« 2018年11月21日 | トップページ | 2018年11月23日 »

2018年11月22日

2018年11月22日 (木)

パトカー追跡中に軽ワゴン車が乗用車に衝突、逃走 前橋(22日)産経

22日午後3時50分ごろ、前橋市南町の市道十字路交差点で、パトカーが交通違反を理由に追跡中だった軽ワゴン車が同市の地方公務員の男性(55)の乗用車と衝突。パトカーから警察官が降りて男性を救護している間に逃走した。男性は腰に軽傷を負っており、群馬県警前橋署はひき逃げ事件として、軽ワゴン車の行方を追っている。
 同署によると、軽ワゴン車は白っぽい色で、男が運転していた。交差点に信号機はなく、乗用車側に一時停止の標識があった。 軽ワゴン車の男は直前に、シートベルトをしないで運転しているのをパトカーで巡回中の警察官に見つかり、制止を振り切って時速40キロ程度のスピードで逃走。
 パトカーがサイレンを鳴らして約500メートル追跡した後、乗用車と衝突したという。
https://www.sankei.com/affairs/news/181122/afr1811220051-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「煮えた鍋に顔」社長が謝罪 被害男性の訴え受け(22日)西日本

 芸能事務所で働いていた男性が、2015年12月に東京都内で開かれた会社の忘年会で、煮えた鍋の中に頭を押さえ付けられたと訴えている問題で、社長が22日、共同通信の取材に応じ「頭を押したことに間違いない。やけどを負わせて申し訳ない」と謝罪した。同日付で社長を退いたことを明らかにした。
 男性は22日に開いた記者会見で「社長は頭を押したことも認めなかった。謝罪の言葉もなかった」としたが、社長は忘年会の翌日に見舞いに赴き謝罪したとしている。社長によると、男性は忘年会の幹事だった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/467735/

| コメント (0) | トラックバック (0)

慰安婦報道「捏造」訴訟、元朝日記者側が控訴(22日)読売

 朝日新聞社のいわゆる従軍慰安婦問題の報道を巡り、元朝日記者の植村隆氏(60)が自分の記事を「

捏造

ねつぞう

」と記述されて名誉を傷つけられたとして、ジャーナリストの櫻井よしこ氏(73)と出版3社に計1650万円の損害賠償などを求めた訴訟で、原告側は22日、請求を棄却した札幌地裁判決を不服として、札幌高裁に控訴した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181122-OYT1T50098.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

住宅に男女3遺体=無理心中か-茨城県警(22日)時事

22日午後0時40分ごろ、茨城県那珂市菅谷の食堂兼住宅の和室で、男女3人が倒れているのが見つかり、救急隊員などが駆け付けたが、その場で死亡が確認された。室内のこたつの上に遺書のようなものが2通あり、県警那珂署は無理心中を図った可能性があるとみて調べている。
 同署によると、死亡したのは食堂経営者の男性(68)と妻(67)、無職の長女(42)。男性の首には長さ約10センチの切り傷があったが、女性2人に目立った外傷は確認されていないという。
 3人は布団の上に倒れており、室内に荒らされた形跡などはなく、玄関の鍵も閉まっていた。「玄関付近に回覧板が置きっ放しになっている」と近隣住民から連絡を受けた親族らが訪れて発見し、119番した。(2018/11/22-20:59)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112200880&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

ストーカー疑いで書類送検された埼玉県議が辞(22日)産経

 知人女性にメールを繰り返し送ったとして、ストーカー規制法違反容疑などで書類送検された埼玉県の伊藤雅俊県議(36)=自民=は22日、代理人を通じて辞職願を県議会議長に提出し、受理された。
 伊藤氏は同日出したコメントで、体調を崩して入院中のため、県議会への出席が難しいことが辞職の理由だと説明。ストーカー容疑については「現在も捜査中で、詳細についてコメントすることは差し控える」とした。
 捜査関係者によると、伊藤氏は今年5月、女性宅に押し掛けたり、携帯電話にメールを数十回にわたって送り付けたりした疑いで、8月に書類送検された。
https://www.sankei.com/affairs/news/181122/afr1811220050-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

強盗殺人などの罪 19歳少年に懲役18年 名古屋地裁(22日)NHK

去年6月、ビットコインの取り引きをしていた名古屋市の女性を知人の男とともに殺害し、現金などを奪ったとして、強盗殺人などの罪に問われた19歳の少年に、名古屋地方裁判所は懲役18年の判決を言い渡しました。
続きを読むdownwardleft
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181122/k10011720741000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_002

名古屋市西区の野田みゆきさん…

| コメント (0) | トラックバック (0)

»中央道下り線・稲城IC付近でダンプ横転、砂利散乱(22日)TBS

 22日午前、東京の中央自動車道の稲城インターチェンジ付近でダンプカーが横転し、積み荷の砂利やがれきが車線をふさぎました。
 22日午前9時すぎ、中央自動車道下り線の稲城インターチェンジ付近で、「トラックが横転している」と、近くを走行していた運転手から110番通報がありました。
 警視庁によりますと、追い越し車線を走行していたダンプカーが横転し、積み荷の砂利やがれきが散乱して2つの車線をふさぎました。運転していた20代の男性は、軽傷を負って病院に運ばれたということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3530901.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(22、23日 単位・レベル)
横断歩道は歩行者優先だが…
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014310 22日から「信号機のない横断歩道における歩行者優先を徹底するための広報啓発活動強化期間」が始まった。
 歩行者と車が絡んだ事故のうち7割は歩行者が横断歩道以外での道路横断中に事故に遭っていることから、28日まで全国都道府県警が実施するキャンペーン。
 運転者に対しては横断歩道を利用する歩行者優先意識を高め、歩行者に対しては道路を横断する際の交通ルールの厳守を徹底させる機会を与える運動。
 今、〝交通社会〟では運転免許所有者が増加している一方、高齢化社会を迎え免許証の返納など取り消し件数も増えている。
 警察庁によると平成29年の全国の運転免許保有者数は8225万5195人。保有者の推移をみると、昭和41年には2285万6547人、同48年には3000万人台になり、54年には4000万人を突破するなど増加し続けて平成20年以降は8000万人台で推移している。昭和41年から50年余りに3倍以上も増えている。
 そして平成29年に新たに運転免許が交付された件数は121万5662件で、再交付は60万1341件あった。
 これに対して同年中に申請により取り消しされた件数は65歳以上が40万4817件、70歳以上が35万5910件、75歳以上が25万3937件、80歳以上が15万6066件、85歳以上が6万5532件となっている。この結果、同年中の高齢者取り消し数は123万6262件だった。
 平成20年の高齢者取り消し件数は8万7700件だから過去9年間で約14倍に増えており、如何に高齢化が進んでいるかが分かる。
 〝交通社会〟で最も弱者は歩行者。だからと言って歩行者は法を守らなくて良いことは許されない。
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

F1014350typhoon詐欺劇場typhoon

ビジネス装うメール詐欺、日本企業も標的に  (22日)日経
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38054870R21C18A1EA1000/

日本の企業が詐欺に狙われている。しかも国境を越えたネットワークを持っている集団というから国際的だ。
 読売新聞によると、取引先や同僚を装ったメールで金銭をだまし取る「ビジネスメール詐欺」。既に事件に関与した疑いで日本人が逮捕されている。専門家は「日本企業も標的となっている」と警鐘を鳴らしている…

★架空の「循環取引」で1億円詐取か、食品卸販売会社元役員を逮捕(22日)TBS
★Amazonギフト券 7500万円分詐取か、2人を逮捕(22日)TBS
★偽電話詐欺2150万円被害 福岡県大木町の女性(21日)西日本
★犯罪収益引き出したナイジェリア人ら逮捕、警視庁(19日)産経
★詐欺受け子の男「借金払えず、貸金業者が指示」(18日)読売
★暴力団立件、ハードル高く=証拠残さず非組員使う-特殊詐欺、「資金源」に(17日)時事
★最高裁、詐欺受け子を逆転有罪か 「中身知らず」と主張(16日)共同
★電子マネー詐取疑い再逮捕 全国で1億4千万円被害か(12日)産経
★(守る・防ぐ)詐欺かも?AIが判断し警告 ATM操作…携帯電話・マスクやサングラス姿【名古屋】(10日)朝日
★架空請求詐欺 3800万円被害(10日)NHK
★「銀行協会職員」かたり詐欺未遂容疑、16歳少年を逮捕(9日)朝日
★受け子が「中身知らず無罪」の判決見直しか 最高裁(6日)産経
★「1億円当選です」電子ギフト1600万円分を詐取される(5日)産経
★弁護士装う69歳、振り込め摘発で目立つ高齢者(2日)読売
★特殊詐欺振込先のカード譲渡疑い女逮捕 「融資受けるため」(31日)京都

| コメント (0) | トラックバック (0)

暖房器具で100人超死亡 過去5年、誤使用に注意(22日)西日本

製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、ストーブやヒーターなど暖房器具が原因で起きた火災や一酸化炭素(CO)中毒事故で、2018年3月までの5年間に107人が死亡したと明らかにした。器具の近くに洗濯物など可燃物を置かないよう注意を呼び掛けている。
 NITEによると、18年3月までに火災やCO中毒などの事故が1064件発生。このうち289件で、107人が死亡、267人が重軽傷を負った。
 被害者の出た事故の製品別では石油ストーブが最多で137件、次いで電気ストーブの65件だった。湯たんぽを長時間体に触れさせて、46人が低温やけどなどで重軽傷を負っていた。https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/467563/

| コメント (0) | トラックバック (0)

狭い道で死亡事故多発「移動オービス」運用開始(22日)読売

 兵庫県警は21日、移動式の速度違反自動取り締まり装置(移動オービス)の運用を始めた。小型軽量でどこにでも設置でき、取り締まりに人手がかからないのが特徴だ。これまで幹線道路でしか手がけていなかった取り締まりが道幅の狭い生活道路でも可能になったため、ドライバーが取り締まり場所を予測するのは難しく、違反の抑止効果に期待が集まる。
 ◆人手少なくても
 県警が導入した移動オービスは高さ約1メートル60、幅約1メートル、重さ約24キロ。高速道路に設置されているオービスと同様、通過する車の速度を自動で測り続け、違反車両を検知するとカメラがドライバーの顔やナンバーを撮影する仕組みだ。違反したドライバーを後で呼び出して交通切符(赤切符)を交付するため、取り締まりには2人程度しか必要ないという。
 この日午前7時半から約1時間、明石市立大久保南小学校前の通学路で行われた取り締まりでは、幅約2メートルの歩道に設置され、明石署員が稼働を見守った。通勤ラッシュで混雑する幹線道路の抜け道に使われることが多い場所だ。
 40キロの制限速度を大きく上回って違反となるケースはなかったが、近隣住民からは「通学途中の児童の傍らをスピードの速い車が通って怖い」との声が上がっていたという。
続く downwardleft

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181122-OYT1T50064.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

仏大使、ゴーン容疑者と面会=「領事保護受ける権利ある」(22日)時事

フランスのローラン・ピック駐日大使が20日、東京・小菅の東京拘置所で日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者と面会していたことが分かった。在日フランス大使館が22日、明らかにした。
【関連ニュース】日産ゴーン容疑者逮捕

 大使館広報部は「外国で逮捕、拘置されたフランス人は領事保護を受ける権利がある」と強調。ピック氏は、家族との連絡などをめぐり便宜を図る用意があるとゴーン容疑者に伝えた可能性がある。(2018/11/22-13:10)
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018112200581&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

上司の財布から現金2万円盗んだ疑い 兵庫・西宮市職員を逮捕(22日)産経

 勤務先で上司の財布から現金2万円を盗んだとして、兵庫県警西宮署は22日、窃盗の疑いで、兵庫県西宮市職員の西野聡容疑者(27)=大阪府岸和田市箕士路町=を逮捕した。容疑を認めている。
 逮捕容疑は5日朝~6日夕ごろ、勤務先の西宮市役所で2回にわたり、上司(47)の財布から現金計2万円を盗んだとしている。
 同署によると、西野容疑者は上司が席を外した際、机の引き出しに入った財布から現金を窃取したとみられる。現金が減っていることに気づいた上司が同署に相談し、被害が発覚した。
 西野容疑者は同市生活支援課の主事で、高齢者や障害者の支援を担当していたという。市は「事実関係を確認後、厳正に対処する」としている。
https://www.sankei.com/affairs/news/181122/afr1811220026-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

福島で住宅火災、7人死亡 子供4人らと連絡取れず (22日)日経

21日午後11時5分ごろ、福島県小野町飯豊荒屋敷、無職、塩田恒美さん(61)方から出火したと、近所の住民から119番があった。木造一部2階建て1棟と倉庫1棟が全焼、焼け跡から計7人の遺体が見つかった。住人は9人で、県警は遺体は連絡が取れていない3~8歳の子供4人を含む家族7人とみて、身元や出火原因を調べている。2人は無事だった。
 県警によると、9人は塩田さん夫妻と塩田さんの母(81)、長女夫婦と、その子供4人の4世代。子供は小学3年生の長男(8)、いずれも保育園の次男(6)、長女(4)、三男(3)。
 無事が確認できたのは塩田さんのパートの妻(57)と、長女(30)の会社員の夫(33)。妻は両手に軽傷、長女の夫は仕事で外出中だった。近所の男性によると、塩田さんは足が不自由だった。
 火災は22日午前0時10分ごろ鎮火。県警は午前4時ごろ、捜索をいったん中断し、午前9時半から再開した。
 塩田さんの幼なじみで、近所に住む自営業男性(60)は、飼い犬がほえる声で火災に気付いた。「外を見ると家が真っ赤に燃えていた。『ドーン』という爆発音も2、3回聞こえた」という。
 現場は小野町役場から北に約3キロの住宅が点在する地域。〔共同〕

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38060280S8A121C1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

葛飾区役所に車突っ込み2人けが(22日)NHK

区役所に車が突っ込みました。
22日午後2時前、東京の葛飾区役所に車が突っ込み、区の職員2人が軽いけがをしました。
  警視庁によりますと、午後1時50分ごろ、東京・葛飾区立石の葛飾区役所の1階の入り口にワゴン車が突っ込みました。
近くにいた区の職員の男女2人が飛び散ったガラスでけがをしました。
いずれも、けがの程度は軽いとみられるということです。
運転手にけがはありませんでした。
ワゴン車には、高齢の運転手が1人で乗っていて、警視庁が事情を聞いて事故の状況を調べています。
  葛飾区役所の庁舎の1階に突っ込んだ乗用車を運転していたという、葛飾区に住む70代の男性は「車がバックしたことで車の後方に置いてあったガードに当たった音がした。それで慌ててブレーキを踏まなければいけないと思い、アクセルを思いっきり踏んで庁舎に突っ込んでしまった。後ろに発進してパニックになってしまった。申し訳ありません」と話していました。
 事故があった現場は、葛飾区役所1階の総合案内の窓口や待合スペースなどがある一角で、駐車場に面した入り口が大きく変形してガラスが粉々に割れているほか、庁舎のなかではイスなどが散乱しています。
また、外の駐車場には突っ込んだとみられる車が止まっていて、車の後ろの部分が変形している様子が確認できます。
現場には市役所の職員とみられる関係者や消防隊員など多くの人が集まり、騒然としています。https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181122/0021669.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»架空の「循環取引」で1億円詐取か、食品卸販売会社元役員を逮捕(22日)TBS

 架空の取引を繰り返す「循環取引」という手口で現金1億円あまりをだまし取ったとして、食品卸販売会社の元役員の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは、相模原市に住む食品卸販売会社の元役員・押田超容疑者(48)です。押田容疑者は自ら経営する別の会社を通じて、存在しない商品の転売を繰り返す、「循環取引」という手口で、2014年に横浜市の食品卸販売会社から現金およそ1億500万円をだまし取った疑いが持たれています。
 警察は、2010年からおよそ3年半の間に300回以上にわたり架空の取り引きを行い、1億円以上の利益を得ていたとみていて、押田容疑者は取り調べに対し「事業で失敗したお金を返したかった」と容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3530899.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»Amazonギフト券 7500万円分詐取か、2人を逮捕(22日)TBS

詐欺の電話をかけて被害者に購入させた「アマゾン」のギフト券の番号を聞き出し、7500万円相当をだまし取っていたとみられる詐欺グループの主犯格の男2人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは指定暴力団「住吉会」系組員・桑田敏容疑者(37)ら2人です。2人はおととし11月、横浜市の60歳の女性に「有料動画サイトの登録料が未払いになっています」とうその電話をかけ、「アマゾン」のギフト券をコンビニエンスストアで購入させました。そして、ギフト券の番号を聞き出して、25万円相当をだまし取った疑いが持たれています。
 警視庁は、2人がグループの主犯格で、同様の手口で全国で7500万円相当をだまし取ったとみていますが、取り調べに対し桑田容疑者は容疑を否認しています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3530898.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

今度は転倒した男児を放置 京都市バス、止まらぬ不祥事(22日)朝日

 京都市交通局は21日、市バスのブザーを押して乗ろうとした小学4年生の男児(9)を無視して発車し、転倒したのに救助もしなかったとして、男性運転手(34)を停職6カ月の懲戒処分にし、発表した。運転手は辞職した。市バスでは今年、客らへの暴言、運転中のスマートフォン操作が発覚。調査や指導を続けるなか、新たな不祥事が起きた。
 交通局や東山署によると、東山区の東山三条停留所で8日午前8時20分ごろ、扉が閉まった瞬間、男児が近づいてブザーを押した。運転手は乗車の意思を示したことに気づいたが、発車。男児はブザーを押し続けながら並走し、数メートル先で縁石につまずいて転んだ。転倒に気づいたが、止まらず声もかけなかった。男児は足を打撲した。
 目撃した50代男性が110番通報。運転手と上司はこの日、自宅を訪れて男児と両親に謝罪した。
 運転手は交通局の聞き取り調査…

残り:672文字/全文:1034文字
https://www.asahi.com/articles/ASLCP62KVLCPPLZB01T.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

初の全国一斉強化期間、警察庁 「横断歩道は歩行者優先」(22日)西日本

 車対歩行者の死亡事故のうち7割は歩行者が道路横断中に発生していることから、警察庁は22日から、信号機のない横断歩道での歩行者優先を徹底させるため、初の全国一斉の広報・指導強化期間を設けた。各都道府県警が28日まで、キャンペーンを展開する。
 警察庁によると、昨年までの5年間に全国で起きた車対歩行者の死亡事故は計6576件で、うち4811件(73%)は歩行者が道路を横断中だった。472件は信号機のない横断歩道で発生し、ドライバーの減速が不十分なことによる事故が多発している。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/467506/

| コメント (0) | トラックバック (0)

訓練中に犯人役の警官車両スリップ、見学者重傷(22日)読売

21日午後1時頃、大阪府東大阪市の市花園ラグビー場の駐車場で、テロ対策の訓練中だった府警警備部の男性警部補(40歳代)運転のワゴン車がスリップし、見学中だった男性(同)がワゴン車とフェンスに挟まれた。男性は病院に搬送されたが、脚の骨を折る重傷。府警は、警部補が運転操作を誤ったとみている。
 府警によると、来年9月に開幕するラグビーワールドカップ日本大会に備えた総合訓練で、府警のほか消防や自衛隊などから計約500人が参加。事故は、銃を持った犯人がワゴン車で逃走し、対策部隊が制圧するという想定の訓練中に発生した。警部補は犯人役で、ワゴン車に乗り込んで、右にハンドルを切った際、後輪がスリップしたという。
 府警は「今後は安全管理に万全を期したい」としている。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181121-OYT1T50133.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪弁護士会の弁護士を横領で起訴 大阪地検特捜部(22日)産経

 土地建物管理会社から依頼を受けて預かっていた計約1億8200万円を着服したとして、大阪地検特捜部は21日、業務上横領罪で大阪弁護士会所属の弁護士、洪性模(こう・せいも)容疑者(66)=韓国籍、堺市西区=を起訴した。特捜部は認否を明らかにしていない。
 起訴状によると、洪被告は、土地建物管理会社が所有するビルの賃料相当損害金を管理する業務を行っていた平成25年5月~26年12月、19回にわたり、同社から預かっていた賃料相当損害金を、預かり金口座から出金して流用したり、洪被告名義の口座に振り込んだりして計約1億8200万円を着服したとしている。
 洪被告は今年3月、預かり金をめぐるトラブルの調査に誠実な回答をしなかったとして、同弁護士会から業務停止3カ月の懲戒処分を受けていた。

https://www.sankei.com/affairs/news/181121/afr1811210041-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

米検察当局が三菱UFJを調査 北朝鮮の資金洗浄めぐり 米紙報じる(22日)産経

【ニューヨーク=上塚真由】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は21日、三菱UFJフィナンシャル・グループが昨年末から、北朝鮮のマネーロンダリング(資金洗浄)に関連して米検察当局の調査を受けていると報じた。
 同紙によると、ニューヨーク州当局は、資金洗浄の温床となっている北朝鮮の国境付近でビジネスをしている中国の顧客に対し、三菱UFJが意図的に十分な身分確認を行っていなかったとみて調査しているという。
 また同紙は、北朝鮮が三菱UFJを通じて、実際に資金洗浄を行ったのかについて、当局が証拠を得ているかは不明とも報じている。
https://www.sankei.com/world/news/181122/wor1811220005-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ビジネス装うメール詐欺、日本企業も標的に (22日)日経

取引先や同僚を装ったメールで金銭をだまし取る「ビジネスメール詐欺」が世界で横行している。詐欺グループは国境をまたいだネットワークを持っており、事件に関与した疑いで日本人が逮捕されたケースも。ここ5年間の被害は世界で1兆円を超えるともいわれ、専門家は「日本企業も標的となっている」と警鐘を鳴らしている。
「自分の取り分は15%で、引き出した残りの金は日本に住むナイジェリア人に関西国際空港で手渡した。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38054870R21C18A1EA1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

事務所荒らし繰り返した疑い 男4人逮捕、送検 札幌厚別署(22日)共同

 札幌厚別署などは21日までに、窃盗などの疑いで、旭川市2西4、自称会社員田川智英容疑者(55)ら30~55歳の男4人=いずれも窃盗罪などで公判中=を逮捕、送検した。
 4人の逮捕、送検容疑は共謀して昨年10月から今年6月にかけ、上川管内比布町や胆振管内豊浦町など道内外の会社事務所9カ所に侵入し、現金約30万円や車など約280万円相当を盗むなどした疑い。田川容疑者は「生活費などに使った」と供述しているという。
 同署によると、4人は知人同士で、盗んだ車や無線機を使って見張りや運転などの役割を分担し、このほか昨年9月から今年6月にかけ、札幌市や旭川市などで69件の事務所荒らしを重ねたと供述。同署は被害総額が約2190万円に上るとみて調べている。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/250574/

| コメント (0) | トラックバック (0)

「地面師」事件 “主犯格の1人” 約25億円受取り分配か(22日)NHK

都心の1等地の売買をめぐって55億円がだまし取られた事件でおよそ25億円が逮捕された主犯格の1人とみられる男の元に現金の形で運ばれた疑いがあることが捜査関係者への取材でわかりました。警視庁は、その後、男がほかのメンバーに金を分配したとみて調べています。
続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»反原発集会で男性を暴行した疑い、右翼団体構成員5人を逮捕(22日)TBS

東日本大震災から7年となった今年3月11日、国会周辺で行われた反原発集会の参加者の男性に集団で殴る蹴るの暴行を加えたとして、右翼団体の男5人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、右翼団体の構成員、堀口勉容疑者(46)と椙田智容疑者(36)ら5人です。5人は今年3月11日の午後4時前、国会周辺で行われた反原発集会に街宣車で乗りつけ、居合わせた会社員の男性(51)に殴る蹴るの暴行を加えた疑いがもたれています。
 5人は男性と面識はなく、何らかのトラブルがきっかけになったとみられ、駆けつけた警察官に制止されるまで、2分間にわたって暴行を続けたということです。
 警視庁は5人の認否を明らかにしていません。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3530660.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»9人家族の住宅全焼 6人死亡、福島・小野町(22日)TBS

 21日夜遅く、福島県小野町で9人家族が住む家が全焼する火事があり、焼け跡から6人が遺体で見つかりました。現場から報告です。
 6人の遺体が見つかった現場です。9人が住んでいた住宅は完全に焼け落ちていて、まだ煙が出ています。
 「俺も地元に育って地元消防団だったけど、見たことないくらいの大火」(近所の人)
 21日午後11時すぎ、福島県小野町飯豊で「住宅が燃えている」と、近所に住む女性から119番通報がありました。火はおよそ1時間後に消し止められましたが、木造一部2階建ての塩田恒美さん(61)の住宅と倉庫が全焼し、焼け跡から6人の遺体が見つかりました。
 この家には4世代9人が住んでいて、7人と連絡がとれていないということです。このうち4人は子どもで、近所の人によりますと、1人が小学生、3人は保育園に通っていたということです。警察は、遺体の身元の確認を急ぐとともに、詳しい火事の原因を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3530815.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月21日 | トップページ | 2018年11月23日 »