« 訓練中に犯人役の警官車両スリップ、見学者重傷(22日)読売 | トップページ | 今度は転倒した男児を放置 京都市バス、止まらぬ不祥事(22日)朝日 »

2018年11月22日 (木)

初の全国一斉強化期間、警察庁 「横断歩道は歩行者優先」(22日)西日本

 車対歩行者の死亡事故のうち7割は歩行者が道路横断中に発生していることから、警察庁は22日から、信号機のない横断歩道での歩行者優先を徹底させるため、初の全国一斉の広報・指導強化期間を設けた。各都道府県警が28日まで、キャンペーンを展開する。
 警察庁によると、昨年までの5年間に全国で起きた車対歩行者の死亡事故は計6576件で、うち4811件(73%)は歩行者が道路を横断中だった。472件は信号機のない横断歩道で発生し、ドライバーの減速が不十分なことによる事故が多発している。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/467506/

« 訓練中に犯人役の警官車両スリップ、見学者重傷(22日)読売 | トップページ | 今度は転倒した男児を放置 京都市バス、止まらぬ不祥事(22日)朝日 »

交通事故・渋滞・取締・統計・規制」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67406114

この記事へのトラックバック一覧です: 初の全国一斉強化期間、警察庁 「横断歩道は歩行者優先」(22日)西日本:

« 訓練中に犯人役の警官車両スリップ、見学者重傷(22日)読売 | トップページ | 今度は転倒した男児を放置 京都市バス、止まらぬ不祥事(22日)朝日 »