« 2018年12月31日 | トップページ | 2019年1月2日 »

2019年1月1日

2019年1月 1日 (火)

「治安いい」意識が裏目、無施錠での侵入盗続出(1日)読売

山形県内の住宅への侵入窃盗事案で、無施錠で被害に遭うケースが目立っている。今年発生した149件(10月末時点)のうち無施錠は129件に上り、全体に占める割合(無施錠率)は86・6%で全国ワースト1位だった。県警は、山形県民が「治安がいい」と感じている度合いが高いことや、隣近所との信頼関係が裏目に出ているとみている。年末年始は家を留守にすることも増えるため、県警は施錠を徹底するよう呼び掛けている。
「鍵をかけましょう」
 25日、東根市の大型ショッピングモールで地元の市立第一中学校の生徒4人が、買い物客らにこう呼び掛けながら、「外出時は確実な鍵かけを」と記したチラシを配布した。県警と地元中学生が行う年末警戒活動の一環で、例年、特殊詐欺被害や交通事故の防止を呼び掛けているが、無施錠での窃盗被害が相次いでいることから、鍵をかけることを促すチラシを初めて配った。
 チラシを受け取った村山地域のパート従業員の女性(67)は「防犯のため常に自宅を施錠している。でも、近所の人が頻繁に家を訪ねてくるので、不在でも鍵をかけていないという家も多い」と打ち明ける。女性は「お隣さんを信頼してないみたいな印象をもたれるかもしれないが、防犯のためには施錠を徹底しなければ」と話していた。
   ◇
 県警生活安全企画課によると、県内で今年起きた住宅への侵入窃盗事案の無施錠率は86・6%(10月末時点)と、全国平均(48・4%)を大きく上回っている。2008年から今年までの無施錠率(いずれも1~10月末)を比較すると、各年の全国平均より7・9~38・2ポイント高い状況が続いている。
 今年、無施錠で窃盗被害に遭った129件のうち、玄関などの「表出入り口」が侵入ルートとなったのが60件と最多で、裏口や勝手口などの「その他出入り口」が32件、「窓」が26件と続いた。被害住居の種類は、一戸建てが107件(82・9%)と突出している。
 今年の住宅侵入窃盗事案全体(149件)のうち、家人が不在時に侵入する「空き巣」が73件、就寝中に入る「忍び込み」が76件と約半数ずつを占める。
   ◇
 県内では、住宅以外でも施錠をおろそかにする傾向が顕著だ。
 車上狙いの被害事案の無施錠率は今年90・8%(10月末時点)で全国ワースト1位。キーを差したままにしたため、車が盗まれるケースも96・7%で全国ワースト2位だった。
 県警生活安全企画課は、県内で無施錠の傾向が大きい理由について、16年に警察庁が公表したアンケート結果で、本県の体感治安が5点満点で4・04点と全国トップだったことなどを挙げ、「逆に市民の防犯意識の低下を招いている可能性がある」とみる。
 同課の高橋信一課長は「家の中で犯人と遭遇した場合、金品だけでなく命の危険にさらされる恐れもある。施錠の意識をしっかり持ってほしい」と呼び掛けている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190101-OYT1T50054.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

駅で刺され3人重傷=容疑者「アラー」と叫ぶ-英中部マンチェスター(1日)時事

【マンチェスター(英国)AFP時事】英中部マンチェスターのマンチェスター・ビクトリア駅で12月31日夜、警官1人を含む3人が刃物で刺されて重傷を負った。地元警察によると、男1人が殺人未遂の疑いで逮捕された。
過激なイスラム指導者拘束=キリスト教徒女性無罪めぐり-パキスタン

 事件を目撃したBBC放送のプロデューサーは、容疑者の男が襲撃の前と最中に「アラー(イスラム教の神)」と叫ぶのを聞いたと証言。男は「お前たちが他国を爆撃し続ける限り、この種の災いが起き続けることになる」とも述べたという。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2019010100206&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0) | トラックバック (0)

餅を詰まらせ10人搬送 1人死亡 東京都内(1日)NHK

1日、東京都内では餅をのどに詰まらせる人が相次ぎ、東京消防庁によりますと、27歳から98歳までの男女10人が病院に搬送され、このうち1人が死亡しました。東京消防庁は餅は小さく切って、ゆっくりかんで食べるよう注意を呼びかけています。
東京消防庁によりますと、1日午前10時すぎ、東京・昭島市の80代の男性が自宅で雑煮の餅をのどに詰まらせ病院に搬送されましたが、死亡しました。
 都内で餅をのどに詰まらせて病院に搬送された人は、1日午後4時までに27歳から98歳までの男女10人にのぼり、このうち7人は60代以上だということです。

東京消防庁は、
▽餅を小さく切ってゆっくりかんで食べることや、
▽高齢者や乳幼児と一緒に食事をする際には、特に注意を払うよう呼びかけています。

そして、もしのどに詰まらせた場合は、
▽意識があるかまわりの人が確かめたうえで、
▽反応があれば、後ろから胸か、あごを支えてうつむかせ、
▽背中をたたいてはき出させるなどの対応を取るよう
呼びかけています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190101/k10011765191000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

»殺人未遂で新聞配達員逮捕「目が合い殺してやろうと」(1日)TBS

12月31日、兵庫県たつの市で男性を車ではね、殺害しようとしたとして、朝日新聞のアルバイト配達員の男が逮捕されました。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、兵庫県太子町に住む朝日新聞のアルバイト配達員、山本圭吾容疑者(37)です。
 警察によりますと、山本容疑者は、12月31日午後5時ごろ、たつの市誉田町のパチンコ店の駐車場で、軽乗用車を急発進させて店から出てきた客の男性(27)を背後からはね、殺害しようとした疑いが持たれています。はねられた男性は、腰や背中の骨を折る重傷です。
 調べに対し、山本容疑者は「パチンコ店の店内で男性と目が合い、バカにされているように感じて殺してやろうと思った」と容疑を認めているということです。
 山本容疑者と被害者の男性に面識はなく、警察は犯行時の状況について調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3563263.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»竹下通りで車暴走、「死刑制度への報復」と供述(1日)TBS

東京・原宿の竹下通りで1月1日未明、自称・21歳の男が運転する軽乗用車が暴走し、8人が重軽傷を負った事件で、車から灯油のポリタンクが見つかったことがわかりました。
 1日午前0時過ぎ、東京・JR原宿駅前の竹下通りで、軽乗用車がおよそ130メートルにわたって逆走し、歩行者が次々とはねられました。このうち大学生の男性1人(19)が意識不明の重体となるなど、19歳から51歳の男性8人が重軽傷を負いました。
 「(Q.どんな様子?)頭から血流してて。何人かいましたね、運ばれていく人」(事件を目撃した人)
 「(Q.何人ぐらいいた?)自分たちが見たのは2人」(事件を目撃した人)
 車を運転していたのは、住所・職業不詳の自称・日下部和博容疑者(21)で、殺人未遂の疑いで逮捕されました。取り調べに対して容疑を認め、「死刑制度に対する報復でやった」と供述しているということです。
 日下部容疑者は12月31日昼すぎに大阪からレンタカーで東京に来ましたが、その後の警視庁への取材で、車の後部座席から灯油入りのポリタンクが見つかったことがわかりました。
 蓋が開いた100リットルのポリタンクに灯油が20リットルほど入っていて、ほかに高圧洗浄機も見つかったということです。また、日下部容疑者の体からは灯油の臭いがして、「灯油で車ごと燃やそうと思った」と供述していることも新たにわかり、警視庁はさらに詳しく調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3563258.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日 単位・レベル)
もう、こんな事件は…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014436 「もうおねがいゆるして」―虐待に苦しむ5歳の女児がノートに書き残したメモに涙が流れた。平成30年3月に東京・目黒区で両親から虐待を受けて死亡した事件は世間に大きなショックを与えた。29年度の全国の児童相談所での虐待相談は9年前の件数の3倍以上に急増している。このため厚生労働省は来年度から4年間の計画で専門職の増員など児童相談所の体制を強化することとし、相談の専門職を2900人増員するという。
 厚労省によると平成29年度に全国の児童相談所に対する虐待の相談件数は13万3778件で前年度より1万1203件の増加。9年前の平成20年度は4万2664件だったので約3倍にも急増している。
 問題は、児相への通報があって現地に赴いても救えなかった例も多く見られた。
 その相談の経路だが、29年度で最も多かったのは警察からが49%もある。これに近隣・知人からの13%、家庭と学校からの各7%、福祉事務所からの6%などと続く。近隣の通報が減っているものの警察からの通報が1万件以上も増えている。
 虐待にもいろいろあるが最多は心理的虐待で54%でこれに身体的虐待の24.8%と続くが、「動物以下」と呆れてしまう性的虐待も1.2%にあたる1540件もあった。
 児相を設置してある都道府県及び市で最も相談対応が多かったのは東京都の1万3707件、大阪府の1万1306件、埼玉県の1万0439件、千葉県の6811件、大阪市の6020件などだった。
 児童―それは犯罪被害の弱者でもある。それを分別ある大人が虐待するなんて絶対に許せない。
 正月早々、無粋な内容になったが新時代を迎えることでもあり、今年こそ次世代を担う〝財産(子供たち)〟を大事にすることだ。 
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

typhoon 詐欺天国ニッポンtyphoon

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

★長電話の詐欺集団、被害者に相談のスキ与えず(27日)読売
★80代女性が1億2500万円余だまし取られる 愛知(25日)NHK
★特殊詐欺多発船橋でフォーラム(24日)NHK
★68歳女性、200万円だまし取られる 埼玉・川越(21日)産経
★架空請求で1800万円被害 訴訟装うはがきで、青森(19日)産経
★住吉会系事務所を家宅捜索 特殊詐欺に組織的関与か(17日)共同
★セブン店員、女性客の通話代わり詰問…詐欺防ぐ(16日)読売
★架空請求はがき、アプリで見破る さいたま市の弁護士ら開発(12日)共同
★国際ロマンス詐欺にご用心 「米軍人」名乗り女性狙う (13日)日経
★「銀行員のマエザワ」の電話にご注意 還付金詐欺相次ぐ(13日)朝日
★コンサートチケットの購入持ちかけ現金詐取、女を逮捕(13日)TBS
★「中身知らない」詐欺受け子、最高裁が逆転有罪(12日)読売
★スーツ姿で「受け子」 詐欺容疑で高2男子生徒を逮捕(12日)産経
★詐欺で940万円だまし取られる、埼玉・上里(10日)産経
★警官名乗り「偽札か調べる」…800万円詐取(9日)読売
★元劇団四季の警察官、詐欺被害防止の啓発ソング(7日)読売
★カードすり替え窃盗が急増 封筒使う新手口、注意を(6日)共同
★大阪の警官、特殊詐欺見抜けず 「息子」と電話でやりとり(4日)西日本
★高齢者に振り込め詐欺防犯講座(5日)NHK
★元JTB子会社の男再逮捕 外貨両替で4千万詐取疑い(5日)産経
★垂れ幕で「詐欺警戒を」 特別警報時に洛和会施設=京都(2日)読売
★愛之助さん“特殊詐欺に注意を”(2日)NHK
★杉良太郎さんら オレオレ詐欺対策協力へ、警察庁が正式に依頼(1日)TBS

| コメント (0) | トラックバック (0)

スパイ容疑で米国人拘束=さらに緊張激化の恐れ-ロシア(1日)時事

【モスクワ時事】ロシアの情報機関、連邦保安局(FSB)は31日、スパイ容疑で米国人を拘束したと発表した。ただでさえ冷え切っている米ロ間の緊張がさらに高まりそうだ。

ロシア女スパイが司法取引=米共和政権との「裏ルート」画策

 発表によると、米国人のポール・ウィラン容疑者は「スパイ行為を働いた」として、28日にモスクワで拘束された。FSBは刑事事件として捜査を開始したと発表したが、スパイ行為の詳細については明らかにしていない。
 タス通信によると、有罪となった場合は禁錮10~20年が科される可能性がある。米ロ関係が極度に悪化する中、ロシアが米国人拘束を通じて米国に揺さぶりをかけることも考えられる。
 米国では7月にスパイ活動の罪でロシア人の女マリア・ブティナ被告が刑事訴追され、ロシアは「でっち上げの訴追」と反発した。ブティナ被告は12月に罪を認め、検察との司法取引に応じている。
 米国務省当局者は31日、「ロシア外務省から公式に米国人拘束の連絡があった」と述べた上で、拘束者に対する領事面会を認めるよう求めたことを明らかにした。(2019/01/01-01:07) https://www.jiji.com/jc/article?k=2018123100242&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0) | トラックバック (0)

目が合い立腹、車ではねる 殺人未遂容疑で男逮捕(1日)産経

 兵庫県警たつの署は31日、パチンコ店の駐車場で男性を車でひき殺そうとしたとして、殺人未遂の疑いで、同県太子町阿曽の新聞配達員、山本圭吾容疑者(37)を現行犯逮捕した。男性は腰や背中の骨を折る重傷。
 同署によると「店内で目が合ってばかにされた気がした。腹が立って殺してやろうと思った」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、31日午後5時5分ごろ、同県たつの市誉田町広山のパチンコ店駐車場で、同県姫路市の警備員男性(27)を軽乗用車ではねて殺そうとした疑い。
2人は客同士で面識はなかった。山本容疑者が店を出た男性の後をつけて車に乗り込み、後方から男性をはねた。その後車は駐車場の外壁に衝突し、目撃した別の客が119番した。https://www.sankei.com/affairs/news/190101/afr1901010012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»男の車から灯油のポリタンク、原宿竹下通り暴走(1日)TBS

東京・原宿の竹下通りで、自称・21歳の男が運転する軽乗用車が暴走し、8人が重軽傷を負った事件で、車から灯油のポリタンクが見つかったことが新たにわかりました。
 1日午前0時すぎ、東京・JR原宿駅前の竹下通りで、軽乗用車がおよそ130メートルにわたって逆走し、歩行者が次々とはねられました。このうち、大学生の男性1人(10代)が意識不明の重体となるなど、10代から50代の男性8人が重軽傷を負いました。
Q.どんな様子?
 「頭から血流してて。何人かいましたね、運ばれていく人」(事件を目撃した人)
Q.何人ぐらいいた?
 「自分たちが見たのは2人」(事件を目撃した人)
 車を運転していたのは、住所・職業不詳の自称・日下部和博容疑者(21)で、殺人未遂の疑いで逮捕されました。
 日下部容疑者は、大阪からレンタカーで現場に来ていましたが、その後の捜査関係者への取材で、車の中から灯油のポリタンクが見つかったことが新たにわかりました。日下部容疑者は「アクセルを踏み続けて人をはねた」「死刑に対する報復でやった」と供述していて、体からは灯油の臭いもしたということで、警視庁は、灯油を持っていた理由についても詳しく調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3563107.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

船橋で住宅火災2人と連絡取れず(1日)NHK

1日未明、千葉県船橋市で住宅と隣のアパートの一部が焼ける火事があり、住宅に住む少なくとも2人と連絡が取れなくなっていて、警察が確認を急いでいます。
  1日午前3時15分ごろ、千葉県船橋市市場の住宅で「炎が出ている」と近くを通りかかった人から消防に通報がありました。
この火事で隣のアパートの一部も焼け、消防が消火にあたり、火はおよそ30分後にほぼ消し止められました。
 警察によりますと、この住宅には2人か3人が住んでいるものとみられ、まだ連絡が取れていないということで、警察が確認を急いでいます。
現場は、JR東船橋駅から北西に500メートルほど離れた住宅街の一角です。
 近くに住む60代の男性は「『ぼん、ぼん』と爆発するような音がして、様子を見に外に出たら炎が高く上がっていた。そのあと、黒い煙がもくもくと上がっていました。臭いはなく風もなかったので、火が燃え移る様子はなかったが、近所の人たちを起こして1時間ぐらい外に避難していました。逃げ遅れた人がいなければよいのですが」と話していました。
 近くに住む70代の男性は「自宅で寝ていたら近所の人が『火事ですよ』と起こしに来てくれて、外に出たら真っ赤な炎が上がっていた。火事のあった住宅は高齢の女性と娘夫婦と孫が住んでいたと思います。正月から火事にあわれてしまい何とも言えません」と話していました。 https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20190101/1080004599.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

“サウジ記者の遺体入った荷物 総領事公邸に搬入” 映像公開(1日)NHK

ジャーナリストのジャマル・カショギ氏がトルコのイスタンブールで殺害された事件で、トルコのメディアは遺体が入った荷物がサウジアラビアの総領事公邸に運び込まれる様子だとする新たな映像を報じ、真相を明らかにするよう追及が続いています。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190101/k10011764771000.html?utm_int=news_contents_news-main_006

サウジアラビア政府に批判的な記事を書いてきたカショギ…

| コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーン被告11日まで勾留延長…異例の越年捜査(1日)読売

東京地裁は31日、1月1日が期限だったゴーン被告の勾留を10日間延長することを認める決定をした。新たな勾留期限は11日となり、東京地検特捜部が年末年始もゴーン被告を取り調べる異例の越年捜査となった。
 特捜部の捜査では、年末年始の取り調べを避けるため逮捕時期を調整するのが一般的だ。特捜部は今回の特別背任事件について年明けの着手を想定していたが、同地裁が12月20日に金融商品取引法違反事件でのゴーン被告の勾留延長請求を却下。保釈の可能性が浮上し、急きょ同月21日に再逮捕に踏み切った。
 勾留先の東京拘置所では通常、年末年始は弁護人が被告や容疑者と接見できない。ゴーン被告の弁護人は「接見ができない状態で特捜部の取り調べが続けられるようでは、被告の権利を守れない」と主張。法務・検察側との調整の結果、年末年始も日曜と祝日を除き接見が可能となり、31日も接見したという。
 法務省によると、拘置所では、大みそかは「年越しそば」をイメージしたカップ麺が収容者に配られ、元日には黒豆やかまぼこ、酢の物が入った「おせち料理」が提供されるという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181231-OYT1T50024.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

天皇陛下、200年ぶり退位へ 憲政史上初、歴史的1年に(1日)西日本

              

 新年を迎えられる天皇ご一家=皇居・御所(宮内庁提供)

新年を迎えられる天皇ご一家=皇居・御所(宮内庁提供)

写真を見る

 天皇ご一家は1日、平成最後の新年を迎えられた。天皇陛下は4月30日に退位し、皇太子さまが翌5月1日に新天皇に即位する。退位による天皇代替わりは江戸時代の光格天皇以来、約200年ぶりで、秋には即位関連の儀式が続く。退位は憲政史上初めてで皇室にとって歴史的な1年となる。陛下と皇后さまは4月10日、結婚60年を迎える。重責を退いた後の両陛下が、どのような生活を送るかも注目だ。
 皇太子さまが即位後、新皇后となる雅子さまと共に、宿泊を伴って最初に臨む地方訪問は、6月に植樹祭が催される愛知県となる見通しだ。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/476702/

 天皇ご一家は1日、平成最後の新年を迎えられた。天皇

| コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷で年越し、若者ら歓喜=警視庁厳戒、ホコ天も-東京(1日)時事

 東京都渋谷区のJR渋谷駅周辺では31日夜、カウントダウンイベントが開かれ、平成最後の年越しを楽しもうと多くの若者や外国人でにぎわった。参加者同士のトラブルなども予想され、警視庁は機動隊員ら数百人を動員し厳戒態勢で臨んだ。
〔写真特集〕渋谷で年越しカウントダウン

 イベントは区や地元商店街が主催し、今回で3回目。駅前のスクランブル交差点や車道が「歩行者天国」として開放され、身動きできないほどの人で埋め尽くされた。街頭ビジョンでカウントダウンが始まると、参加者は声を合わせて数字を読み上げ、年が明けた瞬間に拍手と歓声が上がった。
 警視庁は車を使ったテロを防ぐため、周辺の車道を大型車両で封鎖。人混みで転倒する人もおり、「DJポリス」が広報車の上から注意するよう呼び掛けた。10月のハロウィーンでは未明に軽トラックが横転させられるなどの騒ぎがあったため、同庁は早朝まで警戒を続ける。
 友人と2人で来ていた大学1年の女子学生(19)=世田谷区=は「外国人が多くて日本ではないみたい。年越しの瞬間はとても興奮した」と話した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018123100364&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

両陛下の和歌公表 被災地や沖縄に思い寄せ (1日)日経

天皇ご一家は1日、新年を迎えられた。宮内庁は天皇、皇后両陛下が2018年に詠まれた歌のうち、天皇陛下の5首と皇后さまの3首を公表した。両陛下は同年も北海道や沖縄の離島をはじめ全国各地に足を運び、人々と交流された。19年春に代替わりを控え、歌には行く先々での感想や印象が込められている。

新年を迎える天皇ご一家(皇居・御所)=宮内庁提供

新年を迎える天皇ご一家(皇居・御所)=宮内庁提供

〈第六十九回全国植樹祭〉
生ひ立ちて防災林に育てよとくろまつを植う福島の地に 天皇陛下
両陛下は18年6月、全国植樹祭出席のため福島県を訪問された。天皇陛下は東日本大震災で大きな被害を受けた南相馬市で海岸防災林を造るクロマツの苗木を植えた際の状況を詠まれた。
〈沖縄県訪問〉
あまたなる人ら集ひてちやうちんを共にふりあふ沖縄の夜 天皇陛下
〈与那国島〉
与那国の旅し恋ほしも果ての地に巨(おほ)きかじきも野馬(のうま)も見たる 皇后さま
両陛下は18年3月、沖縄県を訪問。陛下は初日の夜、地元の人々が提灯(ちょうちん)を振って歓迎を示した「提灯奉迎」の思い出を、皇后さまは日本最西端の与那国島を訪れた際の情景をそれぞれ歌にされた。
続くdownwardleft

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39591650R31C18A2CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

68年ぶり200人下回る 愛知の交通事故死者、18年(1日)共同

愛知県警は1日、2018年に県内で起きた交通事故による死者が暫定値で17年より11人少ない189人だったと発表した。200人を下回ったのは68年ぶり。12月27日現在、暫定値では愛知県が185人でワースト、千葉県が181人で続いており、愛知が最多の場合は16年連続となる。
 愛知県警によると、歩行中だった死者が最多の69人(36.5%)で、自動車乗車中が42人(22.2%)、自転車乗車中が36人(19.0%)と続いた。
 年齢別では、65歳以上の高齢者が103人で全体の54.5%を占めた。24歳以下の若者と子どもは計22人、それ以外の世代は64人だった。
https://this.kiji.is/452506695399720033?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷で平成最後のカウントダウン(1日)NHK

平成最後の年越しとなる中、東京の渋谷駅周辺では、若者や外国人ら大勢の人が集まり、カウントダウンをして新しい年を迎えました。

毎年、年越しのカウントダウンイベントが開かれる渋谷駅周辺では、大みそかの31日午後9時から車の進入が規制され、「歩行者天国」となりました。
午前0時前には、若者や外国人など大勢の人で道路が埋め尽くされ、身動きできないような状態になりました。
そして、新年が近づき、カウントダウンが始まると、集まった人たちは大型画面に写し出される数字を大きな声で数え、年が変わるとひときわ大きな歓声をあげて、近くにいる人と写真を撮るなどして新年を祝っていました。
渋谷区や地元商店街などでつくる実行委員会の発表によりますと、イベントには、およそ12万人が参加したということです。
イベントに参加した男性は「みんなと一緒に盛り上がれて楽しかったです。ことしは仕事が波に乗ってきたので、頑張りたいです」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190101/0023360.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

3つの山口組、切り崩し加速へ 初詣に四字熟語指針(1日)産経

国内最大の指定暴力団六代目山口組(神戸市灘区)の篠田建市(通称・司忍)組長(76)が新年早々の1日未明、組幹部らを従え、初詣のため総本部近くの神社を参拝した。かつては一枚岩を誇り急速に勢力を伸ばした組織も、3年半前には資金難や運営方針の違いを背景に分裂騒動が勃発。「山口組」を名乗る指定暴力団が3組織も併存し、いまだ対立を続ける。
 警察当局は組側の緊急事態を“好機”ととらえ、組事務所を閉鎖に追い込むなど切り崩しを図っており、3つの山口組をめぐっては今年も予断を許さない情勢だ。
 厳しい冷え込みの中で迎えた平成31年の元日未明、着物姿の篠田組長など約10人の組幹部らが、同市灘区の兵庫県神戸護国神社の本殿近くに徒歩で到着。一般の参拝客とは別の場所で参拝した。周囲ではトラブルに備えて数十人の警察官が配置されたが目立った混乱もなく、初詣は10分程度で終了した。
 平成時代の終わりになっても存在感を示す暴力団が勢力を伸ばしたのは、日本経済がバブル景気に沸いた昭和の末期以降。不動産や金融、公共事業などに進出し、一部は表と裏の中間ビジネスで巨万の富を得た。
 ところが「平成大不況」と呼ばれるその後の不景気で懐事情が悪化。追い打ちをかけるように、一般社会のコンプライアンス意識が醸成され、暴力団追放の機運が高まった。
 組員による金銭や業務発注など不当要求を禁止した暴力団対策法に加え、22年以降には、一般市民や企業に暴力団との交際や資金提供を禁じた暴力団排除条例が全国の都道府県で施行。シノギ(資金源)をめぐって組織間の対立が深刻化の一途をたどった。

続きを読む

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・原宿の竹下通りで車が逆走、1人意識不明、7人負傷 「テロ起こした」運転手の男を逮捕へ(1日)産経

1日午前0時10分ごろ、東京都渋谷区神宮前の竹下通りで、逆走した軽乗用車が歩行者8人を次々にはねた。東京消防庁によると、8人は10~30代の男性で、うち10代の1人が意識不明の重体。残りの7人は意識はあるが、それぞれのけがの程度は不明という。
 警視庁原宿署は、車を運転していたとみられる自称20代の男の身柄を確保。殺人未遂容疑で事情を聴いたところ、「テロを起こした」などとする趣旨の供述をしているといい、容疑が固まり次第逮捕する方針。
 同署によると、車は明治通り側からJR原宿駅側に向かって約130メートル逆走。運転していた男はその後、車を乗り捨てて逃走していたが、付近を警戒中の警察官が近くで男を発見、原宿署に任意同行した。車は大阪ナンバーのレンタカーだという。
 現場は原宿駅近くの、若者らに人気の衣料品店などが立ち並ぶ一方通行の道路。当時は人通りはまばらだった。
 竹下通り沿いのラーメン店に車で食材を納入しに訪れていた男性(65)は、「ここは2トントラックがぎりぎり通れるくらいの道幅なので、来るときはいつも歩行者に気をつけている。まさかこんなことが起きるなんて」と驚いた様子で話した。
https://www.sankei.com/affairs/news/190101/afr1901010002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月31日 | トップページ | 2019年1月2日 »