« 2018年11月30日 | トップページ | 2018年12月2日 »

2018年12月1日

2018年12月 1日 (土)

「完璧な書類作りたい」警部補が虚偽捜査報告書(1日)読売

 虚偽の捜査報告書を作成・提出したとして、神奈川県警は30日、川崎署の男性警部補(35)を虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで横浜地検に書類送検した。県警は同日、警部補を停職3か月の懲戒処分とし、警部補は同日付で依願退職した。
 県警監察官室によると、警部補は4月中旬~5月下旬、部下5人に対し、銃刀法違反容疑の捜索令状を請求するための捜査報告書に虚偽の内容を記載させ、5月下旬、上司にこの報告書を提出した疑い。捜索しようとした場所には事件の関係者が出入りしていなかったが、出入りがあると虚偽記載したといい、「完璧な書類を作りたかった。担当する事件で実績を上げたかった」と容疑を認めている。
 5人のうち1人が上司に相談して発覚し、裁判所に令状請求はされなかった。県警は30日、部下5人についても同容疑などで書類送検した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181201-OYT1T50027.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

虐待防止に「介入」強化 児相の在り方厚労省WG 年内にも報告書(1日)産経

 児童虐待の防止に向け、児童相談所(児相)の業務の在り方を検討している厚生労働省の社会保障審議会ワーキンググループが、子供を保護者から引き離して保護する「介入」の機能を強化する方向で報告書素案の調整に入ったことが1日、関係者への取材で分かった。7日の会合で公表し、年内にも報告書を取りまとめる。
 児相には、介入のほか、子供や家庭に寄り添う「支援」の業務がある。3月に東京都目黒区で両親から虐待を受けていた船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=が死亡した事件では、児相職員が、保護者との関係構築などを重視するあまり、安全確認に踏み込めなかったと指摘されていた。
  素案では、必要な場面で職員が行動しやすくするために、介入と支援を担当する部署を分けたり、別の職員が対応したりすることを検討している。介入時に、弁護士ら専門職の協力を得ることも視野に入れている。

https://www.sankei.com/affairs/news/181201/afr1812010009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「証拠隠滅の恐れも」ゴーン容疑者の勾留は長期化か(1日)産経

カルロス・ゴーン容疑者(64)とグレゴリー・ケリー容疑者(62)の勾留が10日まで延長された。仮に再逮捕された場合は30日までの計40日間となる可能性もある。ゴーン容疑者らの勾留長期化に厳しい目を向ける欧米メディアもあるが、検察当局は「裁判所の審査を受けており、当然の運用だ」(幹部)と強調する。
 勾留は検察官が請求し、裁判所が決定する。期間は10日間だが、最大10日間の延長ができる。証拠隠滅や逃亡の恐れがある場合などに認められ、否認の場合は起訴後も保釈が認められず勾留が続くことが多い。こうした運用は「人質司法」との批判も招いてきた。
 受託収賄罪などで有罪が確定した鈴木宗男元衆院議員は否認を続けた結果、437日間勾留された。一方、村上ファンド事件の村上世彰(よしあき)氏は容疑を認め、起訴の3日後に保釈された。
 ゴーン容疑者とケリー容疑者はともに容疑を否認しており、このまま起訴に至れば「証拠隠滅の恐れがある」として起訴後も勾留が長期化する可能性がある。
 11月29日に開かれた東京地検の定例記者会見では、「勾留が必要な根拠は何か」などと欧米メディアの記者から勾留を疑問視する質問が相次いだが、久木元(くきもと)伸・次席検事は「国ごとにそれぞれの制度がある。自分の国と違うからと簡単に批判するのはいかがなものか」と反論した。
 検察関係者は「日産社内で圧倒的な権限を持ち、口裏合わせなどの証拠隠滅の恐れも国外逃亡の恐れも十分ある。世界的な経営者だからといって特別扱いとはならず、勾留の長期化は避けられないだろう」との見方を示している。
https://www.sankei.com/affairs/news/181201/afr1812010014-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高校女子バスケ部監督「殺すぞ」 体罰や暴言で停職処分、山梨(1日)共同

山梨県富士吉田市の富士学苑高校女子バスケットボール部の60代男性監督が部活動中に複数の部員に体罰をしていた問題で、同校は1日、監督が部員の背中やすねを蹴ったほか、「殺すぞ」「熱中症になれ」などの暴言を吐いていたことを明らかにした。同日付で監督を停職処分とした。
 同校が行った部員らへの聞き取り調査によると、監督は2016~18年、ほかに「死ね」と言ったり、至近距離からボールをぶつけたりすることがあった。けがをした部員はいなかった。
 監督は学校側に「指導に熱中するあまり、行き過ぎがあった。暴言や体罰と捉えられても仕方がない」との認識を示したという。
https://this.kiji.is/441560441095586913?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「エスカレーターは歩かずに」足形などデザインで訴え(1日)NHK

東京オリンピック・パラリンピックに向けて、エスカレーターに「立ち止まって乗る」安全な利用方法を広めようと、ステップに足形を描くなどデザインで訴える試みが東京 品川区の商業施設で始まりました。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181201/k10011731191000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_004

エスカレーターは転倒や転落を防ぐために立ち止まって乗るのが…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»鈴鹿サーキットで練習中の一般ライダーが事故死(1日)TBS

 三重県の鈴鹿サーキットで、レーシングコースを練習走行していた一般のライダーのオートバイ3台が転倒する事故があり、1人が死亡しました。
 1日午前10時15分ごろ、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキット国際レーシングコースで、一般ライダーのオートバイおよそ50台が練習走行中、コーナーにさしかかった1台が転倒、そこへ後続の2台が突っ込み転倒しました。
 この事故で、3台目の大型オートバイを運転していた静岡県袋井市の会社員・川谷知志さん(32)がガードレールに投げ飛ばされ、全身を強く打ち死亡しました。ほかの2人は命に別状はないということです。
 鈴鹿サーキットでは1日、一般向けに1回30分の練習走行を5回実施していて、警察が事故の詳しい原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3538435.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»10年前の切断遺体被害者、今年8月の遺棄事件被告の知人(1日)TBS

10年前、滋賀県の琵琶湖で切断された男性の遺体が見つかった事件で、遺体は県内に住む男性とわかりました。この男性は今年8月、琵琶湖で起きた別の死体遺棄事件で起訴された被告の男の知人だったこともわかり、警察が2つの事件の関連を調べています。
 2008年に琵琶湖で切断された男性の遺体の一部が相次いで見つかった事件で、男性は野洲市の職業不詳・川本秀行さん(当時39)とわかりました。
 「おとなしそうな感じの人で、身近にそういう人がいるっていうのはびっくりですよね」(近所の人)
 捜査関係者らによりますと、川本さんは今年8月に草津市内の用水路で切断された男性の遺体が見つかった事件で、10月に逮捕・起訴された杠共芳被告(68)と知人だったということです。2人は当時、草津市内の建設会社の寮で生活していて、知人らによりますと、杠被告が川本さんを暴行するなど2人にトラブルがあったということです。警察は2つの事件の関連を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3538432.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(1、2日 単位・レベル)
少年刑法犯で凶悪犯が増加
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014321 昭和の時代に良く使われていた「愚連隊」―繁華街などで暴力行為を常習とする青少年の不良団をこう呼称していた。今では〝死語〟のようになっているが、現実に存在していると思われる事件もある。ただ、マスコミが使わないだけだ。
 先月19日に東京・八王子市の公園で、町田市の25歳の男性にカッターナイフを突き付けて脅し、現金9000円を奪った強盗容疑で17歳の少年少女7人が警視庁に逮捕された。ナイフを突き付けただけでなく、ハサミで頭髪を切ったというから、何をか言わんやだ。
 少年犯罪だが、今年に入り凶悪犯や粗暴犯、知能犯が増加傾向にある。
 警察庁によると今年10月現在の刑法犯少年の検挙人数は1万9105人で前年より2506人の減少。
 罪種別にみると最も増加したのは知能犯で前年より263人も増えて947人。次いで粗暴犯が75人増の2937人、凶悪犯が23人増の375人と続くが、窃盗犯が1937人も減って1万0723人になり、全体の数字を押し下げている。
 罪名で最も増えたのは知能犯が詐欺で+267人、凶悪犯は強制性交が49人も増えている。粗暴犯では暴行と恐喝が増加している。
 毎年10月現在の検挙人員は平成26年には3万8819人もあったものの年々減少し続けているが、凶悪犯と粗暴犯の増加は、まさに〝愚連隊〟と繋がりかねないので警戒が必要だろう。
 それに、知能犯が加われば、少年犯罪の緊急対策が必要になつてくる。
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

 typhoon詐欺劇場 typhoonおれおれ詐欺の注意を呼びかける映像

https://www.youtube.com/watch?v=jg5_iVc97zY

»杉良太郎さんら オレオレ詐欺対策協力へ、警察庁が正式に依頼(1日)TBS
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3537744.html

 〝猛威〟を振るうオレオレ詐欺対策に芸能人の協力を得ることになった。警察庁が杉良太郎さんら芸能人有志に、広報啓発活動への協力を依頼した。今年は9月までだが、被害額は130億円を超えていることから、杉良太郎さんら芸能人を入れたプロジェクトチームが立ち上げるもので、30日に委嘱式を行っている。

★特殊詐欺加担防止へ 高校生に防犯教室=神奈川
★現金詐取容疑グループが役割分担 交渉や書類作成(29日)共同
★カード使い780万円詐欺被害(28日)NHK福島
★神戸の82歳女性が詐欺被害9400万円(27日)産経
★詐欺で3人逮捕 総被害8千万か(27日)NHK
★詐欺防止でATM制限強化へ(25日)NHK
★偽「裁判所」はがき、各地で被害 100万円振り込み(24日)共同
★“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS
★ビジネス装うメール詐欺、日本企業も標的に (22日)日経
★架空の「循環取引」で1億円詐取か、食品卸販売会社元役員を逮捕(22日)TBS
★Amazonギフト券 7500万円分詐取か、2人を逮捕(22日)TBS
★偽電話詐欺2150万円被害 福岡県大木町の女性(21日)西日本
★犯罪収益引き出したナイジェリア人ら逮捕、警視庁(19日)産経
★詐欺受け子の男「借金払えず、貸金業者が指示」(18日)読売
★暴力団立件、ハードル高く=証拠残さず非組員使う-特殊詐欺、「資金源」に(17日)時事

| コメント (0) | トラックバック (0)

米アラスカで強い地震=M7.0、道路崩落も(1日)時事

【ロサンゼルス時事】米地質調査所(USGS)によると、アラスカ州南部で30日午前8時半(日本時間12月1日午前2時半)ごろ、マグニチュード(M)7.0の強い地震が発生した。一帯に津波警報が発令されたが、その後解除された。米メディアは、崩落した道路や、物が散乱した室内の様子を伝えた。人的被害は報告されていないという。
地震・津波の死者2000人超す=捜索打ち切り-インドネシア

 震源地は同州最大の都市アンカレジの北約13キロで、震源の深さは40.9キロ。地元警察当局によると、アンカレジではインフラに大きな被害が出ており、多くの住宅や建物が損傷した。アラスカ航空は、アンカレジ国際空港の発着便を一時見合わせた。(2018/12/01-09:32)https://www.jiji.com/jc/article?k=2018120100145&g=int&utm_source=top&utm_medium=topics&utm_campaign=edit

| コメント (0) | トラックバック (0)

阪神・糸原選手が一日警察署長 兵庫、交通安全呼び掛け(1日)共同

プロ野球阪神の糸原健斗選手(26)が1日、兵庫県警甲子園署の一日署長を務め、交通安全や飲酒運転撲滅を呼び掛けた。交通事故防止など年末特別警戒活動の一環。
 同県西宮市の阪神甲子園球場前で開かれた出動式に、警察官の制服に身を包んで登場。署員を激励した後、〇×形式で事故防止法を紹介する子ども向けのイベントに参加した。「後ろを確かめて車から降りました」と糸原選手が話すと、子どもたちが一斉に〇を示す右手を挙げた。
 糸原選手はその後、近くのショッピングセンターでもあいさつ。「けがをすると阪神の応援ができなくなります」と呼び掛け、会場の笑いを誘った。
https://this.kiji.is/441478146535998561?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

パトカー追跡の車転落 男性搬送(1日)NHK

1日未明、茨城県古河市で、信号無視をしたとしてパトカーに追跡された車がその後、近くの用水路に転落しているのが見つかり、運転していた男性が心肺停止の状態で病院に搬送されました。

警察によりますと、1日午前2時40分ごろ、古河市東3丁目の市道でパトロール中の警察官が信号無視をした乗用車を見つけパトカーで追跡しました。
パトカーはサイレンを鳴らして停止を呼びかけましたが、乗用車は従わず、数百メートル走ったところで見失ったということです。
その後、午前7時ごろ、逃げた乗用車が警察官が見失った地点から数百メートル離れた場所にある深さおよそ4.5メートルの用水路に横倒しになって転落しているのを近所の人が見つけ、運転席の男性は心肺停止の状態で病院に搬送されました。
男性は年齢が30代くらいとみられ、警察が身元の確認を急いでいます。
車が転落した現場は道路にかかる橋の架け替え工事が行われていて、近くに、う回するための仮設の橋がありますが、橋がない場所からまっすぐに転落したとみられるということです。
古河警察署の矢川春樹副署長は「現時点でパトカーの追跡行為に問題があったとは考えていない」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20181201/1070004834.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»宮城・東松島市の180万円強盗被害は“うそ”(1日)TBS

先月30日、宮城県東松島市のコインパーキングで、集金を担当していた38歳の男性から「刃物を持った男に売上金およそ180万円を奪われた」と通報があった事件は、通報した男性のうそだったことがわかりました。バッグも、男性が供述した場所で見つかりました。
 警察の調べに対し、男性は「金に困っていて、うそをついてしまった」と話しているということです。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3538282.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»パワハラ受けて休職と提訴、慰謝料など求める(1日)TBS

バイエル薬品に勤務する女性が執拗にいじめられるなどのパワハラを受けて休職を余儀なくされたとして、慰謝料などを求める訴えを起こしました。
 訴えを起こしたのは、バイエル薬品に勤務する30代の女性です。訴状などによりますと、女性は幹部候補生として入社した後、ドイツなどの勤務を経て東京本社の勤務になりました。しかし、このころから、上司から会議で泣き出すまで責め続けられたり、無視されたりするパワハラを受けた上、外国人の夫をめぐって差別的な発言をされるなどの嫌がらせを受けて体調を崩し、休職を余儀なくされたということです。
 女性は会社のコンプライアンス部門にも相談しましたが、解決する姿勢を見せなかったということで、会社を相手取り慰謝料などおよそ2200万円の支払いを求めています。
 「自分がここで事件をなかったことにして、例えば、お金だけをもらって退職をするようなことがあれば、問題を握りつぶすような人たちと自分が同類になってしまうのかなと」(バイエル薬品の女性社員)
 女性は「自分は泣き寝入りできない」と訴えました。
 バイエル薬品は「訴状を受け取っておらず、今後、適切に対応する」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3537761.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

»虚偽の捜査報告書作成か、警部補ら6人を懲戒処分(1日)TBS

神奈川県警は、虚偽の捜査報告書を作成したなどとして、川崎警察署の男性警部補ら6人を懲戒処分にしたと発表しました。
 懲戒処分されたのは、神奈川県警川崎警察署の男性警部補(35)ら6人です。警部補ら6人は、今年4月中旬から5月下旬までの間に、銃刀法違反事件の捜査の一環として、裁判所から捜索差し押さえ状の発布を得るための捜査報告書に、うその記載をするなどしたということです。
 虚偽の報告書を作成した署員が、今回の捜査に携わっていない別の上司に相談して発覚したということですが、6人は、30日付で書類送検されました。
 神奈川県警は、「業務管理を徹底し、再発防止に努めてまいります」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3537740.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

工藤会系組長と親交 戸畑祇園の前運営委員長(1日)西日本

北九州市戸畑区の夏祭りで、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産「戸畑祇園大山笠」振興会の前運営委員長の男が今年3月、特定危険指定暴力団工藤会系組長の長寿を祝う宴会に出席していたことが関係者への取材で分かった。振興会は昨年3月、暴力団関係者の役員就任を会則改正で禁じている。別の関係者によると、男は、組長とその親交者が月1回開く会合にも以前から参加していたという。
 男は、同区菅原3丁目、建設会社「広栄」の役員中村健吾容疑者(49)=有印公文書偽造・同行使容疑で逮捕、処分保留。複数の関係者によると、宴会は市内で開かれ、数十人が出席。振興会の別のメンバーも同席していた。月1回の会合は「二十日会」と呼ばれ、地場業者など十数人が組長と酒を飲んでいたという。
 福岡県警は30日、中村容疑者が工藤会系組幹部ら複数人と密接交際しているとして、役員を務める広栄など3社を県や市などに通報した。県警によると、会食のほか、誕生日会への出席や組員との通話を確認しているという。県などは3社を公共工事から排除する。
 また、県警は同日、有印公文書変造・同行使の疑いで、中村容疑者と、広栄の従業員の男(35)=同=を再逮捕した。再逮捕容疑は、共謀して2014年1~2月、工事を請け負う目的で、一般建設業の許可通知書を書き換え、同月上旬、発注元の業者に提出した疑い。県警は認否を明らかにしていない。

=2018/12/01付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/469791/

| コメント (0) | トラックバック (0)

3900万円詐取容疑 指揮者の元マネジャー逮捕 大阪(1日)産経

国内外で活動する男性指揮者の父親から借金返済名目で現金約3900万円を詐取したとして、大阪府警箕面署は30日、詐欺の疑いで、指揮者の元マネジャー、照原(てるはら)正久容疑者(51)=東京都世田谷区=を逮捕した。「全くのでたらめ」などと容疑を否認している。
 逮捕容疑は平成23年4月~24年3月、指揮者の借金をめぐり、70代の父親に自身が借金を立て替えたとするメールを送るなどし、24年6月下旬に大阪府箕面市内の金融機関で現金を引き出させ、約3900万円をだまし取ったとしている。
  同署によると、照原容疑者は21年に東京都内で芸能事務所を設立。23年から2年間、指揮者の専属マネジャーを務め、借金の整理なども担当していた。父親が27年3月に詐欺罪で府警に刑事告訴し、同署が捜査を進めていたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/181130/afr1811300049-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自転車登校中の高校生をひき逃げ、容疑で49歳女逮捕 群馬(1日)産経

自転車で登校中の高校生をひき逃げしたとして、群馬県警館林署は30日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、同県館林市広内町のパート、増田恵美子容疑者(49)を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は26日午前8時10分ごろ、館林市北成島町の国道122号交差点で軽ワンボックス車を運転し、自転車で登校中の同市西高根町の県立高校2年、山口竜輝(りき)さん(17)をはねて顔の骨を折る重傷を負わせ、救護せずに逃走したとしている。
同署によると、交差点に信号機はなく、増田容疑者側に一時停止の標識があった。増田容疑者は仕事中だった。登校した山口さんの顔から出血しているのに教員が気付き、連絡を受けた父親が同署に通報した。
 https://www.sankei.com/affairs/news/181130/afr1811300050-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東名高速で3台絡む事故、女性1人死亡 神奈川(1日)産経

30日午前11時10分ごろ、神奈川県厚木市船子の東名高速道路上り線で、乗用車2台とタンクローリーの計3台が絡む事故があり、女性1人が死亡した。他に男女5人が搬送され、うち女性1人が搬送時に重体。残る4人は軽傷とみられる。
 県警高速隊によると、埼玉県草加市の無職、川辺恵司さん(80)の乗用車が前を走っていたタンクローリーに追突し、追い越し車線にはみ出したところ、さらに後ろから来た別の乗用車が川辺さんの車に衝突した。
川辺さんの車にはいずれも70代の女性3人が同乗しており、うち東京都日野市新井の森久保美枝子さん(78)が死亡。川辺さんと女性2人、最後に衝突した車の男性(19)と女性(20)が病院に搬送された。
 高速隊は身元の確認を急ぐとともに事故原因を調べている。現場は3車線のほぼ直線。
https://www.sankei.com/affairs/news/181201/afr1812010003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

河川敷に少女の遺体 父親もけが(1日)NHK

30日夜、水戸市の河川敷で、18歳の少女が死亡しているのが見つかり、すぐ近くでは首にけがをした父親が倒れているのが見つかりました。
警察は、現場の状況から少女が事件に巻き込まれた可能性もあるとみて、死因を調べるとともに、父親が何らかの事情を知っているとみて回復をまって話を聴くことにしています。

30日午後9時すぎ、水戸市下大野町の那珂川の河川敷で、近所に住む男性から「人が倒れている」と警察に通報がありました。
警察が駆けつけたところ、河川敷の草の上で市内に住む18歳の高校3年の少女があおむけで倒れていてすでに死亡していました。
目立った外傷はないということです。
また、現場から数十メートル離れた所では少女の48歳の父親が首に切り傷のある状態で倒れているのも見つかりました。
父親は現在、病院で手当てを受けていて命に別状はないということです。
現場近くには2人が乗ってきたとみられる車が止まっていました。
警察は、現場の状況から少女が事件に巻き込まれた可能性もあるとみて死因を調べるとともに、父親が何らかの事情を知っているとみて回復をまって話を聴くことにしています。
現場は水戸市の中心部から南東に7キロほど離れた那珂川の河川敷です。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181201/0022023.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

都が虐待防止条例の骨子案公表(1日)NHK

東京都は、制定を目指している、子どもへの虐待防止に関する条例の骨子案をまとめ、保護者の責務として子どもへの体罰を禁止することや、乳幼児健診の受診を努力義務とすることなどを条例案に盛り込む方針です。
 東京都は、目黒区で5歳の女の子が両親から虐待を受けて死亡した事件など相次ぐ児童虐待を防ぐため、独自の条例の制定を目指していて30日、その骨子案を公表しました。
この中では、保護者の責務として、子どもへの体罰を禁止することや妊婦健診や乳幼児健診の受診を努力義務とすることなどを条例案に盛り込む方針です。
また、目黒区で起きた事件で児童相談所の間での引き継ぎがうまく行われなかった教訓を踏まえ、転居に伴う引き継ぎを的確に行うことも盛り込む考えです。
都によりますと、保護者の責務として子どもへの体罰の禁止が盛り込まれた条例が制定されれば、都道府県では初めてになるということです。
東京都の小池知事は30日の会見で、「体罰は、虐待にエスカレートする可能性がある。子どもの虐待死をなくすため、工夫や課題を吟味しながら厚みのある条例案を作りたい」と述べました。
都は、条例の骨子案に対する都民からの意見を今月29日まで募集したうえで、条例案をまとめ、来年2月に開会する都議会の定例会に提出することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181201/0022016.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»杉良太郎さんら オレオレ詐欺対策協力へ、警察庁が正式に依頼(1日)TBS

 あとを絶たないオレオレ詐欺対策のため、警察庁は30日、杉良太郎さんら芸能人の有志に、広報啓発活動への協力を正式に依頼しました。
 オレオレ詐欺の被害は、今年は9月までで、すでに130億円を超えています。
 この対策に、歌手で俳優の杉良太郎さんら、芸能人が名乗りを上げ、プロジェクトチームが立ち上がり、30日、警察庁は正式に協力を依頼する委嘱式を行いました。プロジェクトチームには、エグザイルの松本利夫さんや乃木坂46なども参加しています。
 今後、このプロジェクトチームは警察庁と協力して、イベントや注意喚起の映像などを通じて積極的に注意を呼びかけていく予定です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3537744.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»巧妙化する“偽サイト” 「謎だらけ」新たな被害も(1日)TBS

インターネットで購入したのに商品が届かない。そんなお金をだまし取ることが目的の、いわゆる“偽サイト”が巧妙化しています。そして、偽サイトの利用者だけでなく、全く関係のない新たな被害者も生まれています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3537756.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»横田基地騒音訴訟、国に約9600万円の賠償命令 東京地裁(1日)TBS

在日アメリカ軍・横田基地の周辺住民らが、航空機の夜間と早朝の飛行差し止めと騒音被害の損害賠償を求めて国を訴えた裁判で、東京地裁立川支部は、国におよそ9600万円の賠償を支払うよう命じる判決を言い渡しました。
 この裁判は、東京の在日アメリカ軍・横田基地の周辺に住む144人が、アメリカ軍と自衛隊の航空機の夜間と早朝の飛行差し止めと、騒音被害の賠償を求めて国を訴えたものです。
 30日の判決で東京地裁立川支部は、「周辺住民への見過ごせない不公平が存在する」と指摘し、過去の騒音被害に対する賠償として、あわせておよそ9600万円の支払いを命じる判決を言い渡しました。一方で、原告の住民らが求めていた飛行の差し止めや飛行が続くことで受ける将来分の被害の賠償については、訴えを退けました。
 原告の住民らは、判決を不服として控訴する方針だということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3537748.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月30日 | トップページ | 2018年12月2日 »