« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 日産本社を家宅捜索 東京地検特捜部(19日)産経 »

2018年11月19日 (月)

過小申告、ゴーン会長逮捕 日産のケリー取締役も(19日)産経

日産自動車(本社・横浜市)のカルロス・ゴーン会長(64)が自身の報酬を過少に申告したとして、東京地検特捜部は19日、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で、ゴーン容疑者と、同社代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者(62)を逮捕した。過少申告額は約50億円。特捜部は同日、横浜市の日産自動車本社など関係先を家宅捜索した。日産は善管注意義務に違反するとし、ゴーン容疑者の会長と代表取締役の職を解くよう取締役会に提案すると明らかにした。
 逮捕容疑は、平成23年6月~27年6月、5回にわたり、22~26年度のゴーン容疑者の報酬が計約99億9800万円だったにもかかわらず、計約49億8700万円と記載した有価証券報告書を提出したとしている。
 日産が発表した声明によると、同社は内部通報を受け数カ月間かけて調査。長年にわたり、ゴーン容疑者の報酬の過少申告が判明したほか、同社の資金を私的に支出するなど複数の重大な不正もあったとしている。
 ゴーン容疑者はブラジル生まれ。1978年にタイヤメーカーのミシュランに入社し、90年に36歳で北米ミシュラン会長に抜擢された。96年にルノー上席副社長に就任。99(平成11)年6月、45歳で極度の経営難にあった日産の最高執行責任者(COO)に就任。2001(同13)年6月から社長兼最高経営責任者(CEO)となった。
 日産では「リバイバルプラン」を策定し、大リストラを断行、わずか1年で大幅赤字から黒字へ「V字回復」を成し遂げた。その後、三菱自動車との提携を主導し、16(同28)年12月に同社の会長に就いた。17(同29)年4月に日産の社長を退き、代表権のある会長となった。
 日産は「今後も捜査に協力していく」としている。
https://www.sankei.com/affairs/news/181119/afr1811190025-n1.html

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 日産本社を家宅捜索 東京地検特捜部(19日)産経 »

検察、地検特捜部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67398201

この記事へのトラックバック一覧です: 過小申告、ゴーン会長逮捕 日産のケリー取締役も(19日)産経:

« 警視庁管内体感治安レベル2 | トップページ | 日産本社を家宅捜索 東京地検特捜部(19日)産経 »