« 襲撃現場の東仙台交番再開 カメラ設置、防犯対策強化(1日)共同 | トップページ | 犬・猫の殺処分、過去最少…初めて5万匹下回る(1日)読売 »

2018年11月 1日 (木)

被告、殺意を否認 寝屋川中1男女殺害の初公判 (1日)日経

2015年8月、大阪府寝屋川市の中学1年の男女が殺害された事件で、殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の初公判が1日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)で開かれた。罪状認否で山田被告は「殺すつもりは全くありませんでした」などと述べ、殺意を否認した。判決は12月19日に言い渡される。
公判では殺意や責任能力の有無などが争点となる。大阪府警によると、山田被告は逮捕直後の調べで「同乗者が女の子を殴り、知らない間に死んでいた」などと供述し、その後は黙秘を続けていた。約1カ月半に及ぶ裁判員裁判を通じて、事件の真相が明らかになるかどうかが注目される。
髪を丸刈りにし、緑の作業服を着た山田被告はこの日、刑務官に付き添われて入廷。人定質問のため、浅香裁判長に証言台へ促された山田被告は突如、仕切りで遮られた検察官側席の遺族に向かい、土下座。「経緯はどうであれ、死の結果を招いてしまい申し訳ありませんでした」と繰り返した。
検察官が起訴状を朗読中は肩をふるわせ、ハンカチで顔を覆い、おえつをもらした。罪状認否では、女子生徒への殺意を否定し「気がついたら私の手が女子生徒の首に触れていた」と述べ、傷害致死罪にとどまるとした。同様に、男子生徒の殺害も否認。「殺意は全くありません」と話した。弁護側は「男子生徒はなんらかの体調不良により亡くなった」として、保護責任者遺棄致死罪の適用を主張した。
起訴状などによると、山田被告は15年8月13日午後7時ごろから同11時10分ごろの間、大阪府内やその周辺で女子生徒(当時13)の首を圧迫したほか、多数の粘着テープを顔面に貼り付けるなどし、首の圧迫か鼻と口を塞いだことにより窒息死させたとされる。また同13日ごろ、大阪府内やその周辺で、なんらかの方法で男子生徒(同12)の首を圧迫し、窒息死させたとされる。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37212200R01C18A1AC1000/

« 襲撃現場の東仙台交番再開 カメラ設置、防犯対策強化(1日)共同 | トップページ | 犬・猫の殺処分、過去最少…初めて5万匹下回る(1日)読売 »

裁判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/514231/67334997

この記事へのトラックバック一覧です: 被告、殺意を否認 寝屋川中1男女殺害の初公判 (1日)日経:

« 襲撃現場の東仙台交番再開 カメラ設置、防犯対策強化(1日)共同 | トップページ | 犬・猫の殺処分、過去最少…初めて5万匹下回る(1日)読売 »