« 2018年12月23日 | トップページ | 2018年12月25日 »

2018年12月24日

2018年12月24日 (月)

連行中逃走、県警OB会が私的懸賞金100万円(24日)読売

2013年に連行中に逃走した住所、職業不詳宮内雄大容疑者(43)について、山梨県警OBでつくる県警友会連合会は、情報提供者に最高100万円を支払う私的懸賞金を設けた。
 宮内容疑者は13年2月23日未明、山梨市内の民家に侵入した疑いで日下部署に現行犯逮捕され、パトカーで移送されて同署で降りる際に逃走した。県警には県内外から約200件の情報が寄せられたが、足取りはつかめていない。
 大阪府警富田林署で8月に勾留中の男が逃走した事件で懸賞金が設置されたことを参考に、同会が懸賞金を用意し、逮捕に結びつく有力な情報を寄せた人に支払う。
 21日、同会の小林聖司会長と県警の原幸太郎本部長が協定を締結した。期限は1年間で必要に応じて延長する。県警は加齢などを加味した似顔絵を掲載した懸賞金のポスターを作製した。
 同会の担当者は「事件捜査に関わった会員もいる。力になりたい。一件でも多くの情報が寄せられれば」と話している。情報は日下部署(0553・22・0110)へ。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181222-OYT1T50031.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ケリー被告、25日にも保釈 東京地裁が可否判断(24日)西日本

日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)=会社法の特別背任容疑で再逮捕=とともに金融商品取引法違反罪で起訴された前代表取締役グレゴリー・ケリー被告(62)について、東京地裁は25日にも、保釈請求に対する判断を示す。認められれば、保釈保証金を納め次第保釈される。
 ケリー被告は2015年3月期までの5年間に、ゴーン容疑者の役員報酬計約48億6800万円を有価証券報告書に記載しなかったとして、東京地検特捜部に起訴された。直近3年分の不記載容疑でも再逮捕されたが、裁判所が勾留延長を認めず、弁護側が21日に保釈を求めた。3年分の容疑は処分保留となっている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/475337/

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽一万円札使用容疑の男女3人を逮捕 大阪、奈良両府県警(24日)産経

偽造した一万円札を使ったとして、大阪、奈良両府県警は24日、偽造通貨行使容疑で奈良県内の男女3人を逮捕したと発表した。
 府警捜査2課によると、逮捕されたのは同県大和高田市の建設作業員、小幡貴則(37)▽同県橿原市の建設作業員、奥浜真吾(38)▽同県三宅町の無職、山本由美子(46)-の3容疑者。同課は3人の認否を明らかにしていない。
 小幡容疑者の逮捕容疑は今月上旬、橿原市内のたばこ店で一万円札の両替を頼んだ際、偽の一万円札を使ったとしている。奥浜、山本両容疑者は共謀して同月上旬、大阪市中央区の飲食店でジェラートを買う際、偽の一万円札2枚を使ったとしている。
 同課は、3人が知り合い同士とみて捜査を進めている。また、偽札はインクジェットプリンターで作成されたとみられるという。両府県内の飲食店などでは11月下旬~12月下旬の間、同様の偽札約30枚が使われており、府警は偽札を押収して関連を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/181224/afr1812240008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察署に放火未遂の疑い、液体まいた男逮捕 愛知(24日)産経

愛知県警津島署に23日深夜、油のような液体をまいて火を付けようとしたとして、津島署は同日、現住建造物等放火未遂の疑いで住所、職業不詳の堀田金一容疑者(50)を現行犯逮捕した。黙秘しており、同署が動機などを調べている。
 逮捕容疑は23日午後11時50分ごろ、津島署の1階受付前で持参したペットボトルを倒して、中に入った油のような液体を床にまき、ライターを取り出して放火しようとしたとしている。
 同署によると、堀田容疑者は来署直後、無言でしゃがんで液体をまき始めた。ライターに火を付ける前に警察官が取り押さえた。
https://www.sankei.com/affairs/news/181224/afr1812240009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車掌が列車走行中に読書 JR赤穂線(24日)産経

JR西日本は24日、岡山県備前市を23日に走行中の赤穂線普通列車で、男性車掌(60)が読書をしていたと発表した。運行に支障はなかったが「お客さまにご心配をかけた」と謝罪し、再発防止へ「指導・教育を再徹底する」としている。読んでいたのは、業務に関係のない時代小説の文庫本だったという。
 JR西日本によると、23日午後6時20分ごろ、備前市の赤穂線伊里-備前片上間を走行中の普通列車で、読書を始めた車掌を乗客の男性が目撃した。備前片上駅に停車してから男性が車掌に指摘したことで判明した。
車掌は「気が緩んでしまった」と話しているという。普通列車は4両編成で、当時約40人が乗っていた。https://www.sankei.com/affairs/news/181224/afr1812240013-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

人気のカワウソ、密輸横行か 1頭150万円超も (24日)日経

ワシントン条約で国際取引が規制されている東南アジア原産のコツメカワウソの密輸個体を売ろうとした男らが、警視庁に逮捕された。テレビ番組で紹介されるなどし、近年国内で「かわいい」と人気が高まっており、密輸の横行が懸念されている。
 「知り合いからもらったカワウソがいる。買ってもらえませんか」。2018年夏ごろ、コツメカワウソなどの小動物と触れ合える店「コツメイト」(東京都豊島区)に1本の電話がかかってきた。
 代表の長安良明さんはインドネシアで同国政府の許可を得てコツメカワウソの保護・繁殖や正規輸入に取り組んでおり、不審に思って「ワクチン接種はしたんですか」と質問。電話の男は「改めて連絡します」とはぐらかし、「1回に10頭くらいどうか」などとさらに売り込みを続けてきた。
 数日後、2頭を段ボールに入れて持ってきた男に原産国を問うと、当初は「知人からもらった」と言葉を濁したが、話しているうちに「タイから(密輸した)」と明かした。店で待ち構えていた警視庁の捜査員が対応し、男ら2人は外為法違反(無承認輸入)容疑で10月に逮捕された。
 ペットとしてもコツメカワウソの需要は高まっているとみられ、国内の販売価格は急騰。野生生物取引監視団体「トラフィック」によると、海外で数千円で仕入れた個体が150万円を超す価格で取引される例もあるという。
 長安さんは「同じような購入打診の電話やメールは何度も来ている」と話し、密輸した個体の疑いがあるとみている。
 東京女子大の石井信夫教授(保全生態学)は、動物の密輸について「種や生態系に重大な影響が生じたり、動物が感染症や寄生虫をもっていたりするリスクがある」と指摘。「動物を入手する際は合法的なものかどうかを確認することが最低限必要」と話している。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39220250Q8A221C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

闇ウェブで脅威情報入手、警察庁 サイバー攻撃に先手(24日)共同

重要インフラ事業者や最先端技術を保有する企業をサイバー攻撃から守るため、警察庁が、インターネット上の「ダーク(闇)ウェブ」で、企業への攻撃やシステムの脆弱性に関わる脅威情報(スレットインテリジェンス)を事前に入手し、対策に役立てる取り組みを進めている。
 今年2月に開催された平昌冬季五輪や2016年のリオデジャネイロ夏季五輪では、関係機関がサイバー攻撃を受けた。20年東京五輪・パラリンピックでも同様の事態が懸念されており、セキュリティー強化を図る。
 警察庁によると、今夏、東京都内の情報セキュリティー関連会社と業務契約を結び、脅威情報の収集を始めた。
https://this.kiji.is/449868559206614113?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

レーダー照射 再発防止を強く要求 日韓協議で外務省局長(24日)NHK

日本と韓国の局長級協議が24日、ソウルで行われ、外務省の金杉アジア大洋州局長は海上自衛隊の哨戒機が、韓国軍から射撃管制用レーダーの照射を受けた問題について、遺憾の意を伝えたうえで、再発防止を強く求めました。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181224/k10011758471000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

韓国のソウルを訪れている外務省の金杉アジア大洋州局長は24日……

| コメント (0) | トラックバック (0)

»レンタルDVD店に刃物男、現金12万円あまり奪い逃走中(24日)TBS

 24日午前4時40分ごろ、埼玉県越谷市のステップゲオ越谷店で、男が無言のまま、店員の男性に包丁のようなものを突きつけ、現金およそ12万5000円を奪って逃走しました。
 当時、店内に客はおらず、店員の男性にもけがはないということです。
 男は、年齢が20代から30代、黒のダウンジャケットにキャップ帽をかぶり、白いマスクをしていたということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3557343.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»逮捕の夫“妻ともめて殺した”、出頭時の所持金“1万円弱”(24日)TBS

愛知県豊川市のアパートで妻を殺害したとしてブラジル国籍の男が逮捕された事件で、男が「妻ともめて殺した」と話していることが新たにわかりました。
 24日朝送検されたブラジル国籍で、豊川市豊が丘町の無職オカモト・カルロス・カツヒロ容疑者(48)は、今月17日、同居する妻のマキモリ・クラウヂア・マユミさん(40)の首などを刃物で切りつけるなどして殺害した疑いが持たれています。
 オカモト容疑者は事件後、行方がわからなくなっていましたが、22日深夜、歩いて豊川警察署に出頭しました。
 オカモト容疑者は容疑を認め、動機について「妻ともめて殺すに至りました」と話していることが新たにわかりました。出頭時の所持金は1万円弱だったということで、警察は逃走経路などを追及しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3557622.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日 単位・レベル)
徹底検挙で臨め!
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014407 このところ火災が多いが、原因で最も多いとされる放火が特に目立っている。なんと22日には、こともあろうに那覇市前島の自衛隊沖縄地方協力本部で放火事件があった。5階建てビル1階の窓ガラスが割られ、窓際にあったベッドが焼けたという。
 この放火事件は、背景に公安的な要素があるとみられるが、東京・多摩市のアパートでは部屋の前にかけてあったビニール傘が焼けるなど同じアパートで不審火が相次いでいるほか、茨城県つくば市でも乗用車などが焼ける不審火が連続して発生しているという。
 その放火事件は前年より認知件数は減少し、検挙率はアップしている。
 警察庁によると今年11月現在の放火の認知件数は815件で前年同期より59件の減少。検挙率は80.0%で同2.9ポイントのアップ。
 認知件数のランキングは大阪の112件、千葉の66件、埼玉の62件、愛知の41件、神奈川の40件と続いている。埼玉がなんと前年より22件も増えたほか千葉も+17件、神奈川も+13件だった。
 検挙率の高いランキングは鳥取の150.0%、石川の133.3%、福島の128.6%、宮城の113.3%、新潟の110.5%の順。
 一方、低かったのは山梨の50.0%、千葉の53.0%、兵庫の62.2%、岐阜の62.5%、島根と高知の各66.7%などだった。
 目撃などの情報や防犯カメラ、場合によってはドライブレコーダーなどの活用により徹底検挙を願いたい。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
typhoon 詐欺天国ニッポンtyphoon

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

特殊詐欺多発船橋でフォーラム(24日)NHK
https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20181222/1080004537.html

 「振り込め詐欺など特殊詐欺を防ごう」―日本全国で被害防止に躍起になっているが、勢いは修まらない。地道に注意喚起するしかないのだろうか?
 千葉県警は被害が多発していることから、特に多い船橋市で高齢者を集めたフォーラムを開催した。およそ200人の高齢者が集まったという。


★68歳女性、200万円だまし取られる 埼玉・川越(21日)産経
★架空請求で1800万円被害 訴訟装うはがきで、青森(19日)産経
★住吉会系事務所を家宅捜索 特殊詐欺に組織的関与か(17日)共同
★セブン店員、女性客の通話代わり詰問…詐欺防ぐ(16日)読売
★架空請求はがき、アプリで見破る さいたま市の弁護士ら開発(12日)共同
★国際ロマンス詐欺にご用心 「米軍人」名乗り女性狙う (13日)日経
★「銀行員のマエザワ」の電話にご注意 還付金詐欺相次ぐ(13日)朝日
★コンサートチケットの購入持ちかけ現金詐取、女を逮捕(13日)TBS
★「中身知らない」詐欺受け子、最高裁が逆転有罪(12日)読売
★スーツ姿で「受け子」 詐欺容疑で高2男子生徒を逮捕(12日)産経
★詐欺で940万円だまし取られる、埼玉・上里(10日)産経
★警官名乗り「偽札か調べる」…800万円詐取(9日)読売
★元劇団四季の警察官、詐欺被害防止の啓発ソング(7日)読売
★カードすり替え窃盗が急増 封筒使う新手口、注意を(6日)共同
★大阪の警官、特殊詐欺見抜けず 「息子」と電話でやりとり(4日)西日本
★高齢者に振り込め詐欺防犯講座(5日)NHK
★元JTB子会社の男再逮捕 外貨両替で4千万詐取疑い(5日)産経
★垂れ幕で「詐欺警戒を」 特別警報時に洛和会施設=京都(2日)読売
★愛之助さん“特殊詐欺に注意を”(2日)NHK
★杉良太郎さんら オレオレ詐欺対策協力へ、警察庁が正式に依頼(1日)TBS
★特殊詐欺加担防止へ 高校生に防犯教室=神奈川
★現金詐取容疑グループが役割分担 交渉や書類作成(29日)共同

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上に倒れ男子大学生死亡 東京・八王子(24日)産経

23日午後7時40分ごろ、東京都八王子市丹木町の片側1車線の都道で「血を流した男性が倒れている」と通行人から110番通報があった。男性は、近くに住む大学4年の佐藤康一さん(21)で、病院に搬送されたが約2時間後に死亡した。
 警視庁八王子署は目撃情報などから、直前に現場を通過した路線バスが佐藤さんをはねたとみて、男性運転手(53)から事情を聴いている。運転手は「何かにぶつかったのには気づいたが、人だとは思わなかった」と話しているという。同署によると、バスのドライブレコーダーには、佐藤さんがバスにはねられる前から道路に横たわっている様子が写っていたといい、詳しい経緯を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/181224/afr1812240002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

路上横たわりで死亡事故相次ぐ 神奈川(24日)産経

 夜間から未明に、路上に横たわる人を車がはねる死亡事故が、神奈川県内で相次いだ。
 24日午前0時55分ごろ、横須賀市武の県道で、路上に横たわっていた近くに住む会社員、鈴木利幸さん(55)を、走ってきた普通乗用車がはねた。鈴木さんは病院に搬送されたが、約1時間半後に死亡が確認された。
 同県警横須賀署によると、鈴木さんは酒に酔っていたとみられ、付近を通る車の運転手が路上に横たわっている様子を目撃している。関係者の話などから、鈴木さんは忘年会の帰りだったとみられる。運転していた女性(32)は「倒れている人をひいてしまった」と話しているという。
また、同日午前4時ごろ、横浜市神奈川区新子安の市道で、車道に横たわっていた60代男性をタクシーがはねた。男性は病院に搬送されたが、約1時間半後に死亡が確認された。
 同県警神奈川署によると、現場は片側2車線。男性は、車線の中央付近に横たわっていたとみられるという。タクシー運転手の男性(52)は、「ブレーキが間に合わなかった」と話しているといい、同署ははねられた男性の身元確認を進めるとともに、詳しい状況を調べている。

https://www.sankei.com/affairs/news/181224/afr1812240006-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

未明の横浜、タクシーにはねられ男性死亡(24日)読売

24日午前3時55分頃、横浜市神奈川区新子安の市道交差点近くで、男性が川崎市多摩区の男性(52)のタクシーにはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。
 神奈川署が男性の身元と事故原因を調べている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

1歳長男を国外略取容疑 中国籍の男を逮捕 静岡県警(24日)産経

別居している20代の日本人の妻が養育する長男(1)を妻に無断で国外に連れ去ったとして、静岡県警静岡中央署は24日、国外移送目的略取の疑いで、埼玉県蕨市、自称飲食店従業員で中国籍の翁祖立(おう・そりつ)容疑者(28)を逮捕した。同署は長男の所在を確認できていないが、翁容疑者は「中国にいる自分の両親のところへ連れて行った」などと供述している。
 逮捕容疑は8日午後2時ごろ、静岡市の妻の実家から無断で長男を連れ出し、その後国外に連れ去ったとしている。
 同署によると、翁容疑者は妻、長男と蕨市で3人で生活していたが、夫婦仲が悪化し、11月中旬から妻が長男を連れて静岡市の実家に帰っていた。今月8日に翁容疑者が妻の実家を訪れ、妻や妻の母親が外出した隙に長男を連れ出し、羽田空港から飛行機で国外まで連れ去ったという。
https://www.sankei.com/affairs/news/181224/afr1812240004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»女性刺し現金奪ったか、フィリピン国籍の男逮捕(24日)TBS

茨城県筑西市でフィリピン国籍の男が民家に押し入り、この家に住む女性を包丁で刺すなどして現金を奪ったとして逮捕されました。女性は軽傷です。
 逮捕されたのはフィリピン国籍で無職のペロン・ジムエル・イト容疑者(31)です。
 ペロン容疑者は23日午後3時ごろ、筑西市布川にある民家に押し入り、この家に住む43歳の女性の首を包丁で刺したり、顔を殴ったりしたうえ、「金を出せ」と脅して現金9万7000円を奪った疑いがもたれています。女性は軽傷だということです。
 ペロン容疑者は現場から逃走しましたが、被害者の女性とは顔見知りで、すぐに逮捕されました。取り調べに対し、殺意はなかったと容疑を一部否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3557328.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»スタンガンで襲われ男性けが 池袋駅(24日)TBS

24日正午すぎ、東京メトロ有楽町線・池袋駅の改札前の通路で30代の男性が男にスタンガンで襲われ、けがをしました。
 24日正午すぎ、東京メトロ有楽町線・池袋駅の改札前の通路で「スタンガンで撃たれ、うずくまっている人がいる」と110番通報がありました。
 警視庁などによりますと、30代の男性が男にスタンガンで襲われ、けがをしていて、救急車で病院に運ばれたということです。男はその場で身柄を確保され、暴行の疑いで現行犯逮捕されました。
 2人に面識はないということですが、直前に、口論をして殴り合っていたということで、警視庁は当時の状況を詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3557332.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察署内で液体まいた男、ライター取り出し逮捕(24日)読売

愛知県警津島署(津島市)に油のような液体をまいて火をつけようとしたとして、同署は24日未明、住所・職業不詳の男(50)を現住建造物等放火未遂容疑で現行犯逮捕した。男は黙秘しているという。
 発表によると、男は23日午後11時50分頃、同署1階の受付前で、ペットボトル(1・5リットル)から油のような液体をまき、ライターを取り出した疑い。男が玄関から入った後、無言で床にしゃがみ込んだため、不審に思った署員が声をかけようとしたところ、液体をまいてライターを手にしたという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181224-OYT1T50022.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

下車して男性転倒、動いた車の下敷きになり死亡(24日)読売

 23日午前1時45分頃、北海道苫小牧市三光町2で、同市泉町2、新聞配達員中泉志宣さん(73)が自分の車の下敷きになり、顔などを強く打って運ばれた病院で死亡した。
 苫小牧署の発表によると、中泉さんは乗用車をバックさせて一般住宅の敷地に入り、外壁に衝突。下車して転倒し、前進してきた車の下敷きになった。後部座席の妻(58)にけがはなかった。ギアはニュートラルの状態だったという。
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20181224-OYT1T50012.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

レンタルDVD店に強盗現金奪う(24日)NHK

24日朝、埼玉県越谷市のDVDなどのレンタル店に刃物を持った男が押し入り、現金12万円余りを奪って逃走しました。
警察は強盗事件として男の行方を捜査しています。

24日午前4時40分ごろ、越谷市大里の「ステップゲオ越谷店」に男が押し入り、レジカウンターで売上金の集計作業をしていた店員の40代の男性に、包丁のような刃物を突きつけて無言で脅し、レジにあった現金およそ12万5000円を奪って逃走しました。
警察によりますと、当時店内に客はおらず、2人の店員にけがはなかったということです。
警察によりますと、逃げた男は年齢が20代から30代くらい、身長が1メートル70センチくらいの小太りの体型で、黒いダウンジャケットと長ズボンに、黒いキャップ帽と白いマスクを身につけていたということです。
警察は、強盗事件として逃げた男の行方を捜査しています。
現場は、東武伊勢崎線の大袋駅から800メートルほど南東の住宅街の中にあります。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181224/0023028.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺多発船橋でフォーラム(24日)NHK

振り込め詐欺など特殊詐欺の被害が多発している千葉県船橋市で、高齢者らを対象にした対策フォーラムが開かれ、警察官などが詐欺の被害にあわないよう注意を呼びかけました。

これは地元の警察署と船橋市が主催したもので、船橋市内の公民館には高齢者などおよそ200人が集まりました。
はじめに、千葉県警・生活安全総務課の平田惠二課長が、警察官などを名乗る人物が高齢者の自宅を訪れてキャッシュカードをだまし取る手口が去年から多発していることを紹介し、「電話から1時間でカードを取りに来るケースもある。留守番電話にしておくことが一番の対策です」などと呼びかけました。
また、息子を名乗る男からの電話で被害にあいそうになったという千葉市の古川恵美子さん(72)が体験談を語り、息子など本人の携帯電話に連絡して確認することや、本人以外にはお金を絶対に渡さないことが大切だと訴えました。
古川さんは「『会社の金を無くした』と聞き慌ててしまいました。親心につけ込む犯人は絶対に許せません」と話していました。
参加した77歳の男性は「電話でお金やカードの話をされたら、会話を続けないことが何より重要だと分かりました」と話していました。
 https://www3.nhk.or.jp/lnews/chiba/20181222/1080004537.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ヤフオクでウミガメはく製出品容疑、男を書類送検 茨城(24日)朝日

国内で取引が禁止されているウミガメの剝製(はくせい)をインターネットのオークションサイトに出品したとして、茨城県警が先月下旬、取手市の20代男性を種の保存法違反の疑いで書類送検していたことが、関係者への取材でわかった。ただ、出品の経緯を特定することは難しく、取り締まりには限界があるのが現状だ。
 関係者によると、送検容疑は2017年1月下旬~2月上旬ごろ、環境大臣の登録を受けずに、ウミガメの剝製(はくせい)を競売サイト「ヤフオク!」に出したというもの。長野県の環境NGO「LIA」が「【鼈甲】ウミガメ 剝製 甲長44センチ」との題名で3千円で出品されていたのを発見し、17年10月に刑事告発していた。
 ウミガメの剝製は多数ネット上に出回っている。記者が今月上旬、ヤフオクで検索すると、約20点の出品が確認できた。出品や取引について、法的な問題はないのか。
 環境省によると、ウミガメは絶滅の恐れのある「国際希少野生動植物種」として、種の保存法で譲渡や商取引が原則的に禁止されている。ただし、所有者が国に個体登録していれば、譲渡や売買が例外的に認められる。このため、オークションサイトに出品されているもの全てが違法とは言い切れないという。
 また、同法には、個体登録を受けていなくても取引が認められる「除外規定」がある。たとえば、漁業法などに基づいて調査のために捕獲された場合などは個体登録をしなくても売買や譲渡ができる。
 同省では、職員が違法な取引がないかを監視し、個体登録されていないなどの疑いがある場合は、オークションサイトの運営者に情報提供したり、出品取り消しを求めたりしている。悪質な場合は警察に相談することもある。環境省の担当者は「数値をとっておらず、多いか少ないかは言えないが、未登録の出品があるのは事実」とする。ただ、除外規定に基づく捕獲かまでを確認するのは限界があるという。
 捜査する県警側としても、実際にウミガメがどこで捕獲されたものなのかを特定できなければ、刑事処分を科すまでには至らない。捜査関係者は「骨董(こっとう)品店やオークションサイトで入手したり、譲渡主が亡くなったりしていた場合、捕獲の経緯が分からないことが多い」と打ち明ける。
 LIAは2017年以降、ウミガメの剝製の売買について、全国の警察に約270件の刑事告発をしたが、実際に摘発されたのは約50件で、いずれも不起訴処分となっているという。担当者は「刑事処分につながらないから、一般の人にウミガメの違法な売買の実態が知られていないのではないか」と指摘する。
 オークションを運営するヤフーの担当者は「判断に迷うような出品があった場合は、関係省庁などに問い合わせている。法令違反と判断できた出品については、削除などの措置をしている」と説明している。(笹山大志)
https://www.asahi.com/articles/ASLDK44GGLDKUJHB00B.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

平成最後の一般参賀、最多8万2850人(24日)読売

天皇陛下の85歳の誕生日を祝う一般参賀が23日、皇居で行われた。在位中最後となる天皇誕生日で、参賀者は平成最多だった昨年を約3万人上回る8万2850人に上った。今の皇居・宮殿で行われるようになった1969年以降でも最多の人出となった。
 小雨がぱらつく中、陛下は午前中に3回、皇后さま、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻と長女眞子さま、次女佳子さまとともに宮殿・長和殿のベランダに立ち、お言葉を述べられた。
 陛下は、今年も各地で自然災害が相次いだことに触れ、「家族や親しい人を失い、いまも不自由な生活を送っている人々のことを深く案じています」と気遣われた。最後に「来る年が皆さんにとり、明るい良い年となるよう願っています」と笑顔で手を振られた。
 午後には、宮殿で三権の長や閣僚らを招いた祝賀行事も開かれた。皇居前には朝から長い列ができ、午前中に皇居に入れず、記帳だけをして帰る人もいた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181223-OYT1T50023.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

入居一時金26億円不明に=老人ホーム運営の未来設計(24日)時事

首都圏で有料老人ホーム「未来倶楽部」など37施設を運営する未来設計(東京都中央区)で、入居者から預かった入居一時金のうち、約26億円がなくなっていたことが23日、分かった。遺族への返金が滞るなどの影響が出ており、未来設計を傘下に収めた同業の創生事業団(福岡市)は詐欺容疑で警視庁に告訴状を提出した。

逃亡の男、フィリピンで拘束=地面師詐欺を主導-日本に移送し逮捕へ・警視庁

 創生事業団によると、公認会計士に依頼して未来設計の財務状況を調べたところ、4月末時点で約38億5000万円あるはずの一時金が帳簿上、12億円余りしか確認できなかった。
 未来設計では240万~1000万円の入居一時金を最初に払えば終身の入居が約束される。本来は想定居住期間(60~84カ月)内で分割して月々の売上高に計上するが、一括して計上していたという。
 未来設計は8月末時点で約27億円の債務超過に陥り、介護報酬が入る口座の一部が凍結された。想定居住期間より早く亡くなるなどした場合は残った一時金が遺族に返還されるが、すぐに返還できないケースが出ている。
 創生事業団は9月、架空の財務諸表に基づいて買収契約を結ばされたとして告訴状を提出。今月には未来設計の創業者らに損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122300330&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

空港バスにはねられ女性死亡 東京・足立、運転手を逮捕(24日)産経

23日午後7時20分ごろ、東京都足立区千住の交差点で、横断歩道を渡っていた70代ぐらいの女性が、左折してきた京浜急行バスの空港バスにはねられ、搬送先の病院で死亡が確認された。警視庁千住署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で運転していた川崎市川崎区鋼管通、山中和行容疑者(58)を現行犯逮捕した。
 同署によると、バスには乗客7人がいたが、けがはなかった。羽田空港に向かう途中で、北千住駅を出発したばかりだった。乗客の男性が110番通報した。同署は容疑を過失致死に切り替え、詳しい状況を調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/181224/afr1812240001-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京航空局職員、停職12月 不正な業務処理繰り返す (24日)日経

国土交通省東京航空局は23日までに、空港以外の「場外離着陸場」での航空機の離着陸を巡り、決裁を取らずに許可を出すなど233件の不正な業務処理をしたことが判明した30代の女性職員を、停職12カ月の懲戒処分にした。近く退職する意向という。不正の理由を「処理件数が多かった」と説明している。
また不正を放置したとして、上司2人が監督責任を問い戒告と減給の懲戒処分になった。
 東京航空局は11月、行政文書の点検作業で、職員が昨年から今年にかけて、不正処理していたことが発覚したと公表した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39319280T21C18A2CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

ハッカー大会、東大チームが優勝 国内最大「SECCON」(24日)共同

情報セキュリティーの知識や技術を競う国内最大のハッカー大会「SECCON(セクコン)」の決勝大会が22~23日、東京都内で開かれ、東京大のコンピューターサークルのチーム「TSG」が優勝した。
 セクコンは2014年度に国際大会になって以来、4年連続で韓国のチームが制覇しており、日本勢の優勝は初めて。今回は日本を含む世界6カ国の15チームが出場。4人一組で、運営側が準備した難しい問題に挑戦した。
 セクコンはNPO法人日本ネットワークセキュリティ協会が主催。10月にあったオンライン予選には、80カ国の約1400チームが出場した。
https://this.kiji.is/449495478237676641?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

自動運転の車にサイバー攻撃 捜査手法を研究へ 警察庁(24日)NHK

サイバー攻撃によるハッキングなど、今後実用化される見通しの自動運転の車をめぐる新たな犯罪に対処するため、警察庁は、捜査手法の確立に向けた研究を始めることになりました。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181224/k10011758131000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

政府は2020年をめどに、自動運転の5つの…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»政府、「再犯防止推進白書」を閣議決定(24日)TBS

 政府は刑に服した人などの現状を分析した「再犯防止推進白書」を閣議決定しました。「再犯防止」をテーマにした白書の作成は初めてです。
 今回、法務省が初めて作成した「再犯防止推進白書」の表紙は、吉本興業のお笑い芸人・鉄拳さんが担当し、非行に走った少年が地域の人に支えられ、更生していく様子が描かれています。
 白書では、少年院を退院した人や刑に服した人の現状を分析したほか、法務省などが進めるさまざまな再犯防止策を紹介しています。
 吉本興業はこれまで法務省が進める再犯防止の取り組みに協力していて、法務省は今回も「より多くの人に白書を手にとってもらい、現状を知ってもらいたい」と、吉本興業に協力を要請したということです。
 白書は来年1月に全国の書店で販売される予定で、山下貴司法務大臣は、「温かみのある表紙をきっかけに取り組みを知ってもらいたい」と話しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3556934.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»仙台空港が一時閉鎖、小型機が滑走路を外れる(24日)TBS

23日、仙台空港で小型のプロペラ機が着陸後に滑走路を外れて停止しました。仙台空港は2時間半にわたり滑走路を閉鎖し、あわせて28便が欠航しました。
 23日午後3時50分ごろ、仙台空港に着陸した小型のプロペラ機が途中から滑走路を外れて停止しました。
 この小型機は整備のため新千歳空港から仙台空港に来たもので、乗っていた外国人の男性パイロット(36)にけがはありませんでした。
 このトラブルで仙台空港は2時間半にわたり滑走路を閉鎖し、離着陸便あわせて28便が欠航したほか、到着予定の5便が別の空港に着陸しました。
 「子どもが風邪気味なので、早く帰りたい」(関空便が欠航〔大阪〕)
 「あしたバイトあったので、やばいなって思っています」(小松便が欠航〔石川県〕)
 仙台空港は24日以降、操縦していた男性から話を聞くことにしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3556932.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月23日 | トップページ | 2018年12月25日 »