« 2018年11月2日 | トップページ | 2018年11月4日 »

2018年11月3日

2018年11月 3日 (土)

広島の女性殺害で男逮捕 都内の警察署に出頭(3日)西日本

 広島県呉市の住宅で住人の会社役員神垣雅子さん(78)が殺害された事件で、同県警は3日、強盗殺人の疑いで同市の会社員恵木一男容疑者(45)を逮捕した。警視庁新宿署によると、恵木容疑者は2日夜、同署の交番に出頭した。
 逮捕容疑は10月29日午後5時ごろから翌30日午前9時ごろまでの間に、呉市の神垣さん方で、神垣さんの胸を刃物のようなもので突き刺して殺害し、財布1個を奪った疑い。
 県警によると、恵木容疑者は神垣さんが役員を務める会社の元従業員。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/462691/

| コメント (0) | トラックバック (0)

ボール拾おうとして川に転落死…監督ら書類送検(3日)読売

石川県立金沢西高校1年の野球部の松平航汰さん(当時15歳)が昨年11月、川に落ちたボールを拾おうとして転落し、死亡した事故で、金沢西署は2日、同校野球部の監督ら3人を業務上過失致死容疑で金沢地検に書類送検した。
 発表などによると、書類送検されたのは、同校野球部の50歳代男性監督のほか、部長と副部長の計3人。3人は、川に転落した際の危険性を予期できたにもかかわらず、川に落ちたボールを拾わないようにするなどの安全周知を怠った疑い。
 事故は、昨年11月5日午前に発生。松平さんは野球部の練習試合中に、同校裏手を流れる新大徳川に落ちたホームランボールを拾おうとして岸辺の柵(高さ約70センチ)を乗り越え、足を滑らせて転落した。松平さんは意識不明の重体で病院に搬送され、2日後に死亡した。
 同署は3人の認否について明らかにしていない。
 亡くなった松平さんの父親の忠雄さん(48)は、7日の命日を前に「遺影を見ても、いなくなった実感が不思議と湧かない」と苦しい胸中を明かした。
続く downwardleft

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181103-OYT1T50000.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

立教大の学園祭で6人けが 女優・橋本環奈さんイベント巡り混乱(3日)産経

 3日午後1時25分ごろ、東京都豊島区の立教大池袋キャンパスの正門付近で、同大の学園祭に参加していた女性から「1千人以上が集まって暴動になっている」と110番通報があった。警視庁池袋署によると、女優で歌手の橋本環奈さん(19)が出演するイベントに参加するために大勢の人が集まり、女性6人が転倒して軽傷を負った。
 同署によると、学園祭の関係者が、「先着300人」として橋本さん出演のイベントをツイッターで告知。午後1時半から配布を予定していた整理券を求めて人が殺到した。人波に押されて女性6人が転倒し、40代の女性1人が右膝打撲で救急搬送され、10~20代の女性5人が手や足をすりむくなどのけがをした。
学生らによると、橋本さんはキャンパス内の屋外ステージに登場する予定で、ステージ周辺に人が集まり、生け垣の一部がなぎ倒されるなどしたという。
 混乱を受け、イベントは中止となり、橋本さんはツイッターで「怪我を負われた方もいるとお聞きし大変心配をしており、心よりお見舞い申し上げます」とコメントした。
https://www.sankei.com/affairs/news/181103/afr1811030009-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

超軽量飛行機が墜落 2人軽傷(3日)NHK

3日午後、茨城県行方市の雑木林に超軽量飛行機が墜落し、警察によりますと、乗っていた男性2人が軽いけがをしました。
  3日午後2時半ごろ、行方市次木で「小型の飛行機が墜落したようだ」と近くにいた人から警察に通報がありました。
警察や消防が通報があった現場の付近を捜索していたところ、およそ1時間後、「操縦していた飛行機が落ちた」という男性が現れ、近くの雑木林で、「ウルトラライトプレーン」と呼ばれる超軽量飛行機が墜落し壊れているのが見つかりました。
警察によりますと、機体には当時、60代と70代の男性2人が乗っていて、いずれも軽いけがをしましたが、命に別状はないということです。
現場は、住宅や農地が点在する地域で、警察によりますと、近くには、「ウルトラライトプレーン」の愛好家団体が管理する施設と滑走路があるということです。
警察は、乗っていた2人から事情を聞くなど引き続き詳しい状況を調べています。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/mito/20181103/1070004594.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»電車内で置き引きの疑い、参院事務局職員の男を逮捕(3日)TBS

参議院事務局の職員の男が、さいたま市にあるJR南浦和駅に止まっていた電車内で、男性の手提げバッグを置き引きしたとして逮捕されました。
 逮捕されたのは、参議院事務局・職員の石川智久容疑者(26)です。
 石川容疑者は午前1時前、JR南浦和駅に止まっていた京浜東北線下りの最終電車内で、居眠りをしていた54歳の男性が網棚に置いていた手提げバッグを盗んだ疑いがもたれています。
 警察によりますと、先月、京浜東北線では同様の手口の置き引き事件が10件相次いでいて、警察官が警戒していたところ、電車の中で不審な動きをしている石川容疑者を見つけたということです。
 石川容疑者は調べに対し、容疑を否認していて、警察は余罪についても調べています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3514987.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»南海トラフ地震による津波を想定、三重で防災訓練(3日)TBS

南海トラフ巨大地震による津波の被害を想定した大規模な防災訓練が、三重県で行われました。
 国土交通省などが実施したこの訓練は、マグニチュード9.1の巨大地震が発生し、三重県沿岸部に津波が押し寄せたという想定で行われ、123の機関や住民らあわせて1800人が参加しました。
 訓練では、ヘリコプターを使った救助活動の手順やコンビナートから流れ出た油で海上火災が発生した際の対応方法などが確認されました。
 「実践的な訓練ではないかと思う。いかに切迫感をもって、住民に(避難指示などを)伝えられるかが大きな課題」(石井啓一国土交通相)
 南海トラフ巨大地震では、三重県沿岸部に津波による甚大な被害が予想され、訓練でも直ちに高い建物などへ避難するよう繰り返し呼びかけられました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3514828.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁管内体感治安レベル2

首都東京体感治安(3、4日 単位・レベル)
警察の抑止力しかない
【治安うんちく】

2009_1228_222559212F1014263_2 年末になってくると多くなるのが強盗など金にまつわる事件。まるで、映画を見るような大胆な事件が発生した。
 10月31日、東京・品川のプリンスホテルで催涙スプレーをかけられて約1400万円が強奪される事件が発生した。被害者は20歳の男性。「知人の男性と金銭トラブルになり……」と供述しているから〝ほし(犯人)割れ〟?と思われるが……催涙スプレーを用意していたり、1200万円という高額を持っていたことを知っていたとすれば、なんと大胆な計画的な犯行かも…
 さらに、24日夜には埼玉県越谷市の路上で、歩いて帰宅途中の女性(20)が、後ろから来た自転車の男に、無色無臭の液体をかけられ、ショルダーバッグから現金4万円入りの封筒が奪われるという事件も発生している。
 昭和の時代には郵便局の窓口がよく狙われ、平成に入りパチンコ景品交換所や牛丼店など外食産業も攻撃の対象にされ、さらに近年は路上での高額強盗など時代とともに過激さを増している。
 警察庁によると今年9月現在の強盗の認知件数は1389件で前年より48件の増加。平成26年の年間認知件数が2338件で、翌年の27年には1822件と1000件台に減り、その後減少傾向にあったが、今年は昨年同期より増えて増加傾向を見せている。検挙率は85.5%で同2.4ポイントのアップ。
 ランキングは東京の253件、大阪の222件、埼玉の116件、愛知の99件、千葉の88件と続いた。
 前年より増加したのは埼玉の+21件、千葉の+16件、茨城の+14件、栃木の+10件、静岡の+8件、長野の+6件など関東地区で67件も増えている。
 検挙率は山梨と佐賀の200%、和歌山と高知が各150%、石川と奈良が128.6%と続き、東京の106.3%など100%超えが15都府県あった。
 これに対して低かったのは岩手と秋田の各50%、香川の60%、長野の63.6%、大阪の66.2%などだった。
 「注意しましょう」と言っても、狙われているか否かが定かでないので防ぎようがない。やはり、警察の抑止力に頼るしかないようだ。
  東京体感治安は「レベル2(ブルー)」とする。

1041typhoon詐欺劇場typhoon

特殊詐欺振込先のカード譲渡疑い女逮捕 「融資受けるため」(31日)京都
https://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20181031000018
 キャッシュカードが特殊詐欺のツールになっているのに、京都府の女(39)が東京のアパートに郵送して譲渡したとして逮捕された。実際に口座が利用されて近畿地方の70代女性が約100万円をだまし取られている。
 容疑者の女は「融資を受けるためにカードを送り、暗証番号を教えた」と言っている。騙されないぞと思っていても、あらゆる理由から、追い込まれて提供してしまう。それが振り込め詐欺だ。
 

★夫供述“詐欺グループに家族の仕事を依頼”(2日)TBS
★家族3人で特殊詐欺に加担、無関係の長男取材に応じる(1日)TBS
★運転免許証偽造し他人名義の口座開設しようとした疑い、20代の女逮捕(30日)TBS
★特殊詐欺アジト、摘発逃れ狙い「移動型」に 民泊・駐車場… (31日)日経
★脱・固定電話が特殊詐欺の特効薬?「すすめるわけには…」神奈川県警ジレンマ(29日)産経
★特殊詐欺被害を防げ、ATM前に路面シートで注意呼びかけ(27日)TBS
★特殊詐欺、逮捕者半数が報酬なし 神奈川県警が調査(27日)共同
★高齢女性から101万円だまし取る 容疑の少年逮捕(26日)産経
★特殊詐欺未遂容疑で3人逮捕(25日)産経
★オレオレ詐欺「受け子」20人差配か…3人逮捕(24日)読売
★区の職員装いカード詐取の疑い、少女逮捕(23日)TBS
★高齢者が2千万円詐欺被害 警官名乗る男に渡す 新潟県警が捜査(20日)産経

| コメント (0) | トラックバック (0)

女性の首をロープで絞め殺害、従業員の男再逮捕(3日)読売

石川県能登町の山林で金沢市の飲食店経営喜多あき乃さん(当時30歳)の遺体が見つかった事件で、県警捜査本部は2日、金沢市米泉町、飲食店従業員小杉義晴容疑者(22)を殺人容疑で再逮捕した。同事件では小杉容疑者を含めて4人が死体遺棄などの容疑で逮捕されており、県警は、殺害の指示役とみられる男ら2人を殺人容疑で再逮捕する方針を固めている。
 発表によると、小杉容疑者は指示役ら3人と共謀し、10月9日午前4時頃、金沢市糸田の路上で、喜多さんの首をロープで絞め、殺害した疑い。殺害の実行行為には加わらず、遺体を埋めるスコップや車の準備に関わったとみられている。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20181103-OYT1T50036.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

踏切で電車と車衝突 80代男性死亡 JR内房線一部区間で不通(3日)NHK

3日朝、千葉県富津市のJR内房線の踏切に乗用車が進入して電車と衝突し、乗用車を運転していた80代とみられる男性が死亡しました。乗客にけがはなく、内房線の一部の区間で運転できない状態が続いています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

2次被害急増 「原野商法」 消費者庁が注意呼びかけ(3日)NHK

40年ほど前に多発した、山林などを「将来値上がりする」とうたって売りつける、いわゆる「原野商法」を巡り、当時の被害者を狙った2次被害が急増しています。全国の消費生活センターに寄せられた相談の件数は、過去最高だった昨年度を上回るペースで増え続けていて、消費者庁が注意を呼びかけています。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

白骨化した息子との対面、母の苦しみ 中1男女殺害事件(3日)朝日

 2015年8月に大阪府寝屋川市の中学1年の男女2人を殺害したとして、殺人罪に問われた山田浩二被告(48)の裁判員裁判の第2回公判が2日、大阪地裁であった。亡くなった2人の母親に対する証人尋問があり、星野凌斗(りょうと)さん(当時12)の母親は涙声で事件当時の状況を語った。事件の遺族が公の場で発言したのは初めて。
 星野さんの死因をめぐっては、検察側は山田被告が首を圧迫して窒息死させたと主張。これに対し、弁護側は「被告の車内でけいれんを起こし、動かなくなった」と体調不良が原因だとし、救護措置をとらずに死なせた保護責任者遺棄致死罪の適用を求めている。
 母親は尋問で、星野さんが中学校でテニス部に所属するなど「健康だった」と証言。事件前日も普段通りの様子で、体調に問題はなかったと説明した。一部が白骨化した状態で見つかった遺体と対面した際の心境について「私の思っている凌斗じゃなかった。やっと帰ってきてくれたけど、望んでいた結果じゃない」と話し、すすり泣いた。
 星野さんの母親の尋問に先立ち、平田奈津美さん(同13)の母親も証言。平田さんを「優しく、天真らんまんな娘だった」と振り返り、被告を「あの男は最低です。人間じゃないです」と強く非難した。
 2人の母親は法廷とモニターでつながれた別室で証言した。尋問の間、山田被告は時折ハンカチを顔にあてて嗚咽(おえつ)の声を漏らした。(畑宗太郎、大部俊哉、多鹿ちなみ)
https://www.asahi.com/articles/ASLC24WTZLC2PTIL014.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

密輸事件で押収 金塊13キロ競売へ 福岡地検(3日)西日本

密輸事件の捜査で押収され、裁判所が没収を命じるなどした金塊計13キロを、福岡地検が一般競争入札にかけると公告したことが2日、分かった。13キロの金塊は現在の相場で約6千万円相当に当たり、地検は20日に開札して落札者を決める。相次ぐ密輸事件で押収された金塊の入札公告が今後も続くとみられる。
 公告は1日付。地検によると、金塊は関税法違反などの罪に問われた被告らの有罪が確定し没収が認められた5キロと、別事件の判決で没収が認められなかったものの、地検が所有者を捜すために示した公告期間内に所有者が名乗りでなかった8キロの計13キロ。
 刑事訴訟法は没収物の処分を検察官が行うなどと規定。売却代金は全額が国庫に入る。

=2018/11/03付 西日本新聞朝刊=
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/462625/

| コメント (0) | トラックバック (0)

台風被害で高値リンゴ、大量盗難のダブルパンチ(3日)読売

青森県で、収穫期を迎えたリンゴの大量盗難が相次いでいる。1日には、つがる市の農園から約5000個が盗まれているのが見つかり、被害は10月以降で少なくとも計約1万3000個に上る。青森産のリンゴは、輸出が好調なうえ、9月の台風21号による落果被害もあったことから、例年以上に高値で取引されており、それが狙われる要因とみられる。農家にとっては、台風と盗難の“ダブルパンチ”だ。
 つがる市のケースでは、リンゴ畑の管理者の男性が1日朝、代表品種「ふじ」の木々から、果実がごっそりなくなっているのに気づいた。ふじの木は20本以上あるが、その全てから計約5000個がもぎとられており、被害額は約40万円に上るという。
 収穫前のふじ約1200個(約27万円)を盗まれた黒石市の農家の男性(43)は「3月から大切に育ててきたのに許せない」と憤る。10月26日、農園に部外者の足跡があるのを見つけ、確認したところ被害が判明。30日にも盗難被害に遭い、警察に届け出た。注文がすでに入っているため、近くの農家から買うなどして対応しなくてはならない。神さんは「台風で傷ついたリンゴが残され、赤くて良質なものばかり盗まれた。知識のある人物が関係しているのではないか」と話す。

(ここまで525文字 / 残り346文字)
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181102-OYT1T50099.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

武装組織の名前も、解放の理由も「分からない」(3日)読売

安田さんは約2時間半に及ぶ会見で、3年4か月の拘束生活を詳細に語った。日記をつけて当時の状況を記録していたという。
 安田さんによると、拘束後、工場で荷物を取り上げられ、民家に監禁された。その後、監禁場所を転々と移されたという。
 当初は「ゲスト」と言われていたが、15年7月下旬、「日本政府に金を要求する」と言われ、人質だと告げられた。武装組織は「日本側から金を払う用意があると言われた」と話していたという。
 武装組織からは「我々は殺すことは絶対にない」と言われ、食事はトルコ料理や鶏肉などを与えられた。テレビを見ることが許され、自らの拘束を伝えるニュースも見たという。
 16年7月にシリア北西部のジャバル・ザウイーヤ地域の巨大収容施設に移されると、テレビはなくなり、待遇も次第に悪化した。
 幅1メートル、奥行き2メートルほどの独房に入れられ、身動きや音を立てることを禁じられた。寝返りをうつこともできなかったが、「要求に応えれば解放される」と思い、従ったという。1日5回の礼拝で体を動かせるイスラム教に改宗し、自らを「ウマル」と名乗った。
 施設の場所は秘密とされていたが、相当数の見張り役がおり、アサド政権の兵士らが拷問を受け、悲鳴をあげるのも聞いたという。
 今年3月にウイグル人部隊が管理する施設に移された。ここにはイタリア人も収容されていた。
 拘束期間中、救出を求める動画を数回撮影されたが、武装組織が台本を用意したという。安田さんは「武装組織の名前は最後まで分からなかった」と話した。
 10月23日に目隠しをした状態で車に乗せられてトルコ情報機関に引き渡され、トルコ・アンタキヤの入管施設の100メートルほど手前で目隠しを外された。安田さんは、解放された理由を「分からない」とする一方、「身代金を払わないという大原則の中、日本政府は可能な限り、情報収集をやってくれた」と話した。
https://www.yomiuri.co.jp/national/20181102-OYT1T50096.html?from=ycont_top_txt

| コメント (0) | トラックバック (0)

新快速電車が鉄板と接触 JR神戸線、けが人なし(3日)産経

2日午後2時35分ごろ、大阪市西淀川区竹島のJR東海道線(神戸線)塚本-尼崎間の橋で、敦賀発姫路行き新快速電車の運転士が線路上に鉄板を発見し、緊急停止したが間に合わず先頭車両が接触した。3両目のドアの窓ガラス1枚が割れたが、乗客約600人にけがはなかった。
 大阪府警淀川署によると、橋をくぐろうとしたトラックの運転手が「積み荷の鋼材が高架に挟まり、鉄板をはね上げた」と届け出た。JR西日本は、橋上の作業用通路の鉄板(長さ約20メートル、幅約5メートル、厚さ約3センチ)が、弾みで線路内に入ったとみている。窓ガラスは進行方向左側で、割れた直接の原因は不明という。
 神戸線は大阪-西明石間で約1時間40分運転を見合わせ、阪急電鉄や阪神電車、大阪メトロなどが振り替え輸送を実施した。神戸線の上下線計62本が運休するなどし、約5万6千人に影響した。

https://www.sankei.com/affairs/news/181102/afr1811020052-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

神戸市職労、ヤミ専従初めて謝罪 「30年超引き継ぎ」トップら5人辞任(3日)産経

神戸市の職員団体「市職員労働組合」の幹部らが職場を離れて組合活動をしながら給与を受け取る「ヤミ専従」をしていた問題で、市職労の川崎真二副執行委員長らが2日、神戸市役所で記者会見し、現幹部9人全員のヤミ専従を認めて謝罪した。ヤミ専従は30年以上にわたって「慣例になっていた」と明かした。
 問題発覚後、市職労が公の場でヤミ専従を認めるのは初めて。同日付で市職労の執行委員長、副執行委員長3人、書記長の計5人が辞任した。ヤミ専従の全容解明を進める市の第三者委員会の調査結果を受け、不当に受け取った給与を返還するという。
 会見で川崎副執行委員長は、ヤミ専従について「市当局とさまざまな課題で協議や相談することが多くあり、朝から事務所に詰めていた。当局職員も一緒だったので、問題と認識していなかった」と釈明。ヤミ専従の理由として、平成7年の阪神大震災後の行政改革に伴う「多忙」を挙げたが、副執行委員長が市に採用された昭和62年時点でも「ヤミ専従はあった」と明かした。
 市職労は、組合への強制加入を疑う声があるとして、組合費の給与天引きや加入継続の意向を全員に確認することを検討する。
https://www.sankei.com/affairs/news/181102/afr1811020055-n1.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

国税庁 海外口座情報55万件入手 課税逃れ調査へ(3日)NHK

富裕層などが海外の金融機関に作った口座情報を各国の税務当局が共有する新たな制度で、国税庁が海外の税務当局からおよそ55万件に上る日本人や日本企業などの口座情報を入手したことがわかりました。国税庁は入手した情報を分析し課税逃れがないか調査を進める方針です。
続きを読む downwardleft

| コメント (0) | トラックバック (0)

»「アレフ」に取材データ“誤送信”、NHK札幌放送局が謝罪(3日)TBS

 NHK札幌放送局のディレクターが1日、住民インタビューの音声ファイルデータを、オウム真理教の後継団体「アレフ」に誤ってメール送信していたことがわかりました。
 NHK札幌放送局のディレクターが、10月にアレフの取材で住民インタビューをした6人分の音声ファイルデータを、文字に起こす業者へ送信しようとして同僚と間違え、アレフの東京本部にも送ってしまったということです。アレフがこのデータを見たかは確認できていませんが、中には個人情報も含まれていた可能性があるということです。
 NHK札幌放送局は、連絡のついた住民に謝罪し、発生翌日にはファイルを開けないよう措置を講じたということで、「事実関係を詳しく調べたうえで厳正に対処します。報道現場での情報の取り扱いを一層厳格にし、再発防止に努めます」とコメントしています。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3513517.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

»東京消防庁、歌舞伎町など繁華街で一斉立ち入り検査(3日)TBS

今月9日から始まる秋の火災予防運動を前に東京消防庁は歌舞伎町などの繁華街で一斉立ち入り検査を行いました。
 「(2001年に)歌舞伎町明星56ビルにおいて44名もの尊い命を失う火災が発生しました。このような大惨事を再び起こしてはならない」(新宿消防署 伊東功署長)
 2001年、44人が死亡した「歌舞伎町ビル火災」の教訓から、東京消防庁は毎年この時期に、新宿区内の雑居ビルへの立ち入り検査を行っています。2日は、検査した403棟のビルのうち49棟で違反が見つかりました。階段上に物が置かれ、避難の妨げになるケースが最も多かったということです。
 東京消防庁は、2年後に控えたオリンピックに向けて防火安全対策を進めたいとしています。http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3513513.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月2日 | トップページ | 2018年11月4日 »