« 2018年11月4日 | トップページ | 2018年11月6日 »

2018年11月5日

2018年11月 5日 (月)

生徒10人以上に密室でわいせつ行為 顧問の教諭を処分(5日)朝日

顧問を務める運動部の女子生徒10人以上の体を触るわいせつ行為をしていたとして、高知県教育委員会は5日、公立中学校の30代の男性教諭を懲戒免職処分にし、発表した。教諭は「コンディションを整えるための体をほぐす行為だった」とわいせつの意図を否定しているという。
 県教委によると、教諭は2015年10月~今年9月、教室など学内外で10人以上の女子生徒の体を必要以上に触った。いずれも密室の1対1の状況だった。
 複数の生徒の保護者が9月に学校に連絡し、発覚した。県教委に対し、生徒は「断り切れなかった」「とても嫌だった」などと話しているという。
 県教委は触った部位などからわいせつ行為と認定し、県警に刑事告発の相談をしている。教諭は「私の行動で生徒と保護者に大きな苦痛を与えたことを反省しています」と話しているという。
https://www.asahi.com/articles/ASLC5677FLC5PTIL02C.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

110番、通常の3~4倍 西日本豪雨で広島県警 (5日)日経

広島県警は5日、西日本豪雨で広島県に大雨特別警報が出ていた7月6日と7日に受理した110番がそれぞれ2千を超え、通常の約3~4倍だったと発表した。県警通信指令課は「雨が広範囲にわたって降り、被害を受けた地域が県内各所に点在したことが要因」と分析している。
 県警によると1日平均の110番受理件数は昨年度実績で約645件。県内各地で豪雨に見舞われた7月6日は計2129件、7日が計2571件と大幅に増えた。8日も1180件が寄せられ、9日にほぼ平常通りの件数に戻った。1時間当たりのピークは6日午後7時台の322件だった。
6~7日の通報のうち、土砂崩れや川の氾濫など自然災害に関する通報は6日が計660件、7日が計849件だった。自然災害の通報は7日午前6時台の121件が最も多かった。
 災害関連として集計していない通報の中には道路状況を尋ねるものや、「避難した方がよいか」「車庫に水が入った」など災害の影響とみられる内容が多数あった。
 通信指令課は「県警のマンパワーに限界があり、派遣先の優先順位を付けるのが難しかった」としている。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37396510V01C18A1AC8Z00/

| コメント (0) | トラックバック (0)

市施設ブロック塀全撤去へ 倒壊死亡事故の大阪・高槻 (5日)日経

大阪府高槻市の浜田剛史市長は5日の記者会見で、市立施設のブロック塀を全て撤去する意向を表明した。6月に府北部で震度6弱を記録した地震で、市立寿栄小のブロック塀が倒壊し、女児が死亡。この事故を調査した第三者委員会が答申で、適切に法定点検を実施しても内部構造を確認できないとして全て撤去すべきだと指摘していた。
数年以内に実施する方針。これまで高さ1.2メートル超の塀を撤去対象としていたが対応を強めた。市の構造物が倒壊した事故について重く受け止めるとして、市長を減給10分の1(4カ月)、副市長2人と教育長を減給10分の1(2カ月)とする議案を市議会に提出することも明らかにした。〔共同〕https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37396570V01C18A1AC8000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

弁護士を起訴 無免許で死亡事故に男にうその供述させた罪(5日)NHK

第二東京弁護士会に所属する32歳の弁護士が、無免許運転で死亡事故を起こした男にうその供述をさせ、車を貸した所有者に捜査が及ばないよう働きかけたとして、犯人隠避教唆の罪で起訴されました。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»児童虐待防止訴えるオレンジリボン、イルミネーション始まる(5日)TBS

 今月は「児童虐待防止推進月間」です。厚生労働省は5日から虐待防止を訴えるオレンジリボンのイルミネーションを始めました。
 オレンジ色のリボンが浮かび上がった建物。今月の「児童虐待防止推進月間」にあわせて、厚生労働省は5日から5日間、児童虐待の防止を訴えるオレンジリボンで窓ガラスを飾る取り組みを行っています。
 昨年度に全国の児童相談所が対応した虐待の相談件数は、13万3778件と27年連続で増加していて、厚労省は「虐待防止のシンボルであるオレンジリボンを通して社会全体への関心を高めていきたい」としています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3516569.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»同居女性の2歳児 殴られ重傷、傷害容疑で土木作業員逮捕(5日)TBS

横浜市保土ケ谷区のマンションで同居する女性の2歳の息子に対し、頭を殴るなどして重傷を負わせたとして土木作業員の男が逮捕されました。
 逮捕されたのは保土ケ谷区に住む土木作業員・三好征宗容疑者(33)です。三好容疑者は今年9月初めから先月3日までの間に同居する女性の、2歳の息子に対し、拳で頭を殴るなどして全治6か月の重傷を負わせた疑いがもたれています。
 先月3日、男の子がぐったりして意識がないことに気づいた女性と三好容疑者が病院に連れて行き、女性が医師に相談したことから事件が発覚したということです。
 三好容疑者は調べに対し、「暴行の内容は間違いないが時期が違う」と話しているということです。警察は日常的な虐待があったとみて詳しく調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3516279.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(5、6日 単位・レベル)
すり犯検挙の徹底を
【治安うんちく】

2009_1228_222559212_2F1014262 来年9月のラグビーワールドカップや2020年の東京五輪を控えて警視庁は刃物などを持った武装すり団への対処訓練を行うことになった。
 目的は過去の大会で外国人すりによる被害が起きていることから、外国人すり犯の手口の分析など情報を集めて対策を講じる。中には刃物を持った武装すり団も懸念されることから捜査3課の刑事だけでなく警察署の刑事も研修を受けることになる=読売新聞
 「すり」は重要窃盗犯のひとつ。治安情勢を観察するさいの指標となる犯罪だ。警察庁によると今年9月までのすりの認知件数は2423件で前年同期より181件の減少。これに対して検挙件数は716件で同72件の増。検挙人員は390人で同25人の増加。
 認知件数のランキングは東京が圧倒的に多く1135件。これに大阪の457件、千葉の110件、福岡の97件、埼玉の92件と続いた。
 検挙率は低く29.6%。ランキングは山形の166.7%、岡山の140.0%、和歌山の133.3%、そして100%が6県あった。
 しかし、大阪の11.8%、東京の13.0%、茨城の25.0%、京都の28.6%、千葉の29.1%など低いところが多く、全体を下げている。
 すり犯は個人個人の注意が当然だが、警察的には「検挙に勝る防犯はない」である。日本が〝すり天国〟などと世界に悪評をかわないよう、「日本ですりを働けば確実に捕まる」という前宣伝に徹せよ!
 首都東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

1041typhoon詐欺劇場typhoon

「1億円当選です」電子ギフト1600万円分を詐取される(5日)産経

 佐賀市内の50代の女性が約1600万円相当の電子ギフト券を騙しとられる詐欺事件があった。携帯に「1億円当選おめでとうございます」とのメールが入り、税金対策の費用として電子ギフト券の購入を求められたもの。もはや「かあさん助けて詐欺」でもなければ「振り込め詐欺」でもない。電子ギフト券だとか電子マネーなどついていけないよ。

★弁護士装う69歳、振り込め摘発で目立つ高齢者(2日)読売
★特殊詐欺振込先のカード譲渡疑い女逮捕 「融資受けるため」(31日)京都
★夫供述“詐欺グループに家族の仕事を依頼”(2日)TBS
★家族3人で特殊詐欺に加担、無関係の長男取材に応じる(1日)TBS
★運転免許証偽造し他人名義の口座開設しようとした疑い、20代の女逮捕(30日)TBS
★特殊詐欺アジト、摘発逃れ狙い「移動型」に 民泊・駐車場… (31日)日経
★脱・固定電話が特殊詐欺の特効薬?「すすめるわけには…」神奈川県警ジレンマ(29日)産経
★特殊詐欺被害を防げ、ATM前に路面シートで注意呼びかけ(27日)TBS
★特殊詐欺、逮捕者半数が報酬なし 神奈川県警が調査(27日)共同
★高齢女性から101万円だまし取る 容疑の少年逮捕(26日)産経
★特殊詐欺未遂容疑で3人逮捕(25日)産経
★オレオレ詐欺「受け子」20人差配か…3人逮捕(24日)読売
★区の職員装いカード詐取の疑い、少女逮捕(23日)TBS
★高齢者が2千万円詐欺被害 警官名乗る男に渡す 新潟県警が捜査(20日)産経

| コメント (0) | トラックバック (0)

時速280キロ暴走し動画投稿…警察が速度特定(5日)読売

自動車専用道路を時速約280キロで暴走したとして、大阪府警は5日、乗用車を運転していた府内の30歳代の男を道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検した。
 府警によると、男は1月、東大阪市内の第2阪奈道路(法定速度・時速60キロ)を時速約280キロで運転した疑い。男は走行している様子を動画投稿サイトに投稿しており、府警は投稿された動画などから速度を特定した。男は8月、車検切れの車を運転していたなどとして、道路運送車両法違反容疑で逮捕されていた。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181105-OYT1T50039.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

年上女性のカネ狙い、男子高校生「ママ活」補導(5日)読売

 福岡県警筑紫野署が10月上旬、女性と食事などをする見返りに金銭的支援を受ける「援助交際」をインターネットで募集したとして、県内の男子高校生(17)を補導していたことがわかった。女子中高生の間では中高年の男性に金銭的支援を求める「パパ活」が横行しているが、男子高校生は年上の女性を狙った「ママ活」を行おうとしていた。
 捜査関係者によると、男子高校生は9月下旬、ツイッターに「福岡 17さい ままかつしたい#ママ活募集」と投稿した。書き込みを見つけた同署員が、身分を隠してメッセージを送ると、男子高校生は「2時間カフェでまったり会うので7000円」と条件を示した。
 10月上旬、待ち合わせ場所のJR博多駅前の路上に現れた男子高校生を同署員が、不良行為にあたるとして補導。男子高校生は「ツイッターで『ママ活』を知った。バイトをやめてお金がなかった。お金がほしかった」と話したという。
 ネットやSNS上では、「パパ活」と同様に、「ママ活」の書き込みも目立つ。ツイッターで「#ママ活」というハッシュタグ(検索用ワード)を付け、「顔にはそこそこ自信があります」「学費のため援助して下さる優しいママさんからの連絡待っています」などの投稿も見られる。

(ここまで518文字 / 残り127文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181105-OYT1T50036.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

「一緒に死にませんか」鹿児島の少女を誘い出した男を再逮捕 千葉県警(5日)産経

鹿児島県の10代の少女を誘拐して連れ回したとして、千葉県警浦安署は5日、未成年者誘拐の疑いで、住居不定、無職の山本竜次被告(42)=同罪で起訴=を再逮捕した。調べに対し、「誘い出したことは間違いないが、誘拐とは思っていない」と容疑を否認しているという。
 再逮捕容疑は9月9日~10月14日、未成年と知りながら、鹿児島県の少女を家出させ、連れ回したとしている。山本容疑者はツイッターで「一緒に死にませんか」と少女を誘い出し、大阪府内で待ち合わせたとみられる。
 山本容疑者は10月15日、別の千葉県の少女を誘拐したとして、県警に同容疑で逮捕されていた。この事件を捜査していた同月14日、千葉市内のインターネットカフェで山本容疑者と鹿児島県の少女が一緒にいるのが発見された。
 県警によると、山本容疑者は少女を連れ回している間、少女のカードを使って金を引き出し、生活費にしていたとみられる。県警は誘拐の経緯などを詳しく調べている。
https://www.sankei.com/affairs/news/181105/afr1811050039-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

「1億円当選です」電子ギフト1600万円分を詐取される(5日)産経

 佐賀南署は5日、佐賀市内の50代の女性がメールによる架空請求で、約1600万円相当の電子ギフト券をだまし取られたと発表した。電子ギフト券はインターネット通販などで利用され、コンビニで購入できる。同署は詐欺容疑で捜査し、警戒を呼び掛けている。
 同署によると、6月20日ごろ、「1億円当選おめでとうございます」とのメールが女性の携帯電話に届き、税金対策の費用として電子ギフト券の購入を求められた。
 女性は同22日から10月4日にかけて、400回以上にわたり、コンビニで計約1612万円分の電子ギフト券を購入し、電子マネーとして使う際に必要な個別の番号などを写真で返信した。 所持金がなくなったとして、女性が署を訪れて発覚した。
 https://www.sankei.com/affairs/news/181105/afr1811050037-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅で死亡の母放置疑い 引きこもりの49歳男逮捕 (5日)日経

自宅で死亡した母親(76)の遺体を放置したとして、神奈川県警金沢署は5日、死体遺棄容疑で横浜市金沢区の無職、中元勝容疑者(49)を逮捕した。署によると、中元容疑者は長年、自宅に引きこもって他人と会話がほとんどできない状態で、取り調べには筆談で応じているという。
逮捕容疑は10月中旬ごろ、自宅で死亡した母佳代子さんの遺体を自宅に放置した疑い。
署によると、今月4日、自宅を訪れた中元容疑者の妹(45)が遺体を発見し、通報した。佳代子さんに大きな外傷などはなく、病死とみられる。
 中元容疑者は、台所で倒れた佳代子さんを部屋に移したが、そのまま放置。「何もできなかった。妹が来てくれると思っていた」と説明している。〔共同〕
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37376520V01C18A1000000/

| コメント (0) | トラックバック (0)

»住宅に女性2人の遺体、殺人事件とみて捜査 島根・出雲(5日)TBS

5日午前、島根県出雲市の住宅で、この家に住んでいる女性とみられる2人の遺体が見つかりました。警察が殺人事件とみて捜査しています。
 5日午前10時半ごろ、島根県出雲市の住宅で女性が血を流して倒れていると、家を訪れた親戚から通報がありました。警察によりますと、この家に住んでいる女性とみられる2人が倒れていて、その後、いずれも死亡が確認されました。この家には家族5人が暮らしていました。
 警察は現場の状況から殺人事件とみて捜査するとともに、同居する20代の男が何らかの事情を知っているものとみて話を聞いています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3515995.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»電車内で女子大学生のバッグから財布盗んだ疑い、男を逮捕(5日)TBS

東京メトロ銀座線の車内でジャケットで周囲の視界を遮り、女子大学生のバッグから財布を盗んだとして、42歳の会社員の男が警視庁に逮捕されました。
 逮捕されたのは、横浜市青葉区の会社員・露谷正徳容疑者(42)で、今月2日、東京・港区の東京メトロ銀座線・虎ノ門駅に停車中の電車内で、女子大学生のバッグから現金およそ7400円などが入った財布を盗んだ疑いが持たれています。
 警視庁によりますと、電車内で不審な様子だった露谷容疑者を見つけた捜査員が警戒していたところ、バッグから財布を抜き取ったため、現行犯逮捕しました。露谷容疑者は、右手に持ったジャケットで周囲からの視界を遮り、左手で財布を盗んだということです。
 取り調べに対して容疑を認め、「家を買ってローンがあり、金が欲しかった」と供述しているということで、警視庁は余罪もあるとみて調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3515990.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

東海道新幹線が緊急停止 鳥と衝突か、浜松市内で(5日)西日本

5日午前11時10分ごろ、東海道新幹線の浜松―掛川間を走行していた新大阪発東京行きのぞみ316号が、「ドン」という異常音を確認したため、浜松市内で緊急停止した。約20分後に運転を再開。上り線の一部に遅れが出ている。けが人はいなかった。
 JR東海によると、浜松市南区三和町付近を走行中に運転士が音を確認した。車両に鳥と衝突したような痕跡があった。車両の安全を点検し、運転を再開した。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/463112/

| コメント (0) | トラックバック (0)

地面師グループ8人を再逮捕 不動産仮登記の虚偽申請容疑 積水ハウス55億円被害事件 警視庁(5日)産経

住宅大手の積水ハウス(大阪市)が約55億円の被害に遭った東京都内の土地取引をめぐる地面師事件で、警視庁捜査2課は5日、偽造有印私文書行使と電磁的公正証書原本不実記録の疑いで、地面師グループの男女8人を再逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。
 捜査関係者によると、8人は、積水ハウスとの東京都品川区西五反田の旅館跡地売買をめぐり、昨年4月24日、所有者の名義を変更するため、法務局に偽造した委任状などを提出し、虚偽の仮登記を申請した疑いが持たれているという。
 関係者によると、積水ハウスは仮登記申請とともに売買契約を締結。仮登記は認められたが、同6月の本登記申請で、地面師グループ側が提出した委任状が偽造だったことが発覚した。積水側は代金約63億円を支払い、相手側から預かる形になっていた約7億5千万円を除いた約55億円を特別損失として計上している。
 警視庁は10月16日、同6月の偽造委任状提出をめぐり、偽造有印私文書行使などの疑いでグループの8人を逮捕。その後、10月29日までに3人を逮捕し、これまでの逮捕者は計11人に上っている。残るメンバーについても順次、再逮捕する方針。
https://www.sankei.com/affairs/news/181105/afr1811050018-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

詐欺被害の防止にAI技術を ATMカメラで異常検知(5日)共同

特殊詐欺被害を人工知能(AI)の技術で防ごうと、現金自動預払機(ATM)の設計や開発を手掛ける日立オムロンターミナルソリューションズ(愛知県尾張旭市)は、ATMに内蔵したカメラを通じ、AIが利用者の容姿やしぐさを検知する新機能を開発した。同社によると、こうした機能を備えたATMは全国初。
 新機能では、ATMで振り込む際、携帯電話で通話している姿を認識すると取引を中止するよう警告を表示。出金の際に、マスクやサングラスで顔を隠していると、画面上で取り外すように促し、従わない場合は強制的に取引が終了される。
https://this.kiji.is/431960935042270305?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

ガス管工事中に炎上 3人けが(5日)NHK

5日午前、神戸市の路上でガス管の工事中に突然、炎が上がり、男性作業員3人がけがをしました。
警察によりますと、このうち1人が意識不明の重体だということです。

5日午前10時ごろ、神戸市中央区下山手通の路上でガス管の工事中に突然、炎が上がり、男性作業員3人がけがをしました。
警察によりますと、爆発音を聞いた警察官が駆けつけたときには50歳くらいの作業員に火が燃え移っていたということで、この作業員は意識不明の重体だということです。
警察によりますと、現場では電動のこぎりを使ってガス管の切断作業などをしていたということです。
警察は、火花が飛び散るなどしてガスに引火したおそれがあるとみて原因を調べています。現場は、兵庫県庁の近くで住宅が建ち並ぶ地域です。

現場の近くで工具店を営む男性は、「騒ぎを聞いて外に出ると、炎が3メートルくらいの高さまで上がっていて、『熱い』という男性の声が聞こえた。すぐに火は消えたが、とても驚いた」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/kobe/20181105/2020002257.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

箱の中身「知らない」受け子も詐欺罪? 最高裁が判断へ(5日)朝日

特殊詐欺の被害者が宅配便で送った現金を、マンションの空き部屋などで受け取る「受け子」を詐欺罪に問うには、「箱の中身」の認識がどこまで必要なのか――。この点が争われた2件の刑事裁判最高裁は6日と16日、それぞれ弁論を開く。「中身が何か分からずに受け取ったかもしれない」として、無罪とした二審判決が見直される可能性があり、その場合は捜査に追い風になりそうだ。
 1件目の事件の被告は神奈川県相模原市の男性(44)で、「荷物が送られた経緯や中身は知らない。詐欺の認識はない」と無罪を主張している。
 一審・鹿児島地裁は、男性が月…

残り:496文字/全文:743文字
https://www.asahi.com/articles/ASLBR755SLBRUTIL04K.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

海外スリ犯狙う五輪、日本では「簡単に稼げる」(5日)読売

来年9月開幕のラグビーワールドカップ(W杯)や2020年東京五輪・パラリンピックに向け、警視庁は、海外の捜査当局に外国人スリ犯の情報提供を求め、手口の分析に乗り出す。過去の五輪やW杯でも外国人スリによる被害は起きており、対策が必要だと判断した。刃物などを持った武装スリ団への対処訓練も行う。
 海外のスリ犯は多くの観客が集まる五輪やW杯などの大規模イベントを狙うとされる。警視庁によると、02年の日韓共催のサッカーW杯では、都内で逮捕されたスリ犯41人のうち20人が外国人だった。「日本人はスリに不用心なので簡単に稼げる」と供述した容疑者もいたという。
 警視庁はラグビーW杯や東京五輪に備え、16年のリオデジャネイロ五輪や今年2月の平昌五輪でのスリ被害について、警察庁を通じて、現地の捜査当局から情報を収集。どのような国のスリ犯が来ていたかを調査し、その特徴や最近の手口を分析する。スリ捜査を専門とする捜査3課だけでなく、各警察署の刑事課の捜査員にも、スリ捜査の研修を実施する。

(ここまで439文字 / 残り154文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181104-OYT1T50035.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

新しい盲導犬の女性、線路転落…利用客ベル押す(5日)読売

秋田県大仙市のJR大曲駅で10月31日に、目の不自由な女性がホームから線路に転落していたことが3日、JR東日本秋田支社への取材でわかった。女性は右手の指に擦り傷を負ったが、電車との接触はなかった。
 同支社によると、盲導犬を連れた女性に気付いた駅員が、介助を申し出たが女性は断った。
 その後、女性は点字ブロックのある田沢湖線のホームを歩いていたところ午前8時40分頃、1・1メートル下の線路に転落。向かいの秋田新幹線のホームにいた利用客が非常ベルを押し、駆けつけた駅員が脚立を使って女性を救助した。
 60~70歳代とみられる女性は最近、盲導犬が替わったばかりだったといい、「移動に不慣れだった」と救助後に話していたという。盲導犬は転落しなかった。この間、秋田新幹線の同駅への往来もストップし、上り1本が18分遅れた。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181104-OYT1T50020.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

ズボンにスマホ、尻もちでリチウム電池破損し炎(5日)読売

スマートフォンやノートパソコンなど携帯型電子機器に多く使われる小型のリチウムイオン電池が発火し、火事になるケースが相次いでいる。東京都内では昨年までの5年間に計168件の火災が発生し、重体1人を含む41人が負傷した。誤った充電や破損が主な出火原因で、東京消防庁が注意を呼びかけている。
 「スマホを触っていたら急に火が出た」。先月28日夜、東京都江東区の民家から119番があった。住人の男性が水をかけて火を消し止めたが、スマホに内蔵されたリチウムイオン電池のバッテリーは黒こげになっていた。スマホを自分で修理していた際、突然、出火したといい、電池の過熱が原因とみられる。
 リチウムイオン電池は繰り返し充電可能で、小型で軽量なのに蓄電量が多いのが特長。ノートパソコンや電動アシスト自転車などにも使われている。一方、発火や異常過熱の危険性が指摘され、ショートを防ぐための保護回路が設けられるなど安全策が施されている。
続く downwardleft

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181104-OYT1T50013.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

ある詐欺事件の背景 「コンビニのない村」の弁当店閉店顛末記(5日)産経

「ここで地域の人の役に立ちたい」。経営者の男(57)は取材にそう答えた。昨年9月、大阪府千早赤阪村の補助金300万円を受け、開店を控えていた弁当店「ふくまる」での一場面だ。その後、店は1年を待たずに閉じ、虚偽の申請をして、補助金を詐取したとして男と妻(57)は10月、詐欺容疑で府警に逮捕された。「何故…」。追ってきた立場として、容疑者だけでなく村の姿勢に疑問を感じている。
 府内で唯一、コンビニエンスストアのない自治体である村は地域振興策として平成28年、300万円を上限に開業経費の半額を補助する制度を創設。「年間営業日数は200日以上、3年以上続けて営業すること」などが条件だった。
村によると、「ふくまる」開店まで約15件の問い合わせがあったが、店舗化は実現していなかった。それだけに、店へかかる期待は大きなものだった。
 一方で、不安があったのも事実。府内唯一の過疎地域に指定されている村において、弁当店のあった住宅地「小吹台」は村内の約36%にあたる約1900人が暮らし、高齢化率も5割超と村全体の平均よりも高い。弁当の味や販売形式が地域の事情に応えたものか。聞こえたのは「閉まる時間が早い」「脂っこい味」といった厳しい意見だった。
 同時に制度を疑問視する声も上がっていた。福井市は、店舗開店工事などの初期投資費を補助する制度を設けている。だが、地元商議所などによる経営セミナーを受けて経営計画を作る-といった「一定の基準をクリアして初めて応募できる」仕組みだ。
 村からは「ハードルを設けては誰も来ない」との声も聞かれたが、一番の目標は村に根を張り、地域のため努力する事業者を助けることだ。制度本来の趣旨を顧みれば、どこかで食い止められたのではないか。
 福井市の担当者はハードルを上げる理由を「事業者には地域のため、長く貢献してもらいたいので」と説明した。村の担当者は、この言葉の意味をかみしめるべきだ。(藤崎真生)

https://www.sankei.com/affairs/news/181105/afr1811050006-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

歳男児、電車とホームの隙間から転落 母親が救出(5日)産経

4日午後5時10分ごろ、岐阜県各務原市鵜沼南町の名古屋鉄道新鵜沼駅で、静岡市駿河区の男児(4)が電車とホームの隙間から線路に転落したと、駅員が消防を通じて県警各務原署に通報した。署によると、直後に母親が手を伸ばして救出。男児は頭を切ったが、軽傷という。
 同署によると、親子は各務原市に住む親戚宅から、静岡市の自宅に帰る途中だった。新鵜沼発豊橋行きの電車に一度乗車し、男児は発車前に再度車外に出ようとしたところ、線路に落ちた。
電車とホームの隙間は約20センチで、母親がホームに寝そべりながら手を伸ばして、引っ張り上げた。男児は病院に搬送され、手当てを受けた。後頭部を約1センチ切るけが。
https://www.sankei.com/affairs/news/181105/afr1811050003-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

逗子ストーカー殺人6年 犠牲者の兄が対策専門書刊行へ(5日)共同

逗子市の三好梨絵さん=当時(33)=が元交際相手の男=同(40)=に殺害されたストーカー殺人事件は発生から6日で6年。梨絵さんの兄で大学教員の男性(47)が、研究者らとストーカー対策をまとめた専門書を近く出版する。「“次の被害者”を一人でも多く救いたい」。あの日守ることができなかった亡き妹への思いが、形になろうとしている。
 澄んだ秋空が広がった10月下旬の日曜日。7回忌の法要のため、梨絵さんの兄は高齢の両親を連れ、県内にある寺院に足を運んだ。海が近く、木々に囲まれた自然豊かな場所。静寂に包まれたその一角に、最愛の妹が眠っている。
 墓前に色とりどりの花と線香を手向け、その脇に大好きだったコーヒーを添える。手を合わせ、静かに目を閉じ、心の中で感謝の気持ちをそっと伝えた。「梨絵のおかげで、みんな幸せにやっているよ」
 兄は九州地方で大学教員として「地域防犯」を専門に研究している。8歳違いの梨絵さんは3人きょうだいの末っ子。小さい頃はよく風呂に入れ、大学受験の時には勉強を教えた。事件の少し前には湘南地域のカフェを一緒に巡った。

続く downwardleft
https://www.kanaloco.jp/article/369908/

| コメント (0) | トラックバック (0)

パチンコ店で現金奪われる、東京(5日)共同

 4日午後11時45分ごろ、東京都大田区西蒲田のパチンコ店で「男3人に売上金を奪われた」と、男性店員(48)から110番があった。店員はもみ合った際に足首に軽いけがをし、警視庁蒲田署が強盗致傷容疑で男らの行方を追っている。
 同署によると、奪われたバッグに入っていた売上金は1千万円ほどあるとみられる。店員が3階の店舗から4階の事務所に現金を運ぼうと非常階段に出たところ、被害に遭った。男らは身長170~180センチで、黒っぽい服装に目出し帽をかぶっており、徒歩で逃走した。 
 現場は東急池上線蒲田駅前の飲食店などが立ち並ぶ一角。
https://this.kiji.is/431934387555157089?c=39546741839462401

| コメント (0) | トラックバック (0)

「地面師」グループ8人 偽造書類で仮登記か 再逮捕へ(5日)NHK

大手住宅メーカーの積水ハウスが都心の1等地の売買をめぐって55億円をだまし取られた事件で、警視庁は土地の所有者になりすまして偽造した書類を法務局に提出し土地の所有権の移転に関する仮登記をした疑いで「地面師」グループの8人を5日にも再逮捕する方針を固めました。国外に逃亡した男らについても逮捕状を取り、捜査しています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»広島の会社役員女性殺害、駅近くに容疑者のバイク(5日)TBS

広島県呉市の住宅で会社役員の女性を殺害し、財布を奪ったとして元従業員の男が逮捕された事件で、男が所有するバイクが見つかっていたことが捜査関係者への取材でわかりました。
 4日に送検された恵木一男容疑者(45)は、先月下旬、呉市の住宅で元勤務先の会社役員・神垣雅子さん(78)の胸を刃物で突き刺し殺害し、財布を奪った強盗殺人の疑いが持たれています。
 「(神垣さん宅付近で)不審な人物がいて、バイクのところで倒れていた」(近所の住民)
 捜査関係者によりますと、先月31日ごろ、呉市内のJRの駅近くで、恵木容疑者のバイクと血痕のような染みが付いたヘルメットが見つかっていたということです。
 警察は、恵木容疑者が犯行後、バイクで逃走したとみて足取りを調べています。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月4日 | トップページ | 2018年11月6日 »