« 大阪弁護士会の弁護士を横領で起訴 大阪地検特捜部(22日)産経 | トップページ | 初の全国一斉強化期間、警察庁 「横断歩道は歩行者優先」(22日)西日本 »

2018年11月22日 (木)

訓練中に犯人役の警官車両スリップ、見学者重傷(22日)読売

21日午後1時頃、大阪府東大阪市の市花園ラグビー場の駐車場で、テロ対策の訓練中だった府警警備部の男性警部補(40歳代)運転のワゴン車がスリップし、見学中だった男性(同)がワゴン車とフェンスに挟まれた。男性は病院に搬送されたが、脚の骨を折る重傷。府警は、警部補が運転操作を誤ったとみている。
 府警によると、来年9月に開幕するラグビーワールドカップ日本大会に備えた総合訓練で、府警のほか消防や自衛隊などから計約500人が参加。事故は、銃を持った犯人がワゴン車で逃走し、対策部隊が制圧するという想定の訓練中に発生した。警部補は犯人役で、ワゴン車に乗り込んで、右にハンドルを切った際、後輪がスリップしたという。
 府警は「今後は安全管理に万全を期したい」としている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181121-OYT1T50133.html?from=ycont_top_txt

« 大阪弁護士会の弁護士を横領で起訴 大阪地検特捜部(22日)産経 | トップページ | 初の全国一斉強化期間、警察庁 「横断歩道は歩行者優先」(22日)西日本 »

その他事件・事故(行方不明など)及び自殺」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 訓練中に犯人役の警官車両スリップ、見学者重傷(22日)読売:

« 大阪弁護士会の弁護士を横領で起訴 大阪地検特捜部(22日)産経 | トップページ | 初の全国一斉強化期間、警察庁 「横断歩道は歩行者優先」(22日)西日本 »