« 2018年12月29日 (土) | トップページ | 2018年12月31日 (月) »

2018年12月30日 (日)

2018年12月30日 (日)

蔵王スキー場で停電 80人乗せたリフト、2時間止まる(30日)朝日

 山形市の蔵王温泉スキー場で30日午後1時ごろ、停電が発生し、リフトやロープウェーが止まった。県警などによると、救急搬送された人はいないという。東北電力によると、山頂の送電設備にトラブルがあったとみられ、リフトを含め127戸が停電したという。
 リフトなどを運営する「蔵王ロープウェイ」によると、全8基のリフトのうち6基が止まり、約80人が最大2時間、リフトに乗ったまま降りられなくなった。蔵王山麓駅と樹氷高原駅、地蔵山頂駅を結ぶロープウェーも止まり、観光客ら約210人を下山させるため、大型雪上車を出したという。
 同社によると、ロープウェーへの送電は午後6時ごろに再開したが、31日朝の試運転まで営業しないという。
 蔵王観光開発が運営する「蔵王中央ロープウェイ」も停止したが、当時、乗客はいなかったという。https://www.asahi.com/articles/ASLDZ64R2LDZUZHB00F.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

訓練中の警官、同僚の顔にエアガン突き当てる(30日)読売

同僚を蹴るなどしてけがを負わせたとして逮捕され、略式命令を受けた高知県警機動隊の男性巡査部長(29)について、県警は28日、停職3か月の懲戒処分にした。巡査部長は同日付で依願退職した。
 県警監察課の発表によると、巡査部長は11月、南国市内にある機動隊車庫での訓練中に、同僚を蹴ったり殴ったりして、約2週間のけがを負わせたとして、県警に傷害容疑で逮捕された。
 捜査の過程で、巡査部長が7月下旬にも、訓練中に別の同僚に対し、エアガンを顔に突き当てて約1週間のけがを負わせていたことが発覚。今月17日に傷害容疑で追送検されていた。さらに、複数の同僚から返済能力を超える計約100万円を借り、遊興費やパチンコなどに使っていたこともわかった。
 県警は監督責任として、県警機動隊の50歳代警視と50歳代警部を本部長注意、30歳代警部補を所属長訓戒にした。いずれも28日付。
 原田哲首席監察官は「警察官にあるまじき行為であり、県民の皆様に深くおわび申し上げる」と陳謝した。https://www.yomiuri.co.jp/national/20181229-OYT1T50032.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

子どもの誤飲事故、たばこが最多 4年連続、厚労省調査(30日)

2017年度中に各地の小児科から報告された子どもの誤飲事故を分析した結果、たばこが原因だったケースが23・0%を占め、4年連続で最多となったことが厚生労働省の調査で30日までに分かった。同省は「子どもの手の届く場所に放置したり、空き缶やペットボトルを灰皿代わりにしたりするのは絶対に避けるべきだ」と呼び掛けている。
 国立成育医療研究センター総合診療部(東京)など8カ所のモニター病院から寄せられた情報を分析。17年度に子どもの誤飲事故は640件報告され、原因はたばこが最多で147件。
 たばこ以外の原因は、医薬品・医薬部外品92件、食品類72件だった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/476553/

| コメント (0) | トラックバック (0)

木造船の遺骨を北朝鮮へ返還 昨年漂着、秋田2市(30日)産経

秋田県男鹿(おが)市と潟上(かたがみ)市の海岸で昨年、北朝鮮から漂着したとみられる木造船で見つかった10人の遺骨を、両市が北朝鮮側に返還していたことが30日、分かった。関係者が明らかにした。
 関係者によると、返還した遺骨は、昨年11月に男鹿市に漂着した船から見つかった8遺体と、同12月、潟上市に漂着した2遺体のもので、両市が保管していた。今月13日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)秋田県本部へ引き渡した。
両市は今夏、北朝鮮側から日本赤十字社を介して、遺骨の返還要請を受けており、人道的な観点から引き渡しに応じた。北朝鮮側は船の形状や船内の遺留品などから、同国から漂着したと判断したとみられる。

https://www.sankei.com/affairs/news/181230/afr1812300013-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

川崎市内で野球用品を万引 容疑の28歳男逮捕(30日)産経

野球用品を万引したとして、神奈川県警川崎臨港署は30日、窃盗の疑いで、自称横浜市磯子区原町のアルバイト、佐東吉秀容疑者(28)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は29日午後4時35分ごろ、川崎市川崎区小田栄のスポーツ用品店で、野球のバッティング用手袋6組(約3万円相当)を万引したとしている。
 同署によると、転売目的の犯行だったといい、買い取り業者の捜査などから佐東容疑者が浮上したという。https://www.sankei.com/affairs/news/181230/afr1812300014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

全共闘の時代から50年 「問い」は今も消えず(風紋) (30日)日経

1968年12月。東大の本郷キャンパスはざわめきのなかで越年しようとしていた。全共闘の学生らが安田講堂を占拠して半年。機動隊導入の予感をはらみながら、抵抗と反乱の年が暮れつつあったのだ。
正門から続くイチョウ並木の道にはタテカンが林立し、ビラが舞う。法学部闘争委員会の学生たちは占拠した研究室の正面に、ゲバ棒とヘルメットで作った正月飾りを掲げたという。「賀正 全世界の闘う人々に連帯の挨拶を送る」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39584310Q8A231C1CR8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

秋田新幹線が50キロ速度超過(30日)共同

28日に秋田発東京行き秋田新幹線こまち24号(7両編成)が、制限速度を約50キロ超過する時速105キロでJR田沢湖線大釜駅(岩手県滝沢市)に進入していたことが分かった。JR東日本が30日明らかにした。乗客らにけがはなかった。
 JR東によると、運転士が、手前の信号に制限速度は時速55キロと表示されていたのを見落としていた。大釜駅は下り列車との待ち合わせをするための停車駅で、保安装置が作動したため緊急停車し、約3分後に出発した。
 同社盛岡支社は「状況の把握などに時間がかかり、発表が遅れた。乗務員の指導を徹底する」としている。
https://this.kiji.is/452011302886687841?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線故障で影響22万人超(30日)共同

 お正月を古里や行楽地で過ごす人らのラッシュは30日も続き、新幹線は一部で乗車率が100%を超え、高速道路で20キロ以上の渋滞も発生した。東京駅では新幹線の車両故障が発生。東北・北陸地方に向かう新幹線のダイヤが大きく乱れ、JR東日本によると、計376本に運休や遅れが生じ、約22万8700人に影響が出た。東京駅は、足止めされた利用客で大混雑となった。
 JR東日本によると、午前9時50分ごろ、東京駅を出発予定だった東北・山形新幹線「やまびこ・つばさ177号」の非常ブレーキが解除できなくなった。このため、東北、上越、北陸などの各新幹線は最大1時間半以上遅れた。
https://this.kiji.is/452023633008673889?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

北アルプス 剱岳で遭難の2人 きょうも悪天候で救助できず(30日)NHK

富山県の北アルプス・剱岳に向かう途中で動けなくなり、5日前から救助を求めている男性2人について、警察は30日も悪天候のため近づけず、31日以降、天候の回復を待って救助することにしています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181230/k10011764021000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

今月25日、富山県の北アルプス・剱岳に向かっていた兵庫県宝塚市の51歳の男性と茨城県つくば市の25歳の男性の2人から標高…

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(30、31日 単位・レベル)
盗難保険もあるらしい
【治安うんちく】
2009_1228_222559212_2F1014409
 自転車盗が刑法犯の認知件数や検挙率の重荷になっているが、スポーツタイプの高級自転車を繰り返し盗んだうえ、ネットオークションに出品して、生活費に充てていた54歳の男を大阪府警が逮捕していたが、このほど追送検した。
 盗んだ台数は6台だが、高級自転車だけあって最高額は1台11万7000円もしたという。さらにオークションに出品する際に知人のIDを使っていることから府警は組織犯罪処罰法違反の疑いでも追送検している。こうした検挙活動、余罪の送致が地道に続けば重荷とも言われなくなるのだが…
 警察庁によると今年11月現在の自転車盗の認知件数は17万0488件で、前年より1万9746件の減少。検挙率は極めて低く6.3%。前年よりさら0.1ポイント下がっている。検挙人員6555人のうち少年が約3分の1近くの2313人を占めていることも問題だ。
 先日も地元の署長と話したが、年末年始特別警戒でも自転車盗に気遣っているという。盗品を発見しても本件ではなく占有離脱物横領になることが多く、検挙率が上がらないことをぼやいていた。
 警視庁管内での平成29年の認知件数は4万0273件で前年より6154件少ない。平成27年の数字になるが、無施錠による盗難が57.2%を占めている。盗難に遭う場所は住宅が最多で43%。続いて道路上が27%、駐輪場が24%など。
 自転車が盗難に遭っても保険金が降りる保険があるという。交通事故などの保障として加入する人が多いが、同時に盗難保障もあるそうだ。
 下衆の勘繰り(げすのかんぐり)かも知れないが、ある程度の使用年月が過ぎ、買い換えの時期にあるなら、盗まれて保険金を得て買い換えればいいと思い、つい鍵のかけ忘れも出てしまうのでは…疑いたくなつてしまう。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 詐欺天国ニッポン

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

★長電話の詐欺集団、被害者に相談のスキ与えず(27日)読売
★80代女性が1億2500万円余だまし取られる 愛知(25日)NHK
★特殊詐欺多発船橋でフォーラム(24日)NHK
★68歳女性、200万円だまし取られる 埼玉・川越(21日)産経
★架空請求で1800万円被害 訴訟装うはがきで、青森(19日)産経
★住吉会系事務所を家宅捜索 特殊詐欺に組織的関与か(17日)共同
★セブン店員、女性客の通話代わり詰問…詐欺防ぐ(16日)読売
★架空請求はがき、アプリで見破る さいたま市の弁護士ら開発(12日)共同
★国際ロマンス詐欺にご用心 「米軍人」名乗り女性狙う (13日)日経
★「銀行員のマエザワ」の電話にご注意 還付金詐欺相次ぐ(13日)朝日
★コンサートチケットの購入持ちかけ現金詐取、女を逮捕(13日)TBS
★「中身知らない」詐欺受け子、最高裁が逆転有罪(12日)読売
★スーツ姿で「受け子」 詐欺容疑で高2男子生徒を逮捕(12日)産経
★詐欺で940万円だまし取られる、埼玉・上里(10日)産経
★警官名乗り「偽札か調べる」…800万円詐取(9日)読売
★元劇団四季の警察官、詐欺被害防止の啓発ソング(7日)読売
★カードすり替え窃盗が急増 封筒使う新手口、注意を(6日)共同
★大阪の警官、特殊詐欺見抜けず 「息子」と電話でやりとり(4日)西日本
★高齢者に振り込め詐欺防犯講座(5日)NHK
★元JTB子会社の男再逮捕 外貨両替で4千万詐取疑い(5日)産経
★垂れ幕で「詐欺警戒を」 特別警報時に洛和会施設=京都(2日)読売
★愛之助さん“特殊詐欺に注意を”(2日)NHK
★杉良太郎さんら オレオレ詐欺対策協力へ、警察庁が正式に依頼(1日)TBS
★特殊詐欺加担防止へ 高校生に防犯教室=神奈川
★現金詐取容疑グループが役割分担 交渉や書類作成(29日)共同
★カード使い780万円詐欺被害(28日)NHK福島
★偽「裁判所」はがき、各地で被害 100万円振り込み(24日)共同
★“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS
★ビジネス装うメール詐欺、日本企業も標的に (22日)日経

| コメント (0) | トラックバック (0)

麻原元死刑囚は今も「尊師」 アレフなどの動向警戒 警察庁(30日)NHK

オウム真理教から名前を変えた「アレフ」などの主流派について、警察庁は、オウム真理教の元代表の麻原彰晃、本名松本智津夫元死刑囚の死刑が執行されたあとも松本元死刑囚の教義に沿って運営が続けられているとして、引き続き動向を警戒しています。

 警察庁が公表した報告書「治安の回顧と展望」によりますと、アレフなどの主流派が、ことし7月に松本元死刑囚の死刑が執行されたあとも「尊師」と呼び、写真を施設の祭壇に飾るなど依然として絶対的な存在であると強調しているとしています。
そして、松本元死刑囚が説いた教義に沿って運営が続けられ、松本元死刑囚への絶対的帰依を求める「原点回帰」の路線が徹底されていると指摘しています。
 さらに、アレフなどの名前を隠して街頭で声をかけたり、SNSでイベントやヨガ教室への参加を呼びかけたりして、若者を中心に新たな信者を獲得しているということです。
 警察庁は、依然として無差別大量殺人を行う危険性があり、その本質に変化はないと分析し、引き続き動向を警戒しています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

図書館から消えた松本清張全集 防カメ8カ所すり抜けた(30日)朝日

9月、北九州市立中央図書館(同市小倉北区)から松本清張全集の大半がこつぜんと消えた。福岡県宗像市の市川喜男さん(87)が全集を寄贈し、今月から再び貸し出しは始まったが、今も詳しい経緯はわからない。
 図書館の職員が異変に気づいたのは、9月9日の開館前。巡回すると、カウンター近くの本棚の全集がごっそり抜けていた。66冊のうち3冊は貸し出し中で、57冊がなくなっていた。
 この日は日曜日で、午前9時半の開館前には外に数十人の列ができた。開館後の仕事が落ち着いたころさらに5冊が消え、最終巻の1冊だけ残っていた。
 防犯カメラは8カ所にあるが、この本棚は死角だった。全集は1冊600~800グラム。担当者は「盗んだとしても何回かにわけたのか、複数犯か」と首をひねる。持ち出しを感知する機械はない。館内では年間約600冊が所在不明になっているが、これほどまとまった紛失はないという。同館は警察に被害届を提出。警備員の巡回を増やした。
 毎日新聞元記者の市川さんは、記者生活30年の半分を事件担当などで小倉で過ごした。「現場を見たい」。消えた全集の記事を見た1週間後、図書館へ。足を運んで驚いた。全集は職員がいるカウンターからほど近い本棚にあった。誰かが盗んだとしても、疑問だらけだ。「他の入館者もいるなかで、あの重さを1人で運べるか。古本屋に売れば足がつく。犯人像がわからん」
 清張作品で印象に残っているのは、小説「点と線」だ。1960年ごろ、作品に登場する香椎駅(福岡市)周辺に住んでいて、「キャンバスに絵を描いたような文章だ」。トリックを重ねてもボロを出さない構成などに引き込まれた。
 全集は、71年の発売当初から、仕事の合間に読んだ。考古学の知識も豊富で感服した。「膨大な資料を咀嚼(そしゃく)しながら、あれだけ書くのは超人的」と話す。
 約10年前、市川さんは松本清張記念館(同市小倉北区)のそばで心筋梗塞(こうそく)を起こし、病院に運ばれた。5年前に妻を亡くし、今年夏から自宅の整理を始めていた。「何かの因縁かな。郷土の先輩の作品がこれまで以上に愛読されることを願う」と話した。
 図書館によると、寄贈の申し出は他にも6件あったという。担当者は「再び本来の姿に戻せてうれしい」と話している。(新屋絵理)
https://www.asahi.com/articles/ASLDT77PSLDTTIPE03C.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

共犯否定指示する手紙、弁護士が容疑者に見せる(30日)読売

東京弁護士会は同会所属の張学錬弁護士(55)が、刑事事件で証拠隠滅行為を繰り返したとして、業務停止1年6か月の懲戒処分にした。処分は25日付。
発表によると、張弁護士は2015年10~11月、窃盗容疑などで逮捕された容疑者に東京都内の警察署で接見し、共犯者の関与を否定する供述をするよう指示した手紙を見せるなどした。手紙は共犯者が作成したもので、張弁護士は容疑者の弁護人になった後、共犯者の弁護人にも就いていたという。
 張弁護士は、同会の調査に「手紙が共犯者の関与を否定する内容だとは認識していなかった」などと主張しているという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181229-OYT1T50041.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

16億円、巨額損失穴埋めか 一部は謝礼の疑い ゴーン容疑者特別背任事件(30日)産経

日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者(64)が私的な投資の損失を日産に付け替えたなどとして再逮捕された特別背任事件で、中東の知人側に流出させたとされる約16億円が、ゴーン容疑者の投資損失の穴埋めと、巨額の担保負担を回避できたことへの謝礼に充てられた疑いのあることが29日、関係者への取材で分かった。ゴーン容疑者は約16億円について、日産のための正当な支出だと供述しているが、東京地検特捜部は事実上自身に還流されていたとみて不透明な資金の流れの解明を進めている。
ゴーン容疑者は平成20年10月、自身の資産管理会社と新生銀行との間で契約した通貨のデリバティブ(金融派生商品)取引で生じた約18億5千万円の評価損を日産に付け替えたとして再逮捕された。さらに契約を資産管理会社に戻す際、信用保証に協力したサウジアラビアの実業家、ハリド・ジュファリ氏が経営する会社に21~24年、日産子会社から計1470万ドル(現在のレートで約16億円)を入金させた疑いがある。

続きを読む

https://www.sankei.com/affairs/news/181230/afr1812300002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「前の車を追い抜こうと」警部補が50キロ超過(30日)読売

 私有車を運転中、スピード違反をしたとして、三重県警が県内の警察署に勤務する40歳代の男性警部補を所属長訓戒処分にしていたことが分かった。処分は20日付。
県警監察課によると、警部補は10日、尾鷲市内の国道で、制限速度の時速50キロを超過して92キロで運転。県警が交通反則切符(赤切符)を交付した。警部補は「前の車を追い抜こうとスピードを出しすぎてしまった」と話しているという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181229-OYT1T50091.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

DNA、欠かせぬ武器に=精度向上、鑑定件数1万倍-事件解決に貢献・警察当局(30日)時事

「4兆7000億人に1人」とも言われる個人識別力を誇るDNA型鑑定は、平成の歩みとともに、捜査に欠かせない「武器」として定着した。警察庁によると、本格運用が始まった1992年に比べ、鑑定件数は1万倍超に増え、精度も飛躍的に向上。未解決事件解明の糸口としても期待される。
 ◇データベース活用し検挙
 警視庁は2018年11月、女性が乱暴された10年3月の事件で容疑者の男を逮捕した。8年越しの逮捕の決め手は、男が別の事件で検挙された際に採取した口内細胞と、被害女性の衣服にあった遺留物のDNA型が一致したことだった。
 警察庁は04年から、現場遺留物や容疑者のDNA型情報を記録したデータベースの運用を順次開始。18年11月末現在でそれぞれ約3万6500件、約115万件が登録され、余罪照会での一致件数は年間3500件前後で推移している。

 世田谷一家殺害事件(00年)など未解決事件の容疑者のDNA型も残されており、警視庁幹部は「急転直下の解決もあり得る」と期待する。
 ◇年30万件鑑定
 DNA型鑑定の件数、精度は平成を通して急激に増加、向上した。警察庁などによると、日本警察では89年に導入され、92年に本格運用を開始。技術の進歩に伴い、年間で22件(同年)だった件数は近年、30万件前後に上る。精度も、約4兆7000億人に1人の確率で個人を識別できるまでになった。
 一方、過去には暗い影を落としたこともあった。90年の「足利事件」では、精度が「1000人中1.2人程度」とされた鑑定を警察が過大評価し、男性を逮捕。その後、現在と同じ精度で再鑑定が行われ、無罪が確定した。冤罪(えんざい)を起こしたのも無罪に導いたのも、DNA型鑑定だった。
 同鑑定に詳しい関西医科大の橋谷田真樹准教授(法遺伝学)は「事件現場に他人の遺留物が残っている可能性もある。DNA型が判明しても容疑者と断定せず、別の証拠での捜査も必要だ」と指摘する。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122900275&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京医大、入試不正で109人が不合格に 問題漏洩も 13~16年度 (30日)日経

東京医科大は29日、女子や多浪生らを不利に扱った同大の入試不正を調べていた第三者委員会(委員長・那須弘平弁護士)の最終報告書を公表した。2013~16年度の医学科入試では109人が合格ラインを上回りながら不合格になったと認定した。入試での優遇と大学への寄付金額に何らかの関連がある可能性や入試問題の漏洩疑惑も指摘した。
 13~16年度の入試では女子や多浪生を属性に応じて不利にする得点調整が行われた。一般入試とセンター利用入試の2次試験では小論文の得点を一律に操作。推薦入試では特定の受験生に問題を漏洩した疑いがある。その受験生は試験直前に予備校講師らに「試験問題が手に入った」と話したとされ、小論文の点数は1位だったという。
 一連の得点操作は06年度入試から始まったとされる。調査に対し、職員は「学長(当時)から男子を増やす案をいくつか考えろと言われた」と証言。第三者委は学長の指示を認定したが、学長は否定しているという。
 前理事長の臼井正彦被告(77)=贈賄罪で在宅起訴=と前学長の鈴木衛被告(69)=同=は職員に指示し、特定の受験生の得点を書き換えて成績順位を上げていた。
 医学部の不正入試は文部科学省の私大支援事業を巡り、同省前局長=受託収賄罪で起訴=が東京医大に便宜を図る見返りに息子を合格させてもらったとする贈収賄事件をきっかけに発覚。文科省は全国81大学の緊急調査で、東京医大など9校の不適切入試を認定する調査結果を公表し、聖マリアンナ医科大も男子や現役生を優遇した疑いがあるとしている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39579650Z21C18A2CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅で東北新幹線故障 ダイヤ乱れ、帰省客に影響(30日)共同

30日午前9時50分ごろ、東京駅を出発予定だった東北・山形新幹線「やまびこ・つばさ177号」で、非常ブレーキが解除できなくなる故障が起きた。JR東日本は177号を運休とし、詳しい原因を調べている。
 故障した車両が、1時間半以上にわたって東京駅の23番線から移動できなかったため、列車の出発や到着に通常より時間がかかった。東北や上越、北陸などの各新幹線が最大約30分遅れ、帰省客らに影響が出た。
 東京駅では、ホーム下の通路が混み合い、床に座り込んで列車を待つ人や、駅員に運行情報を問い合わせる人の姿が目立った。
https://this.kiji.is/451929809562371169?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

高校に匿名で1千万円の寄付 「奨学金の資金に」 埼玉(30日)朝日

 埼玉県立本庄高校(本庄市)の同窓会に、匿名で1千万円の寄付があった。OBなのかは不明だが、善意の主の「奨学金資金に」という希望に沿い、昨年作った奨学制度の原資にすることに。同窓会側は「本当にありがたい」と喜んでいる。
 同窓会は昨年度、母校の創立95年を記念して寄付などを元に1千万円の基金による奨学制度を創設。「成績優秀でかつ向学心がありながら経済的理由で修学が困難な生徒」10人に、年10万円ずつ給付している。
 毎年秋に出す同窓会報「柏陵」に、昨年に続いて制度創設と給付の報告を載せた後の10月17日、会報に載せた同窓会費の納入口座に1千万円が振り込まれた。口座のあるゆうちょ銀行から連絡があり、振込用紙の連絡欄に「奨学金資金に役立てて」と書いてあったことを知らされた。
 同窓会の狩野輝昭会長は「会報に同窓会は金がなくて困っていると書いたが、まさかこんな寄付があるとは。感謝している」と話した。(坂井俊彦)
https://www.asahi.com/articles/ASLDY4K4PLDYUTNB001.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

宅配ボックス、盗難に注意 手口は簡単、新聞とテープで(30日)朝日

宅配物が届いたときに不在でも、受け取ることができる宅配ボックス。その中から届いた商品が盗まれる事件が、昨年から今年にかけて埼玉県川口市などで相次いだ。帰省や旅行で不在がちな年末年始にも助かる存在だが、警察も宅配業者もこれといった対策が打てていないのが現状だ。
 さいたま地裁で先月、男(39)に窃盗罪で懲役2年執行猶予3年の判決が言い渡された。判決などによると、男は5月に東京都足立区の集合住宅の宅配ボックスに届いた眼鏡を、昨年11月には川口市のマンションで宅配ボックスに届いたフィギュアを盗んだ。
 宅配ボックスは宅配業者が暗証番号を決めて不在連絡票に書き込み、住民が番号を入力して解錠するタイプだった。住宅部品の研究などをしている一般社団法人リビングアメニティ協会(東京)によると、建設時はなかった集合住宅にも簡単に導入できるため、人気だという。
 手口はこうだ。新聞紙を丸めてテープを巻き付けた棒をポストに差し入れ、宅配業者が入れていく不在連絡票をくっつけて取り出す。そこに書かれた暗証番号で宅配ボックスを解錠。中の品を盗んで転売し、生活費に充てていた。
 県警は2月、大手宅配業者に注意喚起のチラシを配った。事件が相次いでいることや、不在連絡票を抜き取られないよう中に確実に入れることを呼びかけた。
 川口の事件で荷物を届けた宅配業者は、不在連絡票の抜き取りは想定していなかったという。届けたことを伝えるには、連絡票を入れるしか今のところ手段がなく、ボックスを使わないのもクレームにつながり難しいという。担当者は「最新のボックスだと、配達が部屋に通知されるものもある」と、マンションやメーカー側の対策に期待する。(米田悠一郎)
https://www.asahi.com/articles/ASLDW5CQWLDWUTNB012.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

除雪は1人でやらないで…内閣府、呼びかけ(30日)読売

 雪害で毎年多くの人命が失われている。内閣府によると、昨年11月から今年3月までの雪を原因とする死者は全国で116人に上る。約9割の102人は除雪作業中の事故で亡くなっており、このうち86人は65歳以上の高齢者だった。
 事故形態は、雪下ろし中に屋根やはしごから転落するケースが多く、内閣府は〈1〉2人以上で作業〈2〉命綱とヘルメットを装着し、はしごを固定〈3〉緊急連絡用に携帯電話を持つ〈4〉家屋の周囲にクッション代わりの雪を残す――などの対策を取るよう呼びかけている。
 除雪機に巻き込まれて負傷する人も相次いでおり、雪詰まりの処理や機材整備などはエンジンが停止した後に行うことが必要だ。
 内閣府は「体の衰えを自覚できていない高齢者も多い。除雪は危険だと理解し、近隣住民と一緒に取り組んでほしい」としている。

(ここまで354文字 / 残り0文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181229-OYT1T50064.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

タクシーと乗用車衝突、3人死亡 津の国道、運転手と乗客2人(30日)西日本

29日午後9時50分ごろ、津市本町の国道23号で、タクシーと乗用車が衝突、タクシーの運転手野村達城さん(44)と、乗客の永田誠紀さん(58)、横井大和さん(37)の計3人が全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡した。
 他に乗客の大西朗さん(31)と萩野将志さん(28)、乗用車を運転していた津市、会社役員末広雅洋さん(56)が重傷を負った。
 津署によると、飲食店の駐車場から国道に出て横断しようとしたタクシーの右側面に、走ってきた乗用車が衝突した。永田さんら乗客4人は、飲食店で食事をした後、タクシーで津駅方面に向かおうとしていたとみられる。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/476498/

| コメント (0) | トラックバック (0)

“抱っこで自転車”事故相次ぐ 7年半で56件 ハンドル操作妨げ、死者も(30日)西日本

子どもを抱っこひもなどで抱えながら自転車を運転し、転倒する事故が相次いでいる。消費者庁によると、2010年以降、全国で少なくとも56件発生し、横浜市では今年7月に死亡事故も起きた。子育て中の移動手段は限られ、親の中には「子どもの様子がよく見える」と“抱っこ運転”が安心との声もある。ただ、ハンドル操作の妨げになる抱っこ運転は道交法にも違反し、専門家は「子どもの命を守るためにも絶対にしないで」と呼び掛ける。
 福岡県の20代女性は今年夏、生後8カ月の長女を抱っこひもで抱え、後部座席に長男(3)を座らせて自転車を運転していた。自宅から1キロ先のショッピングセンターに向かう途中、寝ていた長女の頭が揺れてハンドルを取られ、何度も車体がふらついた。
 「抱っこ運転がこんなに難しいとは思わなかった。転べば子どもが命を落としかねない」。二度としない、と決めた。
 横浜市では7月、30代女性が次男(1)を抱っこひもで抱え、前部座席に長男(3)を乗せて自転車を運転中に転倒。次男は頭などを強く打って死亡し、女性は過失致死容疑で書類送検(不起訴処分)された。女性は「ハンドルが利かなくなった」と話したという。
 消費者庁によると、抱っこ運転での転倒事故は10年12月~18年6月、調査対象になっている全国約20の医療機関から56件報告があり、うち10件は重傷事故だった。同庁は「実際はもっと多くの事故が起きている可能性がある」と指摘する。
 交通ルールを定める九州7県の公安委員会規則は抱っこ運転を認めておらず、道交法違反になる。前後の幼児用座席に乗せたり、おんぶしたりする「3人乗り」は可能だ。
 福岡県内で抱っこひもの使い方を教える松川直子さん(43)は「おんぶに比べて抱っこは密着度が低く、バランスが崩れて転倒しやすい。抱っこしながらの運転はやめて」と話す。
 日本自転車普及協会(東京)の谷田貝一男学芸員(67)も「ハンドル操作が難しい抱っこ運転をしないのはもちろんだが、子どもを乗せる場合は人通りの多い道を避けて事故を防ぐ工夫をしてほしい」と話した。=2018/12/30付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/476520/

| コメント (0) | トラックバック (0)

泥酔、金銭トラブル、情報漏洩…高知県警で3人処分(30日)産経

高知県警が、泥酔して他人の家の駐車場に入ったり、金銭トラブルを引き起こしたりしたとして、警察官2人を本部長訓戒、1人を本部長注意にしていたことが29日、県警監察課への取材で分かった。いずれも13日付。
 30代男性巡査長は8月、署の懇親会でビールやワインを飲んだ後、帰宅中に他人の家の駐車場に入った。泥酔状態で、無施錠の車の鍵を持ち帰った。家の敷地内に靴やかばんを忘れ発覚。本部長訓戒となった。
 20代女性巡査はアイドルグループのファン仲間とチケット代やグッズ代の支払いを巡り金銭トラブルとなり、本部長訓戒を受け依願退職した。
 50代男性警視は親族から、別の親族の交際相手について逮捕歴の確認を求められ、実際に逮捕歴があるとの情報を漏らした。本部長注意となった。

https://www.sankei.com/affairs/news/181229/afr1812290017-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東北中央道で逆走、5台事故 70代男性が運転、山形か(30日)共同

29日午後8時40分ごろ、山形県米沢市の東北中央自動車道下り線で、70代の男性が運転する軽乗用車が上り方面に逆走し、対向してきた車5台程度が逆走車と接触したり、避けようとして側壁に衝突したりした。
 県警高速隊によると、首の痛みを訴えている人がいるが、重傷者などはいない。
 現場は片側1車線で「逆走している車がいる」という110番があった。事故当時は雪が降っていた。
 事故の影響で米沢八幡原インターチェンジ(IC)―福島大笹生IC間の下り線が通行止めとなった。https://this.kiji.is/451783048964064353?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

帰省・出国ラッシュがピーク 雪で新幹線に遅れも(30日)共同

年末年始の帰省や海外旅行で出国する人たちのラッシュが29日、ピークを迎え、東京発の新幹線や成田、羽田両空港などが混雑し、各地の高速道路も渋滞した。雪の影響で東海道・山陽新幹線や山形新幹線では遅れが出て、JR東海によると、東海道新幹線では約34万人に影響した。
 JR各社によると、29日に東京駅を出発する東海道、東北などの各新幹線の多くは、午前を中心に指定席がほぼ満席。自由席でも乗車率が100%を超える列車があった。
 成田国際空港会社や東京国際空港ターミナルによると、29日は成田から5万5200人、羽田から2万9千人の出国が見込まれている。
https://this.kiji.is/451551033900368993?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»事故直前に割り込み転倒させ死亡か、別のトラック運転手逮捕(30日)TBS

28日に東京・大田区でオートバイの男性がトラックにひかれ死亡した事故で、別のトラックの運転手が事故直前にオートバイの前に割り込み転倒させたなどとして逮捕されました。
 逮捕されたのは横浜市鶴見区のトラック運転手・北澤俊朗容疑者(53)です。北澤容疑者は28日午前8時ごろ、大田区の片側4車線の国道で隣の車線をオートバイで走行していた会社員の瀬島正雄さん(64)の前に割り込み、転倒させたなどの疑いが持たれています。瀬島さんは転倒した後、後ろから走ってきた別のトラックにひかれ、頭を強く打つなどして死亡しました。
 北澤容疑者は取り調べに対し、容疑を認め、「当事者ではないと思っていたが、私の動きが事故の原因をつくってしまったと思う」と供述しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3561909.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»東京医大、複数の政治家から受験生に関する依頼か(30日)TBS

東京医科大学の不正入試問題をめぐり、29日に公表された第三者委員会の最終報告書は、国会議員など複数の政治家から受験生に関する依頼があった疑いを指摘しました。
 東京医大の第三者委員会は29日、不正入試問題をめぐる最終報告書を公表し、2013年度からの4年間にも109人が不正に不合格になっていたと指摘しました。さらに、最終報告書は関係者への聞き取りや臼井正彦・前理事長が保管していたファクスなどから、国会議員など複数の政治家から受験生に関する依頼があった疑いを指摘しました。
 2013年度の看護学科の入試では、臼井前理事長が担当者に特定の受験生について、国会議員からの依頼と伝えたうえで、「どうにかしてもらいたい」と指示し、この受験生は上位の受験生を飛び越えて補欠合格になったということです。
 また、臼井前理事長が作成したメモには受験生の名前の隣に「1000」や「2500」などの記載があり、「個別調整と寄付金との間に何らかの関連性があった可能性がある」と指摘したほか、小論文の問題が事前に外部に漏れていた疑いがあるとも指摘しています。報告書では今後について、「大学としての体質を根本的に改善していく努力を継続することが不可欠」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3562086.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月29日 (土) | トップページ | 2018年12月31日 (月) »