« 2018年11月16日 | トップページ | 2018年11月18日 »

2018年11月17日

2018年11月17日 (土)

3歳児、父親運転の車にひかれ死亡 自宅前で降車後に(17日)朝日

岩手県釜石市唐丹町大曽根の市道で17日午前10時45分ごろ、近くに住む会社員、佐藤将さん(29)が運転する乗用車に次男の悠孝くん(3)がひかれた。頭を強く打ち、病院に運ばれたが約1時間後に死亡が確認された。
 県警釜石署によると、佐藤さんは自宅前で悠孝くんを車から降ろし、数分後、車を前進させたところ、悠孝くんが車の底に挟まった。近くには家族もいたが、悠孝くんに気付かなかったという。https://www.asahi.com/articles/ASLCK621FLCKUJUB008.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

道警、重過失致死疑い書類送検へ 元組員、19歳女性遺棄(17日)西日本

北海道岩見沢市の山中で2月、当時19歳だった女性の遺体が見つかった事件で、死体遺棄などの罪に問われた指定暴力団山口組系元組員神智慶被告(31)=懲役5年の一審判決、控訴=が注意を怠って女性を死亡させた疑いが強まったとして、道警は重過失致死容疑で19日にも書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で17日、分かった。
 捜査関係者によると、神被告は昨年12月14日、札幌市のホテル客室で、一緒にいた女性の身体に覚醒剤による危険が及ぶ可能性を知りながら、注意を怠って死亡させた疑いが持たれている。https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/466403/

| コメント (0) | トラックバック (0)

高2女子の右折バイク、直進車と衝突…死亡(17日)読売

 16日午後6時半頃、茨城県坂東市幸神平の国道交差点で、右折しようとした同市猫実、県立高校2年落合

雛乃

さん(16)の原付きバイクが、対向車線を直進してきた乗用車と衝突した。落合さんは頭を強く打って死亡した。
 県警境署は、乗用車を運転していた同県取手市山王、会社員(30)を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕し、過失運転致死容疑で調べている。
 現場は信号機のある見通しの良い十字路。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181117-OYT1T50058.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

導入以降30年、市が消費税誤徴収…水道事業で(17日)読売

 秋田県男鹿市が、消費税導入以降の約30年にわたり、水道事業にかかわる手数料にはかからない消費税を市民や工事業者から誤って徴収し続けていたことが16日、市への取材で分かった。記録が残る2005年3月以降だけで2338件、計約119万円に上り、市はこのうち民法の時効にかからない部分の返還を進める。
 市によると、1989年4月の消費税導入に伴い、水道事業給水条例を改正した際、課税対象外の施工業者登録の手数料や工事完成時の検査手数料に、消費税を課税する規定を盛り込んだことが、誤りの原因。市が条例の調査や管理を委託している業者からの指摘で発覚した。
 市は、時効にかからない2008年10月17日以降に誤徴収した1557件、計約107万円を返還する。15日に市議会に報告した。水道事業関連の消費税徴収の誤りを是正するため、12月中に開かれる定例市議会に、同条例の改正案を提出する。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181116-OYT1T50130.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

侵入容疑で手配の男逮捕 兵庫の男らと共謀か 青森(17日)産経

青森県警は17日、閉店後の理美容室に侵入し金品を盗もうとしたとして、建造物侵入と窃盗未遂の疑いで、住所不定の塗装作業員、小林宏司容疑者(25)を逮捕した。13日までに窃盗などの疑いで逮捕した、いずれも兵庫県加古川市の20代の無職男2人=処分保留で釈放=の共犯とみて指名手配していた。
 逮捕容疑は共謀して9月8日午後9時半ごろ~9日午前7時15分ごろ、青森市の理美容室に侵入して店内を物色したとしている。供述を拒んでいるという。

 北海道と青森、岩手両県で10件以上の同様の窃盗被害が確認されており、3道県警と兵庫県警が共同で捜査している。
https://www.sankei.com/affairs/news/181117/afr1811170021-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

過去のコラムにも酷似部分 徳島・三好市長の「赤旗」盗用問題(17日)産経

徳島県三好市の黒川征一市長(71)が市広報紙11月号に掲載したコラムに共産党機関紙「しんぶん赤旗」からの盗用があった問題で、過去のコラムでも赤旗や日経新聞の表現と酷似した部分があることが17日、分かった。
 黒川市長は取材に「過去のコラムについてはよく覚えていない。多くの新聞や本を読んでいるので、頭の中にその言葉が残っていたのかもしれない」と話した。12月号におわびを掲載するという。
 朝鮮半島情勢について取り上げた広報紙5月号の「平和に勝るものなし」と題したコラムでは、韓国の文在寅大統領の発言や経歴に関する記述が3段落分にわたり、4月29日付しんぶん赤旗のコラム「潮流」とほぼ同じだった。
 また7月号では、平成28年4月の熊本地震について「結局、14日が前震、16日が本震とされ、後の方の被害が大きかった。こんな事実さえも、忘れつつあるのでは」などの表現が、日経新聞の「春秋」の記述と酷似していた。

https://www.sankei.com/west/news/181117/wst1811170019-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ベトナム人技能実習生、実態訴え 低賃金で除染作業(17日)共同

国会審議の焦点となっている外国人労働者の受け入れ拡大に関連し、関心を集めている技能実習制度の実態を紹介するセミナーが17日、福島県郡山市のカトリック郡山教会で開かれた。ベトナム人の技能実習生が低賃金で東京電力福島第1原発事故に伴う除染作業に従事させられた経験を紹介、参加者から制度の見直しを求める声が相次いだ。
 主催したのは、難民の支援などに取り組む日本カトリック難民移住移動者委員会(東京)。
 ベトナム人実習生は30代の男性で、2015年に来日。鉄筋施工などに従事すると聞いていたが、実際は仕事の半分が除染作業だった。賃金は通常より大幅に安かったという。
https://this.kiji.is/436468962542126177?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「全拉致被害者の帰国実現に全力」 菅官房長官(17日)NHK

横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されて41年になったのを受けて新潟市で集会が開かれ、菅官房長官は「あらゆるチャンスを逃さない決意で臨んでいる」と述べたうえで、すべての拉致被害者の帰国の実現に向け全力を尽くす考えを重ねて強調しました。
続きを読むdownwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»敷地外着弾で車破損、自衛隊が説明会で住民に謝罪(17日)TBS

 滋賀県高島市の陸上自衛隊饗庭野演習場から発射された迫撃砲の砲弾が敷地外に着弾し車が破損した問題で、自衛隊の責任者らが説明会を開き、地域住民らに謝罪しました。
 「本当に申し訳ございませんでした」(陸上自衛隊今津駐屯地 水谷清隆司令)
 饗庭野演習場周辺地域の区長らに対して開かれた17日の説明会。今月14日、饗庭野演習場から発射された迫撃砲の砲弾が敷地外に着弾して以来、周辺住民らは不安を募らせています。
 「他の駐屯地の人がここに来て演習されたということだが、演習場周辺の土地の状況をご存じで演習しているのか」(地域住民)
 「国道が近くに走っていて民家が近くにある、その中で射撃訓練するということは、各部隊とも承知した上で射撃をしております」(陸上自衛隊今津駐屯地 水谷清隆司令)
 今後、訓練の手法や装備に問題が無かったかどうか、内部の事故調査委員会が速やかに調査すると説明しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3527123.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(17、18日 単位・レベル)
人間の屑だ!
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014331_2 12年前の平成18年に東京・新宿区で生後11か月の女児が死亡した事件で、暴行を加えた父親が逮捕されたが、死亡する前に女児が搬送された病院から「虐待の疑いがある」と都の児童相談センターに通告されていたのにもかかわらず「支援の必要がなくなった」と判断して対処していなかったことがこのほど分かった。
 さらに、東京・目黒区で5歳の女の子が両親からの虐待で死亡した事件を検証してきた東京都の検証部会は、「死亡した女の子が以前住んでいた香川県の児童相談所が児童福祉法に基づく継続指導が必要だとしていたにもかかわらず、都の児童相談所には緊急性が高いケースとして伝わっていなかったなど連携に不備があった」とする結論を出した。
 児童相談所―何の仕事をしているか自覚しているのか?明らかに「職務の怠慢」ではなく「職務の放棄」だ。これでは、児童虐待はなくならないだろう。
 今年6月には児童虐待防止策に関する関係閣僚会議まで開き、子供の命を守るためには全ての行政機関が、あらゆる手段で尽くすよう決めたばかりだ。なのに…
 警察庁によると虐待として警察から児童相談所に通告する児童数が増えているという。
 今年上半期に虐待として通告した児童数は3万7113人。最も多かったのは心理的虐待の2万6415人、身体的虐待が6792人、怠慢・拒否が3795人といずれも23年以降最悪の数字だ。
 実際に保護された児童数は1787人に過ぎなかった。
 一方、警察による検挙件数は641件で平成16年の131件の約5倍に急増している。うち、死亡した児童数は19人で16年以降、最も少なかった。

 銀も金も玉も何せむに 増される宝子に及かめやも(山上億良)

 これが日本人の心だ!
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

1041thunder詐欺劇場thunder

暴力団立件、ハードル高く=証拠残さず非組員使う-特殊詐欺、「資金源」に(17日)時事https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111700384&g=soc

国民を人質にとったような特殊詐欺だが、暴力団の組織が見え隠れしているものの、警察は立件のハードルが高く、苦戦を続けているという。暴力団のグループ間の連絡には履歴の残らない通話アプリを使ったり、内部情報を水溶紙に印刷するなどしており、受け子や出し子までの検挙があるものの組織に延びにくいというのだ。

★最高裁、詐欺受け子を逆転有罪か 「中身知らず」と主張(16日)共同
★電子マネー詐取疑い再逮捕 全国で1億4千万円被害か(12日)産経
★(守る・防ぐ)詐欺かも?AIが判断し警告 ATM操作…携帯電話・マスクやサングラス姿【名古屋】(10日)朝日
★架空請求詐欺 3800万円被害(10日)NHK
★「銀行協会職員」かたり詐欺未遂容疑、16歳少年を逮捕(9日)朝日
★受け子が「中身知らず無罪」の判決見直しか 最高裁(6日)産経
★「1億円当選です」電子ギフト1600万円分を詐取される(5日)産経
★弁護士装う69歳、振り込め摘発で目立つ高齢者(2日)読売
★特殊詐欺振込先のカード譲渡疑い女逮捕 「融資受けるため」(31日)京都
★夫供述“詐欺グループに家族の仕事を依頼”(2日)TBS
★家族3人で特殊詐欺に加担、無関係の長男取材に応じる(1日)TBS
★運転免許証偽造し他人名義の口座開設しようとした疑い、20代の女逮捕(30日)TBS
★特殊詐欺アジト、摘発逃れ狙い「移動型」に 民泊・駐車場… (31日)日経

| コメント (0) | トラックバック (0)

万引きした無職の女、女性保安員の腹蹴って逃走(17日)読売

 16日午前10時50分頃、徳島市津田本町のスーパー「デイリーマート津田店」で、徳島市、無職の女(36)が商品数点を万引き、女性保安員が駐車場で声をかけると、保安員の腹部を足で蹴るなどの暴行を加えて車で逃走した。約4時間後、捜査員がよく似た車を女の自宅近くで発見。家にいた女から事情を聞くと犯行を認めたため、事後強盗の疑いで緊急逮捕した。容疑を認めている。保安員は軽傷という。
 https://www.yomiuri.co.jp/national/20181117-OYT1T50032.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

暴力団立件、ハードル高く=証拠残さず非組員使う-特殊詐欺、「資金源」に(17日)時事

 今年上半期(1~6月)の被害額が全国で約175億円に上り、依然として深刻な状況が続く特殊詐欺。警察当局は「暴力団の資金源になっている」とみて、取り締まりを強化している。しかし、詐欺グループの多くが非組員で構成されていることなどから、暴力団幹部ら立件のハードルは高く、苦戦が続く。
 警察庁によると、上半期の特殊詐欺検挙者のうち、約22%は暴力団組員や関係者などだった。ただ、ある捜査関係者は「(現金を引き出す)出し子の勧誘役や差配役を検挙できるようになったくらい」と実情を明かし、暴力団の組織的な資金調達活動と認定するのは難しいと指摘する。
 暴力団幹部らの関与を裏付けることはさらに困難を極める。別の捜査関係者によると、詐欺グループはメンバー間の連絡に履歴の残らない通話アプリを使ったり、内部情報を水溶紙に印刷したりして摘発に備えている。また、非組員は捕まっても「組の関与を話さないよう脅されている」。https://www.jiji.com/jc/article?k=2018111700384&g=soc

| コメント (0) | トラックバック (0)

埼玉・入間 救急搬送中に歩行者と接触(17日)産経

17日午前6時ごろ、埼玉県入間市東藤沢の国道交差点で、急病の80代女性を搬送していた入間消防署藤沢分署の救急車が同県狭山市の女性(63)と接触した。女性は頭を打ち軽傷。救急車は約5分後に患者の搬送を再開し、容体に変化はなかった。
 埼玉西部消防局によると、救急車は赤信号の交差点にサイレンを鳴らしながら徐行して進入、右方向から横断歩道を渡ってきた女性とぶつかった。運転していた隊員は「気付くのに遅れた」と話している。
https://www.sankei.com/affairs/news/181117/afr1811170012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

地面師事件で13人目逮捕、偽造私文書行使疑い (17日)日経

東京都品川区の土地取引を巡り積水ハウスが「地面師」グループに約55億円をだまし取られた事件で、警視庁捜査2課は17日、新たに東京都荒川区荒川7、パート従業員、武井美幸容疑者(57)を偽造有印私文書行使などの疑いで逮捕した。容疑を否認しているという。この事件での逮捕は13人目。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37903470X11C18A1CC1000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

自動運転で車2台同時の走行実験 愛知県、遠隔監視では初(17日)共同

 愛知県は17日、同県豊橋市の豊橋総合動植物公園で、運転席に人を乗せずに車2台を同時に走らせる自動運転システムの実証実験を行った。将来的には園内のバスや、過疎地での高齢者向けタクシーへの導入を想定している。県によると、遠隔監視で自動運転の車を複数台、同時走行させる実験は全国で初めて。
 1周約1.5キロのバスルートの道路形状を記憶させた専用のワゴン車とゴルフカートの改造車で実施した。ハンドル、アクセル、ブレーキは自動制御され、緊急時は遠隔でブレーキ操作する。
 2台は30mほど車間距離を空けて時速7キロ以下で走行した。
https://this.kiji.is/436358158506132577?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

»74歳夫を浴槽に沈め殺害した容疑、妻を逮捕(17日)TBS

16日夜、岡山県井原市で74歳の夫を自宅の風呂場の浴槽に沈めて殺したとして、71歳の妻が逮捕されました。
 殺人の疑いで逮捕されたのは、井原市井原町の無職・森典子容疑者(71)です。
 警察によりますと、森容疑者は15日午後9時ごろ、夫の岑生さん(74)を自宅の浴槽に押さえつけ水没させ殺害した疑いが持たれています。
 16日、岑生さんが利用しているデイサービスの職員が、浴槽の中で死亡している岑生さんを発見し通報しました。
 「ご主人はデイサービスに通っていた。奥さんは付き添いで行っていたけど・・・」(近くの人)
 「いい奥さんでした。ご主人もよかった。おとなしい人です、2人とも」(近くの人)
 森容疑者は岑生さんと2人暮らしで、警察の調べに対して「私が殺したことに間違いない」などと容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3526873.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»強盗容疑で日大生2人逮捕、サークル運営費を要求(17日)TBS

 日本大学の学生の男2人がイベントサークルの運営費の支払いを男子大学生に要求し、暴行を加えてカバンを奪ったとして警視庁に逮捕されました。
 強盗の疑いで逮捕されたのは、いずれも日本大学4年生の村尾光康容疑者(21)と清水勝護容疑者(22)です。
 2人は今年6月、港区西麻布の路上で男子大学生(当時21歳)の首を絞めつけて、地面に押し倒すなどの暴行を加え、バッグを奪った疑いがもたれています。
 2人はメンバー100人を超えるイベントサークルの幹部で、かつて在籍していた男子大学生にサークルの運営費の支払いを要求したということです。
 同様の被害相談は十数件寄せられていて、警視庁は余罪があるとみていますが、取り調べに対し2人はいずれも容疑を否認し、「揉み合いにはなったが、バッグは拾っただけ」などと供述しているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3526884.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

韓国の金塊密輸男「成功しやすい」と狙った空港(17日)読売

 宮崎空港に金塊3キロ(約1270万円相当)を密輸しようとしたとして、関税法違反(無許可輸入未遂)などに問われた韓国籍の男2人に対し、宮崎地裁(下山洋司裁判官)は16日、いずれも有罪判決を言い渡した。男らのグループは、摘発が相次ぐ福岡空港を避け、宮崎空港で密輸を繰り返していた。税関当局は検査態勢を強化する方針。
 判決によると、チョン・ウジン(26)、キム・ビョンソク(25)の両被告は9月4日、キム・ソヒ被告(24)(関税法違反などで15日に有罪判決)らと共謀し、韓国・

仁川

インチョン

国際空港から宮崎空港に金塊3キロを密輸入し、消費税約100万円の支払いを免れようとした。ソヒ被告が金塊を運び、チョン、ビョンソク両被告が受け取り役だった。
 ソヒ被告の公判での冒頭陳述で、検察側は「福岡空港は摘発されるとのうわさが密輸関係者の中で広まり、韓国から比較的近く、航空運賃が抑えられる宮崎空港に目を付けた」と主張。判決も「密輸が最も成功しやすそうな宮崎空港に狙いを定めた」と指摘した。

(ここまで441文字 / 残り562文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181117-OYT1T50046.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

気絶させ動画投稿で中学生補導(17日)NHK

廿日市市の中学生数人が仲間どうしで胸を強く押して気絶させる危険な行為を動画で撮影し、インターネットに投稿していたとして警察に補導されました。

警察によりますと今月、廿日市市の中学校に「中学生たちが仲間の胸を強く押して気絶させる行為を撮影した動画がインターネットに投稿されている」と保護者などから情報が寄せられ、学校が警察と市の教育委員会に届け出ました。
警察が調べたところ、動画には女子生徒が気を失って倒れ込み、周りの生徒が体を揺り動かす様子が映っていたということです。
警察によりますと女子生徒は意識を取り戻し、けがはなかったということです。
警察は生徒らから話を聞いた結果、いじめなどではなく悪ふざけとみていますが、命に関わる危険な行為だとして生徒数人を補導しました。
廿日市市教育委員会は、今月20日に市内の小中学校の校長を集め、子どもたちが絶対にまねしないよう、指導を徹底することにしています。
https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20181116/0002942.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»バス運転手が意識失う事故、三重県警が運行会社を家宅捜索(17日)TBS

三重県紀北町で、走行中のバスの運転手が意識を失った事故で、三重県警が、道路交通法違反の疑いで静岡県浜松市の運行会社を家宅捜索しました。
 家宅捜索を受けたのは、静岡県浜松市の運行会社「ラビット急行」です。この会社の46歳の男性運転手は15日、三重県紀北町の紀勢自動車道のトンネル内で、観光バスを運転中に突然意識を失いました。乗客2人が代わりにバスを止め、けが人は出ませんでした。
 運転手の男性はその後、意識が回復していますが、三重県警は、過労運転などを禁じた道路交通法違反の疑いで、16日、「ラビット急行」の本社を家宅捜索し、資料を押収しました。
 会社側は「運転手に持病はなく、前日は休暇を取っていて、当日の健康チェックでも問題はなかった」としていますが、警察は、健康管理に問題がなかったか調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3526489.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

KYB免震不正、説明会ゼロ マンション住民、不信募る(17日)朝日

油圧機器大手「KYB」による免震・制振用オイルダンパーの検査データ改ざん問題で、説明会が全く開かれないなどマンションへの対応が遅れ、住民側が不信感を強めている。16日で問題発覚から1カ月が経ったが、15日には新たな不正の疑いが明らかになり、影響がさらに広域化、長期化する可能性も出てきた。
 「大変心配されていることと存じますが、早期交換に向けての交渉を進めてまいります」。データが改ざんされたダンパーが使われた疑いがある東京都世田谷区のマンションで10月22日、このような文書が管理組合から入居者に配られた。築10年に満たず、組合はKYBとゼネコンに建物への影響や今後の対応について書面での回答を要求。KYBから回答はないが、ゼネコンから「KYBから不適合品は交換すると連絡を受けており、しっかり対応する」と返事があった。時期や費用など具体的な内容は知らされていない。
続く downwardleft

https://www.asahi.com/articles/ASLCG4RZ9LCGUTIL015.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

増えるタイヤ脱落事故67件 17年度、冬の交換後に多発(17日)西日本

走行中のトラックやバスからタイヤが外れる事故が2017年度の1年間で67件起きていたことが、国土交通省の集計で17日分かった。全体の約8割の56件は11月~3月に発生。都道府県別では北海道(13件)など積雪地域が半数以上を占め、冬タイヤに交換する際の作業ミスが主な要因と分析している。
 総重量8トン以上のトラックと定員30人以上のバスを対象に集計。事故件数は16年度に比べ11増え、うち人身事故は2件だった。11年度(11件)以降、増加傾向が続いている。原因別では、約9割がボルトやナットの緩みなど作業ミスによるものだった。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/466220/

| コメント (0) | トラックバック (0)

風俗店に情報漏らしキャバ接待、元警官3人有罪(17日)読売

 風俗店の捜査情報を漏らした見返りに飲食接待を受けたとして加重収賄罪などに問われた元大阪府警巡査長の篠原渉被告(35)(懲戒免職)に対し、大阪地裁は16日、懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金23万円(求刑・懲役2年6月、追徴金23万円)の有罪判決を言い渡した。渡部市郎裁判長は「警察への信頼を損なう悪質な犯行だが、反省している」と述べた。
 また、同罪などに問われた元府警巡査長の小野勇気被告(34)(懲戒免職)、贈賄罪などに問われた府警OBの阿田裕俊被告(33)の判決もあり、地裁は小野被告に懲役2年6月、執行猶予4年、追徴金18万円(同・懲役2年6月、追徴金18万円)、阿田被告に懲役2年、執行猶予4年(同・懲役2年)を言い渡した。
 判決によると、風俗店の捜査担当だった篠原被告らは昨年9月~今年1月、阿田被告に捜査対象の店舗名などを伝え、大阪・北新地のキャバクラなどで計約40万円の接待を受けた。https://www.yomiuri.co.jp/national/20181116-OYT1T50095.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

駅伝の名門大学ケガ中退…「詐欺かけ子」に転落(17日)読売

かつて箱根駅伝を目指すほどのランナーだった男(27)がオレオレ詐欺グループの一員となり、約2700万円をだまし取った詐欺罪などで7月、福岡地裁から実刑判決を受けた。男は父親(54)もグループに引き込み、一緒に詐欺を繰り返していたとみられている。親子はどこで道を踏み外してしまったのか。
 ◆名門校で活躍
 「子を思う親の心情につけ込んだ卑劣な犯行だ」
 福岡地裁の太田寅彦裁判官は7月9日の判決で、男に厳しい言葉を並べた。
 判決などによると、男は父親らと共謀。2016年12月~17年1月、埼玉県のマンションを拠点に、息子になりすまして電話をかける手口で、福岡市の女性(80歳代)から計約2700万円をだまし取るなどした。男は起訴事実を認め、1審で懲役5年の判決が確定。父親は同地裁で12月14日に判決が言い渡される予定だ。
 検察の冒頭陳述などによると、親子は熊本県益城町出身。男は熊本県内にある駅伝の名門高校で活躍し、箱根駅伝の常連・中央大学に進学した。ところが、股関節を痛めて退部し、12年に中退。東京で飲食店従業員などをしていた。

(ここまで466文字 / 残り921文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181116-OYT1T50082.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

母親、息子へのインスリン投与否認 双方匿名で審理(17日)産経

 山梨県南アルプス市の自宅で昨年1月、10代の息子にインスリンを投与したとして、傷害罪に問われた無職の母親(47)の初公判が16日、甲府地裁(丸山哲巳裁判長)で開かれ、母親は「そんなことはしていません」と起訴内容を否認した。
 審理は「被害者の名誉や社会生活の平穏が著しく害される恐れがある場合」に、被害者の特定につながる事項を法廷で公開しないことができるとの刑事訴訟法の規定に基づき、母親と息子の双方とも匿名で実施された。
 起訴状によると、母親は昨年1月、自宅で息子の尻にペン型の注入器でインスリンを投与し、低血糖症に陥らせたとしている。検察側は冒頭陳述で、母親は親族が使うためのインスリンを管理したり投与したりしており、息子にも以前から投与を繰り返していたと指摘。事件当時は自宅内に家族もいたが、注入器による注射ができたのは母親だけだったと主張した。

https://www.sankei.com/affairs/news/181116/afr1811160042-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

転送しないと不幸に?恐怖のメール(平成のアルバム) (17日)日経

携帯電話の主流が「ガラケー」だった2000年代、「このメールを10人に転送しないと不幸が訪れる」などと拡散を促すチェーンメールが横行した。日本データ通信協会が05年7月に設けた転送用のメールアドレスには9カ月間で8万6000件のメールが寄せられた。
 協会によると、メールには類型がある。転送すると幸福や不幸が訪れる「幸福・不幸系」、特定の人物や団体を中傷する「嫌がらせ系」、コンビニで特定の商品を買い占めるよう呼びかけたりする「募集系」――。特に拡散したのが07年ごろに確認された「オムライスメール」。「卵を買いに行った亭主がガソリンをかけられ燃やされた。私がオムライスなんて食べたいって言うから――。メールを止めた人は組員が襲いに行きます」が脅し文句だった。
 深刻な問題に発展したケースもある。11年の東日本大震災では「製油所が爆発し有害物質が発生」とのデマが広まり、総務省がホームページで転送しないよう呼びかけた。03年には「〇〇銀行がつぶれる」とのメールが拡散。銀行が記者会見を開いて否定する事態に発展した。
 「明らかに怪しい文面でも、メールを目の前にすると恐怖で転送してしまう。情報を周知しようという善意の人もいた」と協会担当者。「当初は愉快犯が大半だったが、善意の内容も登場するようになり、何が目的かわからなくなった」と話す。
 原型は昭和に登場した「不幸の手紙」。携帯電話の普及で一斉送信や転送が楽なメールに姿を変えた。11年ごろから減り始め、昨年度に協会に送られたメールは約1000件にとどまった。だが、交流サイト(SNS)上では現在も流通が確認されているという。
続くdownwardleft
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37685410T11C18A1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁が安田純平さん聴取へ 体調回復待ち、経緯分析(17日)共同

内戦下のシリアで拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリスト安田純平さん(44)に、警視庁公安部が聴取を要請したことが16日、捜査関係者への取材で分かった。聴取内容を踏まえて拘束から解放に至った経緯を分析し、刑法の国外犯規定に基づいて逮捕監禁や略取誘拐容疑などで本格的な捜査に着手するかどうかを慎重に検討する。
 捜査関係者によると「体調が戻ったら話を聞かせてほしい」と伝えた。時期は未定という。
 安田さんは共同通信のインタビューに「体力が落ち、回復している感じではない」と話し、ぜんそくの症状や腰のヘルニアなど健康への懸念を口にしていた。
https://this.kiji.is/436209428401030241?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

パイロット飲酒問題 過去にも飲酒の基準値超え繰り返す(16日)NHK

パイロットによる飲酒の問題が相次いで明らかになった日本航空と全日空では、過去にも乗務前のアルコール検査で基準値を超えるケースがたびたび起きていたことがわかりました。会社側は、アルコールに関する自己管理に組織として強く関与する必要があったとしています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»京都市のスーパーで女性店員刺される、男を殺人未遂容疑で緊急逮捕(17日)TBS

京都市左京区のスーパーでパート従業員の女性が首などを包丁で刺された事件で、警察は現場近くに住む45歳の無職の男を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
 殺人未遂の疑いで逮捕されたのは、京都市左京区に住む無職の藤井裕幸容疑者(45)です。警察によりますと藤井容疑者は16日午後、左京区のスーパー「イズミヤ高野店」の食品売り場のレジ付近で、パート従業員の女性(35)の首など7か所を包丁で刺し、殺害しようとした疑いがもたれています。女性は搬送時には意識があったということですが、重体とみられています。
 藤井容疑者は自宅マンションにいたところ身柄を確保され、部屋からは血の付いた包丁が見つかったということです。取り調べに対し藤井容疑者は、「包丁で刺したことに間違いありません」と容疑を認めているということで、警察は動機などを調べる方針です。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3526467.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»「胸だけもませろ」と声かけ わいせつ行為か、男を逮捕(17日)TBS

東京・足立区の路上で女子大学生に抱きつき、「胸だけもませろ」などと声をかけ、わいせつな行為をしたとして、自称・建設作業員の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは自称・建設作業員の長島兆道容疑者(43)で、今年8月、足立区の路上で、帰宅途中の女子大学生(20)にいきなり後ろから抱きつき、「胸だけもませろ」と声をかけ、無理やり胸をもむなどのわいせつな行為をした疑いが持たれています。
 長島容疑者は防犯カメラの捜査で浮上し、取り調べに対して容疑を認め、「性的欲求をおさえられず、やっててしまった」と供述しているということです。
 現場周辺では同様の被害が数件相次いでいて、警視庁は関連を調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3526492.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月16日 | トップページ | 2018年11月18日 »