« 2018年12月17日 | トップページ | 2018年12月19日 »

2018年12月18日

2018年12月18日 (火)

給食に長さ7ミリガラス片、吐き出した生徒けが(18日)読売

 愛媛県八幡浜市教委は17日、市立学校で出された給食にガラス片が混入し、誤って食べた生徒が口を切るけがをしたことを明らかにした。詳細については18日に記者会見を開いて説明するという。
 市教委によると、ガラス片は14日の学校給食に交じり、長さ7ミリあったという。生徒は異物に気づいたが、吐き出した際に口を切ったという。出血は少量ですぐに止まったため、学校側は病院を受診させなかったという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181217-OYT1T50113.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽造ビール券密輸で無罪、水戸 中国籍の男性に(18日)西日本

偽造ビール券1639枚を中国から密輸しようとしたとして、偽造有価証券輸入と関税法違反の罪に問われた中国籍の男性に、水戸地裁は18日、無罪判決を言い渡した。寺沢真由美裁判長は「ビール券が偽造されたものだと認識していたと認定するには合理的疑いが残る」と判断した。検察側の求刑は懲役3年だった。
 男性は昨年12月12日、中国で友人から預かった偽造ビール券を航空機で茨城空港に持ち込んだとして起訴されていた。
 検察側は、中国ではビール券が製造されておらず、本来入手できないことを男性が知っており、偽造されたものかもしれないとの認識を持っていたと主張していた。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/473968/

| コメント (0) | トラックバック (0)

辺野古工事、重機に接着剤=器物損壊容疑で県警捜査-沖縄防衛局(18日)時事

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、埋め立て工事の土砂搬出に使用する重機の鍵穴が接着剤でふさがれる被害が相次いでいることが18日、防衛省沖縄防衛局への取材で分かった。県警名護署は器物損壊容疑で捜査を始めた。
 同局によると、土砂運搬船への積み込み作業を行う名護市内の民間業者の敷地内などで18日午前、ショベルカーやダンプカーの鍵穴が接着剤でふさがれているのが確認された。土砂投入が始まった14日には、移設先の米軍キャンプ・シュワブ内でも同様の被害が確認されたという。
 防衛局は「犯罪行為に対し、厳正に対処していく」とのコメントを出した。(2018/12/18-20:14) https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121805262&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤ外れ事故3人不起訴 名古屋地検豊橋支部(18日)産経

愛知県蒲郡市の国道で6月、走行中のトラックのタイヤが外れて対向車に衝突した事故で、名古屋地検豊橋支部は18日、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで書類送検された和歌山市の運送会社の男性運転手(44)を不起訴処分とした。
 車両の整備を怠ったなどとして業務上過失傷害の疑いで書類送検された同社運行管理者の男性(43)と、整備管理者の男性(29)も不起訴処分とした。地検は理由を明らかにしていない。
 事故は6月24日に発生。蒲郡市の国道23号で、後輪のタイヤ2本が外れて1本が対向の乗用車に当たり、運転していた男性が頭に軽傷を負った。タイヤを固定していたボルト8本が全て折れていた。
https://www.sankei.com/affairs/news/181218/afr1812180035-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スプレー120本同時噴射 札幌爆発、可燃性認識なく(18日)日経

札幌市豊平区の爆発事故で、発生元とされる不動産仲介「アパマンショップ平岸駅前店」の男性店長が「爆発直前に消臭スプレー缶120本の中身を同時に噴射した。可燃性という認識はなかった」との話をしていることが18日、分かった。北海道警は、店内で急速にガスが充満し、爆発に至った可能性があるとみて調べる。
 店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」(札幌市)の佐藤大生社長が同社で記者会見し、明らかにした。
 佐藤社長は「スプレーの廃棄処理が原因で爆発したと警察から聞いている」と説明した。18日に店を改装する予定で、店内にあった新品のスプレー160本のうち、120本を廃棄しようとしたという。在庫は通常50~60本で、佐藤社長は「120本を一度に処分することは考えられない」と語った。
 店ではスプレーを使った消臭サービスを顧客と契約しながら、実施していないケースがあったという。佐藤社長は、サービスの未実施がスプレー大量廃棄の一因になったとの見方を示した。
 スプレーの販売会社などによると、缶を床に置いて噴射するタイプで、ボタンを押すと約4分間にわたり中身が出続けるという。道警によると、爆発当時、アパマンショップのドアや窓は閉め切られていたとみられる。
 爆発は16日午後8時半ごろ、アパマンショップが入居する木造2階建ての「酒井ビル」で発生した。捜査関係者によると、店は1階と2階が外階段でつながっていたため、各階の室内が隔てられ、ガスの密度が高くなりやすい構造だった。
 アパマンショップリーシング北海道の親会社APAMANによると、従業員はスプレー缶の廃棄処理後、湯沸かし器をつけると爆発が起きたと説明していた。爆発から建物が炎上するまで10分ほど時間が空いていたことも、目撃者らの話で判明している。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39089050Y8A211C1CZ8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

元日興社員らにインサイダー容疑 監視委が大阪地検に告発(18日)共同

証券取引等監視委員会は18日、公表前の株式公開買い付け(TOB)情報でインサイダー取引をしたとして、金融商品取引法違反の疑いで、元SMBC日興証券社員の無職鈴木直也容疑者(30)=奈良県=と知人の無職山脇達也容疑者(31)=大阪府=を大阪地検特捜部に告発した。
 告発容疑は、鈴木容疑者は、オフィス家具大手イトーキが2016年8月に発表した子会社ダルトンへのTOBについて発表前の16年7月、山脇容疑者に利益を得させる目的で伝達。山脇容疑者は8月にかけて計29万6千株を約5300万円で買い付けた疑い。
https://this.kiji.is/447711218921882721?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

整髪用のスプレー缶が爆発 女性が負傷 名古屋(18日)NHK

18日午後、名古屋市名東区の市営住宅の部屋で整髪用のスプレー缶が爆発し、この部屋の女性が軽いけがをしました。当時、スプレー缶はヒーターの前に置いてあったということで、消防は、スプレー缶が破裂して中のガスに引火したとみて調べています。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181218/k10011751631000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_006

18日午後1時半ごろ、名古屋市名東区引山の…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»防犯カメラで容疑者浮上、元運転手の男を逮捕(18日)TBS

千葉県佐倉市の高層マンションで日本語学校経営者の男性が殺害された事件で、容疑者が逮捕されました。会見が行われた警察署前から報告です。
 男の逮捕を受け、警察は佐倉署で午後6時から会見を行い、逮捕したのは、佐倉市に住む無職・高野和彦容疑者(54)と明らかにしました。
 高野容疑者が捜査線上に浮上したきっかけは、マンションの防犯カメラでした。高野容疑者は先月23日から25日の間に、佐倉市の高層マンション最上階に住む日本語学校経営・岩井二郎さん(75)の頭を殴るなどして殺害したうえ、現金およそ20万円を奪ったとして、強盗殺人の疑いで逮捕されました。高野容疑者は事件後に吐血し、現場近くの病院に入院していたということですが、警察は18日、退院したところで任意同行を求め、午後2時すぎに佐倉署の中で逮捕しました。
 高野容疑者は岩井さんの元運転手でマンションに出入りする姿が防犯カメラに写っていたということですが、取り調べに対し、「身に覚えがない」と容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3552370.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(18、19日 単位・レベル)
由々しき事態である
【治安うんちく】
   
         
2009_1228_222559212F1014374 ハロウィーン前の10月28日に東京・渋谷のセンター街路上で埼玉県川口市のとび職の少年(17)ら4人が、歩いていた35歳の会社員ら2人に因縁をつけて顔や胸を殴るなどして骨折させた容疑で警視庁に逮捕されたことが18日分かった。
 少年は「けんかやナンパをしようと渋谷に来た。ハロウィーンなら警察も手が回らず、捕まらないと思った」などと供述しているという。昭和の時代の〝おやじ狩り〟を思いだす。
 先月末の話しになるが、福島県の17歳の男子高校生が、埼玉県川越市に住む86歳の男性宅を訪れて、息子の知人になりすまして現金600万円をだまし取ったとして逮捕されるなど、今年は凶悪犯や粗暴犯、知能犯少年の検挙者が増えている。
 警察庁によると今年11月現在の刑法犯少年の検挙人員は2万1624人で前年より2855人も減少した。
 全体的には減っているが凶悪犯は24人増えて検挙者数は439人になった。内訳は強制性交が実に41人も増加して132人になっている。
 さらに粗暴犯は48人増の3336人。要因は暴行が59人も増えて934人になったことだ。
 また知能犯に至っては266人も増えて1080人が検挙されている。深刻な状況にある詐欺が270人増の992人になったのが大きな要因。
 しかし、全体的に減少しているのは窃盗犯が1万2090人も検挙しているものの前年より2161人も減ったのが要因。
 刑法犯だけではない。兵庫県姫路市の中学3年の女子生徒(14)が、静岡県伊豆市の無職の女(40)に大麻約1.15グラムを自宅に送らせたとして逮捕されるなど、低年齢化に加えて犯罪そのものも多様化している。しかも、1日あたりに換算すると65人が日本のどこかで検挙されている。由々しき事態ですね。
  首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 
thunder 詐欺天国ニッポンthunder

大阪の振り込め詐欺コマーシャル


https://www.youtube.com/watch?v=0erMfQ80Jno 

【警視庁メール】
またもでました新手口
電話で銀行員を名乗り「キャッシュカードのデザインが新しく変更になります」。さらに「本社は千代田区にあるので近くの職員がキャッシュカードを受け取りに行く」という。そしてカード情報を聞き出して受け取りにきて被害に遭うという。これは田無警察が警報を発したもの。

★住吉会系事務所を家宅捜索 特殊詐欺に組織的関与か(17日)共同
★セブン店員、女性客の通話代わり詰問…詐欺防ぐ(16日)読売
★架空請求はがき、アプリで見破る さいたま市の弁護士ら開発(12日)共同
★国際ロマンス詐欺にご用心 「米軍人」名乗り女性狙う (13日)日経
★「銀行員のマエザワ」の電話にご注意 還付金詐欺相次ぐ(13日)朝日
★コンサートチケットの購入持ちかけ現金詐取、女を逮捕(13日)TBS
★「中身知らない」詐欺受け子、最高裁が逆転有罪(12日)読売
★スーツ姿で「受け子」 詐欺容疑で高2男子生徒を逮捕(12日)産経
★詐欺で940万円だまし取られる、埼玉・上里(10日)産経
★警官名乗り「偽札か調べる」…800万円詐取(9日)読売
★元劇団四季の警察官、詐欺被害防止の啓発ソング(7日)読売
★カードすり替え窃盗が急増 封筒使う新手口、注意を(6日)共同
★大阪の警官、特殊詐欺見抜けず 「息子」と電話でやりとり(4日)西日本
★高齢者に振り込め詐欺防犯講座(5日)NHK
★元JTB子会社の男再逮捕 外貨両替で4千万詐取疑い(5日)産経
★垂れ幕で「詐欺警戒を」 特別警報時に洛和会施設=京都(2日)読売
★愛之助さん“特殊詐欺に注意を”(2日)NHK
★杉良太郎さんら オレオレ詐欺対策協力へ、警察庁が正式に依頼(1日)TBS
★特殊詐欺加担防止へ 高校生に防犯教室=神奈川
★現金詐取容疑グループが役割分担 交渉や書類作成(29日)共同
★カード使い780万円詐欺被害(28日)NHK福島
★偽「裁判所」はがき、各地で被害 100万円振り込み(24日)共同
★“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS
★ビジネス装うメール詐欺、日本企業も標的に (22日)日経
★架空の「循環取引」で1億円詐取か、食品卸販売会社元役員を逮捕(22日)TBS
★Amazonギフト券 7500万円分詐取か、2人を逮捕(22日)TBS
★偽電話詐欺2150万円被害 福岡県大木町の女性(21日)西日本

| コメント (0) | トラックバック (0)

幅寄せや割り込み…約1キロにわたりあおり運転 20歳男送検(18日)産経

約1キロにわたってあおり運転をしたとして、大阪府警東住吉署は18日、暴行容疑で、大阪府柏原市大正、会社員の男(20)を書類送検した。同署によると、あおり運転を受けた男性がスマートフォンで一連の危険行為を撮影していたことが立件につながったといい、男は「スマホで撮影されて嫌がらせと思って腹が立った」と容疑を認めている。
 送検容疑は今年7月1日午前4時50分ごろ、大阪市東住吉区の国道25号で軽乗用車を運転中、奈良県の男性(34)が運転する乗用車に対して、幅寄せやパッシング、割り込みなどを約1キロにわたって繰り返したとしている。車の接触はなく、けが人はなかった。
同署によると、現場は片側2車線で、男性が信号待ちしていたところ、男が追い越し車線から割り込んだことがきっかけであおり運転が始まった。幅寄せなどの行為は約3分間で、最短で約20センチまで接近していた。男性がスマホであおり運転の様子を撮影し続けたところ、男らは立ち去ったという。
 男性が同月13日に府警に相談し、同署がスマホの動画を解析するなどして捜査を進めていた。https://www.sankei.com/affairs/news/181218/afr1812180023-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

石川・輪島の海岸に木造船 北朝鮮からか(18日)産経

18日午前7時20分ごろ、石川県輪島市町野町大川の海岸で、木造船が漂着しているのを住民が見つけた。船尾にハングルが書かれており、七尾海上保安部は北朝鮮の船の可能性があるとみて調べている。
 同保安部によると、船は長さ約8・8メートル、幅約2・3メートル。遺体や遺留物はなかった。https://www.sankei.com/politics/news/181218/plt1812180014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

厚労省 児童相談所の体制を強化 専門職2900人余増員へ(18日)NHK

東京 目黒区で5歳の女の子が両親から虐待を受けて死亡した事件を受け、厚生労働省は専門職の増員など児童相談所の体制を強化する来年度から4年間の計画をまとめました。
東京 目黒区の事件を受けて、政府は児童相談所の体制を強化する緊急対策をことし7月にまとめていて、厚生労働省は、これに基づいた来年度から4年間の詳しい計画を18日にまとめました。
計画では、児童相談所の専門職を合わせておよそ2900人増員するとしています。
 このうち、子どもや保護者への指導や里親支援などに当たる児童福祉司は2020人程度、子どものカウンセリングを行う児童心理司は790人程度、健康や発達の支援を行う保健師は70人程度増員する計画です。また、市町村の体制強化も図るため、「子ども家庭総合支援拠点」をすべての市町村に設けるとしています。
 「子ども家庭総合支援拠点」は、子どもや家庭、妊婦などを支援するため、虐待に関する情報収集を進め、児童相談所や医療機関との連絡調整に当たりますが、現在、設置しているのは一部の市町村にとどまっています。厚生労働省によりますと、昨年度、児童相談所が対応した虐待の件数は13万件余りにのぼり、過去最多となっています。
 根本厚生労働大臣は「児童相談所と市町村両方の体制を強化し、地域社会全体で子どもの命を守りたい」と述べています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181218/k10011751231000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_003

| コメント (0) | トラックバック (0)

»千葉・高層マンション強盗殺人、元運転手の50代男を逮捕(18日)TBS

先月、千葉県佐倉市の高層マンションの最上階の一室で、この部屋に住む日本語学校経営者の男性が殺害されているのがみつかった事件で、警察は18日午後、岩井さんの部下だった50代の男を強盗殺人容疑で逮捕しました。
 この事件は先月25日、佐倉市ユーカリが丘にある29階建てマンションの最上階の一室で、この部屋に住む日本語学校経営者の岩井二郎さん(75)が頭から血を流し殺害されているのがみつかったものです。
 現場のマンションはオートロック式で、警察は岩井さんと面識のある人物の犯行である可能性があるとみて捜査を続けていましたが、岩井さんが経営する会社で岩井さんの運転手を務めていた50代の男が事件に関わった疑いが強まったとして、18日、逮捕しました。
 警察は、2人の間にトラブルがあったとみて、詳しいいきさつを調べています。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3552083.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»積水ハウス 地面師事件、新たに49歳の男を逮捕(18日)TBS

「積水ハウス」が土地の取引をめぐり「地面師」グループに63億円をだまし取られた事件で、49歳の男が新たに逮捕され、事件の逮捕者はあわせて16人となりました。
 逮捕されたのは神奈川県座間市の木下賢容疑者(49)で、去年6月、東京・品川区の旅館跡地を不正に登記しようとした疑いが持たれています。
 木下容疑者は、地面師グループが積水ハウスに旅館跡地の購入を持ちかけ、63億円の代金をだまし取った際、旅館の女将になりすました羽毛田正美被告(63)に偽造したパスポートなどを用意したということですが、取り調べに対し容疑を否認しています。
 この事件の逮捕者は16人となり、警視庁は、海外に逃亡した主犯格のカミンスカス操容疑者の行方を追っています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3552082.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカーが自転車はね男性骨折 兵庫・たつの(18日)西日本

17日午後8時10分ごろ、兵庫県たつの市新宮町の国道交差点で、県警たつの署の男性巡査部長(54)が運転するミニパトカーが、自転車に乗っていた近所の無職男性(58)をはねた。自転車の男性は病院に搬送され、膝の骨を折るなどの重傷。
 たつの署によると、巡査部長は勤務している交番に、別の交番での業務を終えて戻る途中だった。青信号を右折したミニパトカーが、右側から横断歩道を走行していた自転車に衝突。巡査部長は「自転車に気付かなかった」と話しており、同署は巡査部長の不注意が原因とみて状況を調べている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/473822/

| コメント (0) | トラックバック (0)

迫撃砲弾落下、発射方角誤る 通報遅れも、陸上幕僚長が謝罪(18日)西日本

陸上自衛隊は18日、饗庭野演習場(滋賀県高島市)から発射された81ミリ迫撃砲弾が隣接する国道付近に落下、民間の乗用車を破損した11月の事故で、射撃実施部隊の分隊長が誤った方角を指示し、射場指揮官が安全管理義務を怠るなど、複数の原因が重なったとする調査結果を公表した。連絡体制が不十分だったため、市長への通報が遅れたとも説明した。

 山崎幸二陸上幕僚長は同日、防衛省で記者団の取材に「被害に遭われた方に心からおわび申し上げる。関係する自治体への通報が遅れたことについても遺憾に思っている」と陳謝した。https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/473849/

| コメント (0) | トラックバック (0)

ハロウィーンの渋谷で傷害容疑=通行人に、少年4人逮捕-警視庁(18日)時事

ハロウィーン前の週末に東京・渋谷のセンター街で通行人に暴行し、けがをさせたとして、警視庁少年事件課などは18日までに、傷害容疑で埼玉県川口市のとび職の少年(17)ら少年4人を逮捕した。うち3人は容疑を認め、「けんかやナンパをしようと渋谷に来た。ハロウィーンなら警察も手が回らず、捕まらないと思った」などと供述しているという。
 逮捕容疑は10月28日午前6時10分ごろ、東京都渋谷区宇田川町の路上で、江戸川区の男性会社員(35)ら2人に因縁を付け、顔や胸を殴るなどして骨折させた疑い。
 同課によると、28日は日曜日で、渋谷は前日夜からハロウィーンを楽しむ若者で混雑していた。男性2人は仮装した知人女性と偶然会い、話していたところを少年らに絡まれた。暴行を受けたため近くの交番に駆け込み、駆け付けた警察官が少年らから事情聴取するなど裏付けを進めていた。https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121803510&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

マンションで女性死亡 夫婦無理心中か 京都・上賀茂(18日)産経

17日午後9時15分ごろ、京都市北区上賀茂石計町(いしかずちょう)の集合住宅の一室で、「家内が死んでいる」と男性から110番があった。京都府警北署員が駆けつけたところ、住人でいずれも職業不詳、奈須夏子さん(30)と夫の一起(かずき)さん(30)が寝室で血を流して倒れているのが見つかり、夏子さんは搬送先の病院で死亡が確認された。一起さんも首や足にけがをしており、重傷とみられる。
 府警によると、夏子さんには複数の刺し傷があった。室内には血のついた包丁が落ちていたが、第三者が侵入した形跡は見当たらないという。同署は無理心中の可能性もあるとみて、一起さんの容体の回復を待って詳しい事情を聴く方針。
https://www.sankei.com/affairs/news/181218/afr1812180011-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

酔客も我が身も守る 駅員への暴力、対策に知恵 (18日)日経

帰宅する乗客で混雑する京王井の頭線の渋谷駅ホーム。10月、酔っ払って大声で叫ぶ60代の男性を駅員が落ち着かせようとすると、男性は突然、駅員の腕にかみついた。駆け付けた警察が男性を連行したが、駅員は全治5日の負傷だった。
 国土交通省の調査によると、鉄道係員への暴力行為は2016年度で825件。このうち6割にあたる504件が酔客によるものだ。13年度以降、毎年500件前後が確認されている。
 「脇を締…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39069390Y8A211C1SHJ000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

»乗用車など10台前後が絡む事故、東北道下り・浦和料金所付近で(18日)TBS

18日午前、さいたま市の東北自動車道浦和料金所近くで乗用車など10台前後が絡む事故がありました。けが人が出ている可能性もあるということです。
 18日午前10時前、さいたま市緑区の東北自動車道・下りの浦和料金所付近で、「車10台前後が止まっている」と119番通報がありました。
 警察によりますと、複数か所で事故が相次ぎ、乗用車などあわせて10台前後が次々と追突したということです。けが人がいる可能性もあるということで警察や消防が確認を進めています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3552048.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

奈良県警「可搬式オービス」導入(18日)NHK

住宅地などでスピード違反の取り締まりを強化するため、奈良県警は小型で持ち運びができる自動の速度取り締まり装置を来年1月から導入することになりました。

この装置は「可搬式オービス」と呼ばれ、奈良市内の警察施設で、模擬的な取り締まりの様子が報道陣に公開されました。
オービスはスピード違反をした車を自動的に検知し、ナンバーや運転手を撮影する機能がありますがこれまでのものは大型で動かせないため、高速道路や幹線道路に固定して使われていました。
また、自動ではない従来の速度取り締まり装置には、撮影する機能がないため、一定の警察官を配置して違反した車をその場で止める必要があり、比較的大きな道でしか使えませんでした。
これに対して、新たな装置は小型で持ち運びができ、撮影する機能もついているため、住宅地の狭い道や警察官を配置しにくい深夜などに設置してスピード違反を自動的に検知し、後日、検挙できます。
この装置は全国で導入が進んでいて、奈良県警は来年1月から1基を運用します。
県警交通指導課の中谷貴志課長補佐は「主に通学路や生活道路での取り締まりに導入していきたい。ドライバーにはどこで取り締まりがされているかわからないので、安全運転を心がけてもらえるのではないか」と話していました。

https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20181218/0010792.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ソマリアで過激派62人殺害=米(18日)時事

【ワシントン時事】米アフリカ軍は17日、ソマリアでイスラム過激派アルシャバーブの拠点を空爆し、戦闘員62人を殺害したと発表した。アルシャバーブは国際テロ組織アルカイダとつながりがあるとされ、米軍はソマリア政府と連携して掃討作戦を展開している。
 米軍によると、15、16両日にそれぞれ4回と2回の精密爆撃を実施した。アルシャバーブはソマリア中部や南部で勢力を保ち、テロ攻撃の計画やテロリストの保護、人道支援物資の強奪などを行っている。(2018/12/18-06:25) https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121801922&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0) | トラックバック (0)

側溝用の金属蓋盗んだ疑い 男逮捕 大阪(18日)産経

道路の側溝用のふたを盗んだとして、大阪府警黒山署は16日、窃盗容疑で、大阪府八尾市東山本町の会社員、中養母(なかようぼ)道春容疑者(57)を逮捕した。「売却して小遣いを稼ぐために盗んだ」と容疑を認めている。
 逮捕容疑は、11月18日午後1時50分ごろ、堺市美原区木材通の路上で、側溝の金属製のふた6枚(計約11万円相当)を盗んだとしている。
 堺市内などでは、側溝のふたがなくなる被害が相次いで発生。同署によると、現場近くの防犯カメラに中養母容疑者の軽トラックが写っていたことなどから、関与が浮上したという。中養母容疑者は「9月下旬から100カ所以上でやった」と供述しており、同署は関連を調べる。
https://www.sankei.com/affairs/news/181218/afr1812180004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スプレー缶原因の火災、相次ぐ 屋内でのガス抜き危険(18日)日経

札幌市で16日、木造2階建ての建物が爆発した事故は、スプレー缶の多量のガスが屋内で充満し、引火したことで引き起こされた可能性が浮上している。
独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)によると、消臭剤や抗菌剤などのスプレー缶には噴射剤として可燃性ガスが使われており、引火する温度が低く火がつきやすい。密閉された空間では噴出したガスの圧力が高くなり、爆発が起きる可能性が高まるという。
 スプレー缶が原因の火災は冬季を中心に多く発生している。東京消防庁の管内では、スプレー缶とカセットコンロ用の燃料ボンベによる火災は2012~16年に592件発生。288人が負傷して死者も1人出ており、2件では建物が全焼した。
 原因別では、廃棄のための穴開け作業時に起きた火災が146件に上った。17年には東京都北区の住宅で、住人がスプレー缶2本と燃料ボンベ1本を廃棄しようと穴を開けたところ、台所のシンク内に可燃性ガスが滞留。ガスコンロを点火した際に引火して出火する事故が起きた。
 東京理科大の関沢愛教授(建築・都市防災)は「スプレー缶に残ったガスを抜く際は、閉め切った屋内ではせずに、屋外で行うべきだ。缶に穴を開けるのではなく、噴出ボタンを押してガスを出し切る方法が安全」と指摘。「最近は穴開けによるガス抜きをせずにゴミ出しを求める自治体も増えている。各自治体が定める方法で処分・廃棄してほしい」と呼びかけている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39067740Y8A211C1CZ8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

介護送迎車転落し4人死傷、長野 約15メートル下の雑木林に(18日)木)共同

 17日午前8時55分ごろ、長野市信更町今泉の市道で、介護施設の送迎車が道路から約15メートル下の雑木林に転落し、乗車していた施設利用者のうち、近くに住む無職青木月さよさん(87)が出血性ショックで死亡したほか、90代の男女2人が骨折や脱臼などのけがを負った。運転していたパート従業員の女性(63)も肋骨骨折とみられる。
 長野南署によると、送迎車には死傷した4人が乗っており、施設に向かう途中だった。当時、路面には凍結した部分があったといい、スリップした可能性もあるとみて詳しい原因を調べる。
 現場の市道は幅約4メートルの直線。
https://this.kiji.is/447401427578422369?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

工藤会が本部事務所閉鎖へ、福岡 売却金、襲撃事件賠償に(18日)共同

 福岡県警が頂上作戦を進めている特定危険指定暴力団工藤会が本部事務所(北九州市小倉北区)の土地・建物を売却する方向で検討していることが17日、捜査関係者らへの取材で分かった。市民への襲撃事件でトップ野村悟被告(72)らが被害者側から損害賠償を求められており、売却金を原資に充てたい意向。象徴的な建物が閉鎖すれば弱体化が進むとみられるが、県警は組員の活動は続くとして警戒を続ける。
 土地・建物の固定資産税が数年分滞納され、北九州市が買収や差し押さえなどの対応を考えている。同会側は県警などを通じて具体的な売却先を検討するとみられる。
https://this.kiji.is/447444715568268385?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

傷害事件で少年2人を誤認逮捕(18日)NHK

16日の未明、千葉県船橋市で、会社員の男性が殴られるなどしてけがをした事件を捜査していた船橋警察署の警察官が、現場付近にいた少年2人を誤ってその場で逮捕しました。
警察は誤認逮捕を認めるとともに、2人に謝罪しました。

16日の午前0時半ごろ、千葉県船橋市本町の路上で「けんかが起きている」という通報があり、船橋警察署の警察官4人が現場に駆けつけたところ、市内に住む59歳の会社員が顔や頭を殴られるなどしてけがをしていました。
警察官は近くにいた人の証言などから、現場から立ち去ろうとしていた、いずれも自称で塗装業の16歳の少年と、アルバイトの17歳の少年の合わせて2人を傷害の疑いでその場で逮捕したということです。
しかし、その後、近くにある防犯カメラの分析を進めたところ、別の男が男性を殴っていることが確認されたため、船橋警察署は誤認逮捕を認めて少年2人を16日午後4時半までに相次いで釈放しました。
船橋警察署の高橋俊行副署長は、「2人と家族に謝罪するとともに、今後は適正な捜査に努めていきたい」とコメントしています。
警察は傷害事件として、引き続き、現場から逃げた別の男の捜査を継続するとしています。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181218/0022753.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

車内に男女3遺体 練炭自殺か(18日)NHK

17日、東京・檜原村の林道で軽乗用車の車内から20代くらいの男女3人の遺体が見つかりました。
いずれも目立った外傷はなく、車内からは練炭が見つかり、警視庁は、集団で練炭を使って自殺を図ったとみて調べています。

17日午前10時50分ごろ、東京・檜原村の林道で「目張りをしている車が止まっている。車内には男女がいる」と通行人から警視庁に通報がありました。
警察官が駆けつけたところ、軽乗用車の車内から、いずれも20代くらいの女性2人と男性1人の合わせて3人の遺体が見つかりました。
身元は分かっておらず確認を進めています。
警視庁によりますと、3人にはいずれも目立った外傷はなく、車内からは練炭2個が燃やされた痕跡が見つかり、窓やドアは粘着テープで目張りがされていたということです。
警視庁は、集団で練炭を使って自殺を図ったとみて、3人の関係性や詳しいいきさつを調べています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181218/0022751.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»公園のブランコに“くぎ” 長さ約4センチ(18日)TBS

 兵庫県加古川市の公園で、ブランコの座る部分に、くぎが21本刺さっているのが見つかりました。警察は器物損壊事件として捜査しています。
 16日、加古川市平岡町一色西にある大溝川公園で、「ブランコの座るところにくぎが刺さっている」と近所の女性から警察に通報がありました。警察によりますと、公園にある4つのブランコのうち、1つの座る部分に21本のくぎが刺さっていたということです。けが人はいませんでした。
 くぎは長さおよそ4センチで、周辺にも数十本のくぎが落ちていました。また、公園の木の枝にもくぎが複数、刺さっていたということです。
 「けがをしてからでは遅いので、怒りというか・・・こわいのでやめてほしい」(公園の利用者)
 警察は器物損壊事件として、捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3551908.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»リニア談合事件 2被告が保釈、「鹿島」「大成」の元幹部(18日)TBS

リニア中央新幹線の建設工事をめぐり、大手ゼネコン4社が関与した談合事件で、起訴されていた「鹿島建設」の元専任部長と「大成建設」の元常務が保釈されました。
 保釈されたのは大手ゼネコン「鹿島建設」の元専任部長、大沢一郎被告(61)と「大成建設」の元常務、大川孝被告(68)の2人です。2人を含めた大手ゼネコン4社の担当者は、JR東海が発注するリニア中央新幹線の建設工事の入札をめぐり、事前に受注予定業者を決めるなど談合をしていたとして、独占禁止法違反の罪に問われています。
 東京地裁によりますと、2人は今月13日に保釈申請し、17日に認められたということです。大沢被告は保釈金800万円を、大川被告も保釈金1000万円を即日納付し、保釈されました。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3551917.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月17日 | トップページ | 2018年12月19日 »