑で福岡地検に告発した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190104/afr1901040033-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

身元不明の焼死体見つかる 熊本・八代(5日)産経

 4日午後3時45分ごろ、熊本県八代市鼠蔵町の空き地で「人のようなものが燃えた痕跡がある」と近くの住民から119番があった。八代署によると、1人の身元不明の焼死体が見つかった。焼損が激しいため、性別や年齢は分かっていない。同署は身元の確認を急ぐとともに、自殺と事件、事故の可能性があるとみて調べている。
 同署によると、現場付近には日常的にごみを燃やした跡があり、焼死体は燃えかすの上にあおむけで倒れていた。近くでは八代市の男性が所有するトラックが見つかっており、関連があるかどうかを調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/190104/afr1901040034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

少女にわいせつ疑い男逮捕 愛知県警 (5日)日経

愛知県警刈谷署は4日、児童買春・ポルノ禁止法違反(児童買春)の疑いで、岐阜県多治見市小田町2、会社員、平井範隆容疑者(41)を逮捕した。「わいせつな行為はしたが、18歳未満とは知らなかった」と容疑を一部否認している。
逮捕容疑は2018年6月17日、名古屋市中区のホテルで、少女(15)が18歳に満たないと知りながら、現金を渡しわいせつな行為をした疑い。
同署によると、2人は会員制交流サイト(SNS)で知り合い、この日初めて会ったという。少女が翌18日、同署に相談し発覚した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39669740U9A100C1CN8000/?n_cid=TPRN0003

| コメント (0) | トラックバック (0)

密漁取締りを強化 高性能カメラを全国配備へ 警察庁(5日)NHK

暴力団の資金源になっているとみられる密漁の取締りを強化するため、警察庁は夜でも鮮明な映像が撮影できる高性能カメラを配備する方針です。
 日本の沿岸では、中国で高値で取り引きされているナマコなどの密漁に暴力団員が関わったとして検挙されるケースが相次いでいて、警察当局は暴力団の資金源になっているとみています。
 密漁は主に夜間に人目を忍んで行われますが、身を隠す場所が少ない海岸などに捜査員を配置することができず、取締りの難しさが課題となっていました。
 このため警察庁は、夜でも遠距離から鮮明な映像が撮影できる高性能カメラを各地の管区警察局などに配備する方針です。
 カメラは薬物犯罪の捜査などにも活用が可能だということで、警察庁は暴力団の資金獲得の実態解明や取締りの強化にもつなげていきたいとしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190105/k10011768081000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

被害者の遺品を警察が紛失 ひき逃げで死亡男児の腕時計(5日)NHK

10年前、埼玉県熊谷市で当時小学4年生の男の子が車にひき逃げされて死亡した未解決事件で、警察が遺族から預かった男の子の腕時計を紛失したことが捜査関係者などへの取材で分かりました。警察は遺族に謝罪したうえで紛失したいきさつなどを調べています。
 平成21年9月、埼玉県熊谷市の市道で、書道教室から自転車で帰宅途中だった小学4年生の小関孝徳くん(当時10)が車にはねられて死亡し、警察は現場の状況などからひき逃げ事件として捜査しています。
 この事件で警察が遺族から預かった、小関くんが当時身につけていた腕時計を紛失したことが捜査関係者などへの取材で分かりました。
 警察が去年10月、遺族からの問い合わせを受けて保管していた遺品を確認したところ、腕時計がなくなっていることに気付いたということで、遺族に謝罪したうえで紛失したいきさつなどを調べています。
 この事件は目撃証言がなく物証も乏しいため捜査が難航していて、ひき逃げの罪はすでに時効を迎え、自動車運転過失致死の罪の時効もことし9月に迫っています。
 埼玉県警交通捜査課の小久保和浩次席は「ご遺族に大変ご迷惑をおかけしました。今後このようなことがないよう指導するとともに、原因などがわかり次第、適正に対処します」と話しています。

腕時計は母親からの誕生日プレゼント

警察が紛失した腕時計は、母親が小関くんの10歳の誕生日にプレゼントした大切な遺品でした。
 小関くんは誕生日から5か月後の平成21年9月、埼玉県熊谷市の市道で書道教室から自転車で帰宅途中に車にはねられて死亡しました。
 小関くんは母親からもらった腕時計を身につけていて、警察が身元確認のために腕時計を預かり、自転車や服などとともに保管していたということです。
 事件の時効が迫る中、母親が去年10月、警察に預けた遺品について問い合わせをしたところ、腕時計がなくなっていることが分かったということです。
 母親は「大切な遺品がきちんと保管されていなかったことを知り、事件が発生した当初から適正に捜査が行われていたのか疑問を持ちました。ことしで時効を迎えるので、警察には何としても事件を解決してもらいたいです」と話しています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190105/k10011768091000.html?utm_int=news_contents_news-main_002

| コメント (0) | トラックバック (0)

»関東各地で火事が相次ぐ、埼玉の工場と神奈川の住宅(5日)TBS

関東各地で火事が相次いでいます。
 4日午後4時前、埼玉県加須市の車の解体工場から火が出ました。消防のポンプ車など15台が駆けつけ、火はおよそ1時間後に消し止められましたが、工場の作業所や事務所などおよそ80平方メートルが焼けました。けが人はいませんでした。消防によりますと、火元は作業所とみられているということです。
 一方、午後4時半頃には神奈川県藤沢市の住宅からも火が出て、隣の空き家に燃え移りました。ポンプ車など13台が駆けつけ、消火活動が続いていますが、今のところ、けが人はいないということです。いずれの火事についても警察と消防が出火の原因を詳しく調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3564845.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»茨城県職員、19年間無免許運転で休職処分(5日)TBS

茨城県の男性職員が19年近く無免許で公用車などを運転していたとして休職処分を受けました。
 茨城県によりますと、休職となったのは土木部境工事事務所の男性係長(44)です。
 男性係長は、1999年7月に免許が失効しましたが、自家用車のほか公用車も去年4月まで19年近く無免許で運転を続けていました。店の駐車場で車のドアを別の車にぶつけた際に、警察官に免許証の提示を求められ発覚しました。
 県の聴取に男性係長は「業務が忙しく、手続きしなければならないと思っていたが、ずるずると来てしまった」と説明したということです。男性係長は去年12月に無免許運転の罪で在宅起訴されました。
 県は免許証の確認を怠っていたと認めた上で、「目視での確認を徹底したい」としています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 4日 (金) | トップページ | 2019年1月 6日 (日) »