« 2018年12月11日 (火) | トップページ | 2018年12月13日 (木) »

2018年12月12日 (水)

2018年12月12日 (水)

ふるさと納税詐欺ご用心…46道府県で偽サイト(12日)読売

 自治体に寄付すると所得税や住民税が控除される「ふるさと納税」制度を巡り、寄付金詐欺とみられる偽サイトに、全国46道府県の自治体の返礼品が掲載されていることがわかった。福岡県

嘉麻

かま

市のふるさと納税を装ったサイトでは金銭被害が出ており、県警が詐欺容疑で捜査してい偽サイトには、民間が運営するふるさと納税サイトを模倣したり、通販サイトを装って「ふるさと納税」と明記して掲載したりするケースがある。読売新聞の調べでは、こうした偽サイトに、東京都を除く46道府県の自治体の返礼品が掲載されていた。

 偽サイトには、北海道

厚真

あつま

町のコメ、青森県

鰺ヶ沢

あじがさわ

町のリンゴジュース、沖縄県

大宜味

おおぎみ

村のシークワーサーなど各自治体の名産品の画像が並んでいる。いずれも公式サイトの写真が勝手にコピーされていた。

(ここまで410文字 / 残り835文字)る。駆け込みの寄付が増える年末を迎え、総務省は注意を呼びかけている。https://www.yomiuri.co.jp/national/20181212-OYT1T50095.html?from=ycont_top_txt

 

| コメント (0) | トラックバック (0)

日大医学部、卒業生子女を優遇 不適切指摘10校に、聖マリも(12日)西日本

文部科学省の医学部入試の緊急調査を受け、日本大は12日、東京都内で記者会見し、2016~18年の医学部一般入試で追加合格者を選ぶ際、同窓会リストを基に卒業生の子女計18人を不当に優先して入学させたと発表した。この影響で17年の入試で不合格となった8人と、18年の2人の計10人を追加合格にし、希望者は来春の入学を認める。
 聖マリアンナ医科大(川崎市)も同日、文科省から男子や現役生を優遇していた疑いについて指摘を受けたことを明らかにした。同大は指摘内容を否定している。医学部入試を巡り、文科省から「不適切」と指摘を受けた大学は計10校となった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/472515/

| コメント (0) | トラックバック (0)

猟銃許可申請書を偽造容疑=巡査長を書類送検-大分県警(12日)時事

 猟銃所持許可証の申請書を偽造したとして、大分県警は12日、豊後大野署生活安全課の20代の男性巡査長を有印公文書偽造・同行使容疑で書類送検し、同日付で減給10分の1(3カ月)の懲戒処分にしたと発表した。巡査長は「決裁を上司に上げるのが面倒だった」という趣旨の話をしているという。
 県警監察課によると、巡査長は6~9月、猟銃所持許可申請書類を署長らの決裁を受けずに作成したり、署長の決裁印を偽造して押印したりした。
 巡査長は今年度約300件の申請を処理しており、県警の調べでは送検容疑以外にも13件で不正な書類を作成していたとみられる。
 石川泰三県警本部長の話 職員に対する指導・教養を徹底し、再発防止に努めてまいります。(2018/12/12-19:36) https://www.jiji.com/jc/article?k=2018121200799&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

レジから現金盗んだ疑い 元アルバイト店員を逮捕 神奈川県警(12日)産経

 職場から現金を盗んだとして、神奈川県警海老名署は12日、窃盗容疑で同県綾瀬市大上の大学3年、鈴木蓮容疑者(21)を逮捕した。「お金を取ったことに間違いありません」などと容疑を認めている。
 逮捕容疑は10月15日午前5時50分ごろから同8時55分ごろまでの間に、当時アルバイト店員として勤務していた同県海老名市東柏ケ谷のコンビニエンスストア「ファミリーマート相鉄さがみ野駅店」のレジから、現金約3千円を盗んだとしている。
 同署によると、同時間帯に鈴木容疑者がレジの中から現金を出し入れする様子が防犯カメラに写っていた。犯行当日、現金が足りなくなっていることに気付いた店長(44)が鈴木容疑者を問いただしたが、盗んだことを否定したため同署に相談していた。

https://www.sankei.com/affairs/news/181212/afr1812120024-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

遺産の申告漏れは3523億円 国税庁、6.9%増(12日)共同

 国税庁は12日、2017事務年度(17年7月~18年6月)の相続税の調査で、遺産の申告漏れの総額は前年度比6.9%増の3523億円と発表した。海外資産の調査を強化しており、同32.5%増の70億円の申告漏れが見つかった。
 全体の調査件数は1万2576件。1万521件で違反があり、うち1504件は悪質な仮装・隠蔽があったとして重加算税が課された。追徴税額は同9.3%増の783億円。
 申告漏れがあった財産の内訳は、現金・預貯金が1183億円。有価証券527億円、土地410億円と続いた。
 また、文書や電話で修正申告などを求める「簡易な接触」の結果を初めて公表。
https://this.kiji.is/445538276485940321?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»「不登校傾向」にある中学生33万人、10人に1人(12日)TBS

1週間以上連続して学校を欠席したり保健室登校をしたりする「不登校傾向」にある中学生が、推計でおよそ33万人いると日本財団が発表しました。
 子どもの支援などに取り組む日本財団が、およそ6500人の中学生を対象に調査を行ったところ、全体の10.2%、およそ10人に1人が1週間以上連続して学校に行っていなかったり、学校に登校しても保健室に通ったりする「不登校傾向」にあることが分かったということです。推計ではおよそ33万人にのぼり、「授業がよく分からない」「テストを受けたくない」などが理由としてあげられています。
 文部科学省も毎年、学校を対象に調査を行っていますが、1年間で合計30日以上欠席した生徒を「不登校」としていて、昨年度は10万8999人の中学生が不登校となっています。
 日本財団は、「まずは各地域の実態やどのような解決策が必要かを聞き取りしていきたい」としています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3547314.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル3

首都東京体感治安(12、13日 単位・レベル)
女性警察官の増員を
【治安うんちく】

2009_1228_22521931F1014370 性暴力被害もそうだが、DVやストーカーなど女性が被害者になる事犯が多いことから、和歌山県警は女性警察官の大幅な採用増に乗り出している。平成31年度採用募集枠は31人だった。
 今、日本警察は女性警察官の人員増の傾向にある。あれは平成13年以前だったと思う。女性警察官の働く分野が拡大され、交通分野から少年補導、さらには犯罪捜査の分野でも必要性が求められ、近年はDVやストーカーに加えて卑劣なん女性に対する性犯罪など様々な分野で必要性が求められている。
 平成12年の全国の女性警察官採用試験では応募者が殺到。沖縄県警で140倍の競争率になったことがあった。
 この結果、平成15年には1万0177人だった女性警察官は同25年には1万8719人になり、男性を含めた総数の7.2%を占めた。そして同28年には8.5%である2万2119人に拡大した。
 しかし、欧米と比べるとまだまだ少ない。2012年の数字になるが、最も比率の多いのはスエーデンで29.2%もある。これにイギリスの27.3%、フランスの18.9%、ドイツの18.5%と続き、アメリカは11.9%もある。
 女性の犯罪被害者に事情を聞くのも同じ女性なら気楽に話せる場合もあるだろう。被害者対策の上でもさらなる拡大に期待したい。
 【事件】12日午後、東京・足立区の北千住駅西口付近で、女性が見知らぬ男に刃物で背中を刺される通り魔事件があった。幸い、女性の命に別条はないという。路上での事件と言えば10月に東京・渋谷区の公園や路上でいずれも40代の男性が男から相次いで暴行を受け、このうち1人が顔の骨を折る大けがをした連続傷害事件が発生している。都内だけではない。先月には川崎市のパチンコ店で現金1000万円が奪われた事件があったが、その男は東京・町田市のパチンコ店の景品交換所でも強盗事件に関与しているなど、年末になり騒々しくなってきた。間もなく年末年始特別警戒が始まるが…
 東京体感治安は「レベル3(イエロー)」とする。

 詐欺劇場 おれおれ詐欺の注意を呼びかける映像

https://www.youtube.com/watch?v=jg5_iVc97zY

「中身知らない」詐欺受け子、最高裁が逆転有罪(12日)読売
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181211-OYT1T50084.html

 「何の金か知らなかった」と言えば無罪になっていた振り込め詐欺の「受け子」―ようやくあるべき姿の判決が出た。どんな場合に詐欺の故意があったといえるかが争われた刑事裁判で11日、最高裁は「報酬を得るなどしていれば故意」との判断を示した。

★ スーツ姿で「受け子」 詐欺容疑で高2男子生徒を逮捕(12日)産経
★ふるさと納税偽サイト、海外サーバーに 県警、詐欺容疑で捜査(12日)西日本
★詐欺で940万円だまし取られる、埼玉・上里(10日)産経
★警官名乗り「偽札か調べる」…800万円詐取(9日)読売
★元劇団四季の警察官、詐欺被害防止の啓発ソング(7日)読売
★カードすり替え窃盗が急増 封筒使う新手口、注意を(6日)共同
★大阪の警官、特殊詐欺見抜けず 「息子」と電話でやりとり(4日)西日本
★高齢者に振り込め詐欺防犯講座(5日)NHK
★元JTB子会社の男再逮捕 外貨両替で4千万詐取疑い(5日)産経
★垂れ幕で「詐欺警戒を」 特別警報時に洛和会施設=京都(2日)読売
★愛之助さん“特殊詐欺に注意を”(2日)NHK
★杉良太郎さんら オレオレ詐欺対策協力へ、警察庁が正式に依頼(1日)TBS
★特殊詐欺加担防止へ 高校生に防犯教室=神奈川
★現金詐取容疑グループが役割分担 交渉や書類作成(29日)共同
★カード使い780万円詐欺被害(28日)NHK福島
★偽「裁判所」はがき、各地で被害 100万円振り込み(24日)共同
★“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS
★ビジネス装うメール詐欺、日本企業も標的に (22日)日経
★架空の「循環取引」で1億円詐取か、食品卸販売会社元役員を逮捕(22日)TBS
★Amazonギフト券 7500万円分詐取か、2人を逮捕(22日)TBS
★偽電話詐欺2150万円被害 福岡県大木町の女性(21日)西日本
★犯罪収益引き出したナイジェリア人ら逮捕、警視庁(19日)産経
★詐欺受け子の男「借金払えず、貸金業者が指示」(18日)読売

| コメント (0) | トラックバック (0)

成田空港警備隊、再編へ 人員縮小、テロ対応部隊を設置(12日)朝日

 成田空港の警備にあたっている千葉県警の成田国際空港警備隊(空警隊)について警察庁は来年度、再編成する方針を決めた。隊員を今の1500人から1千人に縮小すると同時に、銃などを使ったテロに対応する専門部隊を設置する。成田空港をめぐる情勢の変化をふまえ、隊発足から40年で初めて体制を大きく見直す。警察庁は「合理化とともに、テロ対応能力の強化を図る」と説明している。
 成田空港では1978年3月に反対派活動家らによる管制塔占拠事件が起き、開港が約2カ月延びた。これを契機に、空港の安全確保のため同年7月に空警隊を設置。約1年半後には1500人体制になった。千葉県警と全国の都道府県警から出向した警察官で構成。年間約120億円の経費は国から千葉県への補助金を中心に、国が全額負担してきた。
 空港周辺では、空港反対運動や過激派による飛翔(ひしょう)弾を使ったゲリラ事件などが続発。空警隊は集会やデモの警備のほか、飛翔弾発射を想定し、空港周辺で多数の隊員を動員して検索や警戒にあたってきた。
 しかし、飛翔弾を使ったゲリラは2008年を最後に起きていない。一方で、海外の国際空港では爆発物や銃器を使ったテロが相次いでいる。16年3月にはベルギーのブリュッセル、同年6月にはトルコのイスタンブール自爆テロなどが起き、多数の人が死傷した。
 こうした情勢の変化に加え、来年の主要20カ国・地域首脳会議G20サミット)や20年の東京五輪パラリンピックを控え、警察庁は空警隊のテロ対応能力の向上を図る。部内の配置を見直して全体の人員を減らす一方、銃や爆発物、NBC(核・生物・化学兵器)テロに対処する部隊を強化。専門的能力がより高い隊員の配置や装備資機材の充実を進める方針だ。(編集委員・吉田伸八、八木拓郎)
https://www.asahi.com/articles/ASLDD3CT6LDDUTIL00C.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

バー営業「半グレ」50人、客を監禁・他店襲撃(12日)読売

大阪・ミナミで法外な料金を請求するガールズバーを営業するグループのメンバーの男ら計50人以上が、客を監禁したり、他店の経営者を襲撃したりしたとして、大阪府警に逮捕されていたことが捜査関係者への取材でわかった。グループは、一般人と暴力団との中間的な存在の「半グレ」と呼ばれ、府警は取り締まりを強化している。
 捜査関係者によると、男らは大阪市中央区のガールズバーで、客を監禁して殴るなどして重傷を負わせ、6万円を脅し取ったほか、他のバーの経営者を襲撃する目的で金属バットを持って集まり、催涙スプレーを噴射したとして、監禁致傷や凶器準備集合両容疑などで逮捕されている。
 グループは「アビス」と呼ばれ、元暴走族のメンバーら男女約100人で構成。昨年頃からミナミなどでガールズバーの営業を始めたという。客に数十万円の代金を請求し、応じない客に暴行して所持する貴金属を奪うなどしたとして逮捕されたメンバーもいる。

(ここまで401文字 / 残り58文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181212-OYT1T50043.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

ふるさと納税偽サイト、海外サーバーに 県警、詐欺容疑で捜査(12日)西日本

ふるさと納税制度の寄付受け付けを装った偽サイトが各地で見つかった問題で、福岡県内の自治体の返礼品を無断掲載した複数の偽サイトが海外サーバーを利用していたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。県警は詐欺容疑で捜査するとともに、警察庁を通じて、ウイルス対策ソフト事業者などに、偽サイト閲覧時に警告文を表示するように要請している。
 県の調べでは、偽サイトは県内16市町村で確認。捜査関係者によると、このうち複数の偽サイトのURLを調べたところ、米国などの海外サーバーが使われており、警察庁に報告したという。
 海外サーバーを使った偽サイトは運営者の特定が難しく、摘発も困難なケースが多い。警察庁は被害を最小化するため、国内のウイルス対策ソフト事業者や米国のサイバー犯罪対策団体と連携し、偽サイトの閲覧時に安全ではないことを知らせる警告文を表示させている。
 ふるさと納税の偽サイトを巡っては、7月、嘉麻市の偽サイトを利用した女性が約7千円をだまし取られた。女性が現金を振り込んだ国内の銀行口座は、日本人とみられる名義だったという。=2018/12/12付 西日本新聞夕刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/472483/

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーツ姿で「受け子」 詐欺容疑で高2男子生徒を逮捕(12日)産経

銀行員を装って高齢者からキャッシュカードをだまし取ったとして、奈良県警奈良署は10日、詐欺の疑いで、大阪市内の高校2年の男子生徒2人=ともに(17)=を緊急逮捕した。いずれも「お金欲しさでやった」などと容疑を認めている。
 逮捕容疑は10日午前11時から午後1時ごろ、氏名不詳の仲間と共謀し、奈良市の女性(76)方に市職員をかたって電話。「医療費の還付金を振り込んだ。新しいキャッシュカードを作るために古いカードを回収する必要がある」と嘘を言い、同日午後1時ごろ、うち1人が銀行員を装い、女性方でキャッシュカード1枚をだまし取ったとしている。
  同署によると、カードを受け取る「受け子」役の男子生徒はスーツ姿で犯行に及び、その後に市内のコンビニで50万円を引き出したという。「バイクに乗った不審な2人組がいる」との通報を受け、駆けつけた同署員が職務質問。所持品から女性のキャッシュカードを見つけたため、緊急逮捕した。2人は別の高校に通う友人同士という。

https://www.sankei.com/west/news/181212/wst1812120016-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

特殊詐欺事件で住吉会系組事務所を捜索 警視庁 (12日)日経

有料動画サイトの登録料名目で電子ギフト券がだまし取られた特殊詐欺事件で、警視庁は12日、暴力団住吉会の傘下組織事務所(千葉県山武市)を詐欺容疑で家宅捜索した。捜査2課は、詐取金の一部が暴力団に流れた可能性があるとみて捜査を進める。

住吉会系暴力団の関係事務所に家宅捜索に入る警視庁の捜査員(12日午後、千葉県山武市)

住吉会系暴力団の関係事務所に家宅捜索に入る警視庁の捜査員(12日午後、千葉県山武市)

捜査2課は11月、横浜市の女性に「有料動画サイトの登録料が未払いだ」などと嘘を言い、支払いのため計25万円相当のギフト券を購入させて詐取したとして住吉会系組員の桑田敏容疑者(37)ら2人を詐欺容疑で逮捕した。
捜査関係者によると、桑田容疑者らのグループは2016年8月から18年6月にかけ、同様の手口で全国の被害者から計約6千万円をだまし取った疑いがあるという。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38834070S8A211C1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京・北千住駅前で女性刺される 命に別条なし、男を確保(12日)共同

 12日午後0時40分ごろ、東京都足立区の北千住駅西口付近で、女性が男に刃物のようなもので刺されたと交番に届け出があった。女性の命に別条はないといい、警視庁が男の身柄を確保して事情を聴いている。
 警視庁によると、女性は背中付近を刺されたという。2人に面識はないとみられ、当時の状況を詳しく調べている。
 北千住駅西口周辺は、商業ビルや飲食店などが立ち並ぶ繁華街。
https://this.kiji.is/445447301121852513?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

靖国神社で“新聞紙”燃える 中国人男逮捕「南京事件に抗議」(12日)NHK

12日朝、東京の靖国神社の敷地内で新聞紙のようなものが燃え、現場にいた中国人の男が建造物侵入の疑いで逮捕されました。男は「南京事件に抗議する」という内容が書かれた旗を持っていたということで、警視庁が当時の状況などを調べています。
続きを読む
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181212/k10011744111000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_007

12日午前7時ごろ、東京 千代田区の靖国神社の敷地内の参道で…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»東京・八王子の圏央道で5台絡む玉突き事故、男性1人が心肺停止(12日)TBS

12日正午すぎ、東京・八王子市の圏央道でトラックなど5台が絡む玉突き事故がありました。40代の男性1人が、心肺停止の状態で病院に運ばれました。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3547234.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「中身知らない」詐欺受け子、最高裁が逆転有罪(12日)読売

特殊詐欺事件の被害者に送らせた現金入りの荷物を受け取る「受け子」について、どのような場合に詐欺の故意があったといえるかが争われた刑事裁判の上告審判決が11日、最高裁第3小法廷であった。宮崎裕子裁判長は「他人になりすまして繰り返し荷物を受け取り、報酬を得るなどしていれば故意が認められる」との判断を示した。
 詐欺罪に問われた受け子が「荷物の中身が被害金とは知らなかった」と無罪を主張するケースは多く、過去の司法判断は分かれていた。捜査当局が、被告が被害金と認識していたことをどう立証するかが課題となっており、最高裁の判断は捜査の追い風となりそうだ。
 判決によると、被告の男(44)は2015年、首都圏の複数のマンションの空き部屋で、高齢者らから宅配便で届いた荷物を住民になりすまして約20回受け取った。男は1回あたり約1万円の報酬を得た。荷物には被害金が入っていたが、男は「中身は現金ではなく薬物か拳銃と思った」と詐欺罪について無罪を主張した。
 同小法廷は、男が不審な受け取りを繰り返したことから「詐欺を含む犯罪によって荷物が送られたと認識できた」と指摘。また、荷物の中身を薬物や拳銃と考えた根拠は薄く、「男は詐欺かもしれないと認識しつつ荷物を受け取った」として詐欺罪の成立を認めた。
 1審・鹿児島地裁判決は故意を認めて男を有罪としたが、2審・福岡高裁宮崎支部は、空き部屋を悪用して被害金を受け取る手口が社会で周知されていなかったことを理由に無罪とした。同小法廷は高裁判決を破棄。逆転有罪判決が確定する。
 受け子の詐欺の故意が争点となった上告審判決は14日にも予定されており、2審の無罪判決が見直される公算が大きい。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181211-OYT1T50084.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

88歳の男、覚醒剤使用の疑いで再逮捕(12日)読売

石川県警金沢西署は10日、金沢市の無職の男(88)=覚醒剤取締法違反(所持)で起訴済み=を同法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕し、同法違反(使用)の疑いで再逮捕したと発表した。逮捕はそれぞれ、11月29日付と12月10日付。
 同署によると、88歳で同法違反により逮捕されるのは、石川県内で過去10年で最高齢という。発表によると、男は11月29日、自宅で覚醒剤の結晶(約0・5グラム)を所持し、同月下旬頃、県内やその周辺で覚醒剤を使用した疑い。容疑を大筋で認めているという。男は7日、同法違反(所持)で起訴された。
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20181211-OYT1T50014.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

心臓病の3歳児に「チャンスを」 両親ら、移植実現へ募金呼び掛け(12日)西日本

重い心臓病を患い、補助心臓を付けて治療中の上原旺典ちゃん(3)=東京都小金井市=を救おうと、両親や支援者が、米国での心臓移植手術を実現するため、募金への協力を呼び掛けている。目標額には2億円以上不足。病院から一歩も出られず、血栓や感染症などのリスクを常に背負う旺典ちゃんに「生きるチャンスを与えてください」と訴えている。
 生後9カ月で「拡張型心筋症」と診断されて以来、入院生活を送る。胸の下から差し込まれた補助心臓のポンプは肌に密着し、まるで体の一部のよう。ポンプと空気圧を作り出す医療装置は2メートルのホースでつながれていて、この範囲でしか自力で動けない。
 補助心臓での治療には血液が固まりにくくなる投薬が必要なため、転ぶなどの衝撃があると脳出血で命の危険があり、母や祖母ら家族が24時間、病室で見守る。体が成長していく中、いつまで補助心臓に頼ることができるかも見通せない。
 国内で移植をできないか探ったが、子どもの移植例は少ないため実現可能性が低い。米国での移植に必要な費用は3億5千万円。募金開始から2カ月で約1億3千万円が集まったが、必要額までは遠い。
 両親の良太さんと歩さんは「これまで募金してくれた方々に本当に感謝しています。身勝手なお願いですが、旺典の命を諦めたくありません」と話している。
 振込口座は、みずほ銀行三鷹支店普通口座1945830など。「おうちゃんを救う会」のホームページに振込先を掲載している。クレジットカードや「Yahoo!ネット募金」でも可能。

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/472360/

| コメント (0) | トラックバック (0)

29日以降、寮の出入りなし 女性専門学校生遺体遺棄事件(12日)産経

東京都練馬区の専門学校生、谷口夏希さん(20)の遺体を遺棄したとして、死体遺棄の疑いで無職熊沢義信容疑者(27)が警視庁に逮捕された事件で、谷口さんが11月29日以降、自宅の寮を出入りする姿が確認されていないことが12日、捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、寮の出入りがあったのは28日が最後だった。翌29日以降は学校や家族も連絡がつかなくなり、金融機関の口座からは残高のほぼ全額に当たる約6万円が引き出された。12月3日未明には熊沢容疑者が布団にくるんだ荷物を寮から台車で運び出す姿が防犯カメラに写っていた。
検視の結果、死後約1週間が経過していたとみられる。熊沢容疑者は殺害をほのめかす供述をしており、警視庁捜査1課が死亡に至った詳しい状況を調べている。

https://www.sankei.com/affairs/news/181212/afr1812120003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

仏東部で発砲、2人死亡 テロで捜査、11人負傷(12日)産経

フランス東部ストラスブール中心部で11日夜、複数の発砲があり、フランスメディアによると、2人が死亡、11人が負傷した。当局はテロとみて捜査、逃走した容疑者の行方を追っている。現場付近の住民に自宅から出ないように呼び掛けている。
 マクロン大統領はカスタネール内相に現場へ向かうよう指示した。
 ドイツとの国境沿いにあるストラスブールの中心部では、毎年恒例のクリスマスマーケット(市場)が開かれている。市場はフランス最大規模で、観光客も多く訪れる。(共同)
https://www.sankei.com/world/news/181212/wor1812120004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

南海トラフ、前兆で1週間避難 安全と暮らし両立探る 政府方針 (12日)日経

南海トラフ巨大地震の震源域で前兆と疑われる異常現象が起きた場合の対応方針を巡り、政府の中央防災会議の作業部会は11日、報告書案をまとめた。震源域の半分で地震が起きた場合、被害がない地域の住民も1週間程度避難するなどの内容。「起きるかわからない地震に備えた避難」の呼びかけは混乱を引き起こす恐れもあり、住民への周知や訓練は不可欠だ。
 作業部会は今後、この日の議論を元に最終報告書をまとめ、政府が数カ月以内に指針を作成。自治体や企業に避難計画の策定を求めていく。
 政府は2017年11月から、南海トラフ震源域で異常が確認された場合、数分以内に「調査開始」の第一報を流すことにしている。調査で地震の可能性が高まったと判断すれば、最短2時間で「発生可能性が高まった」とする臨時情報を流す。
 報告書案は、異常現象のうち、特に震源域の東西の半分でマグニチュード(M)8級の大規模な地震が先に起きる「半割れケース」の危険性を重視。半割れが起きれば、反対側でも津波の危険性が高い地域の高齢者や障害者は「調査開始」の時点で避難を始める。

続く 

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38798030R11C18A2CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

架空請求はがき、アプリで見破る さいたま市の弁護士ら開発(12日)共同

はがきの文面を人工知能(AI)が読み取り、架空請求を瞬時に見破る―。そんなスマートフォンのアプリをさいたま市の川目武彦弁護士(40)らが開発し、12月から無料で配信している。川目弁護士は「弁護士に相談しにくい場合でも、気兼ねなく使ってほしい」と話している。
 はがきや請求書、メールの画像を無料通信アプリLINE(ライン)で送ると、過去の詐欺事案で使われた文面を蓄積したAIが「架空請求の可能性が濃厚です!」などと瞬時に回答。判定が難しい場合は弁護士らが個別に判断し、24時間以内に返信する。
 川目弁護士が知人のプログラマーの男性(38)と約半年かけて開発した。
https://this.kiji.is/445301086430266465?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

新たな手口の“ヤミ金”摘発 (12日)NHK

ヤミ金の新たな手口です。
客とのやり取りは無料通信アプリ「LINE」を使い、利息などの回収は宅配便で行っていました。
警視庁は、ヤミ金グループで金の回収役だった男女6人を12日にも書類送検するとともに、摘発を逃れるため手口がより巧妙化しているとみて実態解明を進めています。

捜査関係者によりますと、このヤミ金グループはインターネット上で「ラッシュ」や「ワンダー」などの業者名で客を集め、法律で定められた上限を大幅に上回る金利で違法に金を貸していたということです。
申し込みをすると、その後のやり取りは無料通信アプリ「LINE」を使い、利息などは現金で宅配便の集荷センターに送るよう指示していました。
客と対面せず、連絡先の電話番号や金融機関の口座を明らかにしないことで捜査から逃れる狙いがあるとみられています。
警視庁は、東京都内などに住む4人に違法に金を貸し付け31万円余りの利息を受け取ったとして、金の回収役の60歳の男ら男女6人を12日にも出資法違反の疑いで書類送検する方針です。
警視庁によりますと、これまでの事情聴取に対して、いずれも容疑を認めているということです。
警視庁はこのグループの実質的な経営者などについても捜査するとともに、ヤミ金の手口がより巧妙化しているとして取締りを強化しています。

このヤミ金グループから金を借りた50代の男性は「借金を申し込むとLINEのIDを教えてほしいと言われた。また、返済の時には現金だとわからないようにパンフレットの間に挟んで宅配便で送るよう具体的に指示があった。違法な業者だと思い嫌だったが、金を借りるために仕方なく従った」と話していました。

強引な取り立てなどが大きな社会問題となって警察の取締りなどが強化されたこともあり、ヤミ金グループは摘発を逃れるために巧妙に手法を変化させています。
かつてはビルの1室に事務所を構えている業者も多くありましたが、その後、摘発されないよう携帯電話だけで金の貸し付けから取り立てまで行う、いわゆる「090金融」が目立つようになり、客と対面することも少なくなりました。
最近では、捜査でたどりにくくするために連絡手段として携帯電話ではなく無料通信アプリを使うケースが増えているということです。
さらに、利息などを取り立てる際も口座への振り込みではなく宅配便などで指定した場所に現金を送らせて、回収役が取りに行くという手口が出てきています。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181212/0022498.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»警視庁、東京五輪に向け繁華街で一斉取り締まり(12日)TBS

東京オリンピック・パラリンピックに向けて、警視庁はJR池袋駅周辺などの繁華街で客引きや違法な看板の一斉取り締まりを行いました。
 「今日も精一杯パトロールしたいと思います。どうぞ宜しくお願いします」
 11日午後7時すぎ、豊島区のJR池袋駅近くの繁華街では警視庁の警察官や豊島区の職員らおよそ80人がパトロールを行い、客引きや違法な看板に目を光らせました。
 「2年後のオリンピックに向けて、国内外から来られる大勢の方々に、心ゆくまで東京を楽しんでもらうために。悪質な風俗営業店舗の摘発ですとか、客引き、違法駐車、さらには暴力団、不良外国人などの取り締まり等を強めております」(警視庁 斉藤実副総監)
 警視庁は東京オリンピック・パラリンピックで多くの観光客が集まることを見据え、繁華街での取り締まりを強化する方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3546662.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»“警察無線”音声をネット投稿、岩手に住む男性が出頭(12日)TBS

警察無線とみられる音声が動画サイト「YouTube」に投稿されていた問題で、岩手県に住む男性が「自分が投稿した」などと岩手県内の警察署に出頭していたことがわかりました。
 投稿されていた音声は、2009年に都内で起きたひき逃げ事件の際、警視庁の通信指令本部とパトカーの間でやりとりされたとみられるもので、車両のナンバーや所有者の名前などの個人情報も含まれていました。
 その後の捜査関係者への取材で、問題が発覚した今月8日に岩手県に住む60代の男性が「自分が投稿した」などと県内の警察署に出頭していたことが新たにわかりました。
 警視庁は、「YouTube」を運営する「Google」に音声の削除を要請していて、電波法違反にあたるかどうか慎重に調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3546967.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月11日 (火) | トップページ | 2018年12月13日 (木) »