« 車間不十分の摘発倍増=あおり運転取り締まり強化-警察当局(14日)時事 | トップページ | 世田谷一家殺害事件、3Dで現場再現 警視庁が映像公開(14日)朝日 »

2018年12月14日 (金)

母子殺傷で懲役26年判決、堺 元交際相手の49歳男(14日)西日本

堺市で昨年9月、交際相手だった二瀬恵美さん=当時(35)=を刃物で刺殺し、長女(5)も負傷させたとして、殺人や殺人未遂などの罪に問われた無職小林茂信被告(49)の裁判員裁判で大阪地裁堺支部(武田義徳裁判長)は14日、懲役26年(求刑懲役30年)の判決を言い渡した。
 公判で被告は「2人を刺していない」と無罪を主張。検察側は被告が事件後、前妻らに「2人を刺してしまった」と伝え、被告の着衣や凶器とみられる包丁に2人の血痕が付いていたことなどから関与は明らかとしている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/472981/

« 車間不十分の摘発倍増=あおり運転取り締まり強化-警察当局(14日)時事 | トップページ | 世田谷一家殺害事件、3Dで現場再現 警視庁が映像公開(14日)朝日 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 母子殺傷で懲役26年判決、堺 元交際相手の49歳男(14日)西日本:

« 車間不十分の摘発倍増=あおり運転取り締まり強化-警察当局(14日)時事 | トップページ | 世田谷一家殺害事件、3Dで現場再現 警視庁が映像公開(14日)朝日 »