« 横領容疑で弁護士逮捕、大阪地検 1億8千万円(1日)西日本 | トップページ | 相次ぐ操縦士の飲酒問題 乗務制限の統一基準設定へ 国交省(2日)NHK »

2018年11月 2日 (金)

台湾 脱線事故 日本車輌が「設計ミスあった」と発表(2日)NHK

台湾で特急列車が脱線し、18人が死亡した事故をめぐり、列車を製造したJR東海の子会社、「日本車輌製造」は、列車を自動的に制御する安全装置が作動していないことを知らせる仕組みに設計ミスがあったと発表しました。
 台湾北東部で先月21日、8両編成の特急列車が脱線した事故では、乗客18人が死亡し、200人以上がけがをしました。
 この事故をめぐり、列車を製造した「日本車輌製造」は1日、列車を自動的に制御する安全装置の作動状態を知らせる仕組みに設計ミスがあったと発表しました。
 会社によりますと、本来、安全装置が作動しなくなると、列車から指令部門に自動で通知される仕組みだということですが、設計ミスが原因で通知できなくなっていたということです。
 事故原因の究明に当たっている現地の当局の調査では、事故の30分ほど前にこの安全装置が切られていたことがわかっているほか、運転士も検察当局の調べに対し、事故の前に装置を切ったことを認めています。
 設計ミスがなければ、より早い段階で、安全装置が切られていたことが把握できた可能性もあり、日本車輌製造は「原因を究明し、再発防止に努めたい」とコメントしています。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181101/k10011695251000.html?utm_int=news_contents_news-main_003

« 横領容疑で弁護士逮捕、大阪地検 1億8千万円(1日)西日本 | トップページ | 相次ぐ操縦士の飲酒問題 乗務制限の統一基準設定へ 国交省(2日)NHK »

航空機・船(海難)・鉄道関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67337691

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾 脱線事故 日本車輌が「設計ミスあった」と発表(2日)NHK:

« 横領容疑で弁護士逮捕、大阪地検 1億8千万円(1日)西日本 | トップページ | 相次ぐ操縦士の飲酒問題 乗務制限の統一基準設定へ 国交省(2日)NHK »