« 政治資金でキャバクラ=自民党和歌山市支部、代金返還へ(24日)時事 | トップページ | 社会多様化で留置場が進化 個室トイレやバリアフリー設備も(24日)西日本 »

2018年11月24日 (土)

「態度に腹立て」妻の顔たたく…警官を書類送検(24日)読売

妻の顔をたたいてけがを負わせたとして、福井県警が本部に勤務する男性警察官を傷害容疑で書類送検していたことが23日、分かった。送検は22日付で、同日、本部長訓戒処分を受けて依願退職した。県警は、被害者特定につながるとして階級、氏名、年齢を明らかにしていない。
 県警監察課によると、警察官は9月下旬、車内で妻の顔を複数回平手でたたき、打撲の軽傷を負わせた疑い。同月内に妻が警察に被害届を出して発覚した。発覚以降、出勤を自粛していた。
 調べに「妻の態度に腹を立てた。警察官としてふさわしくない行為で、妻に謝罪したい」と述べたという。https://www.yomiuri.co.jp/national/20181124-OYT1T50060.html

« 政治資金でキャバクラ=自民党和歌山市支部、代金返還へ(24日)時事 | トップページ | 社会多様化で留置場が進化 個室トイレやバリアフリー設備も(24日)西日本 »

不祥事案」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「態度に腹立て」妻の顔たたく…警官を書類送検(24日)読売:

« 政治資金でキャバクラ=自民党和歌山市支部、代金返還へ(24日)時事 | トップページ | 社会多様化で留置場が進化 個室トイレやバリアフリー設備も(24日)西日本 »