« 2018年12月26日 (水) | トップページ | 2018年12月28日 (金) »

2018年12月27日 (木)

2018年12月27日 (木)

「警察が犬を虐待」ツイッターで拡散 新潟県警は否定(27日)朝日

新潟県警が保護した犬について、「えさも水も与えられずに衰弱した」という内容の投稿がツイッターで拡散し、県警に苦情の電話やメールが相次いでいる。県警は「えさも水も与え、適切に保護していた」と否定している。
 きっかけとなったとみられるのは、26日に投稿されたツイート。「行方不明になって警察に保護された祖父の犬が、引き取りに行くまで、えさも水も与えられずに衰弱した」という内容の書き込みだった。警察から「犬は落とし物で連絡をする必要も、えさや水をやる必要もない」と言われたとし、「警察署のひどい虐待には怒りを感じます」と対応を批判した。
 一連のツイートはそれぞれ4千回以上リツイートされ、27日昼の時点で県警本部とツイートで名指しされた警察署に計42件の苦情の電話やメールがあったという。
 県警によると、ツイッターで話題になっているとみられる犬は警察署が23日に保護し、1日3回ドッグフードを与え、水も与えていたという。犬は与えたドッグフードを食べていたと、県警は説明している。25日に飼い主の男性に犬を引き渡した際、「連絡する必要もえさや水をやる必要もない」と言ったことはなく、飼い主の男性からも苦情などはなかったという。
 県警の担当者は「どこで情報が曲がって伝わってしまったのか」と困惑している。
https://www.asahi.com/articles/ASLDW4J0LLDWUOHB00F.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

年越しの渋谷は「歩行者天国」…警備は強化(27日)読売

警視庁は、大みそかの31日夜から元日未明の間、「年越しカウントダウン」と称して数万人の若者らが集まる東京・渋谷駅周辺の道路を車両通行止めにし、「歩行者天国」にする。平成最後の年越しで、例年より多くの人出が予想されることから警備を強化し、10月のハロウィーンのような混乱を回避する。
 車両の通行止めは今年で3回目。31日午後9時~1月1日午前2時、駅前のスクランブル交差点から文化村通りと井ノ頭通りにかけての東西約400メートル、南北約600メートルの車道を歩行者に開放する。
 渋谷では今年10月のハロウィーンに、計31万人の若者らが集結。軽トラックを横倒しにするなどし、計27人が逮捕された。
 こうした混乱を避けるため、警視庁は渋谷の街に多数の機動隊員と制服警察官を配置。車両突入テロに備え、機動隊のバスを並べて防護壁を築くほか、銃器テロ対応の緊急時対応部隊(ERT)も待機する。
 警視庁の岩瀬聡・警備1課長は「マナーや法律を守って楽しい新年を迎えてほしい。違法行為には厳正に対処する」と話している。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181227-OYT1T50064.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

救急車追突、付き添いの女性死亡 搬送中の男性も重傷、宮城(27日)西日本

27日午後2時ごろ、宮城県登米市の三陸自動車道上り線で、気仙沼・本吉地域広域行政事務組合消防本部(同県気仙沼市)の救急車がトラックに追突した。登米市消防本部によると、救急車に乗っていた女性(56)が腹部などを強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。女性が付き添っていた搬送中の気仙沼市の男性(68)が重傷、救急隊員ら4人も負傷し、病院に搬送された。
 県警高速隊は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで調べる。
 男性は、勤務先で階段から転落し、救急車で搬送されていた。あばら骨を折っているが、原因が転落か追突事故なのかは分かっていない。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/476035/

| コメント (0) | トラックバック (0)

静岡の猫、名古屋で保護 チップで飼い主判明(27日)産経

静岡市で行方不明になった飼い猫が、約1カ月後に約170キロ離れた名古屋市で保護され、飼い主の元に返されていたことが27日、分かった。猫に埋め込まれたマイクロチップで飼い主が判明した。保護した名古屋市動物愛護センターは「こんなに遠いところで見つかって飼い主の元に戻るのは、聞いたことがない」と驚いている。
 同センターによると、猫は静岡市葵区で飼われている2歳の雌で、11月中旬に姿が見えなくなった。愛知県警から今月14日、名古屋市の大須観音の屋根裏で見つかったとの連絡を受けて保護。チップを確認して、飼い主がたどれたという。
 チップには飼い主の名前や連絡先、猫の特徴などが登録されており、迷い猫の情報を知る有力な手掛かりとなる。首付近の皮下に埋め込まれ、保護施設が専用の器具でデータを読み取る。名古屋市では年間200~300匹の猫を保護するが、チップの装着例はほとんどなく、飼い主の元に戻るのは数匹という。
https://www.sankei.com/life/news/181227/lif1812270033-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ポルシェ追突、危険運転罪に 時速200キロ超で訴因変更(27日)共同

兵庫県尼崎市の阪神高速道路でポルシェに追突されたトラックの男性(70)が死亡した事故で、神戸地検は27日、自動車運転処罰法違反(無免許過失致死)罪で起訴した同県芦屋市の医師久保田秀哉被告(50)が時速200キロ超で運転していたとして、より罰則の重い同法違反(危険運転致死)罪などへの訴因変更を神戸地裁に請求した。
 訴因変更後の起訴状によると、11月25日午後、制限速度60キロの阪神高速上り線を時速216キロでポルシェを無免許運転し、制御できなくなってトラックに追突して横転させ、運転手を脳挫傷などにより死亡させたとしている。
https://this.kiji.is/450981897253061729?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

窃盗などの疑いで逮捕されたJR駅員 嫌疑不十分で不起訴(27日)NHK

JR金沢駅の事務所から現金500万円を盗んだとして窃盗などの疑いで逮捕された男性駅員2人について、金沢地方検察庁は、起訴できる証拠が得られなかったとして27日付けで不起訴としました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181227/k10011761921000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

不起訴となったのはJR西日本の金沢駅に勤務するいずれも…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»住宅街に“不発弾”、旧日本軍の砲弾か 東京・杉並区(27日)TBS

27日午前、東京・杉並区の住宅の解体工事現場で、旧日本軍の砲弾のようなものが見つかり、陸上自衛隊が撤去しました。
 27日午前11時50分ごろ、杉並区久我山の住宅で解体工事をしていた作業員から「不発弾らしきものが出た」と通報がありました。
 警視庁によりますと、工事現場の地中から長さおよそ30センチ、直径およそ10センチの旧日本軍の砲弾とみられるものが見つかったということです。現場は京王井の頭線の久我山駅から南に400メートル離れた住宅街です。
 警視庁や陸上自衛隊が確認したところ爆発の危険性はなく、住民などの避難は行わずに陸上自衛隊が撤去しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3560405.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»公立中学校の男性校長、職務中に飲酒の疑い(27日)TBS

愛知県豊橋市の公立中学校の男性校長が、職務中に飲酒していた疑いがあることがわかりました。
 今月20日、学校から校長の様子がおかしいと連絡が入り、教育委員会の職員が駆けつけると、校長は足元がふらついていたほか、酎ハイの空き缶2本などが見つかったということです。校長は教育委員会の聞き取りに対して、「体調が悪く、薬やサプリメントをたくさん飲んでいるのが関係しているかもしれない」と飲酒を否定しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3560408.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(27、28日 単位・レベル)
酔って寝るのもいいが…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F1014403 すりーー江戸時代の昔からある〝職業〟。他人のふところから財布などをすり盗る窃盗犯。昔は「巾着切り」とも呼ばれていた。
 あえて職業と書いたが、前科者が多いからだ。昭和の時代だが、担当していたころ警視庁捜査3課に「手口を聞けば犯人は分かる」と言う刑事がいた。それだけ常習者が多かった。
 平成23年11月には、なんと「デパ地下のさと婆」と恐れられていた79歳の女が警視庁に逮捕された。すり歴60年といわれ23回も逮捕されている強者だった。
 デパートの地下で買い物に夢中の客から財布などをすり盗る常習者だが、同じすり犯でも電車内や駅構内で酔っぱらうなどして寝ている酔客から財布をすり盗る者もいる。「仮睡盗」とも呼称されている。
 その仮睡盗が今週の日曜日に警視庁のすり係刑事に逮捕された。71歳の無職の男で、早朝の午前6時45分ごろ、JR山手線車内の座席で寝ていた27歳の男性会社員のポケットから現金約10万4000円が入った財布を盗んだもので、警戒中の刑事に現行犯逮捕された。山手線内では今年に入り103件のすり被害が出ており、総額は約290万円にのぼるという。さて、どこまで余罪をだせるかだ…
 警察庁によると今年11月現在のすり犯の認知件数は2989件で前年同期より195件の減少。検挙率は31.4%で同3.9ポイントアップした。
 認知件数のランキングは東京が圧倒的に多く1383件。これに大阪の551件、福岡の150件、千葉の139件、埼玉の104件と続いている。
 一方、検挙率のランキングは山形の166.7%、大分の150%、岡山の133.3%、奈良と三重の各120%など。
 低かったのは東京の12.6%、大阪の13.1%、福島の14.3%、新潟の27.8%、京都の28.0%と続いている。
 年末は特に酔客が多く犯人たちの狙い時でもあり、くれぐれもご注意を。 
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 詐欺天国ニッポン

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

長電話の詐欺集団、被害者に相談のスキ与えず(27日)読売
 
 詐欺のアポ電をかけてキャッシュカードをだまし取ろうとしている犯人が、キャッシュカードを受け取るまで電話をかけ続けていたとして警視庁に逮捕された。周囲に相談させないためだと見られる。
 また新たな手段が登場するなど、振り込め詐欺は捜査側と犯人側の壮絶なだましあいを続けている。

★80代女性が1億2500万円余だまし取られる 愛知(25日)NHK
★特殊詐欺多発船橋でフォーラム(24日)NHK
★68歳女性、200万円だまし取られる 埼玉・川越(21日)産経
★架空請求で1800万円被害 訴訟装うはがきで、青森(19日)産経
★住吉会系事務所を家宅捜索 特殊詐欺に組織的関与か(17日)共同
★セブン店員、女性客の通話代わり詰問…詐欺防ぐ(16日)読売
★架空請求はがき、アプリで見破る さいたま市の弁護士ら開発(12日)共同
★国際ロマンス詐欺にご用心 「米軍人」名乗り女性狙う (13日)日経
★「銀行員のマエザワ」の電話にご注意 還付金詐欺相次ぐ(13日)朝日
★コンサートチケットの購入持ちかけ現金詐取、女を逮捕(13日)TBS
★「中身知らない」詐欺受け子、最高裁が逆転有罪(12日)読売
★スーツ姿で「受け子」 詐欺容疑で高2男子生徒を逮捕(12日)産経
★詐欺で940万円だまし取られる、埼玉・上里(10日)産経
★警官名乗り「偽札か調べる」…800万円詐取(9日)読売
★元劇団四季の警察官、詐欺被害防止の啓発ソング(7日)読売
★カードすり替え窃盗が急増 封筒使う新手口、注意を(6日)共同
★大阪の警官、特殊詐欺見抜けず 「息子」と電話でやりとり(4日)西日本
★高齢者に振り込め詐欺防犯講座(5日)NHK
★元JTB子会社の男再逮捕 外貨両替で4千万詐取疑い(5日)産経
★垂れ幕で「詐欺警戒を」 特別警報時に洛和会施設=京都(2日)読売
★愛之助さん“特殊詐欺に注意を”(2日)NHK
★杉良太郎さんら オレオレ詐欺対策協力へ、警察庁が正式に依頼(1日)TBS
★特殊詐欺加担防止へ 高校生に防犯教室=神奈川
★現金詐取容疑グループが役割分担 交渉や書類作成(29日)共同

| コメント (0) | トラックバック (0)

長電話の詐欺集団、被害者に相談のスキ与えず(27日)読売

高齢女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、警視庁日野署は26日、宇都宮市東町、職業不詳の男(41)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。逮捕は21日。男を含めた詐欺グループは、女性宅に電話をかけてからカードを受け取るまでの約1時間半、女性との通話を続けており、同署は、周囲に相談させないためだとみている。
 日野署幹部によると、男は20日午後2時頃、仲間と共謀し、東京都日野市の80歳代の女性宅に警察官を装って「あなたの口座が悪用されるので、カードを預かる」と電話をし、銀行協会職員を名乗って女性宅を訪れ、カード2枚を詐取した疑い。容疑を認めている。
 詐欺グループは、警察官や百貨店の店員を名乗って次々に電話を替わり、男が女性宅に到着するまで通話。男は、女性のカードで預金計約70万円を引き出したという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181227-OYT1T50022.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性警察官にセクハラ=警視を減給、依願退職-京都府警(27日)時事

複数の女性警察官にセクハラ行為をしたとして、京都府警が警察学校に勤務する50代の男性警視を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にしていたことが27日、分かった。処分は13日付で、警視は依願退職した。
女性記者らにセクハラ発言=警視を懲戒-鹿児島県警

 府警監察官室などによると、警視は昨年8月~今年8月、複数の女性警察官に対し、勤務時間外に食事に誘い、肩を抱き寄せるなどのセクハラ行為をしていた。10月に府警に相談があり発覚した。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122702286&g=soc&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪被害者支援の弁護士「死刑執行を支持」(27日)産経

昭和63年に投資顧問会社社長ら2人を殺害し、強盗殺人などの罪に問われた元暴力団幹部、岡本(旧姓・河村)啓三死刑囚(60)と元投資顧問業、末森博也死刑囚(67)の死刑が執行されたことを受け、弁護士の有志団体「犯罪被害者支援弁護士フォーラム」は27日、死刑執行を支持する声明を発表した。
 関係者によると、岡本死刑囚は再審請求中だった。東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見したフォーラムの事務局長、高橋正人弁護士は「再審請求中だからといって、いたずらに執行を先延ばしすべきではない」と指摘。再審請求中の死刑囚については執行が回避される傾向にあったが、高橋弁護士は「ここ1、2年はそういう不文律がなくなった」との見方を示し、「今回の死刑執行を全面的に支持する」と強調した。
https://www.sankei.com/affairs/news/181227/afr1812270021-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高級自転車窃盗疑い男逮捕、大阪 「ネット出品で生活費に」(27日)共同

 スポーツタイプの高級自転車を繰り返し盗んだとして、大阪府警東署は27日までに、窃盗などの疑いで、奈良市中山町、無職石本譲一容疑者(54)=窃盗罪で公判中=を逮捕、追送検し、捜査を終えた。
 逮捕、追送検容疑は2月上旬~6月下旬、大阪市中央区などで、スポーツタイプの自転車計6台などを盗んだ疑い。
 東署によると、自転車のチェーン錠を工具で切断し、車に積み込んで盗んでいたとみられる。高値で落札されるように、盗んだ自転車の部品を分解して磨いたり、ライトや空気入れをサービスで付けたりしていた。6台が出品されて落札総額は約43万円で、最高額は1台11万7千円だった。https://this.kiji.is/450915740184101985?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

ロープ張った道路でバイク転倒 防犯カメラに男 相模原(27日)NHK

26日、相模原市で何者かが道路にロープを張り走ってきたバイクを転倒させた殺人未遂事件で、防犯カメラには近くの店から出てきた男がロープを張るまでの一部始終が写っていて、警察が行方を捜査しています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181227/k10011761331000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

26日午前3時半すぎ、相模原市南区で道路を横切るように張られたロープ…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»川崎署の警部補ら6人不起訴に、虚偽の捜査報告書作成などで書類送検(27日)TBS

虚偽の捜査報告書を作成したなどとして書類送検されていた川崎警察署の男性警部補ら6人について、横浜地検は26日付けで不起訴処分にしました。
 神奈川県警・川崎警察署の男性警部補(35)ら6人は、今年4月中旬から5月下旬までの間に、銃刀法違反事件の捜査の一環として、裁判所から捜索差し押さえ状の発付を得るための捜査報告書にうその記載をするなどして、先月30日に書類送検されました。
 横浜地検は、書類送検された6人について、26日付けで不起訴処分にしました。横浜地検は、不起訴処分の理由を明らかにしていません。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3560112.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»成田空港にキツネ、滑走路を一時閉鎖(27日)TBS

年末をむかえ利用客でにぎわう成田空港に、思わぬ「珍客」が現れました。
 27日正午すぎの成田空港の映像です。滑走路の横の草むらにいるのはキツネです。「滑走路に現れた」という報告を受け、パトロールの車が近づきます。するとキツネは驚いたのか、空港の外へと逃げ出していきました。成田空港会社によりますと、犬や猫などの侵入による滑走路の閉鎖はまれにあるものの、キツネは珍しいということです。
 この騒動で、成田空港では滑走路を5分ほど閉鎖したものの、大きな混乱はありませんでした。年末でにぎわう空港に、なんとも珍しい「お客さん」の登場でした。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3560096.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»警視総監、特殊詐欺は「治安対策上の最重要課題」(27日)TBS

警視庁の三浦警視総監は年末恒例の記者会見で、今年、都内での被害が過去最悪となった特殊詐欺について、「治安対策上の最重要課題」として取り組む考えを示しました。
 警視庁によりますと、今年1年間、都内で起きたオレオレ詐欺など特殊詐欺の被害は、統計を取り始めた2006年以降、過去最悪となっていて、24日までに3820件に上っています。被害額もおよそ82億4000万円と過去最悪ペースとなっていて、警視庁の三浦正充警視総監は26日の記者会見で、特殊詐欺対策を「治安対策上の最重要課題」と位置づけて取り組む考えを示しました。
 「警視庁では、特殊詐欺対策は治安対策上の最重要課題と位置づけ、今後とも各種対策を強力に推進して参ります」(警視庁 三浦正充 警視総監)
 警視庁は、今年1月から11月までに特殊詐欺事件で267人の暴力団組員らを摘発したということで、暴力団の特殊詐欺への関与があらためて裏付けられたとして、取り締まりをさらに強化する方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3559467.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

TBSの番組企画で110番相次ぐ イベント中止に (27日)日経

TBSのバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」が東京都練馬区の遊園地「としまえん」で26日夜から実施した企画イベントに多数の若者らが集まり、周辺道路の渋滞などで110番が相次ぐ騒動になっていたことが27日、警視庁練馬署などへの取材で分かった。混乱を受け、イベントは中止された。
 番組は26日夜、お笑いトリオ「安田大サーカス」のクロちゃんをおりに閉じ込める企画を放送。その後、イベントとしてとしまえんで一般公開を始めた。
 練馬署によると、27日午前0時半から同2時ごろにかけ、としまえん周辺の渋滞や騒音を訴える110番が相次ぎ、複数の警察官が出動して交通整理などにあたった。同日朝時点で、けが人や搬送者は把握していないという。
 TBSやとしまえんによると、渋滞や騒音を受け企画の中止を決定。午前1時10分ごろ来園者に帰宅を促し始め、午前2時50分ごろに退園が完了した。としまえんは通常、夜間は閉園しているが、番組側に場所を貸し出していた。 
 番組を巡っては、5月にも別の男性芸人を連れ去る企画を目撃した通行人から「男性が連れ去られた」との110番が相次ぐ騒動が発生。渋谷署が番組関係者に厳重注意していた。
 TBSは「ご迷惑をお掛けした近隣住民の皆さま、イベントを楽しみにしていた皆さまに深くおわび申し上げます」とコメントした。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39426800X21C18A2CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

薬袋に詐欺注意呼びかけのシール(27日)NHK

高齢者を狙った特殊詐欺の被害があとを絶たない中、群馬県では、薬局が薬の袋にシールをはって、詐欺への注意を呼びかける取り組みが行われています。

この取り組みは、群馬県警察本部が県薬剤師会の協力を得て、今月から始めました。
警察から群馬県内の780店余りの薬局に配布されたシールには、「キャッシュカードは渡さない」とか、「電話はいつも留守番電話」と書かれ、特殊詐欺への注意を呼びかけています。
薬局では、高齢者に処方する薬の袋にこのシールを貼って手渡しています。
警察によりますと、群馬県内では、特殊詐欺の被害がことしに入ってから今月18日までに206件確認されていて、被害者の8割が65歳以上の高齢者だということです。
県警察本部特殊詐欺抑止対策室の皿山康浩室長は「高齢者に身近な薬局に協力してもらい、注意を呼びかけています。不審な電話がかかってきたら、警察や家族にすぐ相談してほしい」と話しています。https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20181227/1060003693.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

コンビニ強盗11万円奪う、仙台 刃物持った男逃走(27日)共同

27日午前2時45分ごろ、仙台市太白区四郎丸吹上の「ファミリーマート四郎丸吹上店」で、男が包丁のような刃物を男性店員に突き付けて脅し、レジの現金約11万5千円を奪って逃走した。店員にけがはなかった。仙台南署は強盗事件として男の行方を追っている。
 同署によると、男は20~30歳くらいで身長は約170センチ。黒いニット帽をかぶり、灰色のパーカと青いジーンズ姿で、白いマスクをしていた。当時、店に客や他の従業員はいなかった。https://this.kiji.is/450814292486276193?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国 コンサート会場で容疑者60人逮捕 監視カメラで特定(27日)NHK

中国では、香港の有名歌手によるコンサートの会場で、監視カメラの顔認証によってこれまでに60人もの犯罪容疑者が逮捕され、当局による社会への監視が強まっていることを象徴する出来事として話題となっています。

 地元メディアなどによりますと、香港の有名歌手、ジャッキー・チュンさんこと張学友さんが中国各地で開いたコンサートでは、ことし4月以降、逃亡中の犯罪容疑者が次々と逮捕されています。
 いずれもコンサートを見に来たところを会場に設置されていた監視カメラの顔認証システムによって発見されていて、逮捕者は合わせるとおよそ60人に上るということです。
 逮捕の容疑は、器物損壊や詐欺、違法薬物の売買などさまざまで、インターネット上では逮捕に貢献した形となった張さんに「逃亡犯をも制するスター」との異名もつきました。
 中国では治安対策などを理由に監視カメラが全国のあらゆる場所に設置され、その数は1億7000万台とも言われていて、その多くは個人を特定するための顔認証システムと連動しています。逮捕された1人は警察の調べに対して「危ないとは思っていたがどうしてもコンサートが見たかった」と供述しているということです。
 コンサート会場で相次ぐ容疑者の逮捕は、習近平指導部のもと、社会への監視が強まっていることを象徴する出来事として話題となっています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181227/k10011761091000.html?utm_int=news_contents_news-main_007

| コメント (0) | トラックバック (0)

元暴力団幹部ら男2人に死刑執行(27日)産経

法務省は27日、昭和63年に投資顧問会社社長ら2人を殺害し、強盗殺人などの罪に問われた元暴力団幹部、岡本(旧姓・河村)啓三死刑囚(60)と元投資顧問業、末森博也死刑囚(67)=いずれも大阪拘置所=の死刑を、同日午前に執行したと発表した。
 死刑執行は、オウム真理教の一連の事件で元教祖、麻原彰晃(しょうこう)元死刑囚=執行時(63)、本名・松本智津夫(ちづお)=ら計13人に今年7月6日と同26日に分けて執行されて以来。今年10月に就任した山下貴司法相のもとでは初めて。平成24年12月発足の第2次安倍政権以降では計36人となる。
確定判決などによると、岡本、末森両死刑囚は共犯の男=無期懲役=と昭和63年1月、相場師で投資顧問会社「コスモ・リサーチ」(大阪市)社長の見学和雄さん=当時(43)=を拉致(らち)して1億円を奪い、隠蔽するため見学さんと同社従業員の男性=同(23)=を大阪市内のマンションで絞殺。遺体をコンクリート詰めにし、京都府南山城村の山林に埋めて遺棄した。
 1、2審とも死刑判決を受け、最高裁は平成16年9月に上告を棄却。死刑が確定していた。
 見学さんは派手な仕手戦で「北浜の風雲児」などと呼ばれて注目を集めた大物相場師で、その死は「コスモ・リサーチ事件」として当時、話題を呼んだ。
 山下法相は臨時の記者会見で死刑執行について、「誠に身勝手な理由から被害者の尊い命を奪った極めて残忍な事案だ。法の峻厳(しゅんげん)さに向き合い、慎重な上にも慎重な検討を重ねた結果だ」と述べた。
https://www.sankei.com/affairs/news/181227/afr1812270008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

不正入試で東京医大を提訴へ 受験生「対応が見通せず」(27日)朝日

 東京医科大の不正入試をめぐり、「医学部入試における女性差別対策弁護団」は26日、今年度内にも受験生が、同大に損害賠償などを求める訴えを起こすと明らかにした。26日までに40人の受験生が、計1300万円の慰謝料などを同大に請求しているが、「大学側による対応の見通しがたたない」ため、訴訟に踏み切るという。
 弁護団によると、原告の規模や請求額などは検討中。受験生として一律に慰謝料などを求めるほか、入試で不正に不合格となった受験生については、不合格にされたことへの賠償も求める方針という。
 現在、大学側に求めているのは①成績開示と、得点調整がなければ合格していたかどうかの回答②受験料の返還③不当な受験への慰謝料10万円(1年度につき)④交通費や宿泊費――の4点。10月の段階で24人の請求を公表し、この日は新たに16人が加わった。(山下知子)https://www.asahi.com/articles/ASLDV5JQZLDVUTIL038.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

18歳女性を生き埋めにし殺害、無期懲役確定へ(27日)読売

千葉県芝山町で2015年、同県船橋市の女性(当時18歳)を畑に生き埋めにして殺害したなどとして強盗殺人罪などに問われた無職の井出裕輝被告(24)について、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は25日付の決定で被告の上告を棄却した。被告を無期懲役とした1審・千葉地裁、2審・東京高裁の判決が確定する。
 1、2審判決によると、井出被告は15年4月、遊び仲間の男(23)(無期懲役が確定)らと共謀し、知人の同級生だった被害女性を車に乗せて監禁し、財布などを奪った上で殺害するなどした。https://www.yomiuri.co.jp/national/20181226-OYT1T50080.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判官「供養して」 無戸籍女性遺体放置の夫に執行猶予 福岡地裁判決(27日)西日本

約30年内縁関係にあった無戸籍の女性の遺体を放置したとして、死体遺棄罪に問われた住所不定、無職奥田義久被告(74)に対し、福岡地裁は26日、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)の判決を言い渡した。
 国分進裁判官が「女性にできる範囲できちんと供養してあげてください」と説諭すると、奥田被告は「はい」と返事。被告はこれまでの公判でも「墓に入れて一生供養してあげたい」と語っていた。
 判決理由で国分裁判官は「戸籍がない女性と長年同居したことが問題になることを恐れ、公的機関に相談することなく遺体を放置した」と指摘。一方で「反省している」として執行猶予とした。
 判決によると、奥田被告は昨年10月下旬から今年10月2日まで、女性の遺体を福岡県大野城市の自宅アパートに放置した。春日署には女性の身元について数件の情報提供があったが、現在も特定されていない。
    ◇      ◇
■法務省 民法改正も検討
 無戸籍者の解消に向け、法務省は啓発活動を行う一方、有識者の研究会で民法改正も検討している。
 進学や就職などで不利益を受ける可能性がある無戸籍者。同省によると、全国に837人(11月10日現在)いて、民間団体の独自集計では1万人以上ともいわれる。全国50の法務局・地方法務局は、戸籍取得の相談や裁判手続きの支援を実施しているが、今回の女性のように行政機関と接触しない人の把握は難しい。同省は「弁護士会などとも連携し、周知や実態把握に努めたい」としている。
 研究会は10月に発足し、焦点は「離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子」と規定する民法772条の改正だ。離婚後に出産しても一定期間は子どもの父親は前夫になり、無戸籍者の8割は暴力などの事情で前夫の子どもにしたくない、と出生届を出さない人という。研究会では、要件を設けて前夫の子としない例外規定が議論されている。
 「無戸籍問題を考える若手弁護士の会」代表、高取由弥子弁護士(東京)は条文の見直しは必須とした上で、「無戸籍者の高齢化が深刻なため、救済手続きが必要。戸籍取得の裁判でも、子どもが前夫の子であるとされないために高い立証を求められることが多く、簡素化するべきだ」と訴える。=2018/12/27付 西日本新聞朝刊=

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/475875/

| コメント (0) | トラックバック (0)

車内に成人男性の変死体 北九州、首から出血(27日)産経

 26日午後8時35分ごろ、北九州市八幡西区上上津役の路上で、近くに住む女性から「昼から車が止まっており、男性が寝ている」と110番通報があった。福岡県警八幡西署によると、男性は40代とみられ、首の辺りから出血していた。現場に駆け付けた救急隊が死亡を確認し、事件と自殺の両面から調べている。
 署によると、男性は乗用車の運転席を倒してあおむけに横たわり、手には血が付いた刃物を握っていた。着衣に乱れはなく、車内が荒らされた形跡はなかった。運転席側の窓が半分開き、車の鍵はかかっていなかった。
 男性の捜索願は出されておらず、遺書は見つかっていないという。
https://www.sankei.com/affairs/news/181227/afr1812270001-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国漁船、水産庁職員12人乗せ半日逃走 停船命令無視 EEZ漁業法違反の疑い(27日)産経

鹿児島県沖の日本の排他的経済水域(EEZ)で11月、違法操業の疑いがある中国漁船が、立ち入り検査のために乗り込んでいた水産庁の職員12人を乗せたまま、半日以上、逃走していたことが26日、政府関係者への取材で分かった。同庁は外国人の違法操業などを規制するEEZ漁業法違反の疑いで捜査。外交ルートを通じ、漁船員らを中国国内法で処罰するよう中国側に要請した。一時、漁船に連れ回された職員12人にけがはなかった。
水産庁によると、11月5日午前、鹿児島県西方沖の日本のEEZ内で、違法な底引き網漁をしている疑いがある中国漁船2隻を取締船「白萩丸」が発見した。取締船は漁船を停船させて職員12人が乗り込み、立ち入り検査に着手したが、漁船は命令に反して逃走しながら漁を継続した。
 さらに、取締船や、要請を受け駆けつけた海上保安庁巡視船の停船命令を重ねて無視し、日本のEEZ内を航行。漁船に乗り込んだ職員らも、停船して検査に応じるよう説得を続けたが船長らは応じなかった。
 取締船は暗闇での取り締まり継続は安全確保が困難で、職員らの身に危険が及ぶと判断。接舷し、同日午後10時過ぎまでに全員を取締船に戻したという。
 外国船による違法操業の深刻化を受け水産庁は今年、取り締まり指揮系統の一元化などを図る漁業取締本部の運用を開始。船の強化と防御装備の充実を進めていた。
 同庁は今回の事態について「危険を伴う取り締まりは現場の判断が最重要。職員は経験豊富で、安全に十分配慮し対処した。細かく検証し、今後に生かしたい」とした。
https://www.sankei.com/affairs/news/181227/afr1812270003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東電旧経営陣に禁錮5年求刑 東京地裁公判で指定弁護士 (27日)日経

福島第1原子力発電所事故を巡り、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力旧経営陣3人の論告求刑公判が26日、東京地裁(永渕健一裁判長)であった。検察官役の指定弁護士は「積極的に情報を集めて的確に対策を実行していれば、重大事故は防げた。原発の運転を漫然と継続して事故を起こした」として、3人に禁錮5年を求刑した。
3人は、勝俣恒久元会長(78)、武黒一郎元副社長(72)、武藤栄元副社長(68)。公判では巨大津波の襲来を予見し、有効な対策を取ることができたかが争点で、3人はいずれも「事故を予見するのは不可能だった」と無罪を主張している。
 指定弁護士は論告で、3人は巨大津波の襲来を予見できたと主張。2008年2月に3人が出席した会議で、巨大地震を巡る政府機関の長期評価を津波対策に取り入れる方針が了承されたと指摘した。
 同年6月、最大15.7メートルの巨大津波が襲来するとの試算を報告された武藤氏が対策検討を指示したものの、翌月には長期評価の妥当性の検証を土木学会に依頼すると方針転換したとして、「問題の先送りにすぎなかった」と批判した。
 その上で、武藤氏は現場担当者らに防護措置を検討させ、取締役会などで対策工事などを進言する義務を怠ったと指摘。武黒氏も学会の検討状況を注視して武藤氏らに報告を求める義務があったのに、それを怠ったとした。
 社内会議の出席者のなかで最も高い地位にあった勝俣氏についても「その場を活用して細心の注意を払い、対策を検討する義務があった」と指摘。「被害者の苦しみと無念さはあまりに大きい。(3人は)何一つ対策をしておらず、犯情はきわめて重い」と厳しい処罰を求めた。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39397530W8A221C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

学校の性教育「役立たず」が4割 17~19歳の意識調査で(27日)共同

 17~19歳の約4割が学校の性教育は役に立たないと感じている―。日本財団(東京)が「セックス」をテーマにした意識調査をしたところ、こんな結果が出た。ほぼ4人に1人はセックスの経験があり、4人に3人は性病への不安を抱えていることも判明。避妊の必要性を感じていると答えたのは9割近くに達した。
 調査は10月、17~19歳の男女800人を対象に、インターネットで実施した。学校の性教育が「役に立った」と答えたのは59.1%で、「役に立たなかった」が40.9%。「避妊の重要性をもっと説明してほしい」「性病の危険性について重点的にやるべきだ」といった要望があった。
https://this.kiji.is/450760310409249889?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

改ざんダンパー設置施設6件公表 川金ホールディングス(27日)NHK

免震・制振用のダンパーの検査データが改ざんされていた問題で、これまで物件名を公表していなかった川金ホールディングスが、改ざんされたダンパーが設置された施設6件を公表しました。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181226/k10011760841000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

地震の揺れを抑える免震・制振用のダンパーをめぐっては…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»走行中のトラック“積み荷”から火 東名高速道路(27日)TBS

26日夜、横浜市の東名高速道路で、走っているトラックの積み荷から、突然、火が出ました。けが人はいませんでした。
 26日午後6時すぎ、横浜市緑区の東名高速道路・下り線、横浜青葉インターチェンジと横浜町田インターチェンジの間で、走っていたトラックの積み荷から、突然、炎が上がりました。警察によりますと、燃えたのは建設現場から出たプラスチックの廃材で、処分される場所に向かう途中だったということです。
 火はすぐに消し止められ、トラックに乗っていた男性にけがはありませんでした。警察と消防が出火の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3559478.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»自宅に女性の遺体放置で男逮捕、母親か 千葉・稲毛区(27日)TBS

千葉市稲毛区の住宅で、母親とみられる女性の遺体を自宅に放置したとして、45歳の男が逮捕されました。
 死体遺棄の疑いで逮捕されたのは、稲毛区長沼町の自称無職・島川康二容疑者(45)です。島川容疑者は2月下旬から3月上旬にかけ、同居する71歳の母親とみられる女性の遺体を自宅に放置した疑いが持たれています。
 島川容疑者は、その後、およそ10か月間にわたりこの家に住んでいましたが、26日未明に警察に自首し、「自宅で死んだ母親の遺体をそのままにしてある」と説明したということです。取り調べに対し島川容疑者は「母親の容態が悪くなり、病院に行くことを勧めたが行かなかった」などと供述しているということです。
 島川容疑者は、母親と2人で暮らしていたということで、警察が遺体の身元の確認を進めています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月26日 (水) | トップページ | 2018年12月28日 (金) »