« 湯野浜温泉ホテル火災けが人なし(16日)NHK | トップページ | 埼玉の男性死亡、遭難か 長野・八ケ岳連峰(16日)産経 »

2018年12月16日 (日)

内縁30年、死んだ妻は誰? 無戸籍か、身元分からず 大野城死体遺棄事件17日初公判(16日)共同

 福岡県大野城市内で10月、アパート一室に内縁の妻の遺体を遺棄したとして、死体遺棄容疑で男が逮捕された。妻は「ユミコ」と名乗り、一時は仕事もしていたが、県警が調べても身元を特定できなかった。免許証や住民票もなく、「無戸籍状態」だった。30年連れ添った男も「今となっては、妻がどこの誰だったのか分からない」と話す。
 男は住所不定、無職奥田義久被告(74)。起訴状によると、昨年10月下旬ごろ死亡した氏名不詳の女性(妻)の遺体を遺棄したとされる。一部白骨化し、死因は分からなかった。
 被告によると、妻とは33年前、北九州市戸畑区にあったキャバレー「太陽」で出会った。妻には4歳ぐらいの子どもがいたが、数年後に駆け落ちしたという。妻の言う通りなら1963年11月27日生まれで、死亡時は53歳だった。
 春日署は、キャバレー関係者や区役所に聞き込むなど「手は尽くした」(署幹部)。キャバレー関係者は「似た人がいたかも」と話したが、身元は特定できなかった。取り調べの最終日、捜査員は被告にこう声を掛けたという。「奥さんのことは分からなかった。ごめん」
続くdownwardleft

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/473413/

« 湯野浜温泉ホテル火災けが人なし(16日)NHK | トップページ | 埼玉の男性死亡、遭難か 長野・八ケ岳連峰(16日)産経 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67488713

この記事へのトラックバック一覧です: 内縁30年、死んだ妻は誰? 無戸籍か、身元分からず 大野城死体遺棄事件17日初公判(16日)共同:

« 湯野浜温泉ホテル火災けが人なし(16日)NHK | トップページ | 埼玉の男性死亡、遭難か 長野・八ケ岳連峰(16日)産経 »