« 2018年12月2日 | トップページ | 2018年12月4日 »

2018年12月3日

2018年12月 3日 (月)

商店街事件「小銭奪うため」(3日)NHK神奈川

先月、横浜市の商店街で帰宅途中の女性を刃物で刺し大けがをさせたとして強盗殺人未遂の疑いで逮捕された71歳の男が、「酒やたばこを買う小銭を奪うためだった」と供述していることが捜査関係者への取材で新たに分かりました。
男は3日がこう留の期限でしたが、体調を崩し入院したということです。

横浜市神奈川区の無職近江良兼容疑者(71)は、先月11日の未明、横浜市神奈川区の商店街で帰宅途中だった34歳の女性の背中などを包丁で刺して大けがをさせたとして強盗殺人未遂の疑いが持たれています。
これまでの調べによりますと近江容疑者は金を奪おうと女性を刺したことを認め「包丁は自宅から持ち出した。女性とは面識がなかった」などと供述していたということです。
さらにその後の調べに対し、「酒やたばこを買う小銭を奪うためだった」と動機を供述していることが捜査関係者への取材で新たに分かりました。
警察によりますと近江容疑者は3日がこう留の期限でしたが、先週、体調を崩して入院し治療を受けているということです。
検察は体調が回復したあと近江容疑者を起訴するかどうか判断することになります。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20181203/1050004675.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警察庁とユーロポール、サイバー犯罪対策で協力(3日)朝日

 警察庁は3日、ユーロポール欧州連合法執行協力庁)とテロや薬物銃器、サイバー犯罪対策の情報交換で協力する取り決めを結んだ。来年の主要20カ国・地域首脳会議G20サミット)や2020年の東京五輪パラリンピックを控え、テロ対策などの強化に向けて警察庁が働きかけた。
 ユーロポールはEU加盟国で構成。警察庁の栗生俊一長官とユーロポールのドゥ・ボル長官がオランダ・ハーグのユーロポール本部で文書に署名した。
 取り決めの内容は▽日本から連絡担当官をユーロポールに派遣▽ユーロポール本部と警察庁をつなぐ専用通信回線の設置▽幹部職員らの定期的な協議の開催。来年から運用し、今後はユーロポールから犯罪の手口や最新の傾向を分析した結果の提供を受け、警察庁は日本のテロ対策などに関する情報を渡す。
 同庁は「連絡担当官がいつでも会って話せるようになり、専用の通信回線を含めた安全な環境で意見を交換して関係を深められる」としている。
https://www.asahi.com/articles/ASLD33J5RLD3UTIL00Q.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

図書館で書籍窃盗疑い 宮城の男逮捕、横流しか(3日)産経

仙台中央署は3日、仙台市内の図書館で書籍を盗んだとして、窃盗の疑いで、宮城県多賀城市留ケ谷、無職、藤原真人容疑者(42)を逮捕した。同署によると、藤原容疑者は「図書館の本を繰り返し盗み、横流ししていた」と供述しており、裏付け捜査を進めている。
 逮捕容疑は2月24日~5月21日の間、仙台市民図書館で専門書籍1冊(時価1900円相当)を盗んだ疑い。
 同署によると、インターネット上で藤原容疑者とみられる人物から書籍を購入した人が、「貸出票」と書かれた紙が挟まっていたのを不審に思い、5月に図書館側に相談して発覚した。
https://www.sankei.com/affairs/news/181203/afr1812030027-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

入管法違反容疑で8人逮捕、道警 外国人に資格外の単純労働(3日)共同

 北海道警は3日までに、専門職を対象とした在留資格を持つベトナム人3人に、資格外の単純労働をさせたなどとして、入管難民法違反容疑で、仙台市の建設会社代表や暴力団員など男女8人を逮捕した。
 同法違反の不法就労助長の疑いで逮捕されたのは、仙台市の建設会社代表で韓国籍、李智博容疑者(45)。不法就労あっせんの疑いで逮捕されたのは、札幌市の指定暴力団山口組系組員、清水徳行容疑者(49)や東京都中央区の会社社長、デギアコシノ美弥容疑者(37)ら男女7人。https://this.kiji.is/442281820216820833?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「失踪実習生の6割余が最低賃金未満」野党が独自集計(3日)NHK

外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって、立憲民主党など野党側は、国会に開示された失踪した技能実習生の調査の内容を独自に集計した結果、最低賃金未満だった実習生が6割余りに上ったなどとしています。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181203/k10011733201000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

外国人材の受け入れを拡大するための法案をめぐって…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»市街地にイノシシ3頭 目撃相次ぐ“街中で初めて”(3日)TBS

 2日夜、香川県高松市中心部でイノシシが3頭いるといった目撃情報が相次ぎました。イノシシは捕まっていません。
 2日午後7時半ごろから8時ごろにかけて、高松市中心部の商店街やJR高松駅などで複数のイノシシが目撃されました。警察には「イノシシが3頭走っている」という通報や「およそ1メートルのイノシシを見た」といった情報が相次いで寄せられました。けがをした人はいません。
 「(イノシシが)西の方から東の方へ、ちょろちょろと走っていった。五色台の上では見たことあるけど、街なかで見たのは初めて」(イノシシを目撃した人)
 イノシシの行方はわからず、警察は、小中学校に連絡するとともに見つけても刺激しないよう呼びかけています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3539750.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»高校職員 生徒3人と飲酒、運転し事故も・・・ 男子生徒重傷(3日)TBS

高校の職員があってはならない不祥事を起こしました。福島県いわき市の県立高校の27歳の男性職員が、生徒3人と酒を飲み、その後、重傷事故を起こしました。
 「夜中の3時半ごろ音がしたので、外に出てみたら車が真横に入っていた」(田中鉄工所 田中勲 社長)
 シャッターを突き破り、建物に突っ込んだ大きな車。未明の港町は騒然としました。
 1日午後7時ごろ、いわき市小名浜の居酒屋でいわき海星高校の27歳の男性職員が、高校2年生の男子生徒3人と酒を飲みました。さらに、男性職員が運転する自家用車でカラオケ店に向かい酒を飲み、1人の生徒を自宅に送り届けたあと、工場のシャッターに衝突する事故を起こしました。
 4人は今年9月から先月まで、小名浜港とハワイを往復した練習船「福島丸」に乗船、「打ち上げのような気持ちだった」と話しています。
 これを受けて、福島県は会見で謝罪しました。県によりますと、男性職員はビール中ジョッキ1杯、焼酎の水割りを5~7杯、缶チューハイを2本飲んだと話していて、事故後、基準値を超えるアルコールが検出されました。
 県は現在、生徒からも話を聞くなど事実確認を行っていて、警察では今後、酒気帯び運転などの容疑で立件する方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3539777.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日 単位・レベル)
「されない」「させない」「被害を大きくしない」
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F1014322 30日未明に、東京・府中市の住宅街で材木店など3棟が全焼した火事は放火だった。
119番通報で東京消防庁のポンプ車など40台が消火に当たって4時間後に消し止められたが、この火事で小学生の女の子など5人が病院に運ばれた。さらにもうひとり現場にいた42歳の男も収容されたが、実は、この男が放火犯だった。
 火災の原因のトップは放火によるもの。これから乾燥期に入るのに放火とは、打ち首獄門に値する。
 警察庁によると今10月現在の放火の認知件数は736件で前年より70件の減少。検挙率は78.4%で同4.7ポイントのアップ。
 認知件数のランキングは大阪92件、千葉60件、埼玉56件、東京46件、愛知36件と続いている。
 全体的に減っているのに埼玉が21件も増加するなど千葉、神奈川、静岡、新潟など関東で49件も増えている。
 検挙率は石川の150%をトップに福島の133.3%、宮城の113.3%のほか100%が13県もあった。
 低かったのは山梨の50%、千葉の51.7%、三重の58.3%、兵庫の61.8%、岐阜の62.5%など。
 平成11年に放火火災予防対策として出されているのは「放火されない 放火させない 放火されても被害を大きくしない」の活動が大事で、地域ぐるみの活動を推奨している。
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 typhoon詐欺劇場 typhoonおれおれ詐欺の注意を呼びかける映像

https://www.youtube.com/watch?v=jg5_iVc97zY

特殊詐欺多発特別警報について(京都府)
http://www.pref.kyoto.jp/anshin/tokushusagi.html

 東京都のJR三鷹駅近くの銀行では、ATM前の路上に被害防止の路面シートを貼ったり、吉祥寺の商店街では被害に注意しましょうと呼びかけるなど、それぞれがアイディアで防止を呼びかけている。
 そんな中で、京都府警は被害が相次いだことから府内の約60か所の拠点に「特殊詐欺特別警報」の垂れ幕を出して注意喚起した。12月4日まで。

★愛之助さん“特殊詐欺に注意を”(2日)NHK
★杉良太郎さんら オレオレ詐欺対策協力へ、警察庁が正式に依頼(1日)TBS
★特殊詐欺加担防止へ 高校生に防犯教室=神奈川
★現金詐取容疑グループが役割分担 交渉や書類作成(29日)共同
★カード使い780万円詐欺被害(28日)NHK福島
★神戸の82歳女性が詐欺被害9400万円(27日)産経
★詐欺で3人逮捕 総被害8千万か(27日)NHK
★詐欺防止でATM制限強化へ(25日)NHK
★偽「裁判所」はがき、各地で被害 100万円振り込み(24日)共同
★“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS
★ビジネス装うメール詐欺、日本企業も標的に (22日)日経
★架空の「循環取引」で1億円詐取か、食品卸販売会社元役員を逮捕(22日)TBS
★Amazonギフト券 7500万円分詐取か、2人を逮捕(22日)TBS
★偽電話詐欺2150万円被害 福岡県大木町の女性(21日)西日本
★犯罪収益引き出したナイジェリア人ら逮捕、警視庁(19日)産経
★詐欺受け子の男「借金払えず、貸金業者が指示」(18日)読売
★暴力団立件、ハードル高く=証拠残さず非組員使う-特殊詐欺、「資金源」に(17日)時事
★最高裁、詐欺受け子を逆転有罪か 「中身知らず」と主張(16日)共同
★電子マネー詐取疑い再逮捕 全国で1億4千万円被害か(12日)産経

| コメント (0) | トラックバック (0)

垂れ幕で「詐欺警戒を」 特別警報時に洛和会施設=京都(3日)読売

病院運営や介護サービスを手がける洛和会ヘルスケアシステム(山科区)は、特殊詐欺の被害多発の際に、警戒を呼び掛ける垂れ幕を施設入り口付近に出す取り組みを始めた。
 10月から、府内の計57拠点に特製の垂れ幕を用意。特殊詐欺の電話や被害が相次いで発生すると府警が出す「特殊詐欺特別警報」に合わせて、垂れ幕を出す。施設やサービスを日常的に利用する高齢者の目に入りやすい場所で注意を呼び掛けることで、被害を防ぐ狙いがある。
 担当者は「地道な取り組みで、一件でも被害を減らしたい」と話した。

https://contents.nifty.com/member/service/g-way/mmdb/aps/RXCN/main.jsp?ssid=20181203170921201gsh-ap03

| コメント (0) | トラックバック (0)

パン強盗の男、交番備え付けの電話で自ら通報(3日)読売

熊本県警宇城署は11月30日、宇城市、無職の男(54)を強盗容疑で逮捕した。発表によると、同日午前5時10分頃、同市のコンビニ店で、男性店長(38)に包丁を突きつけ、パンなど(計398円相当)を奪った疑い。男は交番に行き、備え付けの電話で同署に「強盗をした」と連絡した。「刑務所に入りたかった」との趣旨の供述をしているという。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181203-OYT1T50029.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

成年後見人の息子逮捕=預金1億5000万円横領容疑-名古屋地検(3日)時事

成年後見人をしていた母親の口座から1億5000万円余りを無断で引き出したとして、名古屋地検特捜部は3日、業務上横領容疑で、東京都港区の保険外交員高田幸朋容疑者(49)を逮捕した。特捜部は認否を明らかにしていない。
 逮捕容疑は2013年5月~16年5月、都内などで、愛知県内に住む母親(81)名義の預金口座などから現金計約1億5400万円を引き出した疑い。
 特捜部によると、高田容疑者は13年4月、名古屋家裁岡崎支部から成年後見人に選任されたが、16年11月に解任された。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120300328&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

催涙スプレーかけ5千万狙う 強盗未遂容疑で韓国籍の男2人を逮捕(3日)産経

男性に催涙スプレーをかけ、現金約5千万円を奪おうとしたとして、警視庁組織犯罪対策2課は強盗未遂容疑で、住所不詳、自称衣料品販売員、高永煥(コ・ヨンファン)容疑者(27)ら韓国籍の男2人=邸宅侵入容疑で逮捕=を再逮捕した。いずれも容疑を否認している。
 再逮捕容疑は11月12日午後1時20分ごろ、東京都台東区松が谷の貴金属買い取り店前の路上で、店の関係者の男性(28)ら2人に催涙スプレーをかけて現金を奪おうとしたとしている。男性が大声を上げたため、何も取らずに近くに止めてあった車で逃走した。
 事件後、逃走に使われた車が区内の別の場所に乗り捨てられているのが見つかり、付近のマンション敷地内にいた高容疑者らを警視庁が邸宅侵入容疑で逮捕していた。組対2課はほかにも関与した人物がいるとみて調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/181203/afr1812030010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

無理な幅寄せや割り込みで大型トラックを停める 運送業の男を暴行容疑で書類送検(3日)産経

東北自動車道で執拗(しつよう)に割り込みや幅寄せをして大型トラックを停止させたとして、栃木県警は3日、暴行の疑いで、仙台市の運送業の男(43)を宇都宮地検に書類送検した。県警高速隊によると、男は容疑を認めている。
 書類送検容疑は、7月31日午後7時15分ごろ、栃木県那須塩原市の東北道下り線の追い越し車線を乗用車で走行中、左から進路変更してきた宮城県大崎市のトラック運転手の男性(44)が運転する大型トラックが衝突したと思い込んで腹を立て、数回にわたり無理な幅寄せや割り込みをして進路をふさぎ、道路上に停止させたとしている。
 県警は、執拗に割り込みや幅寄せをして大型トラックを停止させた行為が暴行に当たると判断、同容疑で摘発した。
https://www.sankei.com/affairs/news/181203/afr1812030014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

スーパー玉出の創業者を逮捕 暴力団から賃料受領疑い(3日)共同

大阪市西成区の歓楽街「飛田新地」で、売春に使われると知りながら暴力団幹部側から店舗の賃料を受け取っていたとして、大阪府警捜査4課は3日、組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で、関西地方で格安店として知られる「スーパー玉出」創業者で、同社社長前田託次容疑者(74)を逮捕した。
 逮捕容疑は3~5月、飛田新地の料亭「銀河」(閉店)の賃料135万円を、売春の売り上げの一部と知りながら受け取った疑い。
 捜査4課によると、この料亭はスーパー玉出の店舗跡地にあり、土地・建物を同社や関連会社が所有している。
https://this.kiji.is/442212864025003105?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

生徒に暴行の疑い 養護学校教諭を書類送検 名古屋(3日)NHK

名古屋市の養護学校の男性教諭が、障害がある生徒を蹴ったり、足を踏みつけたりしたとして、暴行の疑いで書類送検されたことが、捜査関係者への取材で分かりました。
続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»“口利き疑惑”で名誉毀損訴訟、文春は片山大臣と争う姿勢(3日)TBS

 『週刊文春』による“口利き疑惑”報道で名誉を傷つけられたとして、片山さつき地方創生担当大臣が発行元の文芸春秋を相手取り、損害賠償を求めた裁判の第1回口頭弁論が開かれ、文春側は争う姿勢を示しました。
 片山さつき大臣は、今年10月に発売された『週刊文春』で、国税庁に口利きをした見返りに、依頼した会社経営者から現金100万円を受け取ったとして、あっせん利得処罰法違反の疑いがあると報じられています。
 片山大臣は「記事は虚偽で、著しく名誉を傷つけるもの」と主張していて、発行元の文芸春秋を相手取り、損害賠償1100万円を求める訴えをおこし、3日、東京地裁で第1回の口頭弁論が行われました。
 3日の裁判で、文芸春秋側は争う姿勢を示しました。次回の口頭弁論は来年1月16日に予定されています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3539529.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»執行猶予中“万引き”、原裕美子被告に猶予付き判決(3日)TBS

 群馬県のスーパーで執行猶予中に万引きをした罪に問われている女子マラソンの元日本代表・原裕美子被告に対し、前橋地裁太田支部は3日、懲役1年、執行猶予4年の判決を言い渡しました。
 「(万引きを)やらないように気をつけて、財布だけ持ってお店に行ったのに、なんで(商品を)入れちゃったのかなって。目の前が真っ白く雲がかかったように視界が狭くなって」(マラソン元日本代表 原裕美子被告)
 女子マラソンの元日本代表・原裕美子被告(36)は今年2月、群馬県太田市のスーパーで380円相当の菓子を万引きした罪に問われています。
 これまでの裁判で、弁護側は「陸上指導の一環として体重制限を強いられた結果、摂食障害などを患い、衝動を制御する能力が損なわれていた」などと主張し、執行猶予付きの判決を求めてきました。
 一方、検察側は「無意識で犯行を行ったとは考え難く、常習性も顕著に認められる」などと主張し、懲役1年を求刑していました。
 前橋地裁太田支部は3日、原被告に対して懲役1年、執行猶予4年の判決を言い渡しました。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3539498.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

機動隊、座り込みの市民を強制排除 辺野古への土砂搬出(3日)朝日

 米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の移設工事で、名護市辺野古の沿岸部に投入するための土砂の搬出が3日、名護市安和(あわ)で始まった。反対する市民ら約50人が座り込みをして抗議の声を上げたが、県警機動隊に次々と排除され、海上運搬する船への土砂の積み込みが進んだ。

 土砂の搬出場所となった「琉球セメント」の桟橋の入り口では午前8時ごろから、約50人が「違法な工事はやめろ」などと訴えながら、座り込みをしてダンプカーが入るのを止めようとした。だが機動隊員約30人が、市民を数人がかりで抱えて強制的に排除した。民間の警備員や琉球セメントの社員らが「壁」となって反対派の前に立ちはだかり、約1時間後にダンプカーなど約10台が桟橋がつながる敷地内へ入った。
 午前9時半ごろから、ダンプカーが、積まれていた土砂や岩を積み込みベルトコンベヤーへ。土砂は「ゴゴゴゴゴー」という音をたてて約200メートル先の桟橋へと運ばれた。桟橋には辺野古へ向かうとみられる船が横付けされており、運ばれた土砂が積み込まれていった。(伊藤和行)
https://www.asahi.com/articles/ASLD33J5GLD3TIPE00G.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

裁判官がトラブル仲裁で傷害疑い 判決言い渡し後、兵庫・姫路(3日)西日本

神戸地裁姫路支部の50代の男性裁判官が11月、民事訴訟判決後に訴訟関係者同士のトラブルを仲裁しようとして50代男性を突き飛ばし、弾みで転倒した20代女性が軽いけがをしていたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。
 兵庫県警は傷害や暴行の疑いがあるとみて捜査しており、裁判官を書類送検する方針。捜査関係者によると「当事者間のトラブルの仲裁に入ろうとして思わずやってしまった」と話している。
 捜査関係者によると11月5日、裁判官は担当していた親族間の子どもの引き渡しに関する訴訟で判決を言い渡した。その後、支部の敷地内で原告と被告らがトラブルになったとみられる。https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/470210/

| コメント (0) | トラックバック (0)

1歳児遺棄致死「両親は出会い系やゲーム優先」(3日)読売

埼玉県桶川市のマンションの一室で昨年10月、当時1歳1か月の三男に十分な食事を与えずに死亡させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた父親の会社員山辺拳士郎被告(25)と、母親の無職仁美被告(25)の裁判員裁判の初公判が3日、さいたま地裁(田尻克已裁判長)で始まった。罪状認否で、両被告はいずれも起訴事実を認めた。
 検察側は冒頭陳述で、「十分な収入もあり、適切な医療措置を受けさせることができたのに、互いに話し合うこともせず、出会い系サイトやオンラインゲームなどを優先させた」と指摘した。
 一方、拳士郎被告の弁護人は「(育児などの)能力の問題で結果的に育児放棄になった」と主張。仁美被告の弁護人は、仁美被告が対人恐怖症だとしたうえで「親族や行政機関に相談できなかった」と訴えた。
 起訴状などによると、両被告は昨年9月頃から、三男の晴ちゃんに十分な食事を与えず、昨年10月9日、自宅で低栄養状態で死亡させたとされる。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181203-OYT1T50034.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

「頼りない警官一掃」などと爆破予告=容疑者逃走で嫌がらせか-大阪府警(3日)時事

3日午前9時ごろ、大阪府警富田林署に「庁舎に爆発物を仕掛けた。頼りない警察官を一掃する」などと書かれた脅迫文が届いているのを署員が発見した。今年8月、同署から勾留中の容疑者が逃走した事件を受けた悪質ないたずらとみられ、同署は威力業務妨害容疑で調べている。署内を点検したが、異常はなかったという。
 同署や捜査関係者によると、脅迫文はパソコンで作成され、A4判の紙1枚に署を批判する文言と共に「遠隔操作式のプラスチック爆弾を仕掛けた」などと書かれていた。住所と名前も記してあり、封筒には11月30日付の東京・銀座の消印が押されていたという。(2018/12/03-12:40) https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120300324&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸のコンビニで強盗 25歳女逮捕 兵庫県警(3日)産経

コンビニエンストアで店員に刃物を突きつけ、現金を脅し取ったとして、兵庫県警生田署は3日、強盗の疑いで、自称神戸市須磨区横尾、無職、山下ちづる容疑者(25)を緊急逮捕した。黙秘している。
 逮捕容疑は2日午後11時半ごろ、同区妙法寺荒打のコンビニで、男性店員2人に対し包丁を突きつけ「金を出して」と脅し、現金1万円を奪ったとしている。店員2人にけがはなかった。
 同署によると、山下容疑者は現場近くの市営地下鉄西神・山手線妙法寺駅から電車に乗って逃走。三宮駅で警戒していた同署員が駅近くで山下容疑者を発見した。
https://www.sankei.com/west/news/181203/wst1812030010-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

1億5千万円着服容疑、成年後見人の息子逮捕 名古屋地検 (3日)日経

成年後見人として管理していた母親(81)の預金口座などから現金約1億5千万円を着服したとして、名古屋地検特捜部は3日、東京都港区の保険外交員、高田幸朋容疑者(49)を業務上横領の疑いで逮捕した。
 逮捕容疑は2013年5月から16年5月までの間、成年後見人として管理していた母親名義の預金口座などから複数回にわたって現金を引き出し、計約1億5400万円を着服した疑い。特捜部は認否を明らかにしていない。
 特捜部によると、高田容疑者は13年4月、名古屋家裁岡崎支部から母親の成年後見人に選任され、16年11月に解任されていた。
 成年後見人は、認知症で判断力が低下した高齢者らの財産などを管理するため、家族らの申し立てを受けて家裁が選任する。後見人となる親族が財産を着服する事件も相次いでいる。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38456320T01C18A2CN0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

博多金塊窃盗、懲役9~8年求刑 実行役の男3人(3日)共同

福岡市のJR博多駅近くで2016年、警察官を装い、約7億5千万円相当の金塊約160キロを盗んだとして、窃盗罪に問われた男3人の公判が3日、福岡地裁(平塚浩司裁判長)であり、検察側は工員白石智則被告(36)に懲役9年、会社役員白根敬大被告(28)と会社員内田拓海被告(26)にそれぞれ懲役8年を求刑した。弁護側が無罪を主張し結審。判決は来年1月21日。
 検察側は論告で、3人は実行役だったとし「組織的、計画的な犯行だ。被害は極めて多額で結果は甚大」と指摘。弁護側は最終弁論で「金塊持ち去りについて被害者側と合意があった。窃盗罪は成立しない」と述べた。
https://this.kiji.is/442166058621748321?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

中国人46人の行方わからず(3日)NHK

道南の木古内町で、在留期限を過ぎて滞在していたなどとして中国人の男女11人が出入国管理法違反の疑いで逮捕されました。
関係者によりますと、11人が派遣されていたメガソーラーの建設現場では、ほかにも中国人あわせて46人の行方がわからなくなっているということで、警察が関連を捜査しています。

逮捕されたのは、いずれも中国人の王春月容疑者(62)ら男女あわせて11人です。
警察の調べによりますと、11人のうち王容疑者ら9人は先月26日、木古内町で在留期限を最長で5か月ほど過ぎて滞在し、残りの2人はパスポートを持っていなかったとして、いずれも出入国管理法違反の疑いが持たれています。
11人は、先月26日の未明にJR木古内駅のバス停付近にキャリーバッグなどを持って集まっているのが見つかり、警察官が職務質問したところ、不法に残留していたことなどがわかったということで、その場で逮捕されました。
警察などによりますと、11人は木古内町のアパートなどに住み、隣りの知内町のメガソーラーの建設現場に派遣されていましたが、いずれも15日間の短期滞在ビザや、クルーズ船による観光目的の一時上陸として入国していたということです。
また、建設工事の元請け会社によりますと、この建設現場ではほかにも中国人あわせて46人の行方がわからなくなっているということで、警察が関連を捜査しています。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20181203/0006081.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

6人殺害、動機見えず 高千穂 事件1週間 異なる損傷殺意に差? 次男の関与、捜査の軸に(3日)西日本

 宮崎県高千穂町の民家で農業飯干(いいほし)保生さん(72)ら6人が殺害された事件は、3日で発覚から1週間。3世代の飯干さん一家6人と、訪ねてきた知人男性の全員が死亡しており、有力な証言に乏しく真相は闇に包まれている。幼い女児の命まで奪った事件の動機は何なのか。発見された遺体の状況が異なる理由は-。県警は自殺したとみられる次男昌大さん(42)の関与を軸に捜査しているが、全容解明への道は険しそうだ。
 「実家に電話するが、連絡が取れない」。事件は11月26日、町外に住む飯干さんの三男からの通報を機に発覚した。
 午前11時ごろ、高千穂署員が民家に到着。保生さんの妻実穂子さん(66)が屋外の倉庫そばで倒れていた。体の一部が切断された状態。「これは大変な事件だ」。屋内に踏み込んだ刑事は、さらに凄惨(せいさん)な現場を目にする。大量出血した男性3人。保生さんと、昌大さんの長男拓海さん(21)は居室で、知人の松岡史晃さん(44)は仏間で倒れていた。いずれも首などに深い傷があり、屋内には血のついたなたが残されていた。
 昌大さんの妻美紀子さん(41)と長女で小学2年の唯さん(7)は脱衣所で死亡。首に絞められた痕があったという。
 昌大さんの遺体は同午後4時ごろ、約2・5キロ離れた神都高千穂大橋(高さ約115メートル)下の五ケ瀬川で見つかった。
   ■    ■
 周辺関係者の証言などから、背景には昌大さんの女性関係を巡る夫婦間のトラブルがある、との情報が浮上した。発覚前日の25日夜、消防団の忘年会に参加していた松岡さんは、昌大さん夫婦から電話で呼び出しを受けていったん帰宅。「仲裁のため」と家族に言い残して飯干さん宅に向かったとされる。
 県警は、現場検証や関係者の話から「第三者が関与した可能性は低い」とみる。昌大さんが事件に関わった後、飛び降り自殺した可能性を軸に据えるが、ある捜査幹部は「決定的な動機が見当たらない。妻、親、子の3世代、そして仲裁に来た人まで、なぜ犠牲になったのか。どんな筋を考えてもつじつまが合わない」と頭を悩ませる。
 犯行状況にも不可解な点がある。捜査関係者によると、保生さん夫婦と拓海さん、松岡さんは司法解剖で失血死などと判明。損傷が激しく、強い殺意がうかがえるという。「男性が3人いて、何らかの抵抗ができなかったのか」(捜査関係者)。一方、美紀子さんと唯さんの2人は窒息死で、大きな外傷はなかった。この「違い」は、何かを物語るのか-。
続くdownwardleft

https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/470128/

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカー、踏切で立ち往生…手を振り列車停止(3日)読売

 11月30日午後6時20分頃、茨城県龍ヶ崎市川原代町の関東鉄道竜ヶ崎線馴馬県道踏切で、竜ヶ崎署のパトカーが立ち往生し、列車を約3分間停止させた。運転士や乗客31人にけがはなかった。
 同署の発表では、パトカーは男性署員(55)が運転。線路と並行する道から踏切に入ろうとハンドルを切った際、誤ってタイヤが縁石に乗り上げ走行できなくなった。遮断機が下りてきたため、赤色灯をつけて手を振り、列車を停止させたという。関口一正副署長は「大変ご迷惑をおかけした。再発防止を徹底する」と話した。
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20181202-OYT1T50017.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

暖房器具、5年で107人死亡=火災・CO中毒後絶たず-製品機構(3日)時事

ストーブやヒーターなどの暖房器具による火災や一酸化炭素(CO)中毒事故が後を絶たず、2018年3月までの5年間で1064件の事故が発生し、107人が死亡していたことが3日までに、製品評価技術基盤機構の調査で分かった。事故は例年、年末から年始にかけピークを迎えるといい、製品機構は、器具の近くに洗濯物などを置かないよう呼び掛けている。
 11月21日深夜、福島県小野町で民家火災が発生。一家の住人とみられる7人の遺体が見つかり、焼け跡からストーブなどが発見された。県警は火元の可能性があるとみて詳しく調べている。
 製品機構によると、事故は13年度に265件起き、その後3年連続で減少したが、17年度は増加に転じた。13年度に17人だった死者数は、14年度20人、15年度23人と増加。16年度は18人に減ったが、17年度は過去5年で最多の29人に上った。亡くなった人のほとんどが60歳以上だった。
 死傷者は13年度の96人から2年連続で減ったが、16年度は増加に転じ、17年度は前年度比11人増の79人だった。死傷者計374人の内訳を製品別にみると、最多は石油ストーブの137人で、電気ストーブ(65人)、石油ファンヒーター(54人)、湯たんぽ(46人)が続いた。石油ストーブでは、給油口のふたの閉め忘れなどによる引火が目立ったほか、電気ストーブでは着衣などの可燃物が燃えたケースが多かった。
 製品機構は「暖房器具をつけたままの就寝は危険で、給油作業には特に気を付けてほしい。製品がリコール(回収・無償修理)の対象かどうかも確認するのが望ましい」としている。(2018/12/03-05:14)   

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120300016&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅で男性血流し死亡 争った形跡、静岡・沼津(3日)産経

1日午後6時10分ごろ、静岡県沼津市大塚、無職、田村和雄さん(78)が自宅で血を流して倒れているのを別居している息子が見つけ119番した。県警沼津署が現場で田村さんの死亡を確認した。
 地元消防などによると、室内に争ったような跡があった。田村さんは別の息子と2人暮らしで、沼津署は殺人事件の可能性もあるとみて捜査。詳しい死因や死亡の経緯を調べるとともに、発見者の息子らから話を聴いている。田村さんは2階建ての2階で倒れていたという。
近所に住む無職男性(77)らによると、田村さんは1年ほど前に妻を亡くし、沼津市内に住んでいる発見者の息子が週に数回、食事などの世話をするために田村さん方を訪れていた。
 現場はJR原駅から東に約1キロの住宅街。https://www.sankei.com/affairs/news/181203/afr1812030002-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

事故で土佐犬3匹逃げる、千葉 無事に捕獲(3日)共同

2日午後2時ごろ、千葉県九十九里町片貝で軽トラックと乗用車の衝突事故があり、軽トラックの荷台のおりに入れられていた土佐犬3匹が逃げた。東金署などによると、うち2匹は近くで捕まり、残る1匹も同日深夜に捕まった。事故で車の運転手2人がけがをしたが、犬にかまれた人の情報はない。
 署によると、土佐犬はいずれも1~2歳の雄で体長約60センチ、体重30~40キロで首輪を付けている。同県銚子市で飼育されていて、千葉市であった闘犬の大会に参加した後、戻る途中だったという。
 現場はJR東金線求名駅から東南に約5キロ離れた住宅や畑が広がる地域で、近くには小学校もある。https://this.kiji.is/441988635152925793?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

男子高校生が殴られて強盗被害 男が逃走 埼玉 草加(3日)NHK

2日夜、埼玉県草加市のアミューズメント施設で、帰宅しようとしていた男子高校生が10代とみられる男に顔を殴られるなどしたうえで、現金の入ったカバンを奪われました。警察は強盗傷害事件として捜査しています。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181203/k10011732291000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_005

2日夜9時40分すぎ、埼玉県草加市…

| コメント (0) | トラックバック (0)

高速道路補強工事 作業員が鉛中毒の疑い 東京(3日)NHK

ことし5月、東京都内の高速道路で補強工事に携わっていた作業員2人が鉛中毒と疑われ、激しい腹痛や手足のしびれなどの症状が出る危険が高いと診断されたほか、ほかにも6人が作業を続けると鉛中毒を発症する可能性が高いと判断されたことがわかりました。いずれも橋脚などの劣化を防ぐために塗装に混ぜて塗られた鉛を誤って吸い込んだとみられ、厚生労働省などは注意を呼びかけています。
続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»茨城・取手市で飼育中のクマに襲われ男性死亡(3日)TBS

 茨城県取手市の住宅で、飼育されていたツキノワグマに男性が襲われ、死亡しました。
 2日午前10時半ごろ、取手市野々井の住宅で、飼育されていたツキノワグマのおりに入ったアルバイト飼育員の盛宗一郎さん(56)がクマに襲われました。盛さんは病院に運ばれましたが、まもなく死亡しました。
 クマはこの家に住む70歳の男性が県の許可を得て飼っていたもので、体長1.3メートル、体重は推定110キロあるということです。
 死亡した盛さんは、飼い主から依頼され普段からクマの世話をしていたということで、事故当時、現場には盛さん一人だったとみられています。警察が当時の状況を詳しく調べています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3539215.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»東名高速「あおり運転」夫婦死亡事故、きょう初公判(3日)TBS

去年6月、東名高速で「あおり運転」で停止させられた夫婦が死亡した事故の裁判が3日から始まります。裁判では、危険運転致死傷罪が認められるのかが最大の争点となっています。
 石橋和歩被告(26)は去年6月、東名高速で静岡市の夫婦の車を追い越し車線に無理やり止めさせ、後続車の追突を招いて夫婦を死亡させたとして危険運転致死傷などの罪に問われています。
 横浜地裁で3日から始まる裁判の最大の争点は、危険運転致死傷罪が認められるかどうかです。
 弁護側は「運転中の行為の結果ではない」などとして、危険運転致死傷罪には当たらないとしています。一方で検察側は、危険運転致死傷罪が認められない場合でも監禁致死傷罪には当たると主張していて、法律の適用をめぐって真っ向から対立しています。
 判決は今月14日に言い渡される予定です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3539226.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年12月2日 | トップページ | 2018年12月4日 »