« きょうは「いい風呂の日」 増える入浴中の事故 注意呼びかけ(26日)NHK | トップページ | 地面師グループ8人を再逮捕へ 詐欺容疑 警視庁(26日)産経 »

2018年11月26日 (月)

「障害者に目を向けて」 相模原殺傷事件の遺族が手記 (26日)日経

相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者19人が殺害された事件で息子(当時41)が犠牲となった遺族が共同通信に手記を寄せ、「会いたいという思いは強くなるばかりです」と心境を記した。26日で発生から2年4カ月。「障害者にもっと目を向けて」と訴えている。
 生まれた時、ダウン症と診断された息子。「授かった大事な命」と夫婦で良い薬や医者を探し、通院のため相模原市に転居した。近所の人に見守られながら、幼稚園から養護学校の高等部まで通った。「支えていただいて生活でき、心強く思ったものです」と感謝する。息子は事件の2日前、5日間の予定でやまゆり園に短期入所した。
 動物やダンス、アニメが好き。大切にしていた「ドラゴンボール」のDVDやよく着ていた服は息子の思いが詰まっているようで、持ち物の整理をやめた。「今でもみんなでいるときはいいのですが、1人で写真の前に立つといたたまれない気持ちになります」
 当初は手記を公表するつもりはなかった。「亡くなったということを否定したいのに、周りから何か言われれば、亡くなったということを押し付けられているみたいで、余計落ち込んでしまう」からだ。そっとしておいてほしいとの思いは今も変わらない。
 しかし植松聖被告(28)の差別的主張に賛同する人がいると聞き、「障害者がつらい立場に置かれる」とショックを受けた。「ここで声を上げなければ後悔すると思いました。声を上げないと息子に申し訳ない、とも思いました」。迷いを振り切り公表を決めた。「今回の件をきっかけに、障害者についてもっと議論してほしい」と願う。
 一日も早く裁判が始まってほしい。それは「どうして事件を起こしたのか、なぜ息子が死ななければならなかったのか」を知りたいから。そして、植松被告に聞きたい。「もしあなたの家族、親、兄弟、子どもが障害者となったら、同じような行動が取れるのか? 自身を含めて、いつ障害者の立場になるか分からないのに」〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38167440W8A121C1CC1000/

« きょうは「いい風呂の日」 増える入浴中の事故 注意呼びかけ(26日)NHK | トップページ | 地面師グループ8人を再逮捕へ 詐欺容疑 警視庁(26日)産経 »

一般ニュース(季節、話題、政治)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67420077

この記事へのトラックバック一覧です: 「障害者に目を向けて」 相模原殺傷事件の遺族が手記 (26日)日経:

« きょうは「いい風呂の日」 増える入浴中の事故 注意呼びかけ(26日)NHK | トップページ | 地面師グループ8人を再逮捕へ 詐欺容疑 警視庁(26日)産経 »