« 2018年11月23日 | トップページ | 2018年11月25日 »

2018年11月24日

2018年11月24日 (土)

酒酔い運転で事故起こす、巡査部長を懲戒免職(24日)読売

 飲酒後に車を運転し、事故を起こしたとして、愛媛県警監察官室は22日、東予の警察署地域課に所属する40歳代の男性巡査部長を懲戒免職とした。県警は同日、巡査部長を道交法違反(酒酔い運転)容疑で書類送検した。県警は「逃亡や証拠隠滅の恐れがない」として逮捕を見送り、巡査部長の名前や所属していた警察署を明らかにしていない。
 発表では、巡査部長は休暇中の10月10日午後4時30分頃、松山市内の自宅マンション駐車場で、自家用車を酒に酔った状態で運転した疑い。車2台に接触させ、通報で駆けつけた警察官が飲酒検知をしたところ、巡査部長の呼気から基準値を上回るアルコール分が検出された。巡査部長は自宅で焼酎3杯を飲んでおり、「短い距離だったら見つからないと思った」と話したという。
 鈴木典男・首席監察官は「飲酒運転撲滅に取り組む中、県民の信頼を失墜させる行為。再発防止と信頼回復に努める」とコメントした。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181122-OYT1T50121.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

示談書強要か、弁護士逮捕 暴力団関係者らと共謀、大阪(24日)共同

暴力団関係者らに監禁され暴行を受けていた男性に、現金5千万円の支払いを約束させる示談書へ署名させたとして、大阪府警捜査4課は24日、強要の疑いで、大阪弁護士会所属の弁護士東正人容疑者(50)=大阪市天王寺区=ら4人を逮捕した。
 他に逮捕されたのは、自動車販売業中城則幸容疑者(42)=大阪市生野区=と30代の男2人で、捜査4課によるといずれも指定暴力団任侠山口組の関係者。東容疑者ら3人は容疑を認めている。
 逮捕容疑は共謀して4月29日、東容疑者の事務所で20代男性に対し、示談書を示して「サインしなかったら分かっとるやろ」などと言い、署名と指印をさせた疑い。
https://this.kiji.is/439017813919712353?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親の遺体遺棄容疑 長男が風呂場リフォームで証拠隠滅か(24日)NHK

千葉県の九十九里浜の周辺に切断した母親の遺体を遺棄したとして、同居する長男が逮捕された事件で、この長男が事件後、自宅の風呂場をリフォームしていたことが捜査関係者への取材でわかりました。警察は遺体を切断した際の痕跡など、証拠を隠滅するためだったとみて調べています。
続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»逮捕の日産前代表取締役「うその記載あったと思わない」(24日)TBS

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が逮捕された事件で、ゴーン容疑者とともに逮捕された前代表取締役が逮捕後に行われた裁判所からの勾留質問で、「うその記載があったとは思っていない」と容疑を否認していることが関係者への取材でわかりました。
 日産の前会長カルロス・ゴーン容疑者(64)と代表取締役だったグレゴリー・ケリー容疑者(62)の2人は、有価証券報告書にゴーン容疑者の報酬をおよそ50億円少なく記載したとして、金融商品取引法違反の疑いで逮捕されました。ケリー容疑者はゴーン容疑者の側近中の側近で、有価証券報告書へのうそ記載を部下の執行役員や幹部に指示したとされています。その後の関係者への取材で、ケリー容疑者が逮捕後に行われた裁判所からの勾留質問で、「うその記載があったとは思っていない」と容疑を否認していることが新たにわかりました。
 ケリー容疑者は、東京地検特捜部の取り調べに対しては認否を明らかにしていませんが、「ゴーン容疑者の報酬については、社内の事務担当者や社外にも相談し適切に処理していた」と説明しているということです。さらに、ケリー容疑者は、ゴーン容疑者について「ゴーン容疑者の言いなりではなく、日産のために一生懸命頑張っていた」とも話しているということです。
 一方、この事件では、ゴーン容疑者の会長退任後、日産へのコンサルタント代などとして、およそ80億円が支払われる契約が結ばれていたことが分かりました。関係者によりますと、ゴーン容疑者は実際の報酬およそ20億円と公表した報酬のおよそ10億円の差額となる10億円前後を毎年積み立て、退任後にコンサルタント代などとして支払う契約を日産と結んでいたということです。特捜部は、公表した報酬と実際の報酬との差額を退任後に受け取るようにしていたとみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3532801.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(24、25日 単位・レベル)
今年は「三の酉」まで
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014278_2 米国のカリフォルニア州の山火事では70人以上が死亡する大惨事となったが、日本でもこのところ死者が伴う火災が多くなっている。
 21日に福島県小野町では住宅などが全焼して7人が死亡した火事があったが、24日には山口県阿武町で住宅6棟が焼ける火事があり、2人の夫婦が死亡。23日には愛知県蒲郡市の住宅が全焼して2歳の女の子が死亡している。さらに同日、茨城県境町では養豚業者の豚舎から出火。約300頭の豚が死んでいる。
 東京消防庁管内では今年上半期の火災発生件数は2109件で前年より234件の減少。建物火災が最も多く1434件。次いで車両火災が127件で、米国のような林野火災は2件だった。
 出火原因は1位が放火で388件、2位がタバコで375件、3位がガステーブルの159件など。
 総務省消防庁によると平成29年の全国での年間発生件数は3万9373件で前年に比べて2542件の増加。ようするに増加傾向にある。
 内訳は建物火災が2万1365件、車両火災が3863件、林野火災が1284件など。
 出火原因をみると東京は放火が1位で、これにたばこ、ガステーブルが続いているが、全国的には「たばこ」が1位で3712件、これに放火の3528件、こんろの3032件、たき火の2857件と続いた。但し、放火と「放火の疑い」を含めると5833件になりブッちぎりの1位だった。
 死者は東京の今年上半期は53人で前年より4人増えている。空気が乾燥する〝火災〟シーズン。そう言えば今年は「三の酉」まであったっけ。火事が多いわけだ…
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。
 【訂正】 24日の当欄「治安再生は道なかば」の原稿で、「今年9月現在の刑法犯認知件数」とあるのは「今年10月現在」でした。お詫びして訂正します。

typhoon詐欺劇場 typhoonおれおれ詐欺の注意を呼びかける映像

https://www.youtube.com/watch?v=jg5_iVc97zY

偽「裁判所」はがき、各地で被害(24日)共同
実在しない裁判所をかたり、電話連絡を求めるはがきが10月ごろから全国各地で出回っている。「地方裁判所管理局」名で、「訴訟最終告知のお知らせ」として、「連絡がなければ財産を差し押さえる」「取り下げの相談を承っている」と記されている。実際に被害者も出ている…

★“中国警察”名乗り現金詐欺か、台湾籍の女逮捕(23日)TBS
★ビジネス装うメール詐欺、日本企業も標的に (22日)日経
★架空の「循環取引」で1億円詐取か、食品卸販売会社元役員を逮捕(22日)TBS
★Amazonギフト券 7500万円分詐取か、2人を逮捕(22日)TBS
★偽電話詐欺2150万円被害 福岡県大木町の女性(21日)西日本
★犯罪収益引き出したナイジェリア人ら逮捕、警視庁(19日)産経
★詐欺受け子の男「借金払えず、貸金業者が指示」(18日)読売
★暴力団立件、ハードル高く=証拠残さず非組員使う-特殊詐欺、「資金源」に(17日)時事
★最高裁、詐欺受け子を逆転有罪か 「中身知らず」と主張(16日)共同
★電子マネー詐取疑い再逮捕 全国で1億4千万円被害か(12日)産経
★(守る・防ぐ)詐欺かも?AIが判断し警告 ATM操作…携帯電話・マスクやサングラス姿【名古屋】(10日)朝日
★架空請求詐欺 3800万円被害(10日)NHK
★「銀行協会職員」かたり詐欺未遂容疑、16歳少年を逮捕(9日)朝日
★受け子が「中身知らず無罪」の判決見直しか 最高裁(6日)産経
★「1億円当選です」電子ギフト1600万円分を詐取される(5日)産経
★弁護士装う69歳、振り込め摘発で目立つ高齢者(2日)読売

| コメント (0) | トラックバック (0)

社会多様化で留置場が進化 個室トイレやバリアフリー設備も(24日)西日本

 個室トイレやシャワー、バリアフリー設備も―。逮捕された容疑者が一時を過ごす留置場が進化している。背景には人権意識の高まりと、高齢者や外国人の増加、性的少数者(LGBT)といった多様な社会の在り方がある。警視庁留置管理1課の三浦節子理事官は「処分が決まる直前の『仮の家』。一人一人が自分と向き合う時間となるよう努めている」と話す。
 今夏、特別に許可を得て原宿署の留置場に入った。5人用の室内は広さ13・6平方メートル。出入り口には視線を感じないよう板が取り付けられ、トイレは座った際に顔の高さとなる1メートル弱に小窓が設置してあるほかは個室と同様だった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/467998/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「態度に腹立て」妻の顔たたく…警官を書類送検(24日)読売

妻の顔をたたいてけがを負わせたとして、福井県警が本部に勤務する男性警察官を傷害容疑で書類送検していたことが23日、分かった。送検は22日付で、同日、本部長訓戒処分を受けて依願退職した。県警は、被害者特定につながるとして階級、氏名、年齢を明らかにしていない。
 県警監察課によると、警察官は9月下旬、車内で妻の顔を複数回平手でたたき、打撲の軽傷を負わせた疑い。同月内に妻が警察に被害届を出して発覚した。発覚以降、出勤を自粛していた。
 調べに「妻の態度に腹を立てた。警察官としてふさわしくない行為で、妻に謝罪したい」と述べたという。https://www.yomiuri.co.jp/national/20181124-OYT1T50060.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

政治資金でキャバクラ=自民党和歌山市支部、代金返還へ(24日)時事

自民党の和歌山市支部連絡協議会が2015年、キャバクラなどに計約13万8000円を政治活動費として支出していたことが24日、同年分の政治資金収支報告書で分かった。
 会計責任者の井上直樹・和歌山市議は「関係者が懇親会で利用した。法的には何ら問題はない」と話す一方、道義的責任から利用者に返金させ、今年度分会計に入金するという。
 同協議会の収支報告書によると、東京都文京区のキャバクラで7万6800円、和歌山市のラウンジで6万2000円をそれぞれ飲食代として計上していた。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112400286&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

焼岳で地震2千回以上 火山ガス噴出に注意(24日)産経

気象庁は24日、長野県と岐阜県にまたがる北アルプスの焼岳で火山性地震が増加しており、山頂付近では火山ガスの噴出などに注意する必要があると呼び掛けた。噴火警戒レベル1の「活火山であることに留意」を継続。23日には2千回以上の地震を観測した。
 気象庁によると、22日午前9時ごろから、焼岳山頂の北西1~2キロ付近を震源とする地震活動が続いている。地下の熱水やマグマの動きを示すとされる火山性微動は発生しておらず、地殻変動や噴煙の状況に変化はない。
 24日午前2時12分ごろには、岐阜県高山市で震度1の地震があった。その後も岐阜県で震度1の地震が相次いだ。

https://www.sankei.com/affairs/news/181124/afr1811240004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

池の水抜く「かいぼり」、都が10カ所で実施 外来種駆除に本腰 (24日)日経

東京都が都立公園で池の水を抜いて泥などを除去する「かいぼり」に取り組んでいる。外来種の駆除と水質の改善を進め、生態系を回復させる狙い。2018年度は11月以降、8公園の10カ所の池で実施する予定だ。第1弾として11月17日に石神井公園の水辺観察園(練馬区)で行われたかいぼりに記者も参加した。
 かいぼりはもともと、農業用水のため池の水を農閑期の冬場に抜き、堆積したヘドロや土砂を取り除くものだった。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38139710U8A121C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

偽「裁判所」はがき、各地で被害 100万円振り込み(24日)共同

 実在しない裁判所をかたり、訴訟に関して電話連絡を求める不審なはがきが10月ごろから全国各地に届き、受け取った仙台市や横浜市の女性が計100万円以上を振り込み、だまし取られたとみられることが24日までに、東京地裁への取材で分かった。
 地裁は「裁判所からはがきで電話を求めることはない。受け取った場合は警察に相談してほしい」と注意を呼び掛けている。
 はがきの差出人は「地方裁判所管理局」で、タイトルが「訴訟最終告知のお知らせ」。「連絡がなければ財産を差し押さえる」「取り下げの相談を承っている」と記され、東京都内の住所と問い合わせ先の電話番号が書かれている。

https://this.kiji.is/438952503700980833?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

尖閣沖の接続水域 中国海警局の船4隻航行(24日)NHK

24日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入ったのが確認され、海上保安部が領海に近づかないよう警告と監視を続けています。
続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

JR博多駅周辺にサル出没 けが人なし(24日)共同

24日午前、福岡市博多区のJR博多駅周辺に大型のサルが出没しているとの通報が警察に相次いだ。同区の博多署前でも署員が目撃し、捕獲用の網を持って追い掛けたが見失った。けが人は出ていない。
 博多署によると、午前10時半ごろ、駅から南西に約1キロ離れた精華女子高近くで目撃され、その後駅前の公園近くや、駅から北西約2キロの病院周辺などで確認された。
 福岡市では2015年5月にも住宅街にサルが出没し、首などをひっかかれ軽傷を負う住民も出た。この時は九州最大の繁華街、中央区の天神地区にも出没し、警察官が数十人態勢で追い掛ける騒動となった。
https://this.kiji.is/438901292445910113?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親の遺体切断、海に遺棄した疑い 37歳の男逮捕(24日)朝日

千葉県大網白里(おおあみしらさと)市周辺の海岸や河口などで9~10月、女性の遺体の一部が相次いで見つかった事件で、千葉県警は23日深夜、同県八街(やちまた)市の男(37)を死体損壊と遺棄の疑いで逮捕した。遺体は男と同居していた母親(75)と特定されたという。捜査関係者への取材でわかった。
 捜査関係者によると、男は9月ごろ、同居していた母親の遺体をのこぎりなどで切断し、県内の海などに運んで捨てた疑いがある。
 9月29日に大網白里市の堀川河口で胴体部分が見つかり、10月8日までに同市と隣接する九十九里町、白子町の計3カ所の海岸や漁港で頭部と両足が見つかった。DNA型鑑定で同一人物とわかったが、司法解剖で死因は明らかにならず、両腕は見つかっていない。
 県警は遺体の似顔絵や身体の特徴を公表し、情報提供を呼びかけてきた。捜査関係者によると、10月下旬に歯の治療痕などから男の母親と判明した。男が警察に捜索願を出していなかったことなどから、県警は遺体の遺棄などについて事情を知っている疑いがあると判断。11月中旬に2人が同居していた自宅を捜索し、任意で事情を聴いていた。
https://www.asahi.com/articles/ASLBY75B6LBYUDCB00V.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「いじめ調査」委員の半数が交代 熊本高3自殺・県教委第三者委 遺族に不安(24日)西日本

 熊本県北部の県立高3年の女子生徒=当時(17)=が5月にいじめをほのめかす遺書を残して自殺した問題で、県教育委員会が設置した第三者委員会の委員が相次いで交代し、遺族が不安を募らせている。これまで体調不良などで2人が辞任し、新たに1人が辞めることが判明。県教委は「調査に影響はない」とするが、専門家は「委員の意向でこれだけ辞めるのは異例」と指摘する。
 文部科学省のガイドラインは、いじめが疑われる自殺など「重大事態」の調査について、学校または学校設置者が主体となるよう規定。熊本県教委は、教育や法律などの専門家6人でつくる常設の諮問機関「県いじめ防止対策審議会」を調査主体とし、生徒や教職員の聞き取り調査に当たってきた。
 県教委によると、今回の事案に関する6月の初会合で委員の1人が「事案の関係者と関係があり、中立性が保てない」として辞任。7月末には別の委員が体調不良を理由に辞めた。
 いずれも委員を追加補充したが、さらに別の委員が今月末で辞める。「一身上の都合」で所属先を辞めたことが理由という。
 第三者委はこれまで9回開かれており、12月中旬に調査の中間報告をまとめる方針。県教委の担当者は「いずれの辞任も予期しなかった。審議を積み重ねているので調査結果に影響はない」と話す。
 第三者委を巡っては、自殺した生徒の両親が委員の推薦を希望したが、県教委は「(加害者側などに)中立性を保てない」と断っていた。両親は「県教委は『遺族に寄り添う』と言うが、2人目の辞任後も推薦の希望を聞いてもらえなかった。辞任理由の説明も十分でない」と反発している。
 第三者委に詳しい大阪大大学院の小野田正利教授(教育制度学)は「後任の委員への説明に時間がかかる上、聞き取りなど重要な調査に関わっていないことも問題。県教委は遺族に丁寧に説明すべきだ」と指摘する。
 教育評論家の武田さち子さんは「遺族の委員推薦を認めた事例はある。第三者委の事務局が県教委である時点で中立的ではなく、遺族推薦の委員を入れることでバランスが取れる」と話している。=2018/11/24付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/467953/

| コメント (0) | トラックバック (0)

道端に散乱「黄金のペットボトル」 運転手がポイ捨てか 首都圏の幹線道路 「トイレに寄れない」過酷な運送業の実態も(24日)西日本

「黄金色の液体が入ったペットボトルを首都圏の幹線道路周辺でよく見掛ける」。東京都在住の男性から調査依頼が届いた。何が起きているのか。取材を進めると、思わぬ問題が浮かんできた。
 男性がよく見掛けるという埼玉県三郷市の国道を歩いてみた。車道と歩道を隔てる遮音壁の車道側に、不審な500ミリリットルのペットボトルが2本転がっていた。歩行者が入るとは考えにくく、信号待ちなどの車からのポイ捨てと思われる。
 ラベルには「コーヒー」とあるのに液体は透き通った薄茶色。ふたを開けると、尿のにおいがした。
 物流センターや倉庫が林立する川崎市臨海部の市道では、わずか20メートルの間に「黄金ペット」らしき液体8本を発見。中央分離帯の植栽部でも不審なペットボトル14本が遠目にも見えた。
 回収した「黄金ペット」を民間分析機関「分析センター」(東京都千代田区)で調べてもらうと、確かに尿素を検出。「尿と考えられる」との結果だった。
 川崎市臨海部の事業所の男性職員(63)は「10年ほど前から年に5、6回ほどトラック運転手が捨てるのを目撃した」と打ち明ける。運転手を問い詰めると「トイレに行くのが面倒くさい」と言われたという。
 「黄金ペット」投棄問題は国も把握。国土交通省は2010年ごろから、国道の中央分離帯に防止ネットや柵を設ける対策を進めるが、いたちごっこが続く。
 都内の国道で清掃していた男性作業員は「月1回の清掃で約13キロ区間に60~70本出てくる」。千葉県の国道約100キロ区間を月1回清掃する業者も「毎回30~50本ある」と明かす。高速道路もポイ捨て多発地帯だ。NEXCO東日本は「主にパーキングエリアから本線への加速車線周辺で、週3回の清掃で1回当たり8本ほど見つかる」と嘆く。
 ボランティア清掃に当たる人たちからは「爆弾」と眉をひそめられている。

続く downwardleft
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/anatoku_partner/article/467987/

| コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島の老人ホーム、わずか3日で女性4人死亡(24日)読売

 鹿児島県鹿屋市の住宅型有料老人ホーム「風の舞」(定員55人)で約1か月間に入居者の女性6人が死亡した問題で、このうち4人の死亡が集中したのは11月5~7日の3日間だったことが分かった。県が6人の死亡を把握して立ち入り検査に入った16日にも、別の女性1人が死亡していた。県は施設の運営に問題がなかったか、調べている。
 県は、6人が死亡したのは11月9日までの約1か月間としている。関係者や遺族によると、5日に1人、6日に2人、7日に1人が死亡。16日には、脳梗塞だった80歳代後半の女性が施設内で転倒して病院に搬送され、同日夕に亡くなった。

 施設では8、9月に介護担当職員の8人全員が退職。その後、

褥瘡

じょくそう

(床ずれ)ができた入居者が増えたという。市も16日に立ち入り調査を行い、入居者3人に褥瘡があるのを確認。室内の清掃が不十分で、波江野満施設長が主に1人で行っていた夜間対応について、床ずれ防止の体位変換に改善の余地があるなどと県に報告している。
(ここまで435文字 / 残り58文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181123-OYT1T50140.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

報酬隠し120億円か=「株価連動型」も記載せず-日産ゴーン容疑者・東京地検(24日)時事

巨額の役員報酬を少なく見せ掛けたとして逮捕された日産自動車の元会長カルロス・ゴーン容疑者(64)が、日産の株価が一定価格より上昇した場合に取締役に与えられる「株価連動型」の権利報酬も有価証券報告書に記載しなかった疑いがあることが24日、関係者への取材で分かった。記載されていない報酬は約40億円分とみられる。
 報酬隠しは、既に判明している分と合わせ、総額約120億円に上る疑いがあり、東京地検特捜部が詳しい経緯を調べている。
 関係者や有価証券報告書によると、株価連動型の役員報酬は、日産株価が一定の価格を上回っている場合、差額を受け取ることができる権利。取締役の意欲向上を目的に導入され、金額が決まった報酬とは別に付与される。
 日産の2011年3月期~15年3月期の有価証券報告書では、複数の取締役が株価連動型報酬を受け取っていたが、ゴーン容疑者への付与は記載がなく、直近3年分の報告書でも受領していないことになっていた。実際には計約40億円分の連動型報酬を受け取っていたとみられるという。(2018/11/24-05:24)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112400129&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

「警察署に行くため自転車奪った」ナイフ所持の男逮捕(24日)産経

23日午後1時20分ごろ、大阪府大東市の路上で「ナイフを突きつけられ自転車を奪われた」と、男性(24)から110番があった。大阪府警四條畷署が捜査したところ、特徴の一致するロードバイクが、同署の駐輪場にあるのを署員が発見。同署内で近隣トラブルを相談していた男(60)の持ち物を調べたところ、果物ナイフ(刃渡り約10センチ)を所持していたことから、銃刀法違反の疑いで現行犯逮捕した。男は「警察署に行くために自転車をとった」と話しているという。
  ロードバイクが奪われたのは、同署から約700メートル離れた路上。同署は男がロードバイクを奪ってそのまま警察署に相談に訪れていたとみて、強盗容疑でも捜査している。
https://www.sankei.com/affairs/news/181123/afr1811230030-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

豚舎火災で300頭死ぬ 茨城・境町(24日)産経

23日午後2時55分ごろ、茨城県境町の養豚業、関勇夫さん(69)が所有する豚舎から出火しているのを、同じ敷地内にある関さん方を訪れていた親類の男性が見つけ119番した。
 豚舎1棟(約288平方メートル)を全焼し、約50分後に消えた。豚約300頭が死んだ。けが人はいなかった。境署が出火原因を調べている。
 署によると、豚舎は鉄骨の平屋。敷地内には豚舎が4棟あり、豚1000頭以上を飼っていたという。https://www.sankei.com/affairs/news/181123/afr1811230033-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者、冬場の入浴に注意 浴槽で死亡、年4千人超(24日)共同

「いい風呂の日」と呼ばれる11月26日を前に、消費者庁は高齢者に入浴に注意するよう呼び掛けている。意識を失って溺れるなどし、浴槽で死亡したケースは2016年に65歳以上で4821人に上った。同年に交通事故に巻き込まれて死亡した65歳以上の3061人を上回っている。
 同庁消費者安全課は、注意点として(1)脱衣所や浴室を暖める(2)湯温を41度以下にし、漬かるのは10分までにする(3)浴槽から急に立ち上がらない(4)飲食直後や、精神安定剤、睡眠薬の服用直後は入浴しないようにする―などを挙げている。同居者には見守りをすることも呼び掛けている。
https://this.kiji.is/438809687846110305?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅6棟が火事 夫婦が安否不明 山口 阿武町(24日)NHK

山口県阿武町で24日未明、住宅6棟が焼ける火事があり、このうちの1棟に住む夫婦2人の安否がわからなくなっていて、警察などが確認を進めています。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181124/k10011721771000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_001

24日午前2時すぎ、山口県阿武町奈古にある住宅から火が出ていると、近くに住む人から警察に通報がありました…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»3連休 高速道路は混雑、最終日 上りは40キロ予想も(24日)TBS

 3連休初日の23日、関東地方の高速道路では渋滞が発生しています。
 日本道路交通情報センターによりますと、23日午前中には、関越自動車道・高坂サービスエリア付近で26キロなど、下り線が渋滞しました。
 現在は上り線が混雑していて、午後6時現在、東名高速・大和トンネル付近で28キロの渋滞となっています。
 3連休最終日の25日夕方には、上り線の渋滞が激しくなる予想で、午後5時ごろ、東名高速・大和トンネル付近で40キロ、関越道・高坂サービスエリア付近と中央道・小仏トンネル付近で25キロなどとなっています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3532160.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月23日 | トップページ | 2018年11月25日 »