« あおり運転 摘発強化で検挙倍増(10日)NHK | トップページ | 「あおり運転」暴行容疑でブラジル国籍の男逮捕 群馬県太田市(10日)産経 »

2018年12月10日 (月)

悪質あおり運転を空と陸で取締り(10日)NHK

三重県桑名市の東名阪自動車道で、警察のヘリコプターと地上のパトカーが連携し、悪質な「あおり運転」の取締りを行いました。
 この取締りは、去年6月、神奈川県の東名高速道路で家族4人が死傷した事故のきっかけにもなった悪質なあおり運転をなくそうと、三重県警察本部が行いました。
10日は、警察のヘリコプターと地上のパトカー3台が連携し、東名阪自動車道の桑名インターチェンジから愛知県境までの8キロほどの区間で、約1時間半にわたり取締りを行いました。
車間距離を執ように詰める車は見つかりませんでしたが、追い越し車線を走り続ける車や走行車線から追い越しする車の情報をパトカーに無線で連絡し、2件を取り締まったということです。
三重県警察本部は去年6月の東名高速道路の事故以来、あおり運転の取締りに積極的に取り組んでいて、ヘリコプターを使うのは今回で4回目です。
ことしは11月末までに、すでに83件のあおり運転を取り締まっていますが、通報はその7倍以上の618件にのぼっています。
三重県警察本部・高速道路交通警察隊の福富孝司指導係長は「あおり運転は大事故につながりかねず、決してやってはいけない行為。譲り合いの精神で安全運転を心がけてほしい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tsu/20181210/3070000745.html

« あおり運転 摘発強化で検挙倍増(10日)NHK | トップページ | 「あおり運転」暴行容疑でブラジル国籍の男逮捕 群馬県太田市(10日)産経 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪質あおり運転を空と陸で取締り(10日)NHK:

« あおり運転 摘発強化で検挙倍増(10日)NHK | トップページ | 「あおり運転」暴行容疑でブラジル国籍の男逮捕 群馬県太田市(10日)産経 »