カテゴリー

« 平和思い涙ぐまれた21分間 陛下、万感の会見(23日)産経 | トップページ | 加害者家族支援考える 熊本市でシンポ 理解求め実例紹介(23日)西日本 »

2018年12月23日 (日)

「平成時代、戦争なく安堵」=天皇陛下、85歳-半生回顧、最後の記者会見(23日)時事


天皇陛下は23日、85歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち、皇居・宮殿「石橋の間」で記者会見。来年4月30日の退位を控え、自身の半生を回顧して「平成が戦争のない時代として終わろうとしていることに、心から安堵(あんど)しています」と述べた。
 宮内庁によると、陛下の記者会見は今回が最後。即位以来、象徴天皇の望ましい在り方を求めてきたと述べ、「譲位の日を迎えるまで、引き続きその在り方を求めながら、日々の務めを行っていきたい」と話した。

85歳の誕生日を迎えられた天皇陛下=10日、皇居・宮殿南庭(宮内庁提供)

 沖縄への思いや、サイパンやパラオなど戦後の節目の「慰霊の旅」、雲仙・普賢岳噴火(1991年)をはじめとした被災地訪問、障害者支援、国際親善など象徴としての務めを振り返り、「天皇としての旅を終えようとしている今、これまで、象徴としての私の立場を受け入れ、支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝する」と語った。
 来年4月10日に結婚60年を迎える。「自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてきたことを、心から労(ねぎら)いたく思います」と皇后さまに感謝の言葉を贈った。
 新天皇となる皇太子さまと、皇位継承順位1位の「皇嗣」となる秋篠宮さまについては「共に多くの経験を積み重ねてきており、皇室の伝統を引き継ぎながら、日々変わりゆく社会に応じつつ道を歩んでいくことと思います」と期待した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122300010&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

« 平和思い涙ぐまれた21分間 陛下、万感の会見(23日)産経 | トップページ | 加害者家族支援考える 熊本市でシンポ 理解求め実例紹介(23日)西日本 »

皇室関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平和思い涙ぐまれた21分間 陛下、万感の会見(23日)産経 | トップページ | 加害者家族支援考える 熊本市でシンポ 理解求め実例紹介(23日)西日本 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

留置所

無料ブログはココログ