« 琵琶湖切断遺体は39歳男性 08年に発見、滋賀県警(30日)共同 | トップページ | 3900万円詐取容疑 指揮者の元マネジャー逮捕 大阪(30日)産経 »

2018年11月30日 (金)

移動オービス、場所予測は困難…速度違反を抑止(30日)読売

 兵庫県警は、移動式の速度違反自動取り締まり装置(移動オービス)の運用を21日に始めた。小型軽量でどこにでも設置でき、取り締まりに人手がかからないのが特徴だ。これまで幹線道路でしか手がけていなかった取り締まりが道幅の狭い生活道路でも可能になったため、ドライバーが取り締まり場所を予測するのは難しく、違反の抑止効果に期待が集まる。
 県警が導入した移動オービスは高さ約1メートル60、幅約1メートル、重さ約24キロ。高速道路に設置されているオービスと同様、通過する車の速度を自動で測り続け、違反車両を検知するとカメラがドライバーの顔やナンバーを撮影する仕組みだ。違反したドライバーを後で呼び出して交通切符(赤切符)を交付するため、取り締まりには2人程度しか必要ないという。
 この日午前7時半から約1時間、明石市立大久保南小学校前の通学路で行われた取り締まりでは、幅約2メートルの歩道に設置され、明石署員が稼働を見守った。通勤ラッシュで混雑する幹線道路の抜け道に使われることが多い場所だ。
 40キロの制限速度を大きく上回って違反となるケースはなかったが、近隣住民からは「通学途中の児童の傍らをスピードの速い車が通って怖い」との声が上がっていたという。

続くdownwardleft
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181130-OYT1T50065.html?from=ycont_top_txt

« 琵琶湖切断遺体は39歳男性 08年に発見、滋賀県警(30日)共同 | トップページ | 3900万円詐取容疑 指揮者の元マネジャー逮捕 大阪(30日)産経 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67436275

この記事へのトラックバック一覧です: 移動オービス、場所予測は困難…速度違反を抑止(30日)読売:

« 琵琶湖切断遺体は39歳男性 08年に発見、滋賀県警(30日)共同 | トップページ | 3900万円詐取容疑 指揮者の元マネジャー逮捕 大阪(30日)産経 »