« 鹿児島の老人ホーム、わずか3日で女性4人死亡(24日)読売 | トップページ | 「いじめ調査」委員の半数が交代 熊本高3自殺・県教委第三者委 遺族に不安(24日)西日本 »

2018年11月24日 (土)

道端に散乱「黄金のペットボトル」 運転手がポイ捨てか 首都圏の幹線道路 「トイレに寄れない」過酷な運送業の実態も(24日)西日本

「黄金色の液体が入ったペットボトルを首都圏の幹線道路周辺でよく見掛ける」。東京都在住の男性から調査依頼が届いた。何が起きているのか。取材を進めると、思わぬ問題が浮かんできた。
 男性がよく見掛けるという埼玉県三郷市の国道を歩いてみた。車道と歩道を隔てる遮音壁の車道側に、不審な500ミリリットルのペットボトルが2本転がっていた。歩行者が入るとは考えにくく、信号待ちなどの車からのポイ捨てと思われる。
 ラベルには「コーヒー」とあるのに液体は透き通った薄茶色。ふたを開けると、尿のにおいがした。
 物流センターや倉庫が林立する川崎市臨海部の市道では、わずか20メートルの間に「黄金ペット」らしき液体8本を発見。中央分離帯の植栽部でも不審なペットボトル14本が遠目にも見えた。
 回収した「黄金ペット」を民間分析機関「分析センター」(東京都千代田区)で調べてもらうと、確かに尿素を検出。「尿と考えられる」との結果だった。
 川崎市臨海部の事業所の男性職員(63)は「10年ほど前から年に5、6回ほどトラック運転手が捨てるのを目撃した」と打ち明ける。運転手を問い詰めると「トイレに行くのが面倒くさい」と言われたという。
 「黄金ペット」投棄問題は国も把握。国土交通省は2010年ごろから、国道の中央分離帯に防止ネットや柵を設ける対策を進めるが、いたちごっこが続く。
 都内の国道で清掃していた男性作業員は「月1回の清掃で約13キロ区間に60~70本出てくる」。千葉県の国道約100キロ区間を月1回清掃する業者も「毎回30~50本ある」と明かす。高速道路もポイ捨て多発地帯だ。NEXCO東日本は「主にパーキングエリアから本線への加速車線周辺で、週3回の清掃で1回当たり8本ほど見つかる」と嘆く。
 ボランティア清掃に当たる人たちからは「爆弾」と眉をひそめられている。

続く downwardleft
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku_partner/article/467987/

« 鹿児島の老人ホーム、わずか3日で女性4人死亡(24日)読売 | トップページ | 「いじめ調査」委員の半数が交代 熊本高3自殺・県教委第三者委 遺族に不安(24日)西日本 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67412832

この記事へのトラックバック一覧です: 道端に散乱「黄金のペットボトル」 運転手がポイ捨てか 首都圏の幹線道路 「トイレに寄れない」過酷な運送業の実態も(24日)西日本:

« 鹿児島の老人ホーム、わずか3日で女性4人死亡(24日)読売 | トップページ | 「いじめ調査」委員の半数が交代 熊本高3自殺・県教委第三者委 遺族に不安(24日)西日本 »