« 外国人窃盗「被害が続いたら店は潰れていた」(12日)読売 | トップページ | 1億円事件後フェラーリ購入…元秘書、周囲も怪しむ生活(12日)朝日 »

2018年11月12日 (月)

衛星活用し安否確認訓練、和歌山 串本町、ネット使えない状況想定(12日)西日本

今月から本格運用が始まった準天頂衛星「みちびき」を使った防災訓練が11日、和歌山県串本町で実施され、町民ら約150人が参加した。災害で電話やインターネットが使えない状況を想定。参加者は衛星が持つ安否確認サービスの機能を活用し、離れた家族らに避難先などを知らせる手順を確認した。
 訓練は町立小などで実施した。参加者がタブレット端末で入力した電話番号やけがの有無といった情報を、避難所に設置された端末から衛星に送信して登録。入力した電話番号を検索すると、避難先などの情報が表示された。情報を集約することで、災害支援の効率化も期待されている。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/464754/

« 外国人窃盗「被害が続いたら店は潰れていた」(12日)読売 | トップページ | 1億円事件後フェラーリ購入…元秘書、周囲も怪しむ生活(12日)朝日 »

災害(地震など)・火災・遭難・天災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 衛星活用し安否確認訓練、和歌山 串本町、ネット使えない状況想定(12日)西日本:

« 外国人窃盗「被害が続いたら店は潰れていた」(12日)読売 | トップページ | 1億円事件後フェラーリ購入…元秘書、周囲も怪しむ生活(12日)朝日 »