« »“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS | トップページ | 「連れ去られたら…」木造船漂着、今年も相次ぐ(23日)読売 »

2018年11月23日 (金)

来年70年、三鷹事件に迫る あす武蔵野で語り継ぐ集会(23日)共同

一九四九年七月、東京の旧国鉄三鷹駅で無人電車が暴走し、六人が亡くなった「三鷹事件」。来年で七十年を迎えるのを前に、市民グループ「三鷹事件の真相を究明し、語り継ぐ会」が二十四日、武蔵野市内で集会を開く。事件の単独犯と認定された元運転士の竹内景助元死刑囚は、無罪を訴えて再審請求している最中に、亡くなった。遺族が遺志を継ぎ再審請求中で、節目の年を前に、関係者は「再審の実現を」と願っている。 (花井勝規)
 三鷹事件では、暴走、脱線した無人電車が商店などに突っ込み、六人が死亡、約二十人が重軽傷を負う惨事となった。同じ時期に発生した下山事件、松川事件とともに国鉄三大事件と呼ばれる。
 五〇年八月の一審判決は、起訴された国鉄労働組合(国労)の組合員ら九人を無罪としたが、竹内元死刑囚には無期懲役を言い渡した。翌年の控訴審でさらに重い死刑判決が言い渡され、上告審で死刑が確定。竹内死刑囚は無実を訴えて再審請求をしたが、六七年に脳腫瘍で亡くなった。
 集会では、三鷹事件を取り上げた民放の特集番組を上映し、事件を振り返るほか、竹内元死刑囚の長男が二〇一一年に東京高裁に再審請求を申し立て、高裁や弁護団の間で続いている三者協議について、弁護団の弁護士が解説する。
 会の代表世話人の一人で、三鷹市在住の元教員古川啓さん(65)は「三者協議の状況を聞く限り、そろそろ高裁が再審を決定するか、請求を棄却するかを判断する時期に来ている」と指摘。「再審の実現で闇の中にある真実を明らかにする第一歩を踏み出したい」と話す。

 集会は午後二時、武蔵野市境の武蔵野スイングホール十階の会議室で。参加費は資料代として五百円。問い合わせは日本国民救援会三多摩総支部内の事務局=電042(524)1532=へ。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201811/CK2018112302000124.html

« »“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS | トップページ | 「連れ去られたら…」木造船漂着、今年も相次ぐ(23日)読売 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67410574

この記事へのトラックバック一覧です: 来年70年、三鷹事件に迫る あす武蔵野で語り継ぐ集会(23日)共同:

« »“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS | トップページ | 「連れ去られたら…」木造船漂着、今年も相次ぐ(23日)読売 »