« 2018年11月9日 | トップページ | 2018年11月11日 »

2018年11月10日

2018年11月10日 (土)

70代無職女性、キャッシュカード2枚だまし取られる 川崎(10日)産経

神奈川県警川崎署は10日、川崎市川崎区内に住む70代の無職女性が特殊詐欺被害に遭い、キャッシュカード2枚をだまし取られたと発表した。
 同署によると、9日午前9時45分ごろ、女性宅に百貨店の店員を装った女から電話があり「あなた名義のカードで買い物をしようとしている女がいます。怪しいと思い、持ち主のあなたに連絡しました」「これから全国銀行協会と警察から連絡があるので、指示に従ってください」などと嘘を言われた。

 さらに全国銀行協会の職員を装った男から暗証番号を教えるよう電話があり、同日11時半ごろ、女性宅にやってきた協会の別の職員を名乗る40歳前後の男にキャッシュカード2枚を詐取された。
 女性は警察から連絡がないため不審に思い110番通報した。口座からはすでに70万円が引き出されていたという。
https://www.sankei.com/affairs/news/181110/afr1811100008-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

大阪・八尾のひき逃げ事故で無職男を容疑で逮捕(10日)産経

大阪府八尾市で9日夜、交通事故で路上に投げ出された女性が後続車にはねられたひき逃げ事件で、大阪府警八尾署は10日、自動車運転処罰法(過失傷害)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で、奈良県広陵町の無職、秋山泰造容疑者(69)を逮捕した。
 逮捕容疑は9日午後9時40分ごろ、八尾市大竹の国道170号交差点で、ミニバイク同士の衝突事故で路上に投げ出された看護師の女性(24)=同府富田林市=を乗用車ではね、そのまま逃げたとしている。女性は意識不明の重体。

 同署によると、現場周辺の防犯カメラの映像や目撃情報から秋山容疑者の車両を特定。秋山容疑者は「何かに当たったが、何かは分からなかった」と容疑を否認しているという。https://www.sankei.com/affairs/news/181110/afr1811100012-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

元暴力団組員、社会復帰の受け皿広がる (10日)日経

暴力団員の離脱を後押ししようと、社会復帰に向けた雇用の受け皿作りが進んでいる。警察当局などの支援で年間600人前後が組織から離脱しており、就職先が見つかれば、生活費が稼げずに再び組織に戻る元組員を減らせるためだ。専門家は「さらに受け皿を広げるには、更生を誓う人を社会で受け入れる意識を広げる必要がある」と指摘する。
「収入は組員だった頃より減ったが、毎日が充実している」。北関東に拠点を置く暴力団の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37612580Q8A111C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

拘束犯「世俗の組織」と安田さん 過激思想は全く感じず(10日)共同

内戦下のシリアで拘束され、3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリスト安田純平さん(44)が10日、東京都内で共同通信の取材に応じ、自身を拘束したグループを「宗教的なものを気にしない世俗の組織」と指摘した。当初は国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派に捕らわれたとの見方があったが、過激思想は「全く感じなかった」と語った。
 仲間内では暗号を使って無線でやりとりするなど「かなり組織化された集団だった」と述べた。パンや菓子の工場を営む一方、「自活の一環」として身代金目的で外国人の拉致も繰り返す組織との見方を示した。
https://this.kiji.is/433920346519553121?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

信号倒壊で事故調査官が原因調査(10日)NHK

JR新札幌駅の構内で信号機が線路をふさぐように倒れているのが見つかったことを受けて、国の運輸安全委員会の鉄道事故調査官が10日、JR北海道本社と現場を訪れ、原因の調査を始めました。

JR新札幌駅では9日、構内に設置された高さおよそ5メートル、支柱も含めた重さがおよそ220キロの信号機が線路をふさぐように倒れているのが見つかり、千歳線は3時間近くにわたって運転を見合わせました。
その後、JRが調べたところ、信号機の根元の基礎部分と地盤のコンクリートを固定している8本のボルトがすべて抜けていたことが確認されました。
国の運輸安全委員会は今回の事態を事故になりかねない「重大インシデント」と認定し、鉄道事故調査官2人を札幌市中央区にあるJR北海道の本社に派遣して原因の調査を始めました。
JRによりますと、本社を訪れた調査官は倒れた信号機を発見した運転士などに1時間ほど聴き取りを行ったということです。
その後、調査官はJRの安全管理の担当者と一緒に信号機が倒れた現場に向かい、支柱が設置されていた根元の基礎部分や信号機などを確認していました。
10日の現地調査について、運輸安全委員会の村田和三統括鉄道事故調査官は「信号機が土台から抜けて倒れていたので信号機の根元がどうなっているのか注目した。きょうの調査では信号機と土台をつなぐ『アンカーボルト』8本がすべて抜けて信号機の根元についているのが確認できた」と話しました。
そのうえで「ボルトが土台から抜けた原因については今後、信号機の設置方法などをJRの担当者から確認するなどしておおむね1年をめどに結果を公表したい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20181110/0005566.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(10、11日 単位・レベル)
低年齢化
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014273 今、日本中を騒がせている特殊詐欺―「受け子」などで加担する少年が多くなっているが、今度は16歳の無職少年が詐欺未遂で大阪府警に逮捕された。
 愛知県春日井市の少年で、大阪市内の70歳代の女性宅には「カードが不正利用されている」「協会職員にカードを渡してほしい」などの電話が相次ぎ、スーツ姿でカードを受け取りに来た少年が逮捕されたもの。この犯罪はもはや大人も子供も年齢に境がなくなってしまったような気がする。
 犯罪の低年齢化が叫ばれているが、今年に入り詐欺犯全年齢の中で19歳未満の検挙者数が増加傾向にある。
 警察庁によると今年9月現在の詐欺犯の検挙者数の犯行時年齢をみると次のようになっている。
 詐欺犯全検挙者数7082人のうち14歳ら19歳の検挙者数は817人で、全体の中で11.5%を占め、前年より248人増えている。
 今年8月までは6451人に対して11.3%にあたる732人で同222人の増加。3月までの数字では2337人に対して9.7%にあたる227人で同59人の増加。
 このように前年に比べて人数も増えているが、全年齢の検挙者数に占める割合も増えており、知能犯の低年齢化が進んでいる。
 16歳は肉体的にも精神的にも大人。そう言えば、「元服」という言葉がある。奈良時代以降で成人になった時の儀式を言うらしい。その年齢は諸説あるが概ね11歳から17歳の間に行われていた。成人の年齢を引き下げる改正民法が4年後に施行されるが、遅すぎる!
 東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

1041typhoon詐欺劇場typhoon

架空請求詐欺 3800万円被害(10日)NHK
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181109/0021140.html

 栃木県那須町の40代女性に「有料サイトの会員登録料が未納で、裁判の手前まで来ています」と、うそのメールが届き約3800万円あまりをだまし取られた。警察は「会員登録料などを要求する不審なメールが届いたときは、すぐに家族や警察に相談すること」と呼びかけている。

★「銀行協会職員」かたり詐欺未遂容疑、16歳少年を逮捕(9日)朝日
【警視庁管内】
こんな電話が入っている。
 ○西東京市内では、百貨店の店員を名乗り「あなたのクレジットカードで買い物をしている人がいる」と電話。その後、「カードを預かる」と取りに来る。
 ○杉並区内では「おれおれ詐欺の犯人を捕まえた。あなたの財産が狙われている」と言って、キャッシュカードについて質問して、預かりに来る。
「情報を提供しない」「預けない」「警察に通報する」ことです。

★受け子が「中身知らず無罪」の判決見直しか 最高裁(6日)産経
★「1億円当選です」電子ギフト1600万円分を詐取される(5日)産経
★弁護士装う69歳、振り込め摘発で目立つ高齢者(2日)読売
★特殊詐欺振込先のカード譲渡疑い女逮捕 「融資受けるため」(31日)京都
★夫供述“詐欺グループに家族の仕事を依頼”(2日)TBS
★家族3人で特殊詐欺に加担、無関係の長男取材に応じる(1日)TBS
★運転免許証偽造し他人名義の口座開設しようとした疑い、20代の女逮捕(30日)TBS
★特殊詐欺アジト、摘発逃れ狙い「移動型」に 民泊・駐車場… (31日)日経
★脱・固定電話が特殊詐欺の特効薬?「すすめるわけには…」神奈川県警ジレンマ(29日)産経
★特殊詐欺被害を防げ、ATM前に路面シートで注意呼びかけ(27日)TBS
★特殊詐欺、逮捕者半数が報酬なし 神奈川県警が調査(27日)共同

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺の「受け子」に無罪 現金突き返したバイク便の男性(10日)朝日

バイク便業者を装った特殊詐欺の「受け子」として詐欺未遂の罪に問われた無職男性(38)に対し、東京地裁は9日、無罪(求刑・懲役3年6カ月)の判決を言い渡した。薄井真由子裁判官は「正当な集荷と思った可能性がある」と述べ、詐欺の認識を否定した。
 受け子をめぐっては、最高裁が複数の事件について「箱の中身」の認識がどこまで必要かを審理中だ。「中身は知らなかった」として二審で無罪になったケースが見直される可能性もあり、注目されている。
 男性は昨年11月、「現金が至急必要」という孫を装った電話を受けた都内の女性(当時77)宅を、バイク便のアルバイトとして訪問。150万円を詐取しようとしたとして、待ち構えた警察官に逮捕された。
 判決は、男性が昨年10月にアルバイトに応募した際に不審な点が特になかったうえ、「150万円在中」と書かれた封筒を渡されて「現金は預かれない」と突き返した点を重視して、「詐欺の認識を推認できない」と結論づけた。(阿部峻介)
https://www.asahi.com/articles/ASLC95T78LC9UTIL02K.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

殺人事件の全額賠償1件のみ、遺族泣き寝入り(10日)読売

犯罪被害者や遺族に対して、加害者から賠償金がどれくらい支払われているかを日本弁護士連合会が調査したところ、殺人事件で回答のあった50件のうち、全額が支払われたのは1件(2%)のみだったことがわかった。重大事件ほど被害者が賠償金を得る割合は低くなる傾向にあり、経済的な救済が進んでいない実情が浮かび上がった。
 被害者らは加害者に民事裁判を起こしたり、民事裁判を経なくても賠償金を求められる「損害賠償命令制度」を活用したりして賠償請求するケースが多い。日弁連は6~9月、殺人や傷害など被害が特に深刻だった事件について、過去10年間に被害者代理人を務めた弁護士にアンケートを送付。494件の回答を得た。
 全回答の2割弱にあたる79件は「加害者に資力がなく賠償が見込めない」「逆恨みが怖い」などとして、被害者側が賠償金を請求することを諦めていた。

(ここまで370文字 / 残り475文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181109-OYT1T50142.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

エール機「ルート未設定」 都心低空飛行、原因を報告(10日)産経

10月8日深夜に羽田空港を離陸したパリ行きエールフランス機が本来のルートを外れ、皇居や東京駅付近の上空を低空飛行したトラブルの原因について、同社が、パイロットが水平方向の経路を設定する機能をセットしていなかったためとする報告書を国土交通省に提出したことが10日、分かった。
 国交省によると、機能をセットしていれば、離陸後、右に旋回するようモニターで指示される。報告書では、パイロットは出発前にセットせず、パイロット同士での確認もしていなかった。モニターではまっすぐ飛ぶよう示され、異変に気付いた管制官から指示されるまで、旋回が遅れたと説明しているという。
国交省は羽田空港を発着する全航空会社に注意喚起する。

https://www.sankei.com/affairs/news/181110/afr1811100004-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

幕下力士が物損事故 大嶽部屋、酒気帯び運転か(10日)日経

日本相撲協会は10日、福岡市博多区の福岡国際センターで記者会見し、大嶽部屋所属の幕下力士が9日未明に福岡県内で酒気帯びの疑いで乗用車を運転し、ガードレールに車をぶつける物損事故を起こしたと発表した。同乗者やけが人はおらず、力士は運転免許証を所持していたという。協会は力士の車、バイクの運転を禁止している。
力士は当初、警察や師匠の大嶽親方(元十両大竜)に対し、運転は認めたが事故を起こしたことは否定。ただその後の相撲協会による聞き取りで事故の事実を認め、9日に再び警察の事情聴取を受けた。
相撲協会の芝田山広報部長(元横綱大乃国)は警察の捜査を踏まえて対応を検討するとし「協会としてもコンプライアンス(法令順守)の研修を徹底している。非常に残念な思い」と話した。八角理事長(元横綱北勝海)は「発表した通り」と述べるにとどめた。事故を起こした力士は大相撲九州場所(11日初日・福岡国際センター)を休場する。
大嶽部屋では元幕内大砂嵐が長野県で無免許運転したとして2月に道交法違反の罪で略式起訴され、3月に引退していた。会見に同席した大嶽親方は「言葉にならないくらいショック。本当に申し訳ない」と謝罪した。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37612460Q8A111C1CC0000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

サイバー法案成立なるか 逃せば五輪対策に影響(10日)産経

今臨時国会で、サイバー攻撃への対策を強化するための「サイバーセキュリティ基本法改正案」の行方が注目されている。2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、官民で情報を共有する協議会の設置が柱で、政府は来年4月の発足を目指す。ただ、12月10日に会期末を迎える今国会の審議日程は窮屈だ。成立を逃せば五輪対策に支障が出る恐れがあるだけに、“隠れた重要法案”となっている。
 協議会は、政府関係機関や地方公共団体、ガスや電力などの重要インフラ事業者、サイバー関連事業者などで構成し、事務局を政府の内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)に置く。
 サイバー攻撃は同じ時期に広い範囲で発生することが多く、被害拡大を防ぐには迅速な情報共有が不可欠だ。しかし、民間企業は信頼や経済活動への影響を恐れて情報公開をためらったり、社内だけで処理したりするケースもあり、匿名性を確保しながら通報、対応する仕組みが求められる。
続く downwardleft

https://www.sankei.com/affairs/news/181109/afr1811090033-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「アンケート答えるだけで1万円」事業者名公表(10日)読売

 消費者庁は9日、「アンケートに答えるだけでその場で1万円」などと、インターネット上の虚偽広告で多額の費用を支払わせたとして、消費者安全法に基づき、「一般社団法人日本統計機構」(東京都港区)の事業者名を公表した。サイトは閉鎖されているが、類似のトラブルが相次ぐ可能性があるとして同庁は注意を呼びかけている。
 同庁によると、同法人は2017年11月から広告を出し、自社のウェブサイトに誘導。アンケートに回答し現金を稼ぐには、入会金を支払う必要があるとして、約25万円を請求していた。
 17年11月~18年9月に全国の消費生活センターなどに計108件の相談があり、うち55人が計約1500万円を支払った。同庁の調査に、同法人の代表は虚偽を認め、「約2300人から5億円を売り上げた」と話したという。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181109-OYT1T50080.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

アメフト部主将ら大麻所持逮捕「夏からうわさ」(10日)読売

 大麻を所持していたとして、近畿厚生局麻薬取締部が、追手門学院大学(大阪府茨木市)4年でアメリカンフットボール部主将の阿)直圭一郎(21)、同大学4年の境勘助(21)両容疑者を大麻取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕したことがわかった。逮捕は6日。
 同取締部によると、2人は6日昼、茨木市の直容疑者の自宅で大麻を所持した疑い。同取締部は8日、大学内のアメフト部の部室を関係先として捜索した。
 大学によると、2人は友人。アメフト部員41人全員に聞き取り調査をしたところ、13人が「夏頃から直容疑者が大麻を使っているといううわさがあった」と話しており、大学はアメフト部を当面、活動停止にするという。
 9日に記者会見した川原俊明学長は、「教育機関としての責任を感じ、大変申し訳なく思う」と話した。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181109-OYT1T50082.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

不明の日本人観光客、無事を確認 ヨルダン土石流(10日)産経

【カイロ支局】在ヨルダン日本大使館によると、ヨルダンのペトラ遺跡を訪れていた日本人は少なくとも45人おり、このうち約30人は無事が確認された。残りの日本人の安否確認とともに、情報収集を急いでいる。
 ペトラ遺跡では水路が増水したため、入り口が封鎖され、ヨルダン警察当局などが別の出口から観光客らを避難させているという。  

https://www.sankei.com/affairs/news/181110/afr1811100003-n1.html

ヨルダンで土石流、日本人10人以上と連絡取れず

 【カイロ支局】日本外務省関係筋によると、ヨルダンのペトラ遺跡で9日、土石流が発生。多数の日本人観光客が巻き込まれ、10人以上と連絡がとれなくなっている。 日本人観光客のほか、添乗員や現地ガイドを含め約30人が事故に巻き込まれた可能性があるという。
 ペトラ遺跡はヨルダン南部の古代都市の遺跡。紅海や地中海などを結ぶ古代の交通の要所でキャラバン隊の中継基地として栄えた。19世紀初頭に発見され、多数の神殿や住居跡が発掘された。
 1985年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録された。シリアのパルミラ遺跡、イランのペルセポリスとともに「中東の3P」とも形容され、日本人も多く訪れる観光地となっている。

| コメント (0) | トラックバック (0)

薬物乱用防止講師“反面教師”に 住職、覚醒剤使用容疑 麻薬取締部小倉分室が逮捕(10日)西日本

九州厚生局麻薬取締部小倉分室は9日、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで、北九州市若松区桜町の「片岡不動尊」住職永住政己容疑者(57)を逮捕したと発表した。永住容疑者は小学校などで薬物乱用防止教育を行う講師の資格を持っていた。
 逮捕容疑は10月21日夜、同区の自宅で覚醒剤を使用した疑い。「2年ほど前から頻繁に使うようになった」と容疑を認めているという。
 分室などによると、講師は、公益財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センターなどが薬物に関する講座を受けた人を認定する。永住容疑者は昨年ごろに認定され講師を務めた実績はない。
 福岡地検小倉支部は今月9日、同法違反罪で永住容疑者を起訴した。

=2018/11/10付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/464468/

| コメント (0) | トラックバック (0)

私はだまされないNo903(10日)NHK

「ストップ詐欺被害!私はだまされない」。
皆さんへのお願いです。
「“法に触れるかも”に注意!」。

長野県上田市に住む80代の女性のもとに、ことし9月から10月にかけて会社員を名乗る男から「あなたの名義でダイヤの原石を買った」などという電話がありました。
さらに、男は「監査が入って支払いができていない。あなた名義の取り引きなので法に触れるかもしれない。とりあえず代金を支払ってほしい」と言ってきました。
女性は言われるまま銀行から500万円以上を下ろし、受け取りに現れた男に渡してしまったということです。
女性がさらに別の日にも預金を引き出そうとしたところ、不審に思った銀行員が警察に通報して詐欺だとわかったということです。
改めて皆さんへのお願いです。
「“法に触れるかも”に注意!」。
詐欺グループは「名義貸しは犯罪だ」とか、「法律に触れるかも」などと言ってあなたを不安にさせたうえで、現金やカードをだまし取ろうとしてきます。
電話で名義貸しを持ちかけられたり、身に覚えのない高額な買い物の話をされたりしたらまず詐欺を疑って、警察や家族に相談するようにしてくださいね。
https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181109/0021134.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

架空請求詐欺 3800万円被害(10日)NHK

栃木県那須町に住む40代の女性が、「有料サイトの会員登録料が未納で、裁判の手前まで来ています」という、うそのメールなどを信じて、あわせて3800万円あまりをだまし取られました。
警察は詐欺事件として捜査するとともに、会員登録料などを要求する不審なメールが届いたときは、すぐに家族や警察に相談するよう呼びかけています。

警察によりますと、ことし6月、栃木県那須町に住む41歳の女性の携帯電話に「有料サイトの会員登録料が未納で、裁判の手前まで来ています」という、うそのメールが届きました。
これを信じた女性は記された連絡先に電話をかけ、有料サイトの運営会社の社員を名乗る男に、指示されたとおり、およそ18万円分の電子マネーを渡しました。
その後も男から電話で「訴訟の取り下げ費用が必要です」などと、次々と金を要求され、ことし6月から8月にかけて現金を郵送するなどしてあわせて3800万円あまりをだまし取られたということです。
その後、男と連絡が取れなくなったため、不審に思った女性が警察に相談し、詐欺だと気づきました。
警察は詐欺事件として捜査するとともに、会員登録料などを要求する不審なメールが届いたときは、すぐに家族や警察に相談するよう呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20181109/0021140.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»「過積載」の大型車両、首都圏18か所で一斉取り締まり(10日)TBS

 国土交通省が、積載量をオーバーしている大型車両の取り締まりを、首都圏18か所で一斉に行いました。
 9日午前、国土交通省と警察、高速道路会社は合同で、基準を超える荷物を積んだ「過積載」の大型車両に対する取り締まりを、東京・江東区の国道など首都圏18か所で一斉に行いました。取り締まりでは、国土交通省の職員などが車両の重さを計測したり、必要な許可を申請しているか確認したりしたということで、調べた車両89台のうち30台が違反車両だったということです。
 「過積載」の車両は、積載物の落下による事故や老朽化した道路のさらなる劣化を招くおそれがあるということで、違反した場合は、通行の中止など行政処分の対象になります。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3520760.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»米軍関係者 首刺され死亡、殺人未遂容疑で女逮捕(10日)TBS

9日夜、在日アメリカ軍に所属するとみられる男性が首を刺されて死亡し、警視庁は現場にいた女を殺人未遂の疑いで逮捕しました。
 9日夜、東京都立川市にある住宅で、「白人男性が首から血を流している」と110番通報がありました。男性は病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認され、アメリカ軍は、在日米軍横田基地に所属するメンバーが亡くなったと発表しました。
 警視庁は、現場にいた自称・江東区に住む齋藤ありあ容疑者(27)を殺人未遂の疑いで逮捕しました。齋藤容疑者は「お付き合いしていた被害者の右首めがけて包丁で刺した」などと容疑を認めているということです。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3521078.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»商品を架空発注し750万円詐取か(10日)TBS

 商品の架空発注をして勤務先だったユニフォーム販売会社から、あわせておよそ750万円をだまし取ったとして、43歳の男ら2人が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、千葉市に住む会社員の川田秀文容疑者(43)と会社役員の土居通和容疑者(55)の2人です。
 警視庁によりますと、ユニフォーム販売会社の仕入れ担当だった川田容疑者は2015年、仕入れ先の土居容疑者の会社への架空発注を繰り返して商品を納入したように見せかけ、勤務先から現金あわせておよそ750万円をだまし取った疑いが持たれています。
 取り調べに対し2人は容疑を認め、川田容疑者は「給料が下がり、自由に使える金がほしかった」と供述しているということです。

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3520764.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月9日 | トップページ | 2018年11月11日 »