« 「少しなら許されると思った」行員が17万着服(29日)読売 | トップページ | »事故直前に割り込み転倒させ死亡か、別のトラック運転手逮捕(30日)TBS »

2018年12月30日 (日)

»東京医大、複数の政治家から受験生に関する依頼か(30日)TBS

東京医科大学の不正入試問題をめぐり、29日に公表された第三者委員会の最終報告書は、国会議員など複数の政治家から受験生に関する依頼があった疑いを指摘しました。
 東京医大の第三者委員会は29日、不正入試問題をめぐる最終報告書を公表し、2013年度からの4年間にも109人が不正に不合格になっていたと指摘しました。さらに、最終報告書は関係者への聞き取りや臼井正彦・前理事長が保管していたファクスなどから、国会議員など複数の政治家から受験生に関する依頼があった疑いを指摘しました。
 2013年度の看護学科の入試では、臼井前理事長が担当者に特定の受験生について、国会議員からの依頼と伝えたうえで、「どうにかしてもらいたい」と指示し、この受験生は上位の受験生を飛び越えて補欠合格になったということです。
 また、臼井前理事長が作成したメモには受験生の名前の隣に「1000」や「2500」などの記載があり、「個別調整と寄付金との間に何らかの関連性があった可能性がある」と指摘したほか、小論文の問題が事前に外部に漏れていた疑いがあるとも指摘しています。報告書では今後について、「大学としての体質を根本的に改善していく努力を継続することが不可欠」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3562086.html

« 「少しなら許されると思った」行員が17万着服(29日)読売 | トップページ | »事故直前に割り込み転倒させ死亡か、別のトラック運転手逮捕(30日)TBS »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67536236

この記事へのトラックバック一覧です: »東京医大、複数の政治家から受験生に関する依頼か(30日)TBS:

« 「少しなら許されると思った」行員が17万着服(29日)読売 | トップページ | »事故直前に割り込み転倒させ死亡か、別のトラック運転手逮捕(30日)TBS »