« 「強姦事件数、類を見ず突出」 被告に無期懲役判決(13日)朝日 | トップページ | »携帯販売店「実質0円」広告、消費者庁が注意呼びかけ(14日)TBS »

2018年11月14日 (水)

»悪質タックル問題、警視庁「指示の会話なかった」(14日)TBS

日大アメフト部の悪質タックル問題で、内田前監督と井上前コーチが反則行為を指示した根拠の1つとされた会話について、警視庁が実際にはなかったとみていることが分かりました。
 この問題は今年5月のアメリカンフットボールの試合で、日大の宮川泰介選手(20)がパスを投げ終えた関西学院大学の選手に背後からタックルし、全治3週間のけがをさせたものです。
 日大の第三者委員会の報告書はタックルの直後、内田正人・前監督が井上奨・前コーチから「やりましたね」と声を掛けられ、「おお」と応じたとしていて、この会話が2人が反則行為を指示した根拠の1つだとしていました。
 しかし、警視庁が200人を超える部員や関係者に聞き取りを行ったところ、こうした会話があったことは確認できなかったということです。
 警視庁は、今月中にも2人を傷害の疑いで書類送検する方針ですが、立件はされない見通しです。

« 「強姦事件数、類を見ず突出」 被告に無期懲役判決(13日)朝日 | トップページ | »携帯販売店「実質0円」広告、消費者庁が注意呼びかけ(14日)TBS »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67379177

この記事へのトラックバック一覧です: »悪質タックル問題、警視庁「指示の会話なかった」(14日)TBS:

« 「強姦事件数、類を見ず突出」 被告に無期懲役判決(13日)朝日 | トップページ | »携帯販売店「実質0円」広告、消費者庁が注意呼びかけ(14日)TBS »