« 山林から男性の白骨遺体 茨城・ひたちなか市(2日)産経 | トップページ | 外務省、海外テロ想定し対処訓練 進出企業対象に(2日)西日本 »

2018年11月 2日 (金)

弁護士装う69歳、振り込め摘発で目立つ高齢者(2日)読売

 振り込め詐欺で、外国人や高齢者が摘発されるケースが目立っている。昨年は外国人の摘発が5年前の3倍に増え、65歳以上も2倍に。多くは弁護士などを装って現金を受け取る「受け子」で、警察は、摘発の強化で人手不足に悩む詐欺グループが、生活に苦しむ外国人や高齢者を狙って勧誘しているとみて警戒を強めている。
 5月8日午後、大阪府池田市の阪急石橋駅前で、複数の捜査員が私服姿で張り込んでいた。前日、大阪市東淀川区の70歳代の女性宅に息子をかたって金を要求する電話があり、指定場所で金を受け取りに来る「弁護士」を待ち構えていると、現れたのは足取りも弱々しい69歳の男だった。
 無言でカバンを開き、中に金を入れるように促すそぶりをしたため、捜査員が取り囲むと、男は抵抗せずに関与を認め、詐欺未遂容疑で現行犯逮捕された。男は「勤務していた飲食店の店長に誘われ、受け子を始めた。話せばボロが出るので、黙って金を受け取るつもりだった」などと供述。詐欺グループから1回10万円の成功報酬をもらう約束だったという。
 大阪では4月にも、ベトナム人の男(33)が受け子として詐欺未遂容疑で逮捕された。子供の頃に来日し、日本語を話せたため、法律事務所職員と偽って、高齢女性から現金を受け取ろうとしていたという。
(ここまで540文字 / 残り590文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181102-OYT1T50097.html?from=ycont_top_txt

« 山林から男性の白骨遺体 茨城・ひたちなか市(2日)産経 | トップページ | 外務省、海外テロ想定し対処訓練 進出企業対象に(2日)西日本 »

振り込め詐欺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67339777

この記事へのトラックバック一覧です: 弁護士装う69歳、振り込め摘発で目立つ高齢者(2日)読売:

« 山林から男性の白骨遺体 茨城・ひたちなか市(2日)産経 | トップページ | 外務省、海外テロ想定し対処訓練 進出企業対象に(2日)西日本 »