« 2018年11月25日 | トップページ | 2018年11月27日 »

2018年11月26日

2018年11月26日 (月)

大麻密輸入の疑い、Xリーグの米国人2選手逮捕(26日)読売

米国から大麻を密輸入したなどとして、大阪府警は26日、アメリカンフットボール・日本社会人Xリーグ「パナソニックインパルス」の米国人選手、ベンジャミン・アンダーソン(26)(大阪府守口市)、エドワード・バーンズ(26)(同)両容疑者を大麻取締法違反容疑で逮捕した。府警は、2人の認否を明らかにしていない。
 発表では、アンダーソン容疑者は9月下旬、米国から国際郵便で乾燥大麻約26グラム(約16万円相当)を輸入した疑い。バーンズ容疑者は今月26日、自宅で若干量の乾燥大麻を所持した疑い。
 横浜税関が9月、成田空港に到着したアンダーソン容疑者宛ての小包を検査し、大麻を発見。府警と大阪税関が合同捜査していた。
 パナソニックインパルスはXリーグの強豪。荒木延祥監督は「関係者やファンにご迷惑をおかけし、深くおわび申し上げます。原因究明と再発防止に向けて全力で取り組んでまいります」とコメントを出した。
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20181126-OYT1T50091.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

母殺害容疑で次男再逮捕=民家2女性遺体-島根県警(26日)時事

島根県出雲市知井宮町の会社員原圭司さん(50)宅で5日、母親の安枝さん(82)と妻の圭子さん(46)が死亡しているのが見つかった事件で、県警出雲署は26日、圭子さんに対する殺人容疑で、次男で学生の聡悟容疑者(21)を再逮捕した。
 出雲署によると「包丁で首を刺すなどして殺したことは間違いありません」と話しているという。
 逮捕容疑は5日午前7時35分~同9時ごろ、自宅で圭子さんの首の辺りを包丁で刺すなどして、殺害した疑い。https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112601099&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

死刑囚に無期懲役を求刑 殺人告白、弁護側は無罪主張(26日)産経

死刑が確定した後、別の2件の殺人事件への関与を告白し、殺人罪に問われた指定暴力団住吉会系元会長、矢野治(おさむ)被告(69)の裁判員裁判の論告求刑公判が26日、東京地裁(楡井(にれい)英夫裁判長)で開かれ、検察側は無期懲役を求刑した。弁護側は改めて無罪を主張し、結審した。判決は12月13日。
 検察側は論告で、「告白の目的は死刑執行の引き延ばしで、告白の内容は信用できる」と指摘。矢野被告が被告人質問で告白は「全く虚偽」と述べ、否認に転じたのは「裁判も引き延ばすためだ」と述べた。
 弁護側は、告白は虚偽で、目的は「新たな事件の話を出せば警察が死刑判決を受けた事件も再捜査してくれると思ったため」だとし、2件の殺人事件について「証拠不十分だ」として無罪を主張した。矢野被告は最終意見陳述で「虚偽の手紙を出したのは申し訳ない」などと述べた。
 矢野被告は前橋市のスナックで4人が死亡した拳銃乱射事件の首謀者として殺人罪などに問われ、平成26年3月に死刑判決が確定した。刑法の規定上、今回の2件の殺人で有罪が確定しても新たな刑は執行されない。
https://www.sankei.com/affairs/news/181126/afr1811260032-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

宮崎6遺体 過去の多数遺体発見事件、動機・経緯はさまざま(26日)産経

多数の犠牲者が出る殺人事件は過去にも各地で起きており、さまざまな動機や経緯が指摘されている。
 鹿児島県日置市では今年4月、民家で3人、近くの山林で2人の遺体が見つかった。30代の無職男が殺人容疑などで逮捕されたが、殺害された5人は68~89歳の男の親族4人のほか、民家近くに住む男性(47)も含まれていた。
 民家に、男の父や祖母が住んでおり、捜査関係者によると、男は生活態度を注意する祖母に不満を募らせていたという。男性は、民家の様子を見に行って巻き込まれたとみられる。
 兵庫県洲本市(淡路島)では平成27年3月、民家2軒で59~84歳の男女計5人が刺殺される事件が発生。殺人と銃刀法違反罪に問われた近所の男(44)に対し、神戸地裁は昨年3月、死刑を言い渡した。
 判決では動機について、向精神薬を長年服用していたことによる精神疾患により、「被害者一家が自分を攻撃する工作員と妄想を抱くようになった」と指摘。男は控訴した。
 25年7月には山口県周南市の集落で、住民5人が木の棒などで殴られて殺害された上、民家2軒が放火される事件が発生。同じ集落に住む60代の男が殺人罪などに問われ、「私は無実」と訴えたが、1、2審とも死刑判決が言い渡された。
 このほか、兵庫県加古川市では16年8月、2家族7人が殺害される事件があり、うち1家族の親族の男が殺人罪などで起訴され、すでに死刑が確定。確定判決では「見下されたり、ばかにされているように感じ怒りを募らせていた」と犯行の経緯に言及した。
https://www.sankei.com/affairs/news/181126/afr1811260034-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東京五輪会場「違法木材」使用か 環境団体が組織委などに通報(26日)共同

 2020年東京五輪・パラリンピックの会場となる新国立競技場や有明アリーナの建設工事に、インドネシアで違法伐採された木材が使われている可能性があるとして、現地の環境団体が組織委員会などに通報したことが26日、分かった。違法な木材の使用禁止や第三者による調査など、適切な対応を求めている。
 東京五輪は資源の有効活用や貧困撲滅など国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の達成を目指している。木材や農水産物には調達基準を設けており、仮に違法木材が確認されれば実効性を巡り批判が出そうだ。
 組織委と有明アリーナ建設の事業主体である東京都は「内容を確認中」としている。
https://this.kiji.is/439735667192939617?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

河川敷で猫の死骸相次ぎ発見(26日)NHK神奈川

神奈川県相模原市の河川敷などで5匹の猫の死骸が相次いで見つかりました。
複数の死骸のそばに青色がかったエサのようなものが残されていたということで、警察は薬品などを混ぜたエサが猫に与えられた疑いがあるとみて、詳しい状況を調べています。

警察によりますと、今月18日、相模原市中央区の相模川の河川敷などで4匹の猫の死骸が見つかったということです。
また、猫の死骸は25日も300メートルあまり下流の河川敷で見つかりました。
このうち4匹の猫のそばにはエサのようなものが置かれ、この中に青色がかったものが含まれていたということです。
死骸を発見した70代の女性は「口から泡のようなものを吐いていた」と話しているということで、警察は薬品などを混ぜたエサが与えられた疑いがあるとみて、動物愛護法違反の疑いで捜査しています。
現場はJR相模線の番田駅から西に3キロほど離れた場所です。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20181126/1050004607.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪被害者支援喚起で啓発活動(26日)NHK

犯罪被害に苦しむ人やその支援に理解を呼びかける「犯罪被害者週間」に合わせて、26日、JR横浜駅で、被害にあった場合の相談窓口やサポートする際の注意点などを広く知らせる啓発活動が行われました。
 これは、25日から始まった「犯罪被害者週間」にあわせて被害者支援に取り組むNPO法人などが行いました。
26日は、犯罪被害にあった場合の相談窓口や警察が捜査を行う場合の手順などが書かれたパンフレットが5000部用意され、JR横浜駅にある広場でNPO法人の職員らが配布しながら被害者支援への理解を呼びかけました。
また、会場には犯罪被害にあった人と接する際の注意点として、励ましたつもりがかえって傷つけてしまう場合もあるため、気持ちや話に耳を傾けることや価値観や倫理観を押しつけないことが大切だなどと書かれたパネルも設置されていました。
神奈川被害者支援センターの長島豪所長は「犯罪被害者の支援には地域の理解が不可欠です。被害者や家族をあたたかく見守ることのできる社会になることを望みます」と話していました。
このセンターでは日曜祝日と年末年始を除いた月曜から土曜の午前9時〜午後5時まで電話で相談を受け付けていて、番号は045−311−4727です。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yokohama/20181126/1050004608.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»九十九里浜 女性切断遺体、長男「母は朝起きたら死亡」(26日)TBS

 千葉県の九十九里浜で75歳の女性の切断遺体が相次いで見つかった事件で、逮捕された息子が「母親は朝起きたら死んでいた」と供述していることがわかりました。
 八街市の自称会社員・山田基裕容疑者(37)は今年9月、同居する母親の容子さん(75)の遺体を自宅で切断し、九十九里浜周辺に遺棄した疑いがもたれています。その後の捜査関係者への取材で、山田容疑者が「朝起きたら母親は死んでいた。遺体の処理に困って遺棄した」などと供述していることがわかりました。
 また、「切断した遺体を銚子から南に順々に捨てた」とも供述しているということです。警察は遺体の身元の発覚をおそれ、複数の場所で遺棄した可能性もあるとみて捜査しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3534046.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(26、27日 単位・レベル)
北海道の殺人事件が増える
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014299 宮崎県高千穂町で民家から6人の遺体が見つかった。
 26日午前、警察に「家族と連絡がとれない」との通報があり、調べたところ、屋外に女性1人、屋内に男性3人と女性2人計6人の遺体が発見された。遺体に外傷があったことから警察は殺人事件として捜査している。事件なら大量殺人となる。
 同日には岐阜県大野町の民家で、住人の女性(69)と男性(36)の2人が殺害されているのが発見されたが、この事件では女性の夫(68)が殺人容疑で逮捕された。
 さらに20日は、鹿児島県長島町の住宅で、女性が殺害されているのが発見されるなど、殺人事件が連続している。
 警察庁によると今年10月現在の殺人事件の認知件数は748件で前年同期より23件の減少。検挙率は高く94.7%だが、同3.9ポイント落ちている。
 認知件数のランキングは大阪の95件、東京の75件、神奈川の58件、兵庫の51件、愛知の50件と続いた。なんと北海道が前年より17件も増えて33件になったが、埼玉が15件も減らして26件と少なかった。
 検挙率のランキングは山梨の150%を頭に、滋賀の144.4%、鳥取と岐阜が各133.3%、岡山が120%の順。
 これに対して低かったのは高知と山形の各50%、香川の60%、島根の66.7%、青森と茨城の各71.4%と続いている。
 殺人や強盗、放火などの凶悪犯の中で殺人の検挙率は最も高かった。その意味では抑止効果が出ているが、それでも数字的には高い。家族間の事件も目立っている。
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

typhoon詐欺劇場 typhoonおれおれ詐欺の注意を呼びかける映像

https://www.youtube.com/watch?v=jg5_iVc97zY

警視庁、地面師の男女8人再逮捕(26日)共同
http://policestory.cocolog-nifty.com/blog/cat20691828/index.html

 積水ハウスに架空の土地取引を持ち掛け、約63億円をだまし取ったとして、警視庁は地面師グループの男女8人を再逮捕した。女性を含めた〝役者〟並の演技で、これだけだまし取るとは、やはり詐欺は〝劇場〟型なんだなぁと思わせる事件だ。

25日詐欺防止でATM制限強化へ(25日)NHK
★偽「裁判所」はがき、各地で被害 100万円振り込み(24日)共同
★“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS
★ビジネス装うメール詐欺、日本企業も標的に (22日)日経
★架空の「循環取引」で1億円詐取か、食品卸販売会社元役員を逮捕(22日)TBS
★Amazonギフト券 7500万円分詐取か、2人を逮捕(22日)TBS
★偽電話詐欺2150万円被害 福岡県大木町の女性(21日)西日本
★犯罪収益引き出したナイジェリア人ら逮捕、警視庁(19日)産経
★詐欺受け子の男「借金払えず、貸金業者が指示」(18日)読売
★暴力団立件、ハードル高く=証拠残さず非組員使う-特殊詐欺、「資金源」に(17日)時事
★最高裁、詐欺受け子を逆転有罪か 「中身知らず」と主張(16日)共同
★電子マネー詐取疑い再逮捕 全国で1億4千万円被害か(12日)産経
★(守る・防ぐ)詐欺かも?AIが判断し警告 ATM操作…携帯電話・マスクやサングラス姿【名古屋】(10日)朝日
★架空請求詐欺 3800万円被害(10日)NHK
★「銀行協会職員」かたり詐欺未遂容疑、16歳少年を逮捕(9日)朝日
★受け子が「中身知らず無罪」の判決見直しか 最高裁(6日)産経

| コメント (0) | トラックバック (0)

妻子殺害か、岐阜の68歳男逮捕 民家に2遺体(26日)共同

26日午前9時半ごろ、岐阜県大野町の民家で、住人の内藤京子さん(69)と長男克規さん(36)が死亡しているのを揖斐署員が発見した。県警は殺人容疑で、「妻と息子を殺した」と110番した京子さんの夫で無職の寿樹容疑者(68)を逮捕した。
 揖斐署によると、京子さんは1階寝室で、克規さんは1階仏間で倒れていた。いずれも首に絞められた痕があった。寿樹容疑者は京子さん、克規さんと長女(33)の4人暮らし。
 近所の住民によると、京子さんは持病でほとんど歩くことができず、寿樹容疑者が介護や家事をしていた。長女は知的障害があり、克規さんは働いていなかったという。
https://this.kiji.is/439642176663995489?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»民家で6遺体 見つかる、宮崎・高千穂町(26日)TBS

26日午前11時ごろ、宮崎県高千穂町で民家から6人の遺体が見つかりました。現在、警察で殺人事件として調べを進めています。
 警察によりますと、遺体が見つかったのは宮崎県高千穂町の民家で、26日午前10時20分ごろ、「高千穂町の家族と連絡が取れない」と県内に住む人から警察に通報がありました。警察官が民家を訪れたところ、屋外で女性1人、屋内で男性3人と女性2人の合わせて6人の遺体が見つかったということです。
 遺体には外傷があり、現在、警察が殺人容疑事件として捜査を続けています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3534044.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

心臓手術で女性患者死亡 京大病院(26日)産経

京都大病院は26日、心臓手術で肺動脈カテーテル(細い管)を使用し、60代の女性患者の心臓を傷つけ、患者が死亡したと発表した。
 京大病院によると、カテーテルを挿入し、位置を調整するため引き抜いた際、心臓の右房壁と呼ばれる場所が損傷し、出血した。女性は手術から4カ月後、低酸素脳症で死亡した。
https://www.sankei.com/affairs/news/181126/afr1811260011-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁、地面師の男女8人再逮捕 積水ハウスから63億円詐取容疑(26日)共同

 積水ハウスに架空の土地取引を持ち掛け、購入代金として約63億円をだまし取ったとして、警視庁捜査2課は26日、詐欺などの疑いで、土地所有者に成り済ます役だった職業不詳、羽毛田正美容疑者(63)ら地面師グループの男女8人を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、昨年、東京都品川区にある廃業した旅館の敷地(約2千平方メートル)について、積水ハウスにうその土地取引を持ち掛け、購入代金をだまし取った疑いがある。
 捜査2課は8人を、所有者に無断で土地所有権の移転登記をしようとし、法務局に偽造した委任状を出した疑いなどで2回逮捕していた。
https://this.kiji.is/439613645530088545?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

外務省の課長補佐を覚醒剤所持容疑で逮捕「ネットで購入」(26日)NHK

外務省の46歳の課長補佐が、東京・歌舞伎町の路上で微量の覚醒剤を持っていたとして逮捕されました。「ネットで購入した」と供述しているということで、警視庁が使用の疑いでも調べています。
続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

「LINE」で中高生の相談倍増(26日)NHK徳島

夏休み明けに多くなる子どもの自殺などを防ごうと、徳島県がことし8月下旬からの2か月間、LINEを使って中高生の悩み相談を行ったところ、電話相談の倍近い330件余りの相談が寄せられたことがわかりました。
  徳島県教育委員会は、夏休み明けに多くなる子どもの自殺などを防ごうと、県内の公立の中高生を対象にLINEを使った悩み相談を、ことし8月21日から先月19日までのおよそ2か月間にわたって初めて行いました。
 その結果、相談件数は同じ時期に行った電話相談の倍近い333件に上りました。
 相談の内容は、「友人関係」が最も多く76件、次いで「いじめ」が40件で、ほかにも恋人との関係や勉強の方法などに関する悩みも寄せられたということです。
 相談員は悩みを親身に聞いてアドバイスをするなど、LINE上で丁寧なやりとりを重ね、相談した生徒たちからは「電話より相談しやすかった」とか「家族や先生に言えないことが言えた」などという感想が寄せられたということです。
 徳島県教育委員会は「子どもたちが悩みを気軽に相談できる方法としてLINEは非常に有効だったので、来年度以降もできるように考えていきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/tokushima/20181126/8020003549.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

留置中の男性、脳出血で死亡 突然「もう無理」叫び出す(26日)朝日

愛知県警は25日、中署で留置中の男性容疑者(49)が死亡したと発表した。死因は脳幹部出血という。
 中署によると、25日午後0時45分ごろ、署内の留置施設で、男性が突然、看守勤務員に「もう無理、もう無理」などと言い出し、その後、呼吸が荒くなり意識を失ったという。署が119番通報し、男性は救急車で病院に搬送されたが、約6時間後に死亡した。
 男性は道交法違反(無免許運転)容疑で23日に逮捕され、勾留中だった。25日朝までは変わった様子はなかったという。
https://www.asahi.com/articles/ASLCV02RJLCTOIPE00V.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

白バイ達人コンビ 道守る 福岡県警競技大会2年連続1、2位 福岡南署 後輩育成、事故減に貢献(26日)西日本

福岡南署の白バイ隊にすご腕コンビがいる。福岡県内の白バイ隊員が運転技術を競う「安全運転競技大会」の最もレベルの高い部門で2年連続1、2位を独占した草野雄介巡査長(36)と川崎洋輔巡査部長(40)。10年来の付き合いで技を磨き合い、大会初の快挙につながった。署管内(福岡市南区)の今年の事故件数は前年同期比で68件減り、署幹部は「事故抑止にも一役買っている」と語る。
 大会は10月20日にあり、警察署や機動隊から58人が参加。経験年数別に4部門に分かれ、バランスやスピード、走りの正確性を競った。2人は昨年新設されたスペシャリストが集う特別訓練員の部に出場した。
 車体の重さは約350キロ。地面すれすれまで車体を傾け、障害物の間を縫うように走行する。2人は「タイヤ1本分内側を走ろうか」などと声を掛け合った。
 今年は1位草野巡査長、2位川崎巡査部長で昨年とは逆の順位に。草野巡査長は「川崎巡査部長の背中を追い掛けてきた。転倒や接触のリスクを減らす走行が鍵だった」と振り返る。
 署の白バイ隊には20代の隊員もいて、2人は巡回や訓練の合間に後輩の育成にも力を注ぐ。管内の10月末現在の事故件数は1143件(前年同期比68件減)で、死亡事故はゼロだ。
 古城彰義交通管理官は「交通指導や取り締まりをする白バイ隊の技術が底上げされた成果」と話す。白バイ歴17年の川崎巡査部長は言う。「技術や知識を伝え、交通事故を一件でも多く減らしたい」=2018/11/26付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/468303/

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性の頭小突き「臭い」、おむつ替えで介護職員(26日)読売

鳥取市末広温泉町の介護福祉施設「虹の家すえひろ」で、職員が利用者に対し「臭い」と発言するなどの不適切な行為をしていたことが分かった。施設側は職員に厳重注意をし、利用者の家族に謝罪。市は任意調査を行い、再発防止策を報告させることにしている。
 問題の施設は、鳥取医療生協が出資して設立した介護サービス会社「メディコープとっとり」が運営。市から介護事業者の指定を受けている。9月末、市に匿名の通報があり、発覚した。
 施設によると、職員は90歳代の女性のおむつを替える時に「臭い」と数回、発言。スリッパで頭のあたりに触れるなどし、別の80歳代の女性の頭を手で小突くような行為もあった。施設側の聞き取りに職員は行為を認め、反省しているという。同社の富永茂寿専務(58)は「研修を行うなど職員教育に努める」と話した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181125-OYT1T50057.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

拘置所のゴーン容疑者は? 仏メディア同情的に報道(26日)産経

  •  カルロス・ゴーン容疑者が収容されている東京・小菅の東京拘置所は、定員約3千人と、国内最カルロス・ゴーン容疑者が収容されている東京・小菅の東京拘置所は、定員約3千人と、国内最大の拘置所で、死刑囚や実刑が確定した受刑者のほか、判決が出ていない被告らが暮らしている。全体の約6割が1人部屋にあたる単独室。残りは定員6人の共同室だ。
     単独室は7・5平方メートルで3畳ほどの広さ。室内は収容者が自殺しないよう、丸みを帯びた棚など、徹底的に突起が排除された作りになっている。床部分も「畳に使われているテグス糸で首をつる危険性がある」(法務省関係者)として、ビニール素材を使用。室内に洋式トイレ、洗面台も備え付けられている。
     食事は、調理作業を担当する受刑者が1日3食を用意する。高齢者向けに減塩した食事があるほか、アレルギーや宗教的な事情にも個別に対応している。
     一方、フランスでは、プライベートジェットで世界を飛び回っていた生活から一転したゴーン容疑者の拘置所暮らしの実態が伝えられている。家族との面会は1日15分間で、日本語で話さなければならない状況と報じられ、フィガロ紙は、容疑者夫妻は日本語がほぼできないとして「苦悩を想像できる」と指摘した。
    https://www.sankei.com/affairs/news/181125/afr1811250011-n1.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    地面師グループ8人を再逮捕へ 詐欺容疑 警視庁(26日)産経

    住宅大手の積水ハウス(大阪市)が約55億円の被害に遭った東京都内の土地取引をめぐる事件で、積水ハウスから金をだまし取ったとして、警視庁捜査2課が詐欺の疑いで、土地の所有者の女性になりすました羽毛田(はけた)正美容疑者(63)ら地面師グループの男女8人を26日に再逮捕する方針を固めたことが25日、関係者への取材で分かった。同課は今後、詐取金の使途など全容解明を進める。
     関係者によると、8人は昨年4~6月、品川区西五反田の旅館跡地(約2千平方メートル)について積水ハウスに架空の売買取引を持ちかけ、代金として計約63億円をだまし取った疑いが持たれている。
    地面師グループは同社から分譲マンションを購入するとして約7億5千万円を同社に預けたため、同社の最終的な被害額は約55億5千万円となった。
     同課はこれまで土地所有者になりすまして所有者の名義を変更するため、法務局に偽造した委任状などを提出したとして、偽造有印私文書行使などの疑いで計15人を逮捕した。
     残りのメンバーについても詐欺容疑での立件に向けて捜査する方針。
    https://www.sankei.com/affairs/news/181126/afr1811260001-n1.html

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    「障害者に目を向けて」 相模原殺傷事件の遺族が手記 (26日)日経

    相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で2016年7月、入所者19人が殺害された事件で息子(当時41)が犠牲となった遺族が共同通信に手記を寄せ、「会いたいという思いは強くなるばかりです」と心境を記した。26日で発生から2年4カ月。「障害者にもっと目を向けて」と訴えている。
     生まれた時、ダウン症と診断された息子。「授かった大事な命」と夫婦で良い薬や医者を探し、通院のため相模原市に転居した。近所の人に見守られながら、幼稚園から養護学校の高等部まで通った。「支えていただいて生活でき、心強く思ったものです」と感謝する。息子は事件の2日前、5日間の予定でやまゆり園に短期入所した。
     動物やダンス、アニメが好き。大切にしていた「ドラゴンボール」のDVDやよく着ていた服は息子の思いが詰まっているようで、持ち物の整理をやめた。「今でもみんなでいるときはいいのですが、1人で写真の前に立つといたたまれない気持ちになります」
     当初は手記を公表するつもりはなかった。「亡くなったということを否定したいのに、周りから何か言われれば、亡くなったということを押し付けられているみたいで、余計落ち込んでしまう」からだ。そっとしておいてほしいとの思いは今も変わらない。
     しかし植松聖被告(28)の差別的主張に賛同する人がいると聞き、「障害者がつらい立場に置かれる」とショックを受けた。「ここで声を上げなければ後悔すると思いました。声を上げないと息子に申し訳ない、とも思いました」。迷いを振り切り公表を決めた。「今回の件をきっかけに、障害者についてもっと議論してほしい」と願う。
     一日も早く裁判が始まってほしい。それは「どうして事件を起こしたのか、なぜ息子が死ななければならなかったのか」を知りたいから。そして、植松被告に聞きたい。「もしあなたの家族、親、兄弟、子どもが障害者となったら、同じような行動が取れるのか? 自身を含めて、いつ障害者の立場になるか分からないのに」〔共同〕
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38167440W8A121C1CC1000/

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    きょうは「いい風呂の日」 増える入浴中の事故 注意呼びかけ(26日)NHK

    11月26日は語呂合わせで「いい風呂の日」。ところが、入浴中に溺れて亡くなった高齢者はおととしは4800人余りと、ここ10年で最も多くなっていて、消費者庁はそれぞれの家庭で事故防止につとめるよう呼びかけています。
    続きを読むdownwardleft

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    »兵庫・阪神高速道で1人死亡、ポルシェがトラックに追突(26日)TBS

     25日、兵庫県尼崎市を通る阪神高速道路で、トラックが後ろからきたポルシェに追突されて横転し、トラックに乗っていた男性が死亡しました。
     25日午後0時半ごろ、尼崎市南城内を通る阪神高速3号神戸線で、「トラックが横転している」と警察に通報がありました。
     警察によりますと、大阪方面に向かって走っていたトラックが後続のポルシェに追突されて横転し、ポルシェも炎上したということです。
     この事故で、トラックを運転していた会社員の手槌一郎さん(70)が頭などを強くうち、その場で死亡が確認されました。ポルシェを運転していた50歳の男性医師は、右足首を骨折するなどし、重傷とみられています。
     警察は男性医師に話を聞くなどして、事故の原因を詳しく詳しく調べる方針です。

    | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2018年11月25日 | トップページ | 2018年11月27日 »