« 宮古港で漁船火災 けが人なし(9日)NHK | トップページ | 安田さんの「謝罪」へ疑問相次ぐ 外国人記者(9日)共同 »

2018年11月 9日 (金)

陸自、部品3億円分「不能」判定 戦車や火器で、使える状態(9日)共同

陸上自衛隊が戦車や火器の修理費を算定する際、計約3億2千万円相当の部品を、まだ使える状態なのに「使用不能」と判定していたことが9日、会計検査院の調べで分かった。部品に付いていたさびを落とさずに判断していたという。算定時の実施要領に注意点が具体的に書かれておらず、検査院は防衛省に改善を求めた。
 検査院によると、陸自は、古くなった戦車などを引き続き使うかどうか、修理費と取得価格を比較して検討。その修理費は全国5カ所の補給処が算定し、個々の部品が使用可能かどうかも判定している。
https://this.kiji.is/433587278580106337?c=39546741839462401

« 宮古港で漁船火災 けが人なし(9日)NHK | トップページ | 安田さんの「謝罪」へ疑問相次ぐ 外国人記者(9日)共同 »

国防関係 国際紛争 自衛隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67363869

この記事へのトラックバック一覧です: 陸自、部品3億円分「不能」判定 戦車や火器で、使える状態(9日)共同:

« 宮古港で漁船火災 けが人なし(9日)NHK | トップページ | 安田さんの「謝罪」へ疑問相次ぐ 外国人記者(9日)共同 »