« 元日興社員らにインサイダー容疑 監視委が大阪地検に告発(18日)共同 | トップページ | タイヤ外れ事故3人不起訴 名古屋地検豊橋支部(18日)産経 »

2018年12月18日 (火)

スプレー120本同時噴射 札幌爆発、可燃性認識なく(18日)日経

札幌市豊平区の爆発事故で、発生元とされる不動産仲介「アパマンショップ平岸駅前店」の男性店長が「爆発直前に消臭スプレー缶120本の中身を同時に噴射した。可燃性という認識はなかった」との話をしていることが18日、分かった。北海道警は、店内で急速にガスが充満し、爆発に至った可能性があるとみて調べる。
 店を運営する「アパマンショップリーシング北海道」(札幌市)の佐藤大生社長が同社で記者会見し、明らかにした。
 佐藤社長は「スプレーの廃棄処理が原因で爆発したと警察から聞いている」と説明した。18日に店を改装する予定で、店内にあった新品のスプレー160本のうち、120本を廃棄しようとしたという。在庫は通常50~60本で、佐藤社長は「120本を一度に処分することは考えられない」と語った。
 店ではスプレーを使った消臭サービスを顧客と契約しながら、実施していないケースがあったという。佐藤社長は、サービスの未実施がスプレー大量廃棄の一因になったとの見方を示した。
 スプレーの販売会社などによると、缶を床に置いて噴射するタイプで、ボタンを押すと約4分間にわたり中身が出続けるという。道警によると、爆発当時、アパマンショップのドアや窓は閉め切られていたとみられる。
 爆発は16日午後8時半ごろ、アパマンショップが入居する木造2階建ての「酒井ビル」で発生した。捜査関係者によると、店は1階と2階が外階段でつながっていたため、各階の室内が隔てられ、ガスの密度が高くなりやすい構造だった。
 アパマンショップリーシング北海道の親会社APAMANによると、従業員はスプレー缶の廃棄処理後、湯沸かし器をつけると爆発が起きたと説明していた。爆発から建物が炎上するまで10分ほど時間が空いていたことも、目撃者らの話で判明している。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO39089050Y8A211C1CZ8000/

« 元日興社員らにインサイダー容疑 監視委が大阪地検に告発(18日)共同 | トップページ | タイヤ外れ事故3人不起訴 名古屋地検豊橋支部(18日)産経 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67497518

この記事へのトラックバック一覧です: スプレー120本同時噴射 札幌爆発、可燃性認識なく(18日)日経:

« 元日興社員らにインサイダー容疑 監視委が大阪地検に告発(18日)共同 | トップページ | タイヤ外れ事故3人不起訴 名古屋地検豊橋支部(18日)産経 »